2019年08月30日

誤嚥防止方法

夕食後に誤嚥による咳。
絡まった痰のような物。
食べた物だろうか?

咳をしてガーガーやっているといつものようの喉の筋肉が硬直したようになる。
それから後が怖い。
息が吸えなくなるのだ・・・。

どうして誤嚥が起きるのか?
脳梗塞でも誤嚥するという。

何年か前に総合病院で脳のMRIだかCTだかを撮った。
その画像を見ながら主治医の言葉。
「いくつか梗塞がありますが、年相応でしょう。」
「・・・。」
なんか怖いような不思議な感覚だった。

「本・誤嚥」でアマゾン検索。
大谷先生の本がヒット。
買って読もうとは思わないが、「発生と嚥下はほぼ同じ筋肉を使う。」という文言が気になった。

僕はあまり喋らない。仕事で仕方なく喋る。
大谷先生は、「一日に3分間の音読」が功を奏すると書いている。
明日からやってみよう。
posted by ままちゃん at 22:08| Comment(0) | 誤嚥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

梨アレルギー

僕はシラカバ花粉症だ。
シラカバに反応する人はリンゴや梨にアレルギーが出るらしい。

最近は梨の季節。
お客さんからもいただくことが多い。

昨日は痰がからんだ。
頬の内側が浮腫んで歯で噛んでしまった。

今朝はコーヒーに蜂蜜を入れて飲んだ。
ゆで卵一つと食パン半分。
その後はいただいた梨を半分食べた。
その直後から咳と痰・・・。

リンゴも梨も高FODMAPだから避けたいのだが、この時期は梨を貰うことが多い。
しかも、アレルギーだとすれば、避けなければいけない・・・。

食べてすぐに異変が起きるのなら気をつけるのだが、あまり急激な症状はない。
そう言えば・・・というくらいだ。
でも、シラカバアレルギーはいつの検査でも陽性だ。

それとも、今朝から使い始めたアカシヤ蜂蜜が原因?
酷いアレルギー反応ではないので、少しなら食べてもいいだろう・・・。
posted by ままちゃん at 08:51| Comment(0) | アレルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

害虫と益虫

僕の知り合いの女性で大腸癌で人工肛門の人がいる。
これまでどれほどの苦しい人生だったろう。
今でも癌に脅えながら大変な生活だろう。

その女性は敬虔なクリスチャンだ。
先日、その女性と一緒にある家の庭にいた。
その庭は草ボウボウで、バッタがいくつも見受けられた。

歩くとバッタが飛んで逃げるのがわかる。
僕はその1匹を掴もうとしたがなかなか掴めない。
僕が歩けばドンドン逃げるので庭の隅へ飛んでいった。

それを見た彼女が、「そんなもん、踏み潰せばいいよ。」と言う。
「それは可愛そうだ。」と僕。

その庭には野菜が植わっているわけでもない。
そこではバッタは害虫でもなければ益虫でもない。
なにも殺さなくてもいいではないか?

苦しみ受け、今も闘病している彼女。
しかも敬虔なクリスチャン。
何故?バッタが邪魔なのか?

我が家の庭に妻がサツマイモを植えた。
バッタが葉っぱを食べる。
沢山植えたので、少しくらいは食べられてもいい。
我が家の庭はバッタで一杯だ。

最近は圃場も後継者不足で草ボウボウだ。
昔のようにキリギリスやバッタを見ることも少ない。
いや、ほとんど見なくなった。

除草剤のせいだろう。
ホームセンターで誰でも手に入る。
ベトナムで米軍が使った枯葉剤と同じものがホームセンターで買える。

人の有害な昆虫が害虫。
有益な昆虫が益虫。
人から見て得か損かで決まる。

自然界では人は唯の一種類の哺乳類だというだけだ。
これまで、人がどれだけこの地球を汚してきたか・・・。
僕達の食べているものはどれだけ汚染されているか・・・。

害虫も益虫もみんな一緒に生きている。
浅はかな人間の小さい考えで、生きとし生きる者達を排除してもいいわけがない。

安全な食べ物を探してもどこにも見当たらない今日この頃・・・。
posted by ままちゃん at 07:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月29日

喉にへばりついて切れにくい痰

今日は昼食後に誤嚥したような痰が喉に絡む。
ガーガーとやっていると、呼吸困難になることは目に見えている。

そのうち、痰が苦くなってくる。
でも、我慢をしていると段々と痰が出てくる。

この種の痰が出なくなれば、そのときが喘息完治のときだ。
水分不足で塩不足で、こんな痰が絡むのだろうか?

昨日は目玉焼きを二つ食べた。
今朝はゆで卵を3つも食べた。
卵が原因だろうか?
砂糖なしのコーヒーを朝から2杯飲んだ。
コーヒーの利尿作用で脱水ぎみなのか?

喉に絡む苦い痰・・・。
本当にこれが喘息の症状としてあるのか?

後鼻漏が喉に引っかかるのだろうか?
気管支?肺?鼻?食道?
単なる嚥下障害???

今朝は千手観音体操で誤嚥がなくなったと喜んでいたのに・
・・。
posted by ままちゃん at 14:46| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

肺年齢を若返らす体操

肺年齢を若返らせる本をアマゾンで買った。
その体操が書かれているが、多様であまり集中できない。

テレビで大谷先生が肺年齢を若くする体操を伝授。
「千手観音体操」というらしい。

両手を胸の前で合わせる。
そのまま上へ挙げる。
合わせた手を離しながら後ろへ回す。

両方の肩甲骨がくっつくくらいまで後ろに回す。
そこから手を前へ持ってくる。

これを2週間した芸能人の肺年齢が劇的に改善している。
僕も真似てみたら、呼吸が楽になるようだ・・・。

それと、終わってみると背筋が真っ直ぐになっている。
お腹も凹んでいる。

喘息の気管支の狭窄は依然としてあるにしても、肺年齢が若返ることはすばらしい。
三日坊主にならないように・・・。

猫背と前屈み姿勢も改善できそうだ。
それで、噴門が真っ直ぐになって、歪みが矯正されれば、逆食も治るかも
posted by ままちゃん at 10:06| Comment(0) | 呼吸法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月28日

喘息になった経緯

思い出すままに書いてみる。

1998年 後頭部を殴られたような激痛を2度経験する。
1999年 頭痛で総合病院で検査するも原因わからず。睡眠導入剤処方。
2000年 就寝時にイビキが酷くなる。呼吸が止まっていることを指摘される。
2001年 体重が72キロになり、ウエストが88センチになる。
2002年 体重が増えた分、顔もふっくらする。
2003年 花粉症が酷く抗ヒスタミン剤を処方される。
2004年 ツベルクリンで陽性になる。
2005年 結核の薬を半年間飲用する。
      その後から胸焼けが始まり、夜中の呼吸困難を経験する。
2006年 うつ病のような症状で体重が66キロまで落ちる。
2007年 ダンベルなどの筋トレで治癒に向かうも、喘息で夜中の呼吸困難を幾度か経験する。
2008年 気管支拡張剤やら去痰剤を処方される。
2009年 ステロイド吸入剤を本格的に始める。
2010年 うつ病を発症。半年間の安定剤。
2011年 東日本大震災で計画停電するも、喘息は悪化せず。
2012年 喘息薬は忘れるほどで悪化せず。
2013年 喘息発作で、ステロイド吸入薬を一日2回キチンと始める。
2014年 薬を忘れずに続けるも、返って出続ける痰に悩まされる。
2015年 喘息の主治医を3回変えるも好転せず。
2016年 通院を全てやめて、4月からステロイド吸入薬も抗アレルギー剤も完全にやめる。
2017年 ビタミンDとオメガ3を始める。
2018年 短鎖脂肪酸を始めるも、背骨の骨折で断念。
2019年 何度もトライしてはやめていた糖質制限を開始する。

喘息で呼吸困難に悩まされる前には体重が増えている。
ダンベルは椅子に座ってやるので猫背が進んだ。
腰痛にため、就寝は左横向き寝で海老のように背中を丸めて寝るので猫背が進んだ。
この頃から夜中の呼吸困難を経験するようになる。
因果関係は分からないが、呼吸方法の問題がありそうな気もする。
posted by ままちゃん at 21:21| Comment(0) | 喘息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

遠近両用メガネ

遠くも近くも見辛くなってきた。
今使っている老眼鏡は10年以上前に作ったもの。

老眼鏡の上目つかいに見る僕のやり方が妻は嫌がる。
そこで、ちゃんと遠近両用メガネを作ることにした。

メガネ屋さんで目の検査をしていただいた。
それでは、と言って、試しに嵌めたメガネで目眩が・・・。
思い出した、何年か前に同じことがあって、遠近両用は敬遠していた。

やっぱり、今回も断念。
そこで、遠視用のメガネを作ってもらった。

それをかけると遠くも、テレビもよく見える。
大きめの字なら本も読める。

そのメガネで見え方が一変した。
なんとよく見えるではないか・・・。

しかし、二日後に気がついた。
メガネを外すと、それまでよりももっと滲んで見える。
つまりは、僕の視力がメガネにフィットし過ぎて眼の虹彩の筋肉が固定されてしまった。
これでは視力が固定してしまう。
悪化することはあれ、改善は永久に望めない。

はて、どうしたものか?
メガネ屋さんはメガネを外さないように言われたが・・・。
posted by ままちゃん at 15:14| Comment(0) | 老眼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

食物繊維は本当に必要か?

野菜は身体にいいという。
渡辺先生は野菜は食べなくてもいいという。

人間が過去に肉食だったかどうかはどうでもいいが・・・。

ここで、食物繊維について考えてみたい。

人の消化器官では食物繊維は消化でできない。
胃でも小腸でも邪魔者だ。

胃酸では消化できない。
十二指腸から出る消化液でも消化できない。
そのまま6メーターもある小腸を素通りする。
小腸壁を壊すだろう。

大腸に到達して初めてその効果を発揮する。
腸内細菌の餌になって免疫機能にも貢献する。

しかし、大腸はもともと糞便の溜まり場。
糞便は時間とともに腐敗する。
腸内の温度で簡単に腐敗する。
腸内細菌はそれを防ぐ目的で餌として食べる。
腐敗ではなく発酵させることで身体に無害にする。
有益だというのはごく最近の研究でわかった。

しかし、しかし、大腸の腸内細菌のための胃や小腸を傷つけることはあってはならない。

糖質制限という体質改善法がある。
炭水化物をなるべく食べない方法。
炭水化物とは糖質と食物繊維。
その両者共に身体には不必要というか必須ではない。

胃が待っている栄養素はタンパク質。
脂肪も胃では余計な物。

炭水化物がエネルギーとして必要だといわれる。
でも、エネルギー換算率は脂肪の方が糖質よりも遥かに上だ。

長い野菜を食べて、そのままウンチに出ることもしばしば・・・。
シメジもウンチにそのまま出たのを見たこともある。
トマトを食べれば、翌朝はトイレに浮いている。

胃は消化の一番最初の関門。
強烈な酸度はそのために待機している。
そこへ消化できないものが大量に入ってくるとどうなる?

腸内細菌、腸内細菌と最近はやかましいが・・・。
身体を作るタンパク質を抜いては必須栄養素は語れない。

僕がこんなことをぶり返すには理由がある。
心臓の専門病院で冠動脈の狭窄を指摘されてステント手術を勧められた。
手術の日を決めるところまで進んで、「おかしい?」と感じてキャンセル。

その手術は高額で、「高額医療費」の請求を役場でしてくれと言われた。
100万円は下らない手術。
でも、高額医療費制度で本人負担は8万円くらい。
残りは健康保険で支給だという。
つまり、本人負担が少ない、患者はすぐにOKする手術らしい。
狭窄であって詰まっているわけではない。
術後は血液をサラサラにする薬を半永久的に飲み続ける。
つまり、冠動脈にステントという異物を入れたままにする。
異物だから、その部分に血液の塊ができる。
それを溶かすのだ。
詰まっていないうちからステント手術で公費をバカバカ使うのは如何なものか?

桐山さんという糖質制限では有名な方が心筋梗塞で亡くなったので、糖質制限に否定的な意見が出始めている。
しかし、長年の糖尿病で血管がボロボロになった人が脂肪分を多食すれば当たり前の結果だったのでは?

彼が書いた書籍には50人が糖質制限で糖尿病から生還している。
インタビューできていない生還者を入れれば、1000人単位でいるだろう。

とにかく、食物繊維が本当に必要なものかどうか???
posted by ままちゃん at 15:00| Comment(0) | 糖質制限 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小食で糖質制限

過食が病気を作る。

糖質が慢性炎症の原因。
肉食では動脈硬化が心配。

結果、たんぱく質だけを食べればいいことになる。
ビタミンやミネラルも必要。

糖質を制限して、完全な糖質オフでもなく、肉中心。
脂肪には脂溶性ビタミンが含まれる。
食べ過ぎれば、血管の内壁にプラーク形成。

糖質も過食でポッコリお腹。
血管も傷だらけになる。

たんぱく質は必須栄養素。
食事からだけではなく、プロテインでもいいだろう。

過食にならなければいい。
余った栄養が体に溜まる。

溜まれば、肥満・動脈硬化・脳梗塞・糖尿病・・・。
お腹いっぱい食べる必要はない。

必要なタンパク質とビタミン・ミネラルだけでいい。
とにかく、肉食中心で炭水化物を極力減らす。

糖分も脂も余った分が身体に溜まる。

小食で糖質制限が理想的。

posted by ままちゃん at 14:21| Comment(3) | 僕の仮説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月27日

「間質性肺炎」とは?

間質性肺炎という病気。
喘息よりも癌より恐ろしいらしい。

息切れと空咳がその症状。
僕の症状とそっくり・・・。

喘息の先入観で医者が発見できなかったのか?
ステロイド吸入と抗アレルギー剤をやめたら痰が少なくなって空咳と息苦しさ。
これは最早、喘息ではないのだろうか?

間質性肺炎では運動後の呼吸が辛いという。
僕はそれほどでもない。

運動に関係なく息苦しさを感じる。
痰が出にくいし、出ないなりに苦しい。

これは本当に喘息の症状だろうか?

呼吸器内科へ行かなくなって久しい。
正確な検査を期待するも、山のような薬と検査に閉口する。

夜中に咳き込むこともなく、大量の痰に悩まされることもなくなった。
しかし、間断なく訪れる息苦しさ。

喘息だからしかたがないと言ってしまえばそれまでだが・・・。
何故に僕の気管支はこれほどまでに敏感に狭窄するのか?
一旦、狭くなった気管支を元通りに広くする方法は?
posted by ままちゃん at 15:49| Comment(0) | 喘息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする