2019年05月13日

鼻中隔湾曲症

僕の鼻中隔はどちらかに湾曲しているだろう。
耳鼻科で指摘を受けた記憶はないが、鼻詰まりからそれはわかる。

「鼻中隔湾曲症」という病名を初めて知ったのはもう40年以上前だ。
TBSラジオの「パックインミュージック」で北山修という人がしゃべっていた。
なんでそんな昔のことを覚えているかというと・・・。

その時期は浪人中だった。
高校を卒業してすぐに蓄膿になった。
鼻をかんでもかんでも鼻汁が止まらなかった。
蓄膿だと診断されて、耳鼻科に行くと鼻にゴムチューブを入れて水道水で洗うのだ。
治る病気ではないと知ってからは医者へ行かなくなった。

そんなおり、深夜放送で、医者でもある北山修さんの言葉に救われた。
病名がはっきりしたのである。
それから、40年以上が経った。

当時、僕の家は滋賀県の大津市にあった。
予備校は京都まで通った。
その京都駅に近いところに「北山医院」があった。
北山修さんの父親が開業していた。
そんなこんなで、京都府立医科大学へ通う彼の言葉を信じた。

鼻をかむとき、片方を閉じてかむと、あまり鼻汁は出ない。
でも、両方一緒にかむと鼻汁はよく出やすい。
これは鼻中隔が片方へ寄っているせいだと思う。

蓄膿症は今では「副鼻腔炎」という。
僕の副鼻腔炎も鼻炎も、この鼻中隔湾曲が原因ではないかと疑う。

2年ほど前に耳鼻科へ行ったが、そんな病名は出なかった。
鼻中隔湾曲症を治すには手術しかないようだ。
積極的に手術をしない医者はそんな病名は言わないだろう・・・。

この鼻詰まりが治れば、後鼻漏もなくなって、喘息も一気に治りそうだが・・・。
posted by ままちゃん at 16:17| Comment(0) | 副鼻腔炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

血管の収縮と気管支の収縮

自律神経の交感神経が活発になると血管が収縮する。
それで血圧が上がる。
気管支を取り巻く平滑筋の中の血管が収縮すると、どうなる?

交感神経が活発になると気管支が広がるという。
でも、血管が収縮すれば気管支の広さはどうなる???

気管支は狭くなるのか、それとも広がるのか?
どうもよくわからない?

身体の中の臓器で中が空洞になっているもの・・・。
血管、気管支、食道、胃、小腸と大腸・・・。
これらの空洞が狭くなる。

交感神経を刺激して気管支を広げる。
気管支拡張剤はその原理だ。

激高すると血圧が上がる。
それと同時に血管が収縮するという。
血圧が上がっても血管が広がれば問題はないはず・・・?

僕の場合は、狭くなってしまった気管支を広げる手立てを試行錯誤。

中でも、筋トレは交感神経を賦活させる。
これで気管支が広がるのか狭くなるのかはわからないままだ。
でも、明らかに筋トレで身体がいい方向に反応しているようだ。

運動をすることで悪化することはないと思う。
運動性喘息だの呼吸不全で悪化するだのと、悲観的な憶測で医者は言うだろう。

今は心臓病だって運動を薦める時代だ。
喘息だけは運動を薦める医者はいない。
何故なら、喘息は悪化すると呼吸困難で死に結びつくから・・・。

責任逃れ。
自身が喘息持ちで運動で改善や治癒した経験がある医者はいないものか?
posted by ままちゃん at 15:37| Comment(0) | 僕の仮説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする