2019年09月07日

アイリスオーヤマの凋落

僕は動物関係の自営業。
大き目のイヌのケージを探していた。

もう10年以上も前のこと。
ホームセンターでピッタリのケージを見つけた。
それを6個も買っていまでも大事に使っている。
その後も少し小さめのケージも・・・。

もう忘れたがほかにもアイリスオーヤマ製のものがいくつもあった。
他社の製品にはない使い勝手がいいもにばかりだった。
はて?この会社は一体どんな会社だろうか?

それが、ここの社長がNHKのプロフェショナルに出たあたりから状況が一変した。
これはという製品がお店から姿を消し始めた。
製造しなくなったのだ・・・。

アイリスオーヤマ製品を探してみると・・・。
LEDランプ・掃除機・空気清浄機・加湿器・収納ラック・・・。
どれもこれも物まね製品ばかりだ。

動物のケージを探してみると、僕が重宝していたものは既に製造中止。
他の動物製品も他社の物と似たり寄ったり・・・。
動物のキャリーに到っては、蓋を開けても動物の足が引っかかって出てこない。

確かに、僕が愛用していた大き目のケージはそんなに数多く売れるものではないだろう。
しかし、それでも、一人のお客を大事にする精神は物造りには大事だろう。

多売できないものは作らないとでも社訓があるのだろうか?
他社が作れないが、誰かが必要としているものを作る醍醐味はなくなった。

僕が買ったアイリスオーヤマ製の掃除機も空気清浄機もキャリーも今ではゴミになってしまった。
アイリスオーヤマに猛省を期待する。

いまや、ホームセンターへ行くとアイリスオーヤマ製の物まね製品ばかりでウンザリだ。
利益追求を前面に出すとこうなるのだろうな・・・。

物が有り余って売れない時代。
だからこそ、原価率は悪いが他社が作らない素敵な物を作ってほしい。
posted by ままちゃん at 08:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする