2018年03月30日

加齢と誤嚥

加齢とともに誤嚥するという。
「誤嚥で息が吸えなくなった」で検索。

なんと、僕よりも若い人でも大勢が経験している。
甘い物を食べると喉に張り付いて息が出来なくなるらしい。
これは僕も経験済みだ・・・。

40歳をすぎた痩せ型の男性に多いと言う記事もあった。
これは逆流性食道炎がからんでいるらしい。

でも、誤嚥から来る呼吸困難では、「喘息」関連の記事や意見はない・・・?
痰がからんで咳き込んで喘息発作はっても、誤嚥からの発作はないのだろうか?
僕の場合は大いにあるのだが・・・。

うつ伏せ寝になってからは就寝中の誤嚥と咳き込みはなくなった。

唾液の誤嚥は突然に発生する。
気管からの痰の咳き込みは突然ではない。

この、誤嚥と喘息との関係はネットサーフィンではあまり取り上げられない。
何故だろう?

今は酷い花粉症で鼻粘膜から喉粘膜までが炎症を起こしている。
そのせいだろうか?

痩せ型に多いとする咽頭痙攣と声帯萎縮との関係は?
175センチで66キロではまだ体重が足りない。
70キロくらいでやっと声帯が普通どおりの大きさか???

喉頭反射にはカプサイシンやサブスタンスPやビタミンB12と葉酸。
ビタミンはともかく、カプサイシンは胃にくるから・・・。
太ることも必要だ。

今は花粉症で炭水化物を制限すべきだが、それでは太れない・・・。
昨晩は夕食にご飯なしでお肉と野菜。
そのせいか、夜中の鼻詰まりはなかった。

やっぱ、花粉症の素因は花粉以外では糖質だろうか?
食物の喉を通過する量を制限するには、高タンパクで低糖質がいい。

どうも、思った通りにはいかない・・・。
posted by ままちゃん at 08:57| Comment(0) | 誤嚥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする