2017年05月27日

猫背の修正月間

猫背が治らない。
背筋を伸ばしていても、気がついたら猫背・・・。

来月一杯は、努めて猫背を解消するために頑張ってみよう。
とにかく、背筋を伸ばすことに終始すること。

背筋と腹筋を鍛えること。
朝に晩に背筋と腹筋の筋トレを加える。

食生活を変えても、寝姿を変えても・・・。
全然、喘息も胃もたれも変わらなかった。

ビタミンやサプリを変えてからは喘息が軽減したようにも思えるが・・・。
姿勢だけはどうにも変わらなかった。

いや、変えようと努力しなかった。
今日からは努力してみよう。

姿勢を正すと確かに背中の筋肉が痛い。
この痛みは常時この体勢ができていなかった証拠。

何日か前に、自転車をこぎながら商店街のガラスに写った我が身。
なんと背中が90度近く丸まっていた。

自分では気がつかないで極端な猫背だった。
改善しようと思っても、気がつけば元通りの猫背。

今日からは続けよう。
まずは来月の終りまで。
posted by ままちゃん at 17:13| Comment(0) | 胃下垂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

喉の違和感は喘息か逆食か?

今日は弁当を持ってこなかった。
それで、ホットモットの焼き肉弁当を妻が買ってきてくれた。

油に塗れた焼き肉とご飯を食べたら、喉の違和感が増加してゼコゼコが酷くなった。
付け合せのポテトサラダは食べない。
僕はポテトサラダを家で作るからわかるのだが、これほど白いポテトサラダは薄気味悪い。
本当は焼き肉だって亜硝酸Naまみれだとはわかっているが・・・。

トイレで大。
すると、なんだか喉のゼコゼコが軽減。
この喉の違和感は喘息の症状なのか胃腸の消化が悪いからなのか・・・?

一日に2回は大をする。
便意がなくても朝以外に昼か夜にもう一回便をすることにしている。

そのせいか、下腹部が凹んで体重が増えない。
この喉のゼコゼコも便通やタピゾールで軽減する。
タピゾールで軽減するので、胃での消化不良が原因だと思う。

胃下垂・胃酸過多・胃もたれ・胃拡張・・・。
最近は下痢をすることがない。
だから腸の不具合よりも胃の不調の方が説明がつく。

胃での消化が良い食べ物を摂ろう。
野菜は嵩張るだけで直接の栄養はない。
ご飯だって食物繊維以外は糖質だ。

それと、水分の摂りすぎ。
どうしても口寂しくて飲み物を摂ってしまう。
甘い飲み物は避けているが量的に減らすべきだろうか。

このままいくと、体重が増えないどころか減っていくようで怖い。
蛋白質だけは充分に摂ろう。
posted by ままちゃん at 16:05| Comment(0) | 喘息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不調の原因は低気圧とビタミンD不足?

三日間ほど雨模様だった。
今朝も降っていたが、職場を開ける頃には太陽が顔を出し始めた。

雨で空に太陽がない日が続いた。
これで僕の気管支が狭くなってジメジメ。

太陽とともに喉のゼコゼコが吹っ飛んでしまえばいいのだが・・・。
太陽光線の紫外線はビタミンDの体内合成に必須。
それでも最近はビタミンDの内服をしている。

内服量は日量で8000IU。
高いようで低いようでもある。
ビタミンDの血液量を測ったこともないが、それほどビタミンD量が上がっているとは思えない。
それは、僕の花粉症が改善されないことにある。

斉藤糧三先生の本には、ビタミンDの大量投与で花粉症が劇的に改善するという。
何故に僕の花粉症が改善しないのだろうか?
まだビタミンDの量が足りないのだろうか?

10000IUを何ヶ月間も続けてはじめて副作用が出るという。
1ヶ月くらいの10000IUでは副作用はないと言える。

8000IUをもう半月は続けている。
日光浴で10000IUは軽く超えるらしいから、8000IUはまだ充分ではない。

昨日は子供の同級生が20年ぶりくらいに我が家を訪れた。
話が盛り上がるうちに、食後に妻が作ったもち米ケーキを食べて、ナッツも食べた。
甘い物を沢山食べて、かつナッツが喉に絡んで誤嚥。

今朝は肌寒いくらいで調子は良くない。
体重は62キロしかない。
せめて66キロはほしい。

今日は晴れるらしいから、外に出て思いっきり太陽を浴びよう。
職場に入る太陽光線の紫外線はガラスを通さないから意味はない・・・。
それで、調子が出るのなら、不調の原因はやっぱりビタミンD不足だ・・・。

紫外線がガラスを通さないことは常識だが、
女性ドライバーが窓側の腕を完全に隠す長い手袋をする。
これは日焼け止めのため・・・?
でも、車のガラスを通して紫外線が腕に当たるのだろうか???
posted by ままちゃん at 08:37| Comment(0) | 喘息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月26日

驚愕の錬金術

NHKテレビでビックリすることが放送された。
確か、「クローズアップ現代プラス」だったか・・・。

香港から密かに1億円分の金塊を持ち込む。
税関を通れば課税されるから、旅行者を装って何人かで手分けして持ち込む。

それを日本国内の銀行で換金する。
1億円分の金塊だから、売れば消費税込みで1億800万円也。

それで、今度は、その金塊を香港の会社が買い戻す。
その時は外国人には消費税がかからないから、1億円で買える。

買った金塊はまた同じ手口で日本へ持ち込む。
また同じことを繰り返して800万円が手に入る。

これを繰り返せば、永遠に800万円が何度も転がり込む・・・。

そんなことがあるのだろうか?
不思議でならないが、実話だ。

税関をすり抜ける以外は全てが合法だ。

僕達が払っている消費税がこんな形で外国へと流れていく。
馬鹿馬鹿しいとはこのことだろう。

もういい加減に消費税は止めたらどうか。
金持ちからも貧乏人からも一律に徴収する税とは???

今の内閣のおぼっちゃま達にはわかるまい。
僕は自営業で、前年の売り上げから算出した消費税分が、4月に銀行口座から引かれる。
今年も、通帳記帳で。残高が20万円を切っていた・・・。
消費税分がゴッゾリ無くなっていた・・・。
当たり前と言えば当たり前だが、納得がいかない。

ヤクザの場所代みたいなものだろう・・・。
このなけなしの納税金がどこへ行くのかがわかってしまったからには、余計に腹が立つ。
posted by ままちゃん at 15:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

卵と牛乳

日本の高度経済成長を支えたのは「卵と牛乳」だと思うのは僕だけだろうか?
卵も牛乳も価格が安定していて、国内のどこでも手に入る。

フィリピンに住んでいた頃は、生の牛乳は手に入らなかった。
その後、牛乳はスーパーでLL牛乳という長持ちする牛乳が買えるようになった。
今では、どこの家庭でも冷蔵庫があって保存ができる。

あの頃は卵も腐ることがあった。
今でも、フィリピンの家庭の冷蔵庫には卵は見当たらない。
毎日卵を食べる習慣がないし、一般家庭では一度に10個の卵は買わない。

昔日本と違って栄養状態も良くなかった。
それで結核も蔓延。
子供が感染症で亡くなることも多かった。
しかし、日本のようなアレルギーも癌も本当に少なかった。

今では、先進国並みに癌もアレルギーもある。

僕のアレルギー性気管支喘息も原因は・・・?
卵も牛乳も原型がわかる食べ物だから僕は何のためらいも無く食べてきた。

しかし、ここへきて、疑問が・・・。
僕達が毎日飲んでいる牛乳。

アフリカのマサイ族は牛乳だけで生きている。
ただ、僕達が飲んでいる牛乳とマサイ族が飲んでいる牛乳は同じものだろうか?
乳牛の餌が完全に違うだろう。
とすると、この二つの牛乳の成分は違うはずだ・・・。

鶏の餌で鶏卵の中身が違うのと同じで、牛の餌が違うと牛乳の成分も違う。
野菜を食べれば健康になるというが、今の野菜と昔の野菜とではその栄養成分が違う。
栄養成分以外にも汚染物質も完全に違う。

低栄養で汚染物質も含んだ「健康にいい」という野菜は本当だろうか?
牛乳も卵もどうだろうか?
posted by ままちゃん at 08:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月25日

鶏卵

僕は子供の頃から今まで、卵が大好きだ。
僕のコレステロール値が高いので、卵が良くないと言われる。

卵は完全栄養。
無駄な栄養物は一切入っていない。
白身にビオチンを破壊する要素があるくらい・・・。

卵は近くの養鶏場にある自動販売機で買う。
小さい物なら200円で11個買える。

この養鶏場の卵は極端に殻が薄い。
簡単に割れる。

僕は子供の頃に鶏を飼っていた。
小学6年の時に2羽飼い始めた。
途中、2度の引越し。
それでも、毎日卵を産み続けた。
都合、7年くらい生きた。

貝殻を砕いてやると、その叩く音で飛んでくる。
だから、卵の殻はいつも硬かった。
貝殻をあげないでいると、殻が薄く柔らかくなっていく。

僕が今買っている養鶏場の卵は、その黄身の色が赤い。
これはなんだろう?
おそらくパプリカかなにかを飼料に混ぜているのだろうか?

僕の飼っていた鶏は庭で土を掘っては食べていた。
それで、黄身の色は赤みがかった黄色だった。
美味しかった。

昨日もその養鶏場で卵を買った。
その敷地内に「スミチオン」という1斗缶が他の薬品か飼料添加物の缶と一緒に置いてあった。
これは農薬で劇薬・・・。
ネットで検索すると徐々に無くなると書かれている・・・?
徐々に地表から無くなる農薬なんてあり得ない。

農薬は農薬だし・・・。
そのラベルを見てからは、どうも卵を買う気がしなくなった。
いっそのこと、我が家の庭で鶏を飼いたいものだ・・・。

殻の薄さといい、黄身の色といい、農薬といい・・・。
スーパーの卵だって似たり寄ったりだろうし・・・。

ひょっとして、僕のオナラ100連発はこの卵にせいかも?
posted by ままちゃん at 10:15| Comment(0) | 食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

気圧と湿度と喘息と・・・

秋になって台風が近づくと喘息が悪化する。
これは気圧が下がって、その分、気管支の内腔が内側に引っ張られて、内腔が狭くなる。
この理屈は僕が考える理屈。

台風の接近と喘息の悪化はよく言われることではある。
台風は秋に集中する。
秋に喘息が悪化することも一般的によく言われる。

秋に飛散する花粉に原因があるとする説もある。

秋になっても夏の装いのままで急激な朝晩の涼しさに身体が慣れない。
夏風邪のような症状から肺と気管支の炎症が進む。

雨が降ると僕の喘息もハッキリと悪くなる。
湿度が上がると気管支粘膜からの水分の発散が弱まる。
それで、ゼコゼコが始まる。

冬場に室内に設置する加湿器の効果があまり期待できない。
梅雨時期に喘息が悪化する人もいる。
どちかかというと、冬場のほうが喘息には良くないという意見が一般的。
だが、僕の経験からは、冬の晴天の夜は湿度が低いにもかかわらず、喘息は落ち着いている。

雨天・曇天では太陽光を浴びることが少ない。
よって、身体の中でビタミンDの合成が阻害される。

ビタミンDは過剰分は肝臓に貯蔵されるはずだが・・・。
日頃のビタミンDの合成量が低すぎるのかもしれない?
このビタミンDの必要量について日本の医療界は過小評価のきらいがある。
posted by ままちゃん at 08:24| Comment(0) | 喘息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月23日

こんなにも猫背だったとは!

今日は職場で折りたたみ自転車で買い物に行った。
商店街のお店の鏡に写った我が身・・・。

自転車が小さかったせいもあるが、驚愕の猫背だった。
怖いくらいに背中が曲がっている。
90度に近い湾曲。

な、な、なんという姿勢だ・・・。

最近は努めて背筋を伸ばすようにしている。
が、凹んだお腹がますます凹んでいく。

背が高いことはメリットではない。
猫背やら腰痛やらが頻発する。

背筋を伸ばして歩くことはできるが、自転車で背筋を伸ばすのは難しい。
ロードバイクなら背筋を伸ばせるが前屈みで逆食にはNGだ。

とにかく、僕自身の姿を鏡で見てから、驚愕の姿勢だったことに気づいた。
これでは胃や呼吸器に不具合がでるわけだ。

意識的に背筋を伸ばすようにしたいものだ。
posted by ままちゃん at 15:21| Comment(0) | 体質改善 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月22日

黒ニンニク

うちのお客さんで喘息の人がいる。
僕と同じくらいの年齢。

昨年、食道癌が見つかって治療。
今年もまた小さいのが見つかった。

でも元気だという奥さんの話。
「黒ニンニク」がいいらしい。

早速、アマゾンで注文した。
今朝、届いたので食べてみた。
ニンニクとは思えないほど甘い。

続けてみよう。
posted by ままちゃん at 13:57| Comment(0) | サプリメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バーベキュー後の痰

昨日は午前10時ころから我が家でバーベキュー。
20人くらいが集まった。
午後3時過ぎにはお開き。

当然、炭火で煙が出る。
昨夜も全然なんともなかった。
けれど、今日の昼食後の外出時に咳と痰が・・・。

痰が少しだけだが、これが発作の前兆であることは経験済み。
嫌ーな予感がして、清肺湯を飲む。
最近はビタミンDのせいで漢方も忘れるほどの快調。

こんなことがある度に、漢方薬のお世話になる。
「このまま治ってしまうのでは・・・?」という思い上がりが良くない。

気管支の慢性炎症と狭窄はまだ元のままだろう。
過去にも煙を吸ってから二日後に発作がきた。
喉の炎症が落ち着いていると、煙のような異物が気管支の奥深くまで到達するのだろうか?

一昨年の同じ仲間のバーベキューの時は、僕は職場へ避難していた。
次男が職場まで送ってくれて、
午後6時頃に妻が迎えに来た。
すまない気持ちで一杯だった・・・。

よくわからないが、昨日のバーベキューで自信を取り戻しつつあるが・・・、
過信は大敵・・・。
posted by ままちゃん at 12:51| Comment(0) | 喘息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする