2017年03月19日

「松本医院」

高槻の松本医院のことは何度も書いている。
訪れたこともない医院だが、この医院のHPが僕のバイブルだ。
一日に1回は開けないと心が落ち着かない。
まさにバイブル。

僕は喘息で苦しんでいるが、喘息完治の体験談が少ない。
それに比べて、リウマチの完治体験談は凄い。
何人も何人もいるのだ・・・。

それを昨日から読み始めた。
みんな壮絶な治療体験をされている。
松本医院にたどり着く以前には長期間の西洋医学による免疫抑制治療で疲れ果てている。

だが、松本医院での治療はもっと凄い。
つまり、根気だけでは続かないだろうと思うくらいの長期戦。

何故、みんなこんな苦しい闘いに勝利するまで続けることができるのだろう?
最初は不思議だった・・・。

彼らは何故にそこまで強くなって闘えるんだろうと考えるようになった。
それは、だた一つ、「信じている」からだと思う。

松本先生の「治るでー。あんたが自分の免疫で治すんやで。」という力強い言葉。
これこそが、「寄り添う医療」の原点だろう。
みんな松本先生を信じている。
そして、自分を信じる。

どうして、そこまで信じることができるんだろう?
それが、今まで僕が不思議に思っていたこと。

それは、松本先生に会うまでの何年もの間、苦しい治療にも先が見えず、
労わりの言葉もない、患者を「飯のタネ」としか見ない医療の現実がある。

「愛することは信じること」というのは映画ラブストーリーの中の一言。
松本医院にたどり着く人は皆、「治るでー。」という松本先生の言葉に真の「愛」を感じるからだろう。

「喘息は一生治りません。」「リウマチは一生治りません。」
こんな無神経な医者のひと言。
無勉強の医者の逃げ道。

「愛する」ことは「信じる」ことに繋がる。

僕は西洋医学の免疫抑制療法を断念して1年。
漢方だけでやってきた。
でも、どこかに、「これで本当にいいのだろうか?」という疑念。
これでは治らないと思う。

僕のこの漢方療法を心から信じるためには、「愛する」ことから始めよう。
漢方を信じる前に愛することができれば先が見えてくるような気がするのだが・・・。
posted by ままちゃん at 08:37| Comment(0) | 喘息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: