2018年09月01日

脂溶性ビタミンのメガドース投与

脂溶性ビタミンの過剰症はよく言われることではある。
身体に溜まるとか・・・。

だが、ビタミンAもビタミンEも三石巌先生によれば、メガ投与でいいらしい。
ビタミンDのメガ投与はアメリカでは当たり前になっている。

脂溶性とは脂質と一緒に消化吸収すること。
僕の場合は胆嚢がないから、一度に脂質が消化・吸収できない。
脂溶性ビタミンを食べ物から摂っても全部が吸収されるわけではない。

サプリで摂っても同じだろう。
ならば、メガ投与でいいはずだ。

ビタミンDなんかはアメリカではホルモンとして扱ってもいいくらいだ。
胆嚢がないことで、僕のこれらの疾患が重なっているのは、脂溶性ビタミンの不足ではないか?

ビタミンDだけではなく、ビタミンAもビタミンEも・・・。
ただし、これらのビタミンはソフトカプセルだったりするので、保存は厄介だ。
冷蔵庫に保管するのもいいが、購入した時にはすでに変質していやしないか?
特に、アメリカ製のは日本に着くまでにだいぶ時間が経っている。

アラキドン酸からの炎症反応を阻止するのは月見草オイルがいいらしい。
これは1年前くらいにアマゾンで買ったものがある。
ソフトカプセルだから、、まだ使えるだろうか?
今日からまた飲んでみよう。
posted by ままちゃん at 17:13| Comment(0) | ビタミン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする