2017年07月26日

就寝中の息苦しさ

昨夜は息苦しくてよく眠れなかった。
就寝前に眠剤を4分の1飲んで寝た。

うつぶせ寝で朝までだったが、途中で何度も頭を右や左に変えた。
胸が苦しくて、何度も起きる。

トイレは3回くらいだったか?
この息苦しさは何だろう?

傾斜したベッドでも頭は水平になるように枕無し。
後鼻漏が垂れることもない。
鼻は多少は詰まっているが、呼吸が苦しいほどではない。

昨日の朝のように痰が出てはいけないので、就寝前にアレロックを4分の1錠。
そのせいか、今朝は痰はない。
ならば、原因は布団のハウスダストか?
最近はマスクをしていない・・・。
今晩はマスクをしよう。

しかし、この息苦しさは何だろう?
葛根湯加〜を飲む。
ホクナリンテープはまだ・・・。
ホクナリンテープを貼れば、スッと息が楽になる気がするが・・・。

僕の喘息は薬をやめてからは明らかに症状が変わってきている。
スタロイド吸入もやめてるから、悪化しているのだろうか?

ならば、1年以上も救急病院へ走ることもなかったのは何故?
とにかく、僕の気管支は狭くなってしまって、元には戻らないのだろう。

でも、そんなことがあるだろうか?
気管支を広げる方法は他にもあるだろうし・・・。

昨日の夕方から今朝も雨だ。
低気圧は喘息に悪い。

低気圧であろうと高気圧であろうと、元気で暮らしたい。

「寝る」というのは疲れをとる一番の方法。
その「寝る」のが辛い。
posted by ままちゃん at 10:34| Comment(1) | 喘息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月25日

「おにぎり」はいつから手で握らなくなったのか?

僕の子供の頃、運動会や遠足のお弁当には必ず「おにぎり」があった。
母が手で握ってくれた。

それが、今や、手で握るにしても、サランラップで手のひらを覆って握るようになった。
僕も子供のお弁当に「おにぎり」をサランラップで握った記憶がある。
手は汚いという意識がある。

でも、母の手はキレイだったかというと疑問だ。
まさか泥の付いた手で握るわけでもあるまいし・・・。
手を洗って、僕たち子供に必要な細菌も一緒に握ってくれたのだろう。

僕が今、「おにぎり」を食べる時は決まってコンビニの「おにぎり」だ。
手垢の付いていない「おにぎり」はただの糖分の塊だ。
「おにぎり」のラップの裏を見ると、添加物が一杯・・・?

サケおにぎりも梅おにぎりも、なんで添加物が・・・?
お米にも海苔にも、中身のサケや梅にも・・・。

機械が握るとしても、
「おにぎり」ぐらいは無添加であってほしい。
それとも、「おにぎり」くらいは自分で握れよということか・・・。

抗菌「おにぎり」はやめてほしい。
隣の農家のおばあちゃんの握った「おにぎり」を食べたいと思うのは僕だけだろうか?
たぶん・・・。
posted by ままちゃん at 16:11| Comment(0) | 食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

非アトピー性とは?

大人になってから発症する喘息は「成人喘息」と呼ばれる。
この成人喘息は小児喘息よりもたちが悪い。

慢性化して重症化する。
何故???

非アトピー性と言われる成人喘息。
アトピーではないから、アレルゲンが特定できない。
それは、予防法も治療法もないということ。

もちろん、排気ガス・ダニ・埃・花粉・煙・・・。
色々と挙げられる原因もあることはある。
でも決定的なものは何もない。

タバコを吸う人は何故、タバコの煙に咽せないのか???
タバコを止めて久しい僕はタバコの煙をちょっと嗅いだだけでも、鼻からの呼吸が止まる。
焼き鳥を食べてもオコゲに反応する。
それくらい、僕の鼻は敏感だ。

喫煙者が自分の吸った煙に反応しないのは何故???

これこそ、免疫寛容だと思う。
タバコの煙は口から吸う。
鼻から煙を出すこともあるが、口の中は煙で一杯のはず。

唾液と混ざって飲み込む。
咽頭・喉頭・食道・胃・小腸・大腸へと流れる。

このどこかの粘膜上で免疫細胞と出会う。
免疫細胞は毎日・毎時間入ってくるタールとニコチンと対峙する。
そのうちに、いちいち反応していては身が持たないことを知る。

免疫細胞がそんなことを学習するうちに、反応しなくなる。、
これが、「免疫寛容」だ。

減感作療法もこの反応を利用している。
ならば、成人喘息も治る可能性はある。
「減感作」がキーワード。

アレルゲンが解明されればの話・・・。
鼻炎と逆食が原因ではないのなら、どこかのアレルゲンがあるはずだろう。
そのアレルゲンを特定して、口から持続的に入れることで成人喘息は治るはずだ。

ただ、僕は喘息でも妻はそうじゃない。
同じ環境で生きているのに・・・?
食べ物もほとんど同じなのに・・・?

僕の鼻は鷲鼻に近い。
妻の鼻は穴が大きくて上を向いている。

いや、今は鼻のことは止めておこう。

僕の喘息の悪化は後鼻漏と逆食だが、それが根本原因だろうか?
その二つは徐々に改善しているはずでも、喘息は時折悪化する。

僕の喘息の原因アレルゲンを特定して持続的に口から入れ続けることが早急の解決策だろう。
僕の免疫細胞君はそれを待っている。

鼻呼吸を再考してみると、鼻から入った空気は上咽頭部に当たる。
ここにBスポットという免疫に関する大事な部分があるという。

だが、ここに当たる前に、鼻道の鼻毛や粘膜にくっ付いてしまう。
鼻をかめば、外に出てしまう。
せっかくのアレルゲンを捨ててしまうのはもったいない。

口呼吸ならどうだろう?
直接肺に入るから尚のこと危険だという理論もある。
鼻呼吸を薦めて口呼吸を止めるのがいいというのが一般的な意見。

職場の外に積もる排気ガスを充分に含んだ埃をガムに詰めて一日中噛んでみようかと考える日々。
posted by ままちゃん at 10:08| Comment(0) | 喘息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エアコンと焦げ臭い匂いと抗ヒスタミン剤

昨晩もエアコンをつけていた。
27度に設定してテレビを観ていた。

気がついたら何か焦げ臭い。
最近はこの焦げ臭いのがなくなっていたのに・・・。

僕の経験では、エアコンを室外と温度に接近して設定すると、この焦げ臭い匂いがする。
室内外の温度差が少ないと、この匂いが出てくる。

エアコンは室内の湿度を下げて温度を下げる。
このことと、焦げ臭いのとがどこで関連するのかは不明だ。

就寝前に気がついて23度で30分間ターマー設定。
朝までエアコンなしで眠れた。
ただ、途中からは左横向き寝だった。

眠剤のせいか、ラジオ深夜便はほとんど聴かずに朝までグッスリ。

そのせいか、今朝は痰が絡んで咳が出る。
不快で怖い痰だ。
フスコデとムコダインを飲む。

フスコデは即効性があるのであり難いが、咳止めの効果もある。
勿論、抗ヒスタミン剤でもある。

昨夜は左横向き寝で頭が高いまま寝てしまった。
後鼻漏が喉に落ちたせいで咳と痰が出る。

喘息患者の8割以上が鼻炎を持っているという。
この後鼻漏を無くすには・・・。

抗ヒスタミン剤は喘息には使わないというが・・・。
痰がドロッとしてしまって、切り難くなるからだ。
でも、鼻炎を抑えるには抗ヒスタミン剤がいい。

高槻の松本先生は抗ヒスタミン剤も止めるように書いておられる。

喘息の原因は腸にあり、その悪化は鼻炎と逆食だと思う。
なかなか治らないので、今日も絶望感にさいなまれる。
今夏は昨年よりも喘息がよくない。

昨年よりは色んな事を試行しているので、期待感の裏返しだろうか。

油断して最近ではマスクなしで寝ている。
漢方も飲まない日がある。

これではいけないな・・・。
posted by ままちゃん at 09:09| Comment(0) | 喘息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月24日

あり難いコメント

初めての方からコメントをいただいた。
ピロリ菌を除菌後に逆流性食道炎になり、その後、喘息を患っているという方。

この事実はアメリカの本で僕が確認して、「そうだったのか・・・。」と唖然とした。
でも、日本では世間一般には流布していない・・・。
日本語に翻訳されていても、テレビでも報じない。

僕は最近は、日本のブログにはもうあまり関心がない。
事実を伝えないブログが多いし、検索しても医院の宣伝に喘息を前面に出すだけだから。

糞便移植だって、アメリカから来た。
普通の医者なら、こんな汚い治療法は考えもつかないだろう。

しかし、治してあげたいという真摯な気持ちがそうさせたんだろう。
藁にもすがる患者さんに、薬だけの処方では、後は神頼みだけが残る。

YOU TUBEを観れば、糞便移植の具体的な方法を実名で顔を出して提供するアメリカ人。
凄いし、勇気がある。

未だに銃の規制ができない国アメリカ。
人種差別がなくならない国アメリカ。
世界へ行って戦争をする国アメリカ。

温和で平和な国、日本では、本音で語ることも実名で事実を公表することもない。
これだけSNSが盛んな国なのに、「自由」という意味が違う。
「和」を重んじるがために、奇抜な意見や方法は出しにくい。

だが、政治も社会も、確実にSNSで変わりつつある。
僕のこのブログも、いつか近い将来に、
「こうやったら、喘息が完治しました。」という結論を想定している。

そのための試行錯誤。

それだけに、コメントはあり難い。
posted by ままちゃん at 07:44| Comment(0) | 喘息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月21日

胆汁も逆流する?

僕は30年前に胆嚢にポリープが出来て胆嚢を切除した。
それからは、僕の胆汁は一日中出っ放しだ。

ネットで検索していたら、胃酸だけではなく胆汁も食道に逆流するという。
初耳だった。

そういえば、僕の愛犬は1週間に1度くらいは嘔吐する。
その後はケロッとして食事もできる。
その嘔吐した液体はいつも黄色だ・・・。

胃液はほとんどが透明らしい。
黄色は多少の胆汁が混ざっている色。

ならば、僕の愛犬はいつも胆汁を吐いていたのか・・・?
犬の噴門と幽門はほとんど水平だから、逆流もあり得る。
十二指腸に出る胆汁が幽門から胃に入り噴門から逆流して食道まで上がってくるとは???

僕の喉がイガイガして痰がからんで咳き込んで喘息発作に発展する。
このイガイガは強酸性の胃酸だと思っていたが、アルカリ性の胆汁であれば・・・。

のべつ、胆汁が出続けている僕はどうすれば、その逆流を阻止できるのか?
まだ胆汁が逆流しているとは決定したわけではないが、その可能性は大だろう。

プロトンポンプ阻害剤でも、喘息があまり改善しないなら、他にも薬はあるようだ。
逆流性食道炎のブログをネットサーフィンしていたら、、見つけた。
初めて聞く薬の名前だ。

胃を切除した人が飲む薬らしい。
胃の幽門あたりを切除すると、胆汁が胃に逆流するらしい。

この薬が効くかどうかは未知数だ。
あまり薬に頼りたくないが、今日は昼も夜も食後に喉に痰が絡むような・・・。
食後のガムで唾液を誤嚥しているみたいで落ち込む。

声が枯れたり、声が変わったり、声の大元は喉の声帯だ。
これは喉頭蓋の開閉がうまくいっていないのだろう。
何故?

炎症だろうか?
ならば、喉の炎症を取れば、この誤嚥もどきの痰絡みは解消するのか?

とにかく、胃酸だけではなく、胆汁も少なくしてみよう。
食後や寝起きの時の喉の違和感とはおサラバしたいものだ。
posted by ままちゃん at 21:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

気持ちが折れそう

昨夜は、もう7年以上前に処方されて飲まないで残っていた安定剤を半分だけ夕食後に飲んだ。
でも、あまり眠れなかった。

今朝も身体がだるくて、睡眠導入剤のようなわけにはいかなかった。
7年前に「うつ」になったときに、安定剤を半年間飲み続けた。
その間は、どういうわけか喘息が安定していた。

僕の勘違いかもしれないが、今でも、安定剤で喘息は緩和するような気がする。
昨夜はほとんどうつ伏せ寝だった。
途中で左横向きで寝ていたが、左肩が痛くて、またうつ伏せ寝になった。

朝は痰が出たが、咽るほどではない。
トウモロコシを食べて、ガムを噛む。
ラックビーR・オメガ3・ビタミンD・葛根湯加〜を飲む。

喉の辺りに痰のようなものが絡みついている。
ガーガーするとまた発作になりそうで、唾を飲み込む。

食後のカムで少しは落ち着いてきた。
最近は努めてご飯を食べる。
そのせいか、朝の不調は空腹感からくるのだろうかと思うくらいだ。

最近はお弁当を持ってくるので、お昼ご飯が待ち遠しい。
それほど痰もからまないし、咳も出ないのだが、突然、痰が絡んで咳が出てというのが恐ろしい。

ステロイド吸入をちゃんとやり始める前の身体に戻るにはどれくらい時間がかかるのだろうか?
このまま、喘息と付き合っていくというのだけは避けたいのだが・・・。

食べ物に気を使い、吸う空気のも気を使い、寝るときも安眠できない。
ここまでやっても、まだ先が見えない・・・。

西洋医薬に反して、自己流ではどうなんだろう?
昨日は夕方になって咳が出始めたので、フスコデを1錠と抗ヒスタミン剤を4分の1錠飲んだ。
頓服使用は何度もやっているが、この薬を続けたくはない。

あとは神様に祈るだけ・・・。
posted by ままちゃん at 08:18| Comment(0) | 喘息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月20日

日野原重明先生が亡くなられた

僕が直接存じ上げているわけではないが、尊敬する人物だった。
僕が喘息でも眠れるわけは、日野原先生が提唱する「うつ伏せ寝」のお陰だ。

若い頃に結核で肺が充分に機能しないまま、現役の医者を105歳まで勤められた。
うつ伏せ寝だと痰が出しやすいという意見をお持ちだった。

クリスチャン先生だったが、そんなことは一言も言わない先生だった。
最近はメディアに出なくなって、最後にテレビで拝見したときには車椅子だった。
ここ1年くらいは胸騒ぎがしていたが・・・。

小学校で「命の授業」をされていた。
「命とは何でしょうか?命は時間なんです。君たちに与えられた時間。それを自分のためだけに使うか、
それとも、他の人のために使うか?そこに命の意義があるのです。」
シッカリした意見をお持ちだった。

僕が高校を卒業した1970年。大阪万博があった年。
僕は春に弟と一緒に九州へ旅行した。
その丁度同じ頃に発生した「よど号ハイジャック事件」

日野原先生はそのジェット機に乗り合わせた。
犯人達は、乗客に「何か読みたい本はあるか?」と問う。
誰も答えないが、日野原先生だけが「カラマーゾフの兄弟」を所望した。

ケイタイもない時代。
飛行機の中での監禁状態で、よくも本を読む気になれたものだと感心する。

そんな先生が亡くなられた。
ご冥福をお祈りするだけだ・・・。
posted by ままちゃん at 15:16| Comment(0) | 医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月15日

ホクナリンテープより麻黄の方がいい

今日は息苦しさに負けてホクナリンテープを胸に貼った。
息苦しさは徐々に軽減され食事ができるまでに回復した。

予期せぬくらいに食欲が出てきた。
昼食を食べた後2時間くらいで空腹感が出てきた。
仕方なく、コンビニでおにぎりを二つ買って食べた。

その後のこと、いつも通りの胸焼けが襲ってきた。

何故に食欲が湧いてきたのか?
気管支拡張剤で気管支が広がる。
食道も噴門も広がる。

これは平滑筋が弛緩するから。
内臓の筋肉は心臓以外は全て平滑筋。

ならば、胃や腸も弛緩する。
で、内腔にゆとりができると、空腹感につながる。

それは納得できるが、胸焼けはいただけない。
麻黄を含む漢方薬でも噴門が開くが、ホクナリンテープほどの弛緩はない。
コホコホとゲップが出ることはあるが、酷い胸焼けはなかったと思う。

これからは息苦しくなったら、漢方を飲もう。
posted by ままちゃん at 21:11| Comment(0) | 喘息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

気管支拡張作用やーい

今日は午前中から息苦しくて、昼休みに教会の掃除に行く時には最悪だった。
車中でホクナリンテープを貼る。
途中のスーパーで昼食とお茶を買う。

妻の友人を迎えに行って教会へ到着。
昼食を食べる終わる頃には薬が効いてきたのか息苦しさは遠のいていた。

掃除を終えて職場への帰りにコンビニでおにぎりを二つ買う。
なんだか、まだお腹が空いているみたい。

僕の息苦しさは気管支が狭くなっていることは明白だろう。
咳も痰もないし、この気管支を拡張さえすれば、もう言うことないのだが・・・。

ホクナリンテープを使い続けるのは危険だろう。
麻黄の生薬を含む漢方はあるが、それでも、噴門が開くのがわかる。

この麻黄をどれほど使い続けるのがいいのだろうか?
漢方薬は長期的に使っても副作用は少ないというが・・・。

使い方としては、1包を一日3回がいいのか、1回か2回でもいいのか?
それとも、1日3回として、半分とか3分の1包とか・・・。

使い続けることで効かなくなるのも怖い。
松本医院の先生は漢方を使い続けることを奨励している。
ならば、副作用はあまり気にしなくていいのだろうか?

煎じ薬とエキス剤の効き目は違うだろうし・・・。
何か良い方法がないものだろうか?

それとも、僕の喘息が悪化してきているのか?
ならば、何故に痰が出なくなったのか?
咳もないし、今日だって息苦しいが痰も出ずに、空咳が出るだけだし・・・。
ひょっとして、心臓疾患かも???

種々の試行錯誤で気管支の炎症は改善されても狭窄は元に戻らないということか?
気管支の中をカテーテルを通して60度で焼いて気管支を広げる手術がある。
熱で気管支が広がるのなら、体温を上げればいいのだろうか?
健康時の体温はせいぜい37度。
60度には程遠い。

だが、気管支拡張剤で忽ち呼吸が改善するのは、典型的な気管支喘息だろう。
リモデリングを解消する方法がないとは???

やっぱ、漢方に頼るしかないのかな?
誰か薬に頼らない気管支拡張の方法を教えてくれないかな?
posted by ままちゃん at 17:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする