2017年07月13日

糞便移植

喘息治癒にはピロリ菌が必要だという。
今更という気がするが・・・。

だが、胃にピロリ菌を再感染させることは不可能に近い。
ならば、と考えたのが、「糞便移植」。

重度のクローン病で腸の切断と人工肛門を医者から迫られた女性がいる。
アメリカでの話しだが・・・。

糞便移植をするという医者を探し出して、夫から貰った便を移植した。
劇的に下痢はなくなり、今では元気に暮らしているという。

免疫抑制剤を飲まされて、腸の切断までいこうとしていたのにだ・・・。
医者の不勉強とはこのこと。

糞便移植が一気に広まらないのは何故だろう?
それは儲からないから。
やれ、手術だの、薬だのと医者は薦める。
いや、薦めるどころか、他に選択肢がないようにしむける。
免疫不全の病気の患者は格好のリピーターだからね。

喘息に効くかどうかははなはだ疑問だが、やってみる価値はありそうだ。
妻から便を貰うだけだから・・・。
妻がOKすればの話だが、今日言ってみたら、すんなりとOKだって。

早急に始めたいと思う。
試しに、youtubeを覗いて見たら、アメリカ人の男性が詳しく動画で説明。
さすがアメリカだと思った。
日本ではこれだけの勇気の有る人はいない。
いても顔はモザイクだろうね・・・。

もしも、成功したら、僕はこのブログで公開する。
顔は勘弁して・・・。
やっぱ、恥ずかしい。
これを「取らぬ狸の・・・」というらしい。
posted by ままちゃん at 17:32| Comment(0) | 喘息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大人の喘息が治らない理由

小児喘息はほとんどが成長とともに治る。
青年期にぶり返すこともあるが、成人喘息とはその原因が違うように思える。

僕の孫が風邪のような咳と痰が続いていた時。
ゴボゴボと痰が絡む咳をしていた。
大人なら、ペッと吐くのが、子供にはできない。

僕の妻も最近は年に一度や二度は痰が絡むことが有る。
しかし、吐き出しているのを見たことがない。

成人は痰を吐くのがうまい。
子供にはできない。
犬や猫も出来ない。
だが、喘息になったネコが痰がからんで死んだというのを聞いたことがない。

彼らはただ飲み込むだけだ。
痰を飲み込んで、そのアレルゲンを腸の粘膜にいる免疫細胞に覚えさせる。
この繰り返しで、免疫寛容が起きる。

喉を通ることがいかに大事かということ。
ティッシュペーパーが出回り始めてから喘息やら鼻炎が増えた。
これは何を意味するのだろうか?

医者と薬が増えて病気が増えるのと同じだろう。
100年前と比べて、たしかに伝染病はそのほとんどが治癒するようになった。
その陰で、それ以上に怖い疾患が激増している。

一昔前には結核や腸チフスや赤痢やコレラで死んだ。
でも、今の免疫不全疾患や癌で苦しみながら死んでいくのとは違う・・・。

もう、薬に頼るのは止めて、生活スタイルも食生活も100年前に戻そう。
市販されているサプリや健康食品も、100年前の食事に比べれば雲泥の差。
もっと質素に不便に生きれば、ほとんどの病気が治るかもしれない。
posted by ままちゃん at 15:01| Comment(0) | 僕の仮説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

睡眠時間

僕の睡眠時間は充分だと思っていた。
午後11時には就寝。
朝は6時過ぎに起きる。
それで7時間は確保。

そのはずが、ラジオ深夜便を聴きながら寝ることがもう15年以上になる。
イヤホンを耳に入れないで寝ることは考えられない。

だが、11時の就寝からウトウトしながらも1時まで聴いていることがほとんど。
僕は寝入りはいいほうなので、途中でラジオの音で目がさめるかトイレへ行く。
2時以降はイヤホンを外す。

さすがに2時になってもラジオを聴いていると睡眠時間が4時間を切ってしまう。
それと、ラジオ深夜便は2時以降は音楽ばっかりで聴く気がしない。

昨日は11時に就寝で睡眠導入剤を飲んで寝た。
目がさめたのは1時くらいでトイレへ行ってからはイヤホンを外した。

ラジオを聴きながら寝るのはもう習慣だ。
それと、就寝後1時間くらいで発作がくるので、それが怖くて意識的に聴いていたのかもしれない。

とにかく、睡眠時間をもう一度考えてみよう。
posted by ままちゃん at 07:36| Comment(0) | 喘息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

息苦しさと疲れがとれない

先週は日曜日と水曜日に発作がきた。
日曜日の発作は鮮魚スーパーの効きすぎた塩素の匂いで咳が出始めた。
水曜日の発作は天井の修理中に吸った埃が原因か。

昨日一日も今朝も疲れが取れない。
痰はからまないのに息苦しい。

これは気管支のリモデリングが進んでしまった結果だろうか?
それならば、アレルゲンを吸って痰が出るのに、僕の場合は出ない。

痰が出ない喘息発作はあるのだろうか?
水曜日の発作でも、喉に苦くてイガラッポイ痰が絡んで咳が止まらなかった。

15ヶ月間もステロイド吸入を止めているのことが大きな心配事。
ステロイドを吸っていた頃は出続ける痰に辛さ以上に恐怖を感じていた。
それが無くなって随分と生活の質がアップしたのだが・・・。

噴門が開いてしまうので、麻黄の入った漢方も最近は控えている。
やっぱ、継続的に麻黄は必要なんだろうか?
posted by ままちゃん at 07:26| Comment(0) | 喘息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする