2018年06月30日

肉食の功罪

糖質制限に近い食事できた。
完全な糖質制限は難しい。

糖質制限で逆流性食道炎や花粉症が軽減したとなると信じてしまう自分がいる。
でも、これで喘息が治ったとする事実はなかった。

森下敬一先生の本を読み返してみる。

肉も卵も牛乳も食べてはいけないとある。
穀物や玄米でいいらしい。

動物性タンパク質は人間のタンパク質に近いから良くないらしい。
人のタンパク質に近いから消化吸収もいいと考えていたが・・・。
むしろ、豆の方が人にとってもタンパク質としては真っ当だという。

糖質制限やMEC食とは正反対。
でも、この食事で難病や慢性疾患を治してきた実績があるらしい。

甲田先生も石原先生も森下先生も粗食・少食がいいと主張される。
これは本物だろうな・・・。

なかなか肉食も捨てがたいが、ここにきて、やっぱり喘息が完治しないとなると・・・。
明日からは、玄米ではなくとも、炭水化物や根菜や発酵食品を積極的に摂ろう。

お肉や卵や牛乳は極力少なめに・・・。
極端は続かないから・・・。

posted by ままちゃん at 21:41| Comment(0) | 糖質制限 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

足の臭い

最近、僕の足の臭いが気になる。
こんなに足が臭いのは何年ぶりだろうか?

小学校の頃に体育館で映画の上映があったときに、靴を脱いでいるので、臭い足の臭いが体育館に充満していた。
それから、何十年間も足の臭いのを忘れていた。

これは足の発汗によるものだろう。
しかし、何十年も何故に臭わなかったのだろう?
そのほうが気になる。

最近は努めて塩を摂るようにしている。
塩の10%は汗とともに出るらしい。

ただ、この足の臭いとは関係ないだろう。
僕の体質が変わったのならば、歓迎すべきこと・・・。

皆の足が臭かったころは、今ほど飽食でもなかったし、糖質もいまほどではなかった。
塩に到っては、全ての食べ物に入っていただろう。
塩鮭・漬物・ふりかけ・味噌汁・おむすび・・・。
スイカにも塩をかけて食べていた。

あの頃は今ある成人病はほとんどなかった。
その代わり、足が臭かった・・・。

銭湯で父に買ってもらって飲んだリンゴジュースくらいが甘い物だった。
家では塩気のきいた食べ物やオヤツだった。

朝は寝坊して忙しくて朝ごはんもそこそこに登校。
昼までは食べることもない。
お弁当後も帰宅するまでは食べない。
帰宅後も夕食まではあまり間食はしなかった。
夕食後もポテトチップスもない時代だった。

食べないことが健康にいいとは知らなかった。
食べ過ぎることが病気につながるとは知らなかった。

どうか、この足の臭いが喘息の改善につながりますように・・・。
posted by ままちゃん at 14:06| Comment(0) | 体質改善 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

痰と咳の再来

今朝はやけに咳が出る。
痰も少し・・・。

咳が出続けるので仕事にならないので、仕方なくフスコデを半錠と抗ヒスタミン剤を4分の1錠。
しばらくすると、咳も治まった。
それと同時に、痰が切れ始めた。
それがごく少量でも苦い・・・。

この苦い痰が発作の原因だから、恐怖でもあった。
何故に発作に繋がる痰が苦いのだろうか?

この苦味が胆汁から来るものではないかと疑う。
昨夜はうつ伏せ寝で下腹に枕を置いて寝た。
胸を圧迫しないで寝た。

このことで十二指腸あたりを圧迫したのか?
胆嚢を切除した人に胸焼けや喘息が起きるのだろうか?
あまり聞いたことがないが・・・。

脱水状態では汗もオシッコも痰も出ないだろう。
僕はやはり水毒か?

咳も痰も出なくなって嬉しい日々だったのに、このちょっとした痰と咳で地獄の苦しみだ。
posted by ままちゃん at 13:48| Comment(0) | 喘息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

塩分と糖分

塩分、つまりは「塩」
これが僕たちの身体にはとても重要。
減塩なんて騒がれて久しいが、石原先生によれば、減塩が叫ばれても一向に高血圧は減らない。

それよりも、減塩で病気が増えているという。
糖尿病で糖分が嫌われるのは理解できる。

この糖分は砂糖だけではなく、炭水化物も含む。
糖質制限がそれだ。

砂糖や糖分がなくても人間は生きていける。
血糖値を下げるホルモンは一つしかないが、上げるホルモンは3つもある。
下がりすぎた血糖値は自身の身体から出るホルモンで調整する。

上がりすぎた血糖値は下げるためにインシュリンを使い尽くす。
最近は、この下がった血糖値をあげるホルモンを使いすぎて副腎疲労が起きることがわかってきた。

僕の食生活を振り返ってみよう。
朝はコーヒーに砂糖。
昼はホットモットのお弁当で、これも甘ったるい。
間食も甘いお菓子。甘くなくても塩辛いお菓子はない・・・。

夕食のオカズの塩はどう?
本当に自分から努めて塩を摂らないとヤバイことになっている。

塩だけで喘息が治るとは思えないが、長期的には良い方向へ行くと期待する。
昨日は「桃屋」の佃煮や塩昆布を買った。
ところが、添加物には塩だけでなく、ブドウ糖果糖・・・。

なんで甘くするのか???
梅干だって、蜂蜜入り???

スポーツ飲料もブドウ糖果糖入りだ・・・。
塩水でいいのに?

僕はもともと汗かきだ。
夏はスイカを半個食べることもあった。
冷たい果物が大好きで、冬でも食べたいくらいだ。

果物にはカリウムが多い。
身体にカリウムが多いと、ナトリウムが出て行く。
塩は塩化ナトリウムだ。

塩を摂っているつもりでも果物でナトリウムが身体から消えていたとは・・・。

人や動物が病気をした時にの血液検査で電解質を測る。
ナトリウムとカリウムは超大事なミネラル。
これが少ないと点滴で身体に入れる。

では、多いとどうするのだろう?
おそらくは、よほどの腎疾患や心疾患でないかぎりは、普通の病気では多いことはないだろう。

いつもの食事に塩分が足りないのではないかと勘ぐる。

意識的に塩を摂るようになってからは、睡眠の質が変わってきた。
寝つきが悪くなった。
早く目がさめる。
交感神経が賦活されているのだろうか?

まだまだ解らないことばかりだが、持続するしかない。
posted by ままちゃん at 08:45| Comment(0) | 食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

温度と湿度と喘息と

昨日は野外では35度。
職場でもエアコンが欠かせない。

帰宅後も夕食後は部屋にエアコン。
8時半から10時半までの2時間ほど。

10時半の就寝時にエアコンを切って窓を開けて寝る。
扇風機をタイマーでかける。

11時半頃には妻が階下から寝室に入って来た。
暑いと感じたのだろう、窓を閉めてエアコンをつけた。

それも1時間ほどでタイマーで切れた。
その後はやっぱり暑いので扇風機のタイマー。

朝になって鼻テープが無くなっていた。
咳も痰もなくて職場までの車でも快調だった。

塩を舐めてアイスコーヒーを飲んで洗濯。
洗濯が終わるのを待ちながら2階でテレビ。
ちょっと痰が絡んでくる。
イヤーな感じ・・・。

エアコンをつけたりきったりで室内の湿度の上下があったことがどれだけ喘息に良くないか・・・?
冬の乾燥時にも、夏の高湿度の時も、喘息には良くない。

そんなことより、湿度に左右されない丈夫な身体を早く作りたい。
posted by ままちゃん at 08:16| Comment(0) | 喘息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月29日

腸と喘息との関係

喘息はアレルギー疾患だから、腸内細菌を正常に保つことが正しいといわれる。
腸内細菌を正常に保つ?とはいかに???

喘息発作中の小児に浣腸をすると発作が止むという。
僕も発作で息が吸えないときにトレで大をすると徐々に息が吸えるようになる。

腸内細菌の話は別にしても、甲田先生の持論である「腸マヒ」はあると思う。
便秘が喘息の原因だとは思わないが、腸内にウンチがあるうちは、咳も止まらないし、腹式呼吸もままならない。

最近は一日に4回は大をする。
ウンチの回数が多すぎるようにも思うが、なるべく大腸内にウンチを溜めたくない。

下腹のポッコリが喘息の原因だとも思わない。
大人の喘息患者は僕のように痩せ型で猫背で体質は陰性のことが多い。
陽性で「ヨッシャ、ヨッシャ」の政治家には喘息がいない。
ハゲ頭で姿勢のいい恰幅のいい人に喘息がいないのは???

とにかく、大腸内のウンチは身体にとっていいものだろうか?
腸内細菌が免疫応答に関わっていることは周知の事実。
だが、便は身体にとっては要らない物。

僕の喘息も腸がポコポコ音をたてているときにはなんだか良くない。
下から出るべきものが出ないで溜まっているとき、出口は上しかない。
喉のゼコゼコはそのせいか???
posted by ままちゃん at 11:40| Comment(0) | 消化器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月28日

口狭部

口を大きく開けて鏡で見る。
喉チンコの両側赤い。

だが、努めて鼻呼吸を始めてからは、この両側部分の赤みが引いてきている。
明らかに、この部分の炎症が取れてきているのがわかる。

それとは逆に、その奥に見える中咽頭の壁には小さな白いポツポツがある。
このポツポツは以前は気がつかなかったのだが・・・?

この両脇に咽頭扁桃があるという。
ここで外部からの進入物を防御する。

白いポツポツが明らかに膿のようだ。
白血球が闘っているのがわかる。

身体の免疫力が勝っている炎症だろうか?
今日も途端に喉がゼコゼコして咳が始まった。

埃を吸ってこの部分が反応したのだろうか?
食べ物が通過する部分でもある。

食事の回数や量を減らすことで喘息が改善するというが、それはこの部分に食べ物が当たる回数が減るだけ?
後鼻漏が垂れるのもこの部分。
posted by ままちゃん at 14:58| Comment(0) | 上咽頭炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

順調から一転

今朝は驚くほどの順調だった。
痰もなく息苦しさもない。

職場でアイスコーヒーにミルクとオリゴ糖。
インスタント味噌汁。

その後あたりから薄い痰が絡み始めて息苦しさが・・・。

昨日は休日で庭の草抜きや家の周りのポタリング。
食事は昼も夜も蕎麦。
鳥の唐揚げと塩鮭、塩辛・・・。
ご飯もパンも食べずに、汗をかくのでアイスコーヒーやら三ツ矢サイダーやら牛乳やらほうじ茶・・・。

就寝は10時半だったが、眠れない。
アイスコーヒーが原因かもしれない。
眠剤を飲んでも1時間くらいで目がさめる。

あまりの暑さに就寝前の3時間ほどは部屋を24度でエアコン。
就寝とともに北側の窓を開けて眠る。

朝5時に目がさめる。
トイレへ行くがあまり出ない。
それでも喉のゼコゼコや息苦しさはない。

うつ伏せ寝では下腹に枕を入れて胸を開放して眠る。
これが良かったのか息苦しさはなかったが、
職場で2時間ほどしてからは、また喉のイガイガで咳き込む。

どうも、僕の職場の空気の環境が良くない。
お客さんで入ってすぐに咳き込んだ人がいる。

エアコンから埃やカビが飛ぶこともあるだろう。
いや、それが主原因かもしれない。
posted by ままちゃん at 08:50| Comment(0) | 喘息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月26日

呑気症と息苦しさ

食後は努めてガムを噛むようにしている。
食後の腸のグルグル音が気になる。
ガムは胃に消化を促すために唾液を出すため・・・。

今日も晩飯の後に息苦しさが襲ってきた。
喉のゼコゼコと一緒に腸にグルグル音。

呑気症を検索すると、飲んだ空気は腸にまで達してオナラになって出る。
もともと空気だから臭いはない。

この臭気のないオナラがオリゴ糖のせいだと思っていた。
しかし、飲み込んだ空気では???

ならば、ガムは良くないし、麺類をすするのも良くない。
飲み物を飲むときにも一緒に空気を飲んでいる。

ガムをやめて努めて鼻呼吸で空気も唾液も飲まないでおこう。
それでも、僕の息苦しさがなくならないのならば・・・?

うつぶせ寝でも歯ぎしりのような結果になる。
就寝中にも空気を飲んでいるのだろうか?

最近はゲップが出なくなった。
その分、空気が胃から腸にまで達するならば、オナラはそのせいだろう。
それが息苦しさの原因ならば、良かれと思って噛んでいたガムに原因ありだろう。

腸に達したガスが息苦しさの一因なら何故に胃からゲップとして出てこないのだろう?

この息苦しさが喘息のせいならば、痰も咳も出ないのは何故だろう???
posted by ままちゃん at 21:08| Comment(0) | 僕の仮説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

癌を見落としたことで長生きできた?

横浜市立大学の医学部付属病院で癌であることが判明した患者さんを放置して6年後に亡くなったという。
病院側はテレビで謝罪。

しかし、
もしも、6年前に癌治療を開始していたらと思うとゾッとする。
手術・抗癌剤・放射線で患者さんは苦しみぬいて、
手術で摘出できても再発に脅え抗癌剤に苦しみながら2年後に亡くなる。

癌を見落としたから4年間長生きできたとすれば・・・。

もしも、6年前に癌ですと告知して、癌治療を拒否していればもっと輝かしい結果が待っていただろう。
今も元気に生きていたかもしれない。

癌の早期発見がいかに虚しいものか。

華岡青洲という江戸時代の医者が乳癌患者の手術をやったという記録がある。
そんな時代にも乳癌があった?
乳癌は牛乳が原因ではなかったのか?

そのうちの一人で60歳を過ぎた老婆。
乳癌だけでなく、脚気も患っていた。

脚気はビタミンB1欠乏症。
白米を食べる習慣で始まった。
この老婆は裕福な家庭の人だっただろう。
地方の貧乏人は玄米を食べていたから脚気はなかっただろう。

裕福な家庭の人は農作業もないから運動が足りない。
そこへきて、ビタミンB1も足りない。
当時は乳幼児の死亡率が高かったし避妊の方法もなかったから、一生に8人子供を産むことだってあった。

多産でビタミン欠乏。
当時で、60歳は高齢だ。

犬だって、昔はフィラリアで5歳くらいが寿命だった。
今ではフィラリアが予防できるので、避妊手術をしておかないと、10歳前後で乳癌になる。

まさか人の避妊手術はありえないだろう。
ただ、江戸時代にも乳があったことに驚いている。

多産によるホルモン異常か、ビタミン不足か?

地方の貧乏な百姓にも乳癌があったかどうかはわからないままだ。
当時は菜食で肉なんて食べることもなかった。
魚だって今のような重金属汚染はなかった。

診断医学がまだ未熟な時代にあって、乳癌で死んだとはいいきれるのだろうか?
乳癌が弾けても生き続ける人を僕は知っている。
外部への出血や化膿では人は死なない。

転移していたかどうかは藪の中。
肺へ転移して死んだなら、「乳癌で死んだ」とは言わずに「肺病で死んだ」となるかもしれない・・・?

粗食だったあの時代に乳癌があったことに驚く。
裕福な家庭と貧乏な家庭では癌の発症率は大きく違っていたかもしれないが・・・。
posted by ままちゃん at 09:41| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする