2018年05月31日

「人生がかわる最高の呼吸法」 パトリック・マキューン著

パトリック・マキューンさんの著書で呼吸法につて学んでいる。
鼻呼吸が基本が正しいという。
目から鱗・・・。

ただ、この本の中で寝相についてはたった1行しかない。
それも仰向け寝を否定する。

「うつ伏せ寝か左下の横向き寝がいい、仰向け寝は胸が自由になって最悪だ。」と書かれている。
一日の3分の1は寝ている。
その寝相についてたった1行とはおそまつだろう。

僕はいつもはうつ伏せ寝で、右横向き寝で一気に発作がきた。
ただ、うつ伏せ寝は一般的ではないし首の位置に悩む。

マキューンさんがうつ伏せ寝や左横向き寝を励行しているのなら、その功罪についても書くべきだろう。
それと、何故に左横向き寝がいいのだろう?
右横向き寝は逆食で喘息が悪化するからだろうか?

でも、マキューンさんは食事の仕方や食べ物の内容には触れていない。
加工食品は食べてはいけないというだけだ・・・。
肉もあまり良くないらしい。
ベジタリアンになることはないし、タンパク質も大事だという。

呼吸法だけで喘息が完治するなら、何故にうつ伏せ寝がいいのか?
仰向け寝は胸が自由になってよくないという。
常に呼吸に負荷をかけるには就寝時に胸を圧迫するのがいいのだろうか?

鼻呼吸はいいのはわかるが、就寝中の姿勢についてはどうか?食事はどうか
posted by ままちゃん at 07:50| Comment(0) | 読んだ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月29日

気管支の慢性炎症を治すサプリ

喘息とは気管支の炎症が慢性的に持続すること。
そこへトリガーが襲う。

この慢性炎症をなんとか食い止める方法は?
オメガ3の抗炎症作用を利用する。

asthma protocol にもオメガ3は必須と書かれている。
粘膜の炎症にはオメガ3もビタミンAもいい。
Moyerさんが何故にビタミンAではなくてビタミンDなのかはわからないが・・・。

しばらくは、オメガ3を続けてみようかな。
最近はオメガ3を一日に1カプセル飲めばいい方だった。
これではいけない。

ネットではオメガ3について悪い情報は何一つない。
ただ、僕の経験からは血が固まりにくくなる。

オメガ3とマグネシウムとタウリンで行こう。
このサプリは全部が海からの栄養だ。
してみると、海には甘い砂糖のようなものはない。
海水だって塩だ。

「砂糖をやめればアレルギーが治る」と豪語する医者までいる。
減塩で血圧は下がらない。
むしろ身体が弱る。

卵とお肉中心の食事ではオメガ3が救世主だ。
抗炎症に気を取られて胃を労わらないでは元も子もないが・・・。 
posted by ままちゃん at 21:08| Comment(0) | サプリメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

発作の原因は?

僕の気管支は慢性的に炎症が持続している。
発作のトリガーとしては、埃や後鼻漏や胃酸・胆汁がある。

花粉がトリガーになるとは思えない。
昨夜の原因は明らかに右横向き寝だろう。
胃の噴門が開いて逆流したと思う。

夕食後3時間は寝ないことにしている。
昨夜はどうか?
就寝前に昆布茶を飲んだけど・・・?

それとも、左の鼻が上になって鼻水が喉に落ちた?
今朝の痰の絡みかたは以前の喘息発作とまったく同じだ。
ここ2年間はこんな怖い痰の絡みはなかった・・・。

マキューンさんの提唱する「うつ伏せ寝か左下横向き寝」が一番いいのだろうな。
いつになったら仰向け寝が出来るんだろうと考えていたが、うつ伏せ寝のままでいいのかも?

午前中にホクナリンテープを剥がした。
この副作用の胸焼けやこむら返りはゴメンだ。

午前中はイライラして妻に大声をあげた。
いつものことだが、今朝の僕の状態を妻は知っているはずなのに・・・。

そういえば、昨日の隣組の人と話が長引いたけど、彼はパーキンソンにかかっているという。
それでも、穏やかに話す。
僕はどうしても彼のようにはなれない。

僕は器が小さい人間なのだろうな。
彼は震災後に事業がうまくいかなくて自己破産しているのだ。

僕はどうしてこうも小さい人間なのだろう?
喘息になる前はこんなんじゃなかったのに・・・。
posted by ままちゃん at 12:34| Comment(0) | 喘息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久々の発作

昨日は半日仕事を休んで隣組のお通夜の受付係り。
弔問客の数は多くはなかったが、話好きのお隣さんで3時間あまり話が続いた。
お清めのお寿司やらサンドイッチやらを食べた。

今朝は早朝に突然痰が絡んで咳き込んだ。
気道に絡んだ痰が切れない。
ガーガーするうちに息が吸えなくなった。

ホクナリンテープを貼ってムコダインとフスコデを飲む。
ベッドに腰を掛けて30分ほど。
トイレで大。

メプチンを吸わないで済んだ。

反省点がある。
昨夜は右横向き寝だった。
最悪の結果になった。

右横向き寝では、逆食が悪化することは知っていた。
連日のうつ伏せ寝で朝になっても疲れが残っている。
そこで、やってしまった。

痰を切ろうとガーガーする。
水を飲んでみる。
苦い痰が喉に絡んで息が吸えなくなる。

この苦い痰は逆食で食道から喉に届いた胆汁だろうか?
僕の喘息がまだ治っていない証拠だろう。
胆汁の逆流でも喘息ではない人にとっては何のことはない咳だけで済むだろう。

鼻炎だ逆食だと疑ってみても所詮は気管支の狭窄が改善していないのでは・・・。
posted by ままちゃん at 08:14| Comment(0) | 喘息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月28日

先進国とは?

日本は先進国だというが・・・。

路線バスは全部がワンマンバスだ。
44年前に僕は大学に入った。
北海道なので、まだ路線バスに車掌さんが乗っていた。

バス1台につき一人くらいが整備や点検に従事。
つまり、バス1台につき、3人が給料をもらっていた。
当時はお母さんは専業主婦だったから、バス1台で3家族が生活できていたことになる。

今はどうだろう?
バス1台で家族を食わせることは不可能だし、、奥さんはパートに出てる。
つまり、バス1台で家族半分の生活しか維持できない。

当時と比べると6分の1の収入ということになる。
これで先進国とは一体???

日本では餓死する人がいる。
途上国で餓死は珍しい。

それでいて、外遊といって諸外国へ血税をばら撒く。

何たることか・・・。
posted by ままちゃん at 09:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

毎朝の不調

今朝もやっぱりダルイ。
息が気道を通るのがわかるくらいに不自然な息使い。
気道の炎症を実感している。

夕食後から朝までは鼻テープを貼っている。
そのせいで就寝中に鼻水が出ることはなくなった。

鼻水で息苦しかったのだが、それが無くなったら、今度は朝が辛い。
今朝は職場に着いてからの酸素濃度は95から94%・・・。

94%なんて今までは滅多になかったのに・・・。
マキューンさんの本には、鼻呼吸療法(息を止めたりする)で酸素濃度が93%でもいいらしい。
高地トレーニングみたいに低酸素になれれば身体もついてくるらしい・・・?
しかも、うつ伏せ寝や左下の横向き寝を推奨する。
仰向け寝は胸が自由になって最悪だという。

うつ伏せ寝や鼻呼吸をやっていなかった以前は、こんなにも朝から呼吸が辛いことはなかった。
鼻テープが悪いとは思えない。

今朝は両腕の内側に蕁麻疹のように痒い。
掻くと赤くポツポツと発疹が出る。

昨夜は夕食後に牛乳を3杯飲んだ。
胃炎のような胸焼けでタピゾールも飲んでいる。
原因はタピゾールかもしれない・・・?

息苦しさも午前中に身体を動かしていると不思議と落ち着いてくる?
ならば、うつ伏せ寝で胸が圧迫されて朝まで苦しさが持続するのだろうか?
横向きでもいいのだが、下になる手が痺れてくる。

右横向き寝では逆食が怖い。
枕なしの仰向け寝はやったことがないが、西原先生はこれが最強の寝方だという・・・。

努めて鼻呼吸にしてからは喉の赤みが軽減している。
咳も痰も出なくなったのに、何故に息苦しいのだろうか?

今夜からはうつ伏せ寝を止めて横向き寝で枕も使ってみようか・・・?

posted by ままちゃん at 07:22| Comment(0) | うつぶせ寝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月27日

息ぐるしさとは?

今日は日曜日でも一日中息ぐるしかった。
朝8時から町内の堀さらいだった。
スコップで側溝の蓋を開けて消火栓から水をドバドバ流す。

終わる頃には息切れ・・・。
昨年はこんなに息切れはしなかったのに???

鼻呼吸で酸素が取り込めないで酸欠か?
小型家電の収集を役場の駐車場でやっている日なので、古いプリンターを持っていった。

助手席に置いていったら、インクが席に付いていることに気がついた。
座席シートがあったので幸いだった。
インクジェットのインクは取れないだろうと思うとゾッとする。

同じ班内で亡くなった人がいる。
85歳のおじいちゃん。
明日はお通夜の手伝いで午後は4時には家に帰る。

午後3時からの仕事が不可能になった。

今日は午後は朝から晴天で午後にはポタリング。
鼻が詰まったり鼻水だったりで、息苦しい。

いつになったら、この息ぐるしさから解放されるのか?
咳も痰もないのに・・・。

パトリック・マキューンさんの「最高の呼吸法」の通りに鼻呼吸だけで暮らす。
これを続けるには勇気がいりそうだ。
本当にこれでだけで喘息が治るんだろうか?

いやいや、信じることから始めよう。
もう発作も咳も痰もないではないか・・・。
息苦しいだけでやめてしまうのはもったいない。

ああ、明日はまたお線香の煙が怖い・・・。
posted by ままちゃん at 17:54| Comment(0) | 喘息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月24日

脳卒中の本当の原因

西城秀樹さんが亡くなった。
僕の青春時代を代表する歌手だった。

48歳で脳梗塞を発症。
その後も2度ほどの再発で15年間の闘病だった。

噂ではヘビースモーカーだった。
発病時はサウナで汗を流して水分を摂らずにダイエット中だったとか・・・。

水分を摂っても血液はサラサラにはならないという石原先生。
西城さんの実家は広島のお好み焼き屋さん。
子供時代からの粉物で糖質過多だったか?

タバコと糖質・・・。
発病後は野菜中心の食生活。
そのせいで15年間も生きたといえる・・・。
Eテレの野菜番組のレギュラーだったこともある。

逆に、野菜中心でも主食が米や小麦では糖質過多だろう。
お肉を目の仇にしていては蛋白質が足りなくなる。
壮絶なリハビリにも耐えたというが、糖質を制限して蛋白質をもっと摂っていたら・・・と残念だ。

僕の義兄も脳梗塞になった。
僕と同じく胆嚢を切除している。
何度も再発して10年余りで亡くなった。

いつか会ったときには、不自由な片手でスパゲッティを食べていた。
お肉は避けているという。
この糖質が問題であるということは医者が気づかない。
酒もタバコもやらない人だったのに、何故に脳梗塞だろう?

胆嚢がないとコレステロールは上がるということに医者は賛同しない。
胆嚢は切除しても何の問題もないというのが今の医学の方針だ。

昨日のBSテレビで北極圏に生きる人たちを特集していた。
もう何百年も前にわざわざ南から北へ移動した民族がいる。
北へ行けば行くほど食料が乏しくなるのに・・・。

大地に生える食物は皆無だから、食べ物は動物の肉だけ・・・。
最初は鮭を食べていたが、猛毒に気づかなかった。
多くの命を落として、この肉を醗酵させれば食えることを学習する。

つまり、彼らは蛋白質だけで生き延びたことになる。
糖質が無くても人間は生きられるということの証明だろうか?

昔の日本では脳卒中が多かった。
塩辛い食べ物が原因だというが本当だろうか?
結局はタンパク不足の栄養失調だったのではないか?
 
posted by ままちゃん at 08:46| Comment(0) | 糖質制限 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月21日

食後の誤嚥

今日は昼食後に誤嚥するのか咳が出る。
喉に何かが引っかかっているような違和感。
痰をきるようにガーガーとやる。

トイレへ行って大をすると誤嚥が軽減する。
これは何故?

喘息の症状としての誤嚥?
ならば、これは誤嚥ではなく、気道からくる痰と喉を通過する唾液が出口を争っている?

それとも、僕がうつ伏せ寝を始めてから誤嚥が始まっている?
後鼻漏が固めの痰で喉にくっ付いて、そこに唾液が落ちるとどうなる?

単なる誤嚥ではなくて、鼻炎が関係しているとも考える。

食後の誤嚥。
就寝中の鼻詰まり。

今の所は、この二つが僕にとっての最大の悩みであり、恐怖である。
posted by ままちゃん at 14:43| Comment(0) | 誤嚥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夜中の鼻詰まり

昨夜も鼻が詰まって寝苦しかった。
口を開けたくないので、マスクで鼻呼吸。
自分では口呼吸はしていないつもりでも・・・。

昨日の朝は喉がイガイガして、フスコデを飲んだ。
咳き込んでしまう恐れがあったから・・・。

喉を鏡で見ると軟口蓋の両側が真っ赤。
これは口呼吸の証拠?

鼻呼吸ではこの部分が赤くなるはずがない。

今朝もイガイガだが、昨日ほどではない。
鏡で見ると赤みは昨日ほどではない。

どうも、この鼻炎が治らないと喘息の完治もありえないだろう。
この軟口蓋の両側の発赤は口呼吸だけではない。
この部分を通過する食物も原因だろう。

ツルッと通る物はいいが、ガサガサする物はいけない。
僕の好きなオカキはご法度だ。
辛い刺激物もダメ。

とにかく、鼻炎を治そう。
鼻をかむと、「ピイーン」という音がする。
鼻水はそんなに出ないが黄色い硬い鼻汁。

花粉ならば、何故に就寝後に鼻が詰まるのだろう?
昨日は気温が30度近くあったから水分の摂り過ぎか?
水毒は一因としてあるだだろうな・・・。

日中は鼻が詰まっている感じはない。
でも、鼻をかむと鼻がスッと通過する。
これは鼻が詰まっている証拠だろう。
長年のことでもう感じなくなっているのだろう。

鼻を膨らませて息をすると良い感じだ。
口呼吸を止めてから改善しているのは事実。

鼻炎を治す方法を模索することが第一だろうか。
posted by ままちゃん at 08:33| Comment(0) | 鼻炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする