2016年10月31日

休薬210日目の実感

ステロイド吸入と抗アレルギー剤を完全に止めて7ヶ月。

今日の体調は・・・。
休薬だけでなく、糖質制限も加わっていっきに調子が良くなった感がある。

糖質の何かが僕の体にとって良くない物質があったのか?
それを体外へ出そうとする生体の反応が痰や鼻水だったのだろうか?

漢方を飲んでるとはいえ、2年前の苦しかった日々が嘘のようだ・・・。
糖質制限はまだ1ヶ月くらいなので、このまま続けようと思う。

しかし、ここらあたりで、コレステロール値が心配ではある。
コーヒーとともに、バターやココナツオイルを摂るようにしている。
砂糖の類は完全にやめた。

糖質制限で喘息が治ったという記述は見たことも無いが・・・。
休薬と糖質制限がタグを組めば怖い物はない。

糖質制限で「休薬」が「断薬」に移行できるかもしれない。
病気の根源が糖質にあるのなら、糖質制限で全ての病気が治るかもしれない・・・。

断薬    (一切の西洋医薬を止める)
漢方薬   (質・量の加減)
歯     (金属を全て外す)
マスク   (就寝中および掃除中)
腹筋強化  (胃下垂改善のため)
筋トレ   (体温アップのため)
有酸素運動 (呼吸筋を鍛えるため)
糖質制限  (砂糖・炭水化物を除くMEC食)
寝姿    (うつ伏せ寝か横向き寝)
姿勢    (猫背を是正、顎を引く、下腹部を凹ませる)

今のところは、これだけのことに気を配っている。

posted by ままちゃん at 14:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

訪問客を紅葉へ案内する

シンガポールから来た妻の友人家族を榛名湖に案内した。
近くで紅葉が美しいところということで・・・。

僕たち地元の人間はいつでも行けるということで、人生たった二度目の訪問。
子供達が小さかった頃に行った記憶がある。

榛名湖に紅葉が映えて美しかった。
やはり、寒かった・・・。

東京の六本木リッツカールトンホテルから出向いてくれた。
僕たちの住む高崎線の駅まで妻が迎えに行った。

昨年の4月にはサクラを見にやってきた。
そん時は目黒川沿いのサクラ並木を案内。
日光の東武ワールドにも案内。

今回は2週間ほど滞在するらしい。
昼は妻が大好きなイタリアン。
ピザの食べ放題のレストラン。

糖質制限中の僕はウンザリだったが・・・。
さすがにピザは2枚だけ。
パスタは注文しないで、サラダバー。
サラダでは満足できないでいたが、ゆで卵を4個とチキンの茹でたのを沢山いただいた。

今度からはパスタではなくサラダバーでゆで卵をいっぱい食べよう。
チキンもあれば万全だ。
posted by ままちゃん at 09:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月30日

外食と糖質制限

僕はお昼に妻と外食することが多い。
さもなくば、ホットモットの弁当しかない。

昨日は焼肉弁当のご飯を全部食べてしまった。
家のウォッシュレットの給水パイプの水漏れで、急遽直しに来てくれた知人。
いつもは電気やエアコンでお世話になっている人。

修理が終わって昼食としてホットモットの弁当を皆で食べた。
話をしながら食べたので、ご飯を全部食べてしまった。

そのせいか、夕食はご飯抜きの豚肉だけだったのに、就寝後に喉がゼコゼコ。
深夜にも痰がからんで、タピゾールを1カプセル。
トイレで大、結構な量が出た。
小青竜湯を飲んで眠る。

朝の起床後にまた大。
昨夜は夕食後にダンベルとプロテインに牛乳。
いつものバター入りのカプチーノ。

日本シリーズ第6戦、カープが日ハムに4対4で戦っていたが、どうも負けそうな雰囲気。
もうテレビを観るのが怖くなって、本を読む。
今度テレビをつけたら、10対4で負け。

今日は快眠できないだろうな・・・。
横で寝ている妻が咳と痰で眠れないようだ。

1週間前の日曜日に妻の友達が家に来た。
その友達が風邪をひいていて咳と喉の痛みが酷い。

潜伏期からいうとなんだか遅いが、妻に風邪が移ったことには違いない。
僕に移さないでくれー。
高槻の松本先生のHPにも、「喘息患者は風邪をひくな。」とある。

また、今日から、厳格な糖質制限をしよう。

でも、今日はシンガポールから来る妻の通人家族を紅葉見物に案内しなけらばならない・・・。
今日はこの秋一番の冷え込みだ。
それに、妻がイタリアンへ案内すると意気込んでいる・・・。
ああ、怖ろしい。
posted by ままちゃん at 08:54| Comment(0) | 糖質制限 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月29日

バランスのいい食事とは?

ご飯も肉も魚も野菜も食べなさい。
山の物と海の物をバランスよく食べなさい。

子供の頃によく聞かされた文言。

しかし、この「バランスのいい食事」とは一体何だろう?
蛋白質・脂質・炭水化物・食物繊維・ビタミン・ミネラル・・・。

野生の動物は決してバランスのいい食事はしていない。
それでいて、病気になることが少ない。
癌で死ぬ野性動物は稀だろう。

長寿の人はかなり肉食に偏っていてバランスがいいとは言えない。
僕の祖母は96歳まで生きた。
最後の2年くらいは特別養護老人ホームで過ごしたが・・・。

それは、周りが心配してホームに入れたから・・・。
彼女の食生活はどうだったか?

肉も魚も一切の臭い物は食べなかった。
一人暮らしを貫いたので、ご飯と根菜しか食べなかった。
それと、毎晩の晩酌。
それでも、96歳まで生きた。
バランスなどとは無縁の食生活だった・・・。

パンダも昔は肉食だったらしい。
それが何故に笹だけを食べるようになったのかは疑問だが、
肉が無くなって手じかには笹があったのだろう。

笹を食べる個体だけが生き延びて自然淘汰された。
それで、今のパンダは笹しか食べない。

犬も猫も最近は病気になりやすい。
癌もあれば、アトピーもある。

犬も猫も肉食で、炭水化物も野菜もいらないはず・・・。
ドッグフードだのキャットフードだのと、炭水化物混ざりの加工食品。
これでは人間並みの病気になって当たり前。

やっぱ、単一の食物を食べ続けることが健康の秘訣かもしれない。
何でもバランスよく食べることが災いしている。
色んな食物が一度に胃袋に入ると、胃も仰天するし、消化も慌てふためく。

市川昆さんは卵と牛肉しか食べなかったという。
それでいて、ヘビースモーカーで90歳を超えるまで生きた。

MEC食の発案者、渡辺信幸先生は、「野菜なんて食べなくてもいい。」とまで言いきっている。
posted by ままちゃん at 15:09| Comment(0) | 僕の仮説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

10%の有権者が国を左右する

今のアベ政権は有権者の10%の投票によるもの。
90%はどうでもいいかアベ止めろかのどちらか・・・。

自衛隊を強化して軍隊に昇格。
不都合なことは国民に全てを隠蔽する。
地球の裏側の喧嘩に軍隊を派遣する。
核兵器廃絶に反対する。

憲法無視とアメリカ崇拝。

国民だけが置いてきぼりだ・・・。
党の総裁任期まで変えてしまった。
ヒットラーもどきの手口で法律を変えて、解釈も変えて・・・。

この国はどこへ行くのだろう?

原発万歳。
原爆万歳。
軍隊万歳。
空爆万歳。

僕達がちゃんと考えて行動しなければ、この国の方向は間違ってしまう。
いや、すでに間違った方向に進み出している。
posted by ままちゃん at 09:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月28日

コレステロールは悪者か?

僕は高脂血症だ。
随分と前から言われ続けている。

その当時は悪玉とか善玉とかいうことはなくて、総コレステロール値だった。
いつも250は超えていた。

220が基準値らしい。
この基準値も誰が決めたのやら・・・?

一時、290超えのことがあって、バスタチンという薬を大量に処方された。
それを飲み始めて、170まで血中コレステロール値が下がった。

下がりすぎて怖かったが・・・。
それと同時に副作用に苦しむことになった。

就寝中の筋肉痛やらこむら返り。
日中でも、顎の筋肉がこむら返り。
胸の筋肉のこむら返りで呼吸が出来なくなった。
それ以来、この薬を完全に拒否するようになった。

この副作用がバスタチンの作用か?
コレステロール値を下げた結果の身体の反応か?

血中コレステロール値は80%が体内で合成される。
食事からくるものは20%だけらしい。

体内でコレステロールを合成する時の原料は糖分。
つまりは、糖質制限で高コレステロールは解決できる。
厚生労働省が薦めるバランスのいい食事ではコレステロール値が下がるはずがない。

最近、読んだ本で驚愕の事実があった。
JRに飛び込んで自殺した人の90%が55歳から60歳の男性という事実。
その100%がバスタチンを飲んでいたという事実。

脳からコレステロールを奪うと、「うつ」になる。
つまり、バスタチンを飲んで低コレステロールになって、「うつ」から自殺。

それから、もう一つの事実。
バスタチンを飲んでいるのは70%が女性。
女性は閉経後に高コレステロールになることがほとんどだという。
ならば、その高コレステロールは身体が欲していることで薬で下げる必要はないはず。

このバスタチンという薬の市場は今や5000億円を越えるだろう。
一大産業だ・・・。

喘息のステロイド吸入剤と同じ疑惑だろう。
これに花粉症がからんで、抗アレルギー剤も入れれば、何兆円産業・・・。

製薬会社の「お勧め」を鵜呑みにして、薬を処方し続ける医者達。
70%以上の無駄な医療費を払い続ける国。
「無駄」どころか、薬で病気を生産し続けている事実。

いったい、誰が得をするのだろう。
posted by ままちゃん at 09:41| Comment(0) | 糖質制限 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パナソニック大嫌い

自宅のウォシュレットが故障した。
ウォシュレットと言っても、パナソニック製。

まだ5年も使っていない。
それが、水も出ないし完全にフリーズ。

息子がコンセントを抜いてしばらくして挿し直したら直った。
便器の蓋の裏に書いてある通りに従っただけだった。
「なんだ、直った。」

それが、一日でまた同じ故障になった。
今度は何度同じことをやっても直らない。

便座の蓋の裏を読んでみた。
「月に一度は漏電検査をするよう」に書かれている・・・???

今度は何度やっても、漏電ランプがついたままだ。

しばらく前から蓋がユックリ落ちなくなっていた。
閉めようと蓋を下ろすと、バタンと急激に落ちてしまう。

もっと前からは、水がポタポタと落ちる音がしていた。
水が完全に止まらなくなっていた。

職場のものは「ナショナル製」。
これには漏電検査なんぞは書いていない。
故障せずに使っている。

「ナショナル」から「パナソニック」に改名したから、
職場の物のほうが古い・・・。

「パナソニック」といえば、思い出す。
何年も前の父の日に長男が買ってくれたシェーバー。
三洋製で故障ゼロに丈夫で長持ち。
今でも職場で使っている。

自宅にも1台買った。
ブラウン製とパナソニック製で日本製を選んで買った。
これが失敗だった。

切れ味が悪い。
高いばかりで性能は最低。

どうも、パナソニック製は壊れやすいし、物が悪い・・・。
これは僕だけが感じることだろうか?

家電店でTOTOのウォシュレットを買った。
パナソニック製品が幅を利かせている。
あとは東芝製とTOTO製だけ・・・。

パナソニック製と東芝製はTOTO製品に比べてはるかに安い。
TOTO製はデザインがダサい。
TOTOは特許があるはずだが、もう切れているのだろう。

結局、TOTO製を買った。
もうパナソニックの製品を買うことはありえないだろうな・・・。

8年前に買ったアルカリイオン器はナショナル製品。
5年間の長期保障後も、一度も故障していない。

「パナソニック」をまた「ナショナル」に改名すれば、また買うかもしれないが。

posted by ままちゃん at 08:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月27日

食後のゼコゼコと胃下垂

今日は朝から快調だった。
それが、昼食後から喉がゼコゼコしだした。

朝はコーヒーにミルクとバター。
もう少し具体的に書くと、
まず、コップに牛乳を入れる。
そこにバターを浮かせる。
それをチンする。
沸騰したら出してインスタントコーヒーを入れてかき混ぜる。
これで終わり。美味しいカプチーノができる。

それよりか、何故に食後に喉がゼコゼコ言い出すのか?
僕の理論では、食事が胃袋に入ると胃は下へ落ちる。
胃に引っ張られて噴門と食道も引っ張られる。
重力を一緒に声帯の辺りが下垂する。
気管の蓋が少し開く。
そこへ唾液が入る・・・。

あくまで、僕の推測だが・・・。
食後は努めて下腹の腹筋に力を入れるようにしている。
胃の下垂を防ぐため・・・。

糖質制限でかなりの改善があるので、胃下垂を是正して一気に治そう。
posted by ままちゃん at 16:12| Comment(0) | 喘息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月22日

「僕が菜食をやめた理由」というブログ

菜食主義にとりつかれて、ベジタリアンの食事のお店まで出した男のブログ。
10年近くも菜食を続けて、その良さを発信し続けてきた男。

5年後に栄養不良やら皮膚病やら虫歯から逃れられずに、肉食に転向。
いわゆる、糖質制限食が一番いいのだと気がつく。

自分の間違った情報発信で間違った食生活を送っている人達に謝罪。

僕も糖質制限のMEC食を始めて気がついたことがある。

野菜を食べていた頃には臭いオナラガ出ていた。
肉食で炭水化物を制限すると、オナラガ臭くなくなった。

僕のMEC食はまだ始めたばかりで、結果はまだ出せないが・・・。
どうも、菜食よりも肉食のほうに分がありそうだ。

食物繊維だのビタミンだのミネラルだのと菜食が全てにいいような喧伝は如何なものか?
人体の身体の中で消化されない食物繊維は何故に必要なのか?
腸内細菌に必要らしいが、僕の経験では腸の悪玉菌の餌になるだけのような気がする。

そもそも、悪玉菌とか善玉菌とかの区別がおかしい・・・。
どっちも腸内にあってもいいはずじゃん。

僕は最近、菜食から肉食にシフトしている。
このことが善と出るか悪と出るかは今のところわからない。

だが、このブログが大変な反響を及ぼしていることは事実。
このブロガーが正しいかどうかは、僕のMEC食が成功するか失敗するかで、決めよう。

その延長線上には喘息の完治があるのだが・・・。
それは欲張りというものか?
posted by ままちゃん at 18:00| Comment(0) | 糖質制限 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月21日

MEC食 始めました

渡辺信幸先生の本をアマゾンで買って読んだ。
目から鱗とはこのことか・・・。

その本を買ったのはもうだいぶ前のこと。
糖質制限のこれまた究極のMEC食にはどうしても踏み切れなかった。

僕の血中コレステロール値はいつも高い。
総コレステロール値はだいたい250以上はある。
290を超えたこともある。

悪玉コレステロール値も高くて善玉が低かった。
最近は悪玉と善玉の比率が問題視されている。

しかし、そもそも善玉とか悪玉なってありえないという説もある。
とにかく、コレステロールは身体に必要。

僕の今までの経験からは、どうも糖分や炭水化物が高コレステロールの原因か?
ならばと始めたのが糖質制限。
しかし、この糖質制限は家族で僕だけが食事で孤立することになる。

MEC食ならば、好きな肉や卵やチーズを食べられる。
加えて、最後に少量ならご飯を食べてもいい。

今月から始めたMEC食。
まだまだ結論は出ないけれど、なんとなく身体の調子はいいみたいだ。

今朝からはコーヒーにバターを入れて飲んでいる。
結構いける味だ。

「砂糖断ち」や「ご飯断ち」はしんどいけれども、肉・卵はあり難い。

僕が糖質制限を続けなかった理由がある。
それは、糖質制限の本を買って読んでも、ほとんどが糖尿病対策だったから・・・。
これ以上は痩せたくなかった。

1ヶ月で体重が20キロ減ったとか、糖尿病の数値が改善したとか・・・。
喘息が治ったなんて体験談は皆無に等しい。

「アレルギーが改善する」という文言くらい・・・。
喘息との関係や如何に・・・?

posted by ままちゃん at 15:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする