2017年03月15日

ピロリ菌

ピロリ菌は胃癌やら胃潰瘍やらの原因になるらしい。
僕は以前にかかりつけの内科の先生に、「ピロリ菌は大丈夫でしたよ。」と言われたような記憶がある。
胃カメラの時か血液検査でかは覚えていないが・・・。

ここにきて、ピロリ菌が喘息と逆流性食道炎を予防するらしいというネットでの噂。
マウスの赤ちゃんにピロリ菌を与えたら喘息にかかりにくかったという医学論文があるらしい。
もっとも、大人のマウスにピロリ菌を与えても喘息は予防できなかったらしいが・・・。

最近ではピロリ菌がいると必ず除菌しましょうと医者は言う。
ピロリ菌だって、あの強酸性の胃液の中が生存に最適なんだし、必要があって胃の中にいるんだろう。
それを除菌することが果たして必要なのか?

ピロリ菌を除菌し始めたのと、大人の喘息が増え始めたのが、時期が合っているのではないか?
僕は喘息と逆流性食道炎(逆食)を両方持っている。
逆食と喘息との関係も巷では誰もが知っている。

このピロリ菌の除菌にはプロトンポンプ阻害剤と抗菌剤を1週間続ける。
僕はこのプロトンポンプ阻害剤を常習している。
たまには抗菌剤も飲む。

昨年の5月に咽頭炎で抗菌剤を1週間置いて2回も飲んだ。
1回で5日間だから・・・。
この時に僕のピロリ菌は全滅したかもしれない。

医学の進歩とともに余計なことまでやってくれるもんだ・・・。

ピロリ菌の除菌に関係するHPには、「ピロリ菌を除菌すれば喘息も改善する」とある。
不確かどころか間違った知識や情報を流して患者を騙す。
その延長線上には医療を取り巻く営利企業の思惑が・・・。
僕だけの勘ぐりだろうか?

それより、除菌されたピロリ菌をもう一度入れ直すことはできるんだろうか?
できることなら、入れなおしたいもんだ。
posted by ままちゃん at 16:58| Comment(0) | 喘息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ハプテン」とは?

松本先生の持論、人工的化学物質がハプテンで、それだけではアレルゲンにはならない。
ハプテンはアレルゲンになれるほどの高分子ではない。
ハプテンに蛋白質がくっついてアレルゲンになるという。

では、四日市喘息はどうなんだろう?
僕の喘息もアレルゲンはどうやら埃か排気ガスにありそうだ。

埃には動物由来のタンパクがくっついていそうだが・・・。
排気ガスがタンパクとくっつくことがあるのだろうか?

僕の気管支粘膜に排気ガスがくっつく。
それに気管支粘膜の細胞が反応する。
タンパクがくっつく暇があるだろうか?

どうもわからない・・・?

排気ガスや灯油燃焼産物がそれ自体ではアレルゲンにならない?
それが気管支粘膜にくっついて咳や痰が出ることはわかる。
そこに免疫がからむ余地はあるのだろうか?

ただ、異物を出そうとする反応。
その反応が長期的に続くと・・・。
気管支の慢性炎症が持続することになる。

これが喘息ならば、免疫とは無関係???
炎症とは組織の修復工程。
傷ついた気管支粘膜を治そうとする過程。

漢方で気管支を広げておいて、そのうちに免疫寛容を期待する。
この長期戦はアレルギーを前提としたもの。
喘息が本当にアレルギー疾患ならば、ハプテンがどこでタンパクとくっつくのか?

松本先生の理論を読めば読むほどにわからなくなる。

「タンパクがないところにはアレルギーはない。」
このこと信憑性は?

Wikipediaには「非アトピー型気管支喘息の原因はまだ解明されていない。」とある。
大人の気管支喘息の原因はアレルギーではないのだろうか?
ハプテンだけで起きるのなら、これはアレルギーではない???
posted by ままちゃん at 09:54| Comment(0) | 喘息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

痰の再来

昨日は喘息外来で総合病院。
一日中、なんだか息苦しくてゼコゼコしていた。

アリナミンを一日に10錠とビタミンCも大量に飲む。
それでも、今朝は気管支の奥で痰がからむ咳。
いやーな感じ・・・。

いつもの喘息の悪化特有の痰と咳の出方。
妻の風邪が移ったか?

妻の痰がこれほどまでに長びくのは昨年も同じだった。
僕の喘息の悪化や妻の痰咳の原因は何か?

妻は風邪かもしれないが、気管支の奥の痰だけが長びくのは何故?
夏場には僕のこのような痰のからみはないように思う。

ならば、原因は暖房器具か?
僕は、昨年は徹底的に灯油ファンヒーターを嫌って使わなかった。

職場の暖房もエアコンだけで過ごした。
思ったほど電気代が上がらなかった。
しかし、喘息は改善せずに、今年はファンヒーターを使い始めた。

今年は灯油代が値下がりしたせいもある。
妻も僕も痰と咳の原因が室内の埃だろうと思う。

灯油ファンヒーターから出る埃は目に見えない。
でも、ヒーターの後ろのフィルターに埃が詰まって停止することが何回もある。
ファンがあるかぎり、埃を吸って吐いている。

職場は窓が無く、一日中、締め切っている。
埃の逃げ道もなく、淀んだ空気の中で仕事する。

帰宅後も夕食はファンヒーターとエアコン。
就寝までは自室でファンヒーターの前に陣取る。
3時間はこの態勢。
埃を吸わないはずがない・・・。

このブログを書きながらも痰が出る。
茶色の嫌な色の痰。
喘息がこれ以上悪化しなければいいが・・・。
posted by ままちゃん at 08:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする