2019年10月11日

糖質制限で喘息が治った人はいない

僕の喘息は、抗生物質の長期間投与で起きたのだと思う。
抗生物質が胃のピロリ菌を死滅させた。

ピロリ菌は胃の中の胃酸の量を調節する役目がある。
そのピロリ菌がいなくなった僕の胃袋は胃酸を出し続ける。

炭水化物は糖と食物繊維でできている。
その両方とも胃では消化されない。
胃は入って来た炭水化物を消化しようとして、盛んに動き始める。
胃の動きに反応して胃酸が出続ける。

しかも、消化されない食物繊維はそのまま小腸を素通りする。
消化も吸収もできないものが通り過ぎていく。
小腸壁が傷つくだろう。

糖質の通過を制限できれば、それだけ、胃にも小腸にも負担が軽くなるだろう。
逆流性食道炎が炭水化物で起きることは証明済みだ。

高タンパク食で胸焼けや胃もたれが起きるのなら、それは胃酸が少ないのかもしれない。
胃もたれの原因は胃酸過多だけではない。

渡辺先生や江部先生のように、信念を持って実行できるほど僕は意志が強くない。
1ヶ月も続けることも難しい。

だが、10年以上前に、1年間、肉と卵を控えて、魚と野菜とご飯で過ごしたことがある。
いま思うと、その後に「うつ」になった。
食べることが出来なくなって、見ないで食べられるオニギリで回復した。
ご飯は糖質だ・・・。

このことが僕の迷宮だ。
posted by ままちゃん at 15:57| Comment(0) | 僕の仮説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

体長の悪化はハロゲンのせい?

超大型の台風が接近している。
そのせいか、喘息が悪化。

スーパー糖質制限を1日やった。
昨日は昼と夜に解除。

どちらが原因かわからないが、昨日は夕方から鼻水が酷い。
夕食後は喉のゼコゼコと胸焼け。

今朝は痰が絡んでいる。
粘っこい黄色い痰が絡む。
最悪だ。

これをガーガーやると発作がくるので・・・。
台風の接近で喘息が悪化することは周知の事実。
何故だろう?

気圧急変?
これは大きな大気圧が近づいているから当然だろう。

湿度の急変?
昨日の部屋の湿度は「LL」wぽ示すくらいの乾燥状態だった。
今日は40%くらいはある。

今朝の気温は18度。
急激な気温の変化。
でも、僕はもう長袖の上着に長袖のジャージ、下も長いジャージ。

何年かまえなら、ガーガーやって、息が吸えなくなって、気管支拡張テープ・去痰剤・フスコデからメプチンだった。
今はもうこれらのことをしないでも、ガーガーをしないだけで、恐怖と闘えるようになった。

仕事で使うフッ素ガスを昨日は吸った。
このフッ素ガスが僕の喘息の原因ではないかと疑い始めた。
それからは、このガス使用中はアマゾンで買ったガスマスクをつける。
昨日は油断して付けなかった。

このフッ素ガスがハロゲンという気体。
同じ仲間に塩素ガスがある。
水道水の塩素にも気を使う。

シャワーから出る水道水が浴室に充満。
その塩素ガスを吸わない方法はない。
塩素を吸収するシャワーヘッドを買ってきたが、我が家のものには互換性がなかった。
しかたなく、洗面器に水を溜めて手桶で汲んでは身体にかける方法に切り替えた。

それでも、吸わない方法はない。
昨晩は頭を洗って身体も洗ったから、いつもの2倍の時間浴室にいた。
そのせいか?

あれやこれやと原因を探る。
いつものことだが・・・。

ただ、糖質制限を簡単に止めてしまったことが悔しい。
posted by ままちゃん at 07:55| Comment(0) | 喘息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする