2019年06月11日

冠動脈の狭窄誤診だった?

NHKの番組でマグネシウムを特集していた。
マグネシウムが不足すると血管が痙攣するという。

心臓のCT動画を使って説明していた。
その正常な心臓のCT動画を見て驚いた。
なんと、冠動脈の根元が狭窄している。

僕のCT画像と全く同じ・・・。
マグネシウム不足の動画では冠動脈がはっきりせずに先の方まで血液の流れがない。

それを説明するのは心臓の専門医だった。
正常とする心臓のCT動画の狭窄部分があっても、「正常」と・・・。

つまりは、僕の冠動脈は狭窄していないということか???
この番組は何度も再放送されているから、全国の心臓の専門医も観ているはずだ。
もしも、この正常とする心臓のCT動画の狭窄部が異常ならば、異論があるはずだ。
未だに、異論がないのは何故???

ましてや、「今は狭窄だけだが、近い将来に閉塞するかもしれない。」というだめ押しもない。
つまり、狭窄しているように見えても、それは狭窄ではない。
素人目には確かに狭窄しているように見るが・・・。

僕のCT画像の狭窄部は本当の狭窄ではなくて、素人が見ると狭窄に見えるのかもしれない。
狭窄でないところにステントを入れたとしても、それは事実を知らない患者が騙されていることにも気がつかないだけだろう。
ましてや、早期発見を喜ぶような結果になるだけだ。

狐に摘まれたような気分とはこのことだろう。
無意味なステント手術が横行しているのか?

あの病院では、ステント手術が当たり前にように話がトントン拍子で進んでいった。
高額医療費の申請まで手取り足取りで説明を受けた。

癌の早期発見、冠状動脈の狭窄の早期発見。高血圧の早期発見、高コレステロールの早期発見、動脈瘤の早期発見。
この「早期発見」が曲者だった。

確かに、癌の早期発見が始まってから、癌で死ぬ人が増えた。
高血圧の薬もコレステロールの薬も100兆円規模の産業だ。

僕の知り合いには冠動脈のバイパス手術を何度も受けた人がいる。
障害者年金で手術費用はタダ。
全て税金で負担する。
医者と病院がぼろ儲け・・・。

こんなことを書くとまたしっぺ返しで喘息が悪化・・・。
もう、やめとこう。
posted by ままちゃん at 21:33| Comment(0) | 冠動脈狭窄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする