2019年12月07日

糖質と汗の臭い

12月4日に友人と会うために車で4時間ほどの距離を走った。
目的地が温泉リゾートだったので、前日はシャワーを浴びていない。

当日は晴天で暑いくらいだった。
車内で汗をかいたので、身体がすっぱい臭いを発する。
自分でもこれほどのすっぱい臭いは始めてだ。

朝8時頃に自宅を出発。
到着したのが1時過ぎだった。
その間、サービスアリアのコンビニでおにぎりやパンを食べる。
糖質をかなり摂った。

夏井先生の本に、「糖質制限をすると汗のすっぱい臭いがなくなる。」と書かれている。
なるほど、本に書かれていることは本当だった。

だが、リゾートホテルの夕食は高価な和食だった。
朝はパンにサラダとヨーグルトにゆで卵。

僕の汗がこんなにすっぱい臭いを発するとは・・・。
糖質制限でかく汗はどんな臭いなのだろうか?
posted by ままちゃん at 17:23| Comment(0) | 糖質制限 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

痰と咳の不調が続く

今朝も痰が多い。
咳き込む。

最初は透明な痰がしばらくすると、黄色や茶色の粘っこい痰になる。
痰は出したいし、ガーガーとやると息が吸えなくなることはわかっている。

痰は飲み込むこともできる。
健康な人は無意識にそうやっているはずだ。

口呼吸はするな、鼻呼吸が原則だ・・・。
僕も一時口呼吸をやめていた。
なんだか、喘息の発作もなくなった。
口呼吸は本当に良くないなと感じた。

しかし、アレルゲンが口から入って、腸に届き、腸内内にいる免疫細胞が免疫寛容性を獲得する。
つまり、常に口から入ってくるアレルゲンに反応しないように学習する。
これが、免疫寛容だろう。

この寛容性を持続させるには、「口から」アレルゲンを摂取することを繰り返すのいがいい。
何がアレルゲンなのかを特定できないのが、「非アトピー性」といわれる所以。
アレルゲンが何であろうと、痰にはアレルゲンが含まれているはず・・・。

それを飲み込んで腸の免疫細胞に覚えさせる。
これには、痰をガーガーと出さないで、飲み込む。
そういえば、僕の兄は70を過ぎてもマラソンを走る。
彼は煙草も吸うのだ。
でも、見ていると、クンクンと鼻を鳴らしてゴクンと何かを飲み込んでいる。
「これだ」・・・。

妻が痰を吐くのを見ることはない。
大気汚染物質を口から入れると直接肺に入るから危ない。
唾液に含ませて飲み込んでしまえば最高の結果が得られるはずだ・・・。
posted by ままちゃん at 08:26| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月06日

ビタミンDの血中濃度

ビタミンDを飲んでいる。
一日当たり1万単位以上は摂取。
しかし、血中濃度はわからない。

僕は胆嚢がないので、胆汁が一度に出ない。
果たした、ビタミンDの投与で飲んだ単位がそのまま吸収されるかどうかは疑問。

血中濃度を測ってくれる医療機関はあるのだろうか?
電話で可否を教えてくれればいいが・・・。
聞くのも億劫だ。

1万単位を1年以上続けて、その後、5千単位に落とすというのもありだという。
ビタミンDには過剰症らしきものがないらしい。

たった20分の日光浴で体内で合成されるビタミンDが1万単位を簡単に超える。
余ったビタミンDは肝臓に蓄積されるらしい。
真っ黒に日焼けした肌からは吸収されにくい。

たしかに、5千単位を飲んだ後は鼻のムズムズも咳も落ち着くのだ。
だが、数時間でもとに戻る。
これは、どういうことだろうか?
posted by ままちゃん at 16:47| Comment(0) | ビタミン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

声の嗄れ

声が嗄れることはほとんどない。
でも、10年前にステロイド吸入をは始めたときに声が嗄れた。
そのこと主治医に訴えると、それではと吸入剤を変えてくれた。
丸い容器に入った吸入剤が今度は先端が丸みを帯びた筒状のものに変わった。

それからは、声が嗄れることはなくなった。
でも、ステロイドの粉を吸うことで何故に声が嗄れるのだろう?
パルミコートという吸入薬はどうして声が嗄れないのか?

それをいいことに、2年半も吸い続けた。
その副作用で声帯委縮が起きたのだろうか?

声が嗄れないかわりに、声帯が委縮した???
確かに、2013年秋の発作から喘息で悩んでいた頃には今ほどの誤嚥症状はなかった。
それが原因ならば、断薬して3年が経ついまでも続く誤嚥とはいったい何だろう?

その前の4年間はパルミコートを吸ったり吸わなかったりで喉の違和感はなかった。
吸い続けたことが原因ならば、元に戻すのに何年かかるのだろう?

3年弱吸い続けて、3年以上の断薬。
未だに続く誤嚥。
posted by ままちゃん at 15:27| Comment(0) | 誤嚥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

咳に悩む日々

今日からはなんだか咳に悩まされる日々が続きそうだ。
遠出の旅行から帰るといつものことだ。
翌日か翌々日から始まる不調。

痰が絡んで咳が止まらない。
喉に苦い痰が絡む。

声帯委縮もあるが気道の炎症がメインだろう。
この気道の炎症は慢性的で辛い。

これがアレルギーなら防ぐ方法もないではない。
昼食はお客さんからもらったスーパーの焼肉弁当。

朝から痰と咳・・・。
今日はコーヒーに砂糖をたっぷり入れた。
アレルギーには砂糖はご法度のはずが・・・。

何をやってもうまくいがず、少々やけ気味。
仕事を始めていつもの空気を吸っていることが原因だろうか?
旅行中はこれほどは酷くなかった?

もとの生活に戻ったら、このありさまだ・・・。
昨夜はあまり眠れずに、2時くらいに眠剤を飲んだ。
眠剤はやめようと決心したのに・・・。

眠剤も糖質も高FODMAP食も完璧にはやめられない。
喘息で試行錯誤の末に完治した人はいないものだろうか?
posted by ままちゃん at 15:07| Comment(0) | 喘息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

声帯委縮

声帯が痩せていると言われてから2年になる。
耳鼻咽喉科で診てもらったから本当だろう。

声帯が痩せるとは何だろうと思った。
ネットで検索すると、」「声帯委縮」というらしい。

声帯が委縮、つまり痩せると、ちゃんと閉まらなくなる。
声帯が閉まらないと、唾液も食物も気管に入ってしまう。
誤嚥だ。

咽たり咳が出たり。
喉の違和感。

痰が出ることはわからないが・・・。

僕の喘息の原因が声帯委縮だとすると、この2年間の怠慢が後悔だ。
ビタミンだのミネラルだの糖質だのと、違った自己判断で遠回りをしたのだろうか?

声帯委縮と誤嚥の相関は本当だろう。

仕事で声を出すから、まさか声帯に異変があるとは気づかなかった。
だが、思い当たることがある。
僕がしゃべるとお客さんが耳に手を当てて、聞き耳をたてるのだ。
これは発声が悪い証拠だ。
発音が聴き取りにくく声も小さい。

声帯がうまく閉まらないのだろうか?
声帯を動かす筋肉を鍛えるのがいいそうだ。

大きな声でしゃべったり、歌を歌ったりするのがいい。
僕は友達もいないし、独り言で大声は出せない。
妻と話すときには大声はいらないし・・・。
せいぜい、車を運転中に大きな声で歌うしかないだろう。
posted by ままちゃん at 10:25| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

温泉で一泊

高校時代からの親友と二人で温泉で一泊した。
姉の退職後の組合が持っている会員権で宿泊した。
ゴルフ場が併設された高級リゾート。

夕食は本格的なコース和食。
食べたことがないような洒落たコース料理が出てくる。

いわゆる温泉宿ではない。
スパという言葉で呼ばれる。
浴場も湯気が一切ないのだ。
おそらく換気扇が回っているのだろう。
湯舟をでて身体を洗う時にはなんだか寒いくらいだった。

夜はベッドに枕を三つにうつぶせ寝。
朝も温泉につかって、朝食は軽いモーニングセットのようなものだった。

チェックアウトして浜松城を見学。
動物園の横に「動物愛護センター」があった。
昨日保護空したというゴールデンレトリバー。
もう1か月もいるという6歳くらいのシーズー・・・。
ネコもいた。

浜松城を見学するころから喉に異変。
いつもの痰のからみだ。

昼食を摂るお店もなく、車は別々だったので、途中ではぐれてしまった。
スマホで会話はできるが、お互い居る場所がわからない。
結局、そのまま高速に乗って帰ることになった。

行きも帰りも高速のサービスエリアでコーヒーとおにぎりとパン。
どこのサービスアリアにもコンビニがあるので便利だ。

今朝はどうも喉に透明痰。
そのうちに黄色い痰。

温泉は僕にとっては気分転換にはどうだろう?
posted by ままちゃん at 08:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月03日

便意とは?

僕の便意は朝起きてすぐにトイレへ行く。
便意があって行くのではないがちゃんと出る。

便秘が逆食や喘息に悪いので、朝だけではなく夜も行くことがある。
さすがに、夜は2回目の便通だから気張って出す。
これは下腹に力が入って逆食には良くない。

ここで、他の動物の便意を考える。
僕の愛犬は室内で飼っていた。
朝夕の散歩で必ず便をする。

雨や雪で散歩できない日は一日便をしない。
それでも、室内で便をすることはなかった。
彼の便意はいつもの散歩コースでいつもの臭いを嗅いで始まる。

野生動物でも便意を催してすぐに便が出れば天敵にやられる。
便意を感じる前に、いつものところでするのが習性だろう。

人間は便意を感じないでは便が出ない。
犬のように同じ時間に同じ場所で同じ匂いを嗅ぐと便が出る。
これで、便秘ともおさらばだ・・・。

今朝はちょっと寝坊で便を途中でやめて出勤した。
職場に着いてしばらくしても便意はないが、もしやと思ってトイレへ・・・。
出るわ出るわ・・・。

確かに、便意はないのに出る。
この時を逃していたら便秘気味になっていただろう。
勿論、気張って無理に出すことがいいのか悪いのかはわからない。

腸内細菌がどうのと世間では騒がしいが、大腸内の糞便は水分が吸収されしだいすぐに出すべきだと思う。
下痢気味のときには喘息の息苦しさから解放されることは誰もが経験している。
posted by ままちゃん at 08:27| Comment(0) | 消化器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月02日

喘息に薬は必要か?

僕が喘息のような呼吸困難を経験するようになって14年になる。
最初は夜中に突然に咳き込んで息が吸えなくなった。
そんなことが1年に1度や2度起き始めた。

ほどなくして、喘息だと診断された。
ステロイド吸入は2009年から始めた。
途中2年間ほどは吸入薬も忘れていた。

2013年の9月の発作からは2年半しっかり薬を欠かさず続けた。
その結果は何度も書いているが、散々たるものだった。
地獄に等しい日々だった。

完全に断薬してからは、むしろ状態がよくなった。
サプリを始めてからは完治とはいかないまでもいい状態が続いている。
時折、苦しくなって西洋医薬に頼ることもあるが応急的に使うだけ。

サプリにも色々あって、試行錯誤の途中だが・・・。
料金的には医者に通院するのと変わらないか出費が増えたかもしれない。

世間で喘息に苦しむ患者さんたちが薬をやめることは勇気がいることだろう。
僕もそうだった。
何故やめたのか?

それは、薬をちゃんとやっていても状態は変わらず、むしろ悪化していったから・・・。
断薬することは危険ではあるが、薬に頼って生きていくことがどれだけ危険かも考えたほうがいい。

サプリや運動で体質改善することがいかに大事かが実感できる。
最近は「パラダイムシフト」という言葉がごく少数の医者たちの間で会話されている。
この人たちは書籍も出版している。
今のところは、僕の愛読書だ。

この人たちに共通することがある。
それは、自身の体験に基づいて書かれていること。
昔からの常識や受け売りではない。
一歩間違えば、非難どころか医学会から抹殺される。
間違えていないにもかかわらず、医学会から無視されているのが現状だ。
賛同する医者が徐々に増えているのだが・・・。

糖尿病も薬なしで治してみせる医者がいる。
腰痛も頭痛も同じ。
痛む歯だって、削らず埋めず、何もしないで治す医者がいる。

確かに、僕の喘息は完治していない。
現状維持が続いているだけだ。
でも、ひょっして治るかもしれないという希望はある。

病人に希望は一番大事だ。
薬よりも・・・。
posted by ままちゃん at 10:15| Comment(0) | 体質改善 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月30日

日光とビタミンD

日光が皮膚に当たると体内でビタミンDが合成される。
僕は夏は真っ黒に日焼けするのが大好きだ。
それで、真夏は僕のビタミンDは充足しているはずだ。

秋に喘息が悪化するのはビタミンD不足?
僕の皮膚は夏の間に真っ黒になる。
黒い皮膚から日光は皮下に入りにくい。
それで、秋にはビタミンD不足になる???

20分間の日光が手に当てるだけでビタミンDが1万単位合成されるという。
秋になって、照射時間が減ってくる。
まして、黒い皮膚からはビタミンDの合成はあまり期待できない。

秋雨の頃は日光からのビタミンDは期待できない。
半信半疑では続かない。
しっかり、続けよう。

やっぱり、ビタミンDのサプリは必須だろう。ビタミンDの大量投与でビタミンAが枯渇するらしい。
一緒に、ビタミンAもビタミンK2も摂ろう。

posted by ままちゃん at 17:36| Comment(0) | ビタミン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする