2019年09月03日

医者ではなく患者にしかわからないこと

Eテレで若者の癌患者を特集。
若くして胃癌になって胃を全摘した男性。

顔をモザイクする出演者の中でも彼は顔を出していた。
胃と食道の一部を摘出しているので、食べ物が詰まるのだと言う。

自分で試行錯誤の結果、パン、それもフランスパンが一番いいことを発見した。
ここまでに至るまでに苦しい結果は何度もあったのだろう・・・。

普通は、消化のいいご飯やお粥がいいと言うだろう。
この苦しみを経験していない医者もそう言うだろう。

胃を摘出した人の食事でフランスパンはいいとは誰も思わないだろう。
しかし、当事者の嘘のない経験からくる言葉は重い。

僕も喘息ではうつぶせ寝がいいと思う。
しかし、仰向け寝が健康には一番いいとする考えがほとんど。
ネットでもうつぶせ寝のデメリットしか伝えない。

当事者にしかわからないこと・・・。
posted by ままちゃん at 20:55| Comment(0) | 医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

胃と小腸に優しい食べ物

消化のいい食べ物にうどんやパンやお粥がある。
炭水化物のどこが消化にいいのだろう?
必要以上の胃酸の分泌を促さないからだろうか?

胃では蛋白質が消化される。
その消化に胃酸が必要。

小腸の入り口辺りにある十二指腸で消化液が出る。
糖質・脂肪の消化には必須。
同じ部位から胆汁も出る。

食物繊維は大腸に達するまでは、胃でも小腸でも厄介者だ。
6メーターもある小腸で邪魔者になると、その粘膜を傷つける。
小腸粘膜細胞は1日もあれば修復するらしい。

胃はどうだろうか?
胃の中に消化できない繊維や脂肪が入る。
蛋白質の消化には時間がかかる。
その間、邪魔をするばかりだ・・・。

昨夜はマッシュルームと肉野菜炒め。
美味しくてご飯をおかわり。

胃が待っているのはお肉だけ。
食べた物の10%くらいか。
食事の中に占める蛋白質は10%くらいがいいらしい?

90%が胃にとっては邪魔者???
それが理想的な食事とは???

昨日から始めた蜂蜜は高FODMAP。
今が旬の梨も高FODMAP。
食後のプロテインだけが今の僕の栄養源。

気候が涼しくなってきて、脂肪の摂取を控えると顔の皮膚がカサカサになってきた。
白い粉が吹く。

肉の脂を摂っていた頃は皮膚はツルツルだったのに・・・。
冠動脈の狭窄で食べ物が変わってしまった。
それでも、蛋白質は欠かさない。

たしかに、プロテインとサプリとビタミンだけでは足りないだろう。
でも、理論的には足りるはず・・・。

何故、野菜が必要なの?
僕は生野菜と脂が胃に負担をかけることを実感している。
さあ、何を食べようか???
posted by ままちゃん at 07:51| Comment(0) | 消化器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする