2019年09月20日

添加物を表に表示する義務はなぜないのだろう?

最近はお弁当を持ってこない。
面倒くさいから市販の弁当になる。

スーパーでもホットモットでもコンビニでも、添加物のない弁当はあり得ない。
その全てが添加物の表示は容器の裏に貼ってある。

何故か?
表に貼ると誰も買わないだろう。
裏返しにすると弁当の中身がグチャグチャになる。
裏返しにできないように仕組んである。
確信犯・・・。

やっぱ、家のご飯が一番安全だ。
かあちゃんの作ってくれるご飯には薬品のような添加物はない。

加工肉のベーコンやソーセージは危険だ。
肉もホルモン剤やら抗生物質やら農薬やらで安全とは言いがたい。
しかし、明らかに添加物としてはトレースできない。

市販の食品には添加物はちゃんと記載されている。
つまり、これを食べて病気になっても自己責任。
政府は一切責任を負わない・・・。

崎谷先生のような先住民食が理想でも、自然的で安全な食品は僕たち庶民が買えるほど安価ではない。
すくなくとも、添加物だけは避けたい。

市販の弁当や惣菜の添加物を表に表示しなけらばいけないような法令がほしい。
裏では何にもならない。
売り手に逃げ道を与えてはいけない。

政府の怠慢だが、利権がからんでいるのだろう。
業界からに政治献金。
与党には実現できそうにもない。
posted by ままちゃん at 15:27| Comment(0) | 食品添加物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MEC食と逆流性食道炎

沖縄にあるMEC食を薦めるクリニックのブログにたどり着いた。
胃カメラで見ると、前日の食べ物が胃の中に残っているのだそうだ。

ゴーヤ・シイタケ・野菜、それから米粒までが・・・。
やっぱり、人類は食物繊維を消化できない。

ピロリ菌が胃酸を調節している。
ピロリ菌で胃酸が減少する。

何故だろう。
僕の憶測では、稲作が始まってからは胃酸が邪魔になった。
それで、ピロリ菌がどこからともなく、人類の胃に住み着いた。
勿論、何千年という長い時間がかかった。

そこで、糖質制限食で逆流性食道炎が改善することと関係がありそうだ。
稲作以前は肉食だった人類。
その頃はピロリ菌は必要はなかったんだろう。

ピロリ菌がいなくなった僕の胃では胃酸が出すぎているだろう。
それならば、太古の昔の人類と同じ食べ物がいいというのが推論としてある。

胃酸の量に見合う蛋白質が必要で、胃酸で消化しないものは無用。
何千年も人類の胃に住んでいたピロリ菌を除菌してしまったことが問題を生んでいる。

ピロリ菌がいない人は糖質制限がいいと思う。

僕の同級生も除菌した後から喘息が始まっている。
この事実を医者が無視する現実。
posted by ままちゃん at 08:20| Comment(0) | 僕の仮説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする