2016年07月29日

世も末

ピアノ演奏家の中村紘子さんが大腸癌で亡くなった。
2年間の闘病だったらしい。
当初は腸閉塞の手術中に癌が見つかったらしい。

腸閉塞は便秘が要因の一つ。
著名な演奏家だから、その練習量も凄いんだろうな・・・。
椅子に座りっぱなしでは便秘にもなるだろう。

その中村さんが慶応義塾高校でコンサートをした。
もう15年以上前のことだという。
演奏が始まっても生徒のお喋りが止まらない。
中村さん自身が、「静かにしてください。」
なんとか、生徒はお喋りを止めたが、今度は保護者達のお喋りが止まらない・・・。

演奏が終わって、控え室で、校長先生が「よくぞ、言ってくれました。」
それは校長の仕事だろうに・・・。
世も末だと思ったという。

僕も娘の成人式で同じような経験。
式場に娘を送っていったが、30分ほど遅刻。
でも、ザワザワしている・・・。
よかった、まだ始まっていない・・・。

会場に入った途端、驚いた。
演壇ではすでに町長が祝辞を述べている最中だ。
客席では華やかに着飾った新成人たちがお喋りに夢中で町長の言葉も聞き取れない。

ムカッとして、僕は演壇に上がる小さな階段を上がって一喝しようと思った。
その階段を上がろうとしたら、係りの人が立っていた。
騒動になることの多い成人式。
誰も壇上に上げれないように見張っている。

小声で「ちょっと酷すぎませんか?注意しないんですか?」
係りの人は当たり前のような顔つきで僕を見つめる。
世も末だと思った。
あの時に、意を決して壇上にあがり、
「君たち、少しは静かにできんのか?それでも大人かい?」と言いたかったが・・・。
娘の顔がよぎって、決行できなかった。

あの時のことを鮮明に思い出す。
ご冥福を祈りたい。

僕たち団塊世代が最近の政治の動向に憂いを感じる。
その一端がこれだろう。
「テロには屈しない。」なんて偉そうなことを発言するが、
この国の子供とちゃんと向き合っていないし、カネ・カネ・カネの政治。
見かけは、「経済」なんて言葉で嘘八百・・・。

もう、ウンザリだ・・・。
posted by ままちゃん at 08:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月28日

断薬120日目前

あと3日でパルミコートとシングレアの休薬120日になる。
昨日は休日で梅雨の晴れ間。

一日中、外で活動。
職場の駐車場の木の枝きり。

ビバトステムまで行って、3階の屋上の屋根設置の下見の日取りに・・・。
早速、今日の午後には来てくれることになった。

日中は晴れ間よりも曇り勝ち。
結局、家の周りを何度もポタリング。
走行距離は20キロくらい。

それで、排気ガスを吸ったせいか、今朝は喉がゼコゼコ。
痰はそれほどでもないが、発作の二歩手前くらい・・・。
休薬で、いつなんどき突然来るかわからない・・・。

漢方薬は一日3回。
それも、麻黄湯を増減して清肺湯やら小青竜湯やら・・・。
足のむくみを取るために、五苓散を就寝前に飲むと夜中に5回トイレ・・・。

西洋医薬の休薬と漢方薬のおかげで、僕の喘息は3年前の悪化以前の状態に戻ったみたいだ。
それでも、油断は禁物。
完治したわけではない。

とにかく、喘息に限らず全ての病気は免疫力の低下からくると信じている。
運動で「低体温」と「酸素不足」を是正する。
運動は免疫力アップには一石二鳥だ。

どうも、就寝時から朝までが怖い・・・。
昼間はなんとか交感神経が活発で発作はないだろうが・・・。

夜から朝までのゼコゼコはなんでだろう?
いつも、左横向きで枕無しで寝る。
後鼻漏が喉に落ちないようにするためだが、胃からの逆流にはどうだろうか?

逆食には頭を高くして眠るのが原則。
僕はそれに反している。

だが、不思議なことがある。
枕をして左横向きで寝ていたときには昼間も手が痺れていた。
枕無しで寝ると左肩の傷みで目が覚めることがあるが、昼間の手の痺れは皆無。

枕で頚椎に負担がかかるのではないだろうか?
整形外科の先生も手の痺れは頚椎の異常だと言ったし・・・。

枕無しでも頸が下に落ちるから頚椎にも負担がかかるはずだが・・・。
枕で頭を上げることは下げることよりも異常なことなんだろう。
猿だって、枕をしないで横向きで眠る。

本当は、上半身を高くして、頭だけを低くするといいのだが・・・。

僕の主治医は野生動物。
彼らは眠る時に枕をしない。
薬も飲まない。

日ごろから病気にならないような生活パターン。
それを模索中・・・。

無事に120日が迎えられますように・・・。
posted by ままちゃん at 09:02| Comment(0) | 喘息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月26日

級友が闘友だった

高校時代の同級生に遭遇して、そのことを他の級友にメールした。
久しぶりにメールしたので、近況報告。

なんと、その級友も喘息になったという。
何度か呼吸困難があって、年々か後になって喘息と診断されたという。
その診断方法も拷問に近い・・・。
女性だけに、あまり詳しい症状も聞けないが・・・。

とにかく、「あなたは喘息です。」と診断すれば、後は死ぬまで薬漬け・・・。
その友もパルミコートの吸入が主体。
僕が7年前にパルミコートを始めたときのようだ。

酷い発作は年に1回か2回やってくるくらい・・・。
そのうち、突然大きな発作に見舞われる。
それからが、地獄だった。

友もいずれはそんな道を辿るのか・・・。
睡眠導入剤も処方してもらっているという。
夜ぐっすり眠れるようになったら、副交感神経が活発になった証拠。
それから、本格的に喘息との闘いが始まる。

漢方のことをメールしてあげたが、僕だって喘息が軽症だった頃には漢方なんていらなかった。
重症化して、薬が切れなくなってから、気づくのだけれど・・・。

その級友は高槻に住んでるので、いざという時には松本医院を紹介するつもりだ。
今は紹介しない・・・。
何故なら、軽症では漢方に対する評価が低いのが当たり前だから。
半信半疑では効き目も半減する。

重症になって、藁をもすがる時に松本医院は必要になる。
つまり、漢方の出番になる。

僕も漢方を西洋医薬と併用していた時には漢方なんか信用していなかった。
とにかく、僕の年代に喘息が突然襲ってくる。
これは一体何故???
posted by ままちゃん at 07:26| Comment(0) | 喘息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月25日

咳とお腹の具合

昨日の朝も今朝も快便だった。
麻黄のせいで便秘気味だったが・・・。

でも、快便のせいかどうか、昨日も今日も朝から咳が出る。
快便は副交感神経が活発だから。
それで交感神経がお留守になる・・・。

痰と咳は喘息の悪化のしるし。
漢方で安心していても、気道から入る汚染物質を遮断することは難しい。

昨日は休日で車で出かけたり自転車でポタリング。
外気、とくに排気ガスは最悪。

免疫寛容に到るまでは我慢・我慢・・・。
posted by ままちゃん at 18:05| Comment(0) | 喘息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月23日

同級生に偶然遭遇する

昨日はお客さんの家に行った。
故あって、お線香をあげに行った。
普通は玄関で仕事がらみの話をしておしまいなのだが・・・。

昨日はお線香をあげるために仏壇のある和室に通されて話をした。
このご夫婦は僕と同じくらいの年代だろうなとは思っていた。

話の中で、僕が大阪出身だと気付いた奥さんが、「私も大阪なんです。」
「大阪はどこですか?」
「私は吹田です。」
「えー、僕は豊津中学でしたよ。」

なんと、同じ高校を卒業していることがわかった。
それも、同学年・・・。

同じクラスにはなったことがなかったが、3年間同じ高校にいたとは・・・。
僕たちは団塊のすぐあとの世代で、1学年が10クラスあって、同学年に500人はいたが。

つくづく思う、世の中は狭いと・・・。
posted by ままちゃん at 11:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不調

今朝は痰がまた出始めた。
その予兆は昨日から・・・。

線香をあげて話をすること1時間。
夕食前に姉から電話。
食卓を前に長電話。

電話をきって食べ始めて咽せた。
食事を終えても喉に痰が絡んでいる。
切りにくい痰が喉の入り口辺りにへばりついている。

就寝時にも痰が切りにくい。

今朝は久しぶりに痰が・・・。

これも久しぶりに、ムコダインを飲む。
ムコダインは即効性がある。
切れやすい痰になってきた・・・。

昨日から今日は涼しいというより肌寒い。
気温と気圧のせいで、喘息が悪化・・・?

足の腫れでクラビットを夕食後に飲んだので胃酸の逆流か?

まだまだ、僕の喘息は完治とは程遠いな。
posted by ままちゃん at 11:34| Comment(0) | 喘息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月22日

闘ってはいけないテロと癌

「断固としてテロと闘う」と断言するこの国の首相。
アメリカの空爆にODAまで総動員。
その結果、この国の国民がテロのターゲットになってしまった。

抑えれば抑えるほどに、あちこちで勃発する。
それで、世界中に広がってしまった。

これは癌に似てる。

抗癌剤で身体中の免疫細胞を殺してしまっては、日々再生する癌細胞が全身で増殖する。
それを、医学では「転移」と言う。
本当に「転移」だろうか?

癌もテロも闘ってはいけない。
癌だって、身体の免疫力を高めていけば、癌細胞は死滅する。

テロに宣戦布告すればするほど、テロはニンマリするだろう。
テロは意味のない殺戮だから、殺人を楽しんでいるとも言える。
最初は虐げられた人々の爆発だろうが・・・。

抑えることよりも、何故、ここにテロが起きたのかを考える。
何故、ここに癌が出来たのかを考える。

インターネットで殺人鬼を募って、実際に笑いながら殺人が起こっている。
こいつらを100回死刑にしても被害者は戻らない。
何故?という疑問符がないと、また同じことが起きる。

人間は考える動物だったはず・・・。

空からの空爆が抗癌剤に良く似ている。
賢い医者が何故に考えなくなったのか?

抑えてはいけない。
抑えてはいけない。
posted by ままちゃん at 09:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

抗生物質

足の怪我で腫れが引かない。
整形外科でメイアクトという抗生物質を処方してもらった。
でも、これを飲むと気分が悪くなる。
胃に影響ありだと思う。

一緒に処されたムコチオという胃薬を飲んでも同じ。
それで、2回飲んだときに止めた。

以前に内科でもらって飲んでなかった抗生物質のクラビットが家にあった。
それを飲んでみたら意外と胃に影響がない。
不安なのでタピゾールも飲んだ。

昨夜は夕食後にクラビットを飲んだが、朝にタピゾールを飲んでいたので飲まなかった。
そしたら、夜中に胸焼けのような感じで咳が出そうになった。
朝まで我慢。

今朝はタピゾールを飲もう。
傷口はもうカサブタが出来て塞がっている。
その傷の形からすると、こけた時に自転車のチェーンにぶつけたような痕・・・。

チェーンは汚れている。
そこらか細菌感染したのなら、抗生物質が有効だ・・・。
妻は早くから消毒と抗生物質を進めたが、僕は大丈夫と高をくくっていた・・・。

足の黒ずんだ内出血のあとは消えたが、浮腫は消えない。
出血は治まってもリンパ液の漏れが続いているのだろうか?
指で押すとしばらくは凹んだ痕が消えない・・・。

以前にテレビで、リンパ管が破れて片足が像の足のように腫れあがった女性を見たことがある。
リンパ管と静脈を繋ぐ顕微鏡外科手術で治ったらしい。

僕の場合はどうか?
感染であれば、抗生物質が効く。
しばらく様子を見るか、切開して中身を出すか・・・?
posted by ままちゃん at 07:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月21日

罰が当たった

先月だったか、カエルの置物を捨てた。
それは金運がいいとうのでネットで買った置物。

金色のヒキガエル。
重さは1キロくらいはあっただろうか?
もう10年以上も前に買ったもの・・・。

それで、金持ちにはならなかったが、お金には困らないような生活ができていた。
身辺整理のために捨てた。

それから、自転車事故。

最近、うちの庭で遭遇するカエル。
いつもは緑の小さなアマガエルだったが・・・。
昨日もアマガエルよりも一回りか二回り大きいカエルがいた。

「オレは捨てられたけど、お前達はあの家に行って幸運を届けておいで。」
と、我が家に来てくれたようだ・・・。

捨てることで身軽になれると思ったが・・・。
物を捨てられない世代。
この先どうすればいいのか・・・?
posted by ままちゃん at 08:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自転車事故

自転車好きの政治家が転倒して怪我をした。
脊髄を手術するほどの大怪我らしい。

僕も自転車でこけて打ち身だけでも2週間近くたった今でも完治しない。
痛みはまだあるが、骨折もない。
打撲でも患部の変色はない・・・。

ツールドフランスの唯一の日本人も転倒して大腿骨骨折という重症をおっている。
僕の怪我なんかは速度は10キロも出ていなかっただろう。
片手にゴミの袋を持ってバランスを失って転倒しただけ・・・。
それでも、こんなに長引いている。

ビアンキで走行中にハンドルだか前輪だかが外れて前のめりの転倒した人。
その人は半身不随の重度障害者になった。

自転車は車ほどの速度は出ない。
落車しても二階から落ちるほどの高さではない。
カーブで速度が出ていたら危険だろうが・・・。

だが、自転車を甘く見てはいけない。
僕の乗るクロスバイクもロードバイクも足が地に着かない。
このことで路肩に突っ込みそうになったことは数え切れない。
この場合はこけても傷は浅い。

でも、転倒すると、片手か片肘か片膝が先に地に激突する。
つまり、速度で倍になった全体重が片方の手に一瞬乗りかかる。
骨折は免れないだろう。

やはり、クロスバイクのポタリングでチンタラ行くのがいいのかもしれない。
親父バイクはそれでいい。


posted by ままちゃん at 08:23| Comment(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする