2017年05月02日

掌セキ膿ホウ症

うちのお客さんと話していて、僕の持病の喘息に話が及んだ。
ステロイドを切ったこと・・・。

彼女は「掌セキ膿ホウ症」という病気であった。
かかりつけの医者でもなかなか治らずにいたらしい。

ビオチンが効くというので、医者に言ったら、笑われたらしい・・・。
「そんなもの?」と一笑に付されたらしい。

僕と同じで歯の金属を外すこともいいのだが・・・。
僕のビタミンDも同じだが、高容量での投与が日本ではありえない。
医者が処方する薬には、その100分の1くらいの量しかない。
ビオチンもビタミンだから、「アマゾンで注文すればいいよ。」と助言してあげた。

ビタミン投与だけで病気が治ることを受け入れない医者が多い。
これでは薬が売れないし、治ってしまっては患者が戻ってこない・・・。

何という寒々とした医療の現実だろう。
患者はいつも孤独で、医者はしてやったりという顔。

また愚痴をこぼしてしまった・・・。
反省。
posted by ままちゃん at 08:01| Comment(0) | 医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

漢方薬をサボると出る痰?

昨日は就寝後に、時間は覚えていないが、3時くらいか・・・?
急に目がさめた。
ラジオは既に切っていた。

喉の奥のほうで痰が絡む。
咳き込んでも出ない。
それが気道なのか食道なのかもわからない。

何回か咳き込んでも痰が出てくる気配はない。
イガラッポクもない。
ヤバイと思って、麻黄湯を水で飲む。

それまではうつ伏せ寝だったが、それからは枕を抱いて頭を上げてみる。
でも、喉の様子は同じだ・・・。
これでは後鼻漏が喉に落ちる・・・。

朝まではうつ伏せ寝だった。
そのせいかどうか、左肩が痛い。
二日前のポタリングのせいだろう。
いつも二日後に肩痛がくる・・・。

今朝はそれほどの痰はない。
鼻水とクシャミ・・・。

漢方薬を忘れていると、必ずやってくるこの症状。
痰が絡んで苦しいこともなく、発作にもならない。
これは本当に「痰」なのだろうか?
麻黄湯で改善するから、気道からの痰にちがいないのだろう。

まだまだ漢方は切れないな・・・。
ビタミンDとフィシュオイルの効果が出るのが待ち遠しい。
posted by ままちゃん at 07:42| Comment(0) | 喘息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする