2017年07月09日

僕の喘息の原因はピロリ菌の除菌だった?

2009年の秋に発作が来てから、パルミコートというステロイド吸入薬を始めた。
その後、6ヶ月間は吸い続けた。
もちろん、気管支拡張剤のホクナリンテープも使っていた。

その頃のブロフを読み返してみたわかったことがある。
喘息発作は夜中に喉に苦い痰が絡みついて咳き込んで出ていた。

その時期に、ビアンキというクロスバイクを買って乗り始めた。
喘息発作が出なくなってからも下痢だったりお腹がゴロゴロだったり・・・。
オナラが出すぎて困ったり・・・。

苦しいときは気管支拡張剤を胸に貼っていた。
この気管支拡張剤の副作用で胸焼けがあることは周知の事実。
それ以外に思い当たることがある。

喘息発作に悩まされ続けても仕事をやめられないというジレンマ。
その頃から、「うつ」状態で心療内科の治療が始まった。

「うつ」と同時に始まった症状が、「過敏性腸症候群」だ。
下痢・便秘・オナラ・・・。
腸に異変が・・・。

気管支拡張剤は気管支も胃の噴門も広げてしまう。
呼吸は楽になるが逆食が酷くなる。

これは気管支拡張剤の作用機序が平滑筋を弛緩させることで気管支が広がるし、噴門も広がる。
ならば、腸も平滑筋だから、弛緩する???
腸の蠕動運動が阻害されて、本来の蠕動が止まると、下痢やオナラや便秘になる。
僕の下痢は腹痛もなく突然水みたいな下痢がシャーと出ていた。

「逆流性食道炎」→「喘息」→「逆食の悪化」→「喘息の悪化」→「うつ」→「過敏性腸症候群」
そもそも、全ての悩みが「逆食」から始まったのではないだろうか?

思えば、喘息様の発作が起きる様になる前から逆食の薬(タピゾール)飲んでいた。
でも、早食い・脂肪食などのこの疾患の禁忌事項に気がついていなかった。

内科でタピゾールを処方してもらってから、はや12年以上になる。
その前年に抗結核の抗菌剤を半年間飲んだ・・・。
それでピロリ菌が死滅した。
これが、僕の「喘息への道」の始まりだったとは・・・。
posted by ままちゃん at 21:01| Comment(0) | 喘息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

喘息とうつ病の関係

今日は休日だが、朝から食欲がない。
昼食はコンビニのおにぎり2個とコロッケ1個。

妻と次男は長男の家へお片付けに行った。
僕は埃を吸うので勘弁してもらったので、お留守番。

下痢気味で腹に力が入らない。
息をするのもしんどい。

7年前のブログの記事を読み返してみた。
下痢で身体に力が入らない。
意識をして呼吸しないと息ができない。

今の僕に近い。
その頃は半年くらいは心療内科で薬を処方してもらっていた。
不思議とその間は喘息は悪化していない・・・。

心療内科へ行くのをやめて、自転車で遠出したら、急に喘息発作に襲われた。
僕はいつもそうで、腰痛が出ると喘息が落ち着く。
ガスが出たり下痢したりで、不調の時でも、喘息は落ち着いている。

喘息は息ができないので一番恐ろしい病気。
でも、僕がうつになって、「死にたい」と思ったこともある・・・。
身体が自分のものではないような違和感が続くと、頭が身体を壊してしまいたい衝動。

うつになると、頭に栄養を食われて、免疫力に栄養が足りなくなる。
腰痛が出ると、免疫細胞が脊椎に集まるから気管支が疎かになる。

免疫細胞だって身体一つだろう。
こういう説を唱える医者はいないのだろうか?

posted by ままちゃん at 16:39| Comment(0) | うつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

僕がステロイドをやめた理由

「ぜんそくは自分で治せる」久徳重和著を読み返している。

その中に、国が定めるガイドラインに目標を達成するための治療とある。
「吸入ステロイド剤を使い続けること」が基本。

1健常人と変わらない日常生活が送れること
  → 体調によっては予定をキャンセル。とても健常人とは同じではない
2正常に近い呼吸機能を維持すること
  → 「呼吸してる」という意識なしでは呼吸ができないで、呼吸機能は最悪だった
3十分な夜間睡眠が可能なこと
  → 痰が絡んだり咳き込んだりで寝姿の工夫をしないと睡眠不足だった
5ぜんそく死の回避
  → 完治しないのなら、突然死よりも自死を選ぶことだってある
6治療薬による副作用がないこと
  → 一日24時間、特に食後に痰が出る。吸入で余計に咳が出る。
7非可逆的な気道リモデリングへの進展を防ぐこと
  → これに関しては僕の意見はない。素人には計り知れないこと

7番を除いて全てが僕にとって逆効果だった。

ステロイド吸入をしたりやめたりの期間の方が調子が良かった。
気管支拡張剤・去痰剤でも副作用があるのに・・・。

ステロイド吸入と抗アレルギー剤を完全にやめて1年3ヶ月。
この間の酷い悪化もなくきたが、7番だけが気がかりだ。

代替法でビタミンDやオメガ3や、漢方薬で間に合っている。
それでも、国や病院や医者たちはステロイド吸入薬を処方し続けるのだろうか?
posted by ままちゃん at 10:17| Comment(0) | 喘息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする