2017年03月27日

ナノテクノロジー

ナノとはミクロンよりも微細な物質の長さの単位。
そんな超微細なものを操作する技術のこと。

喘息の原因だって、超微細なアレルゲンは山ほどある。
有りすぎて適切な対応の仕方がわからない。

PM2.5は叫ばれて久しいが、それは発生し続けている・・・。
僕たちの周りには無数のナノ物質が存在する。

電気掃除機から出る微細な埃。
箒と雑巾がけでは埃は出ない。

電気シェーバーで出る微細なヒゲの粒子。
剃刀で剃れば、この微細なヒゲの粒子は出ない。

灯油ファンヒーターから出る微細な燃焼産物。
隙間風が入る部屋での薪ストーブなら吹き抜けの天井にススが付いて降りてこない。
灯油ヒーターのファンで飛ばされる微細な燃焼産物と埃。

車の排気ガスは微細な燃焼産物以外の何物でもない。

自然界にある花粉などは問題なしだと思う。
花粉症と喘息は違うと思う。

綿埃と化繊の埃は違うと思う。
獲物を求めて野山を歩いていた頃の人間に喘息があったとは思えない。

事実、野生動物の喘息なんて聞いたこともない。
ネコにも喘息があるらしいが、人ほど多くはない。

室内で過ごすことの多い現代社会。
室内は埃で溢れている。

布団から出るダニの死骸と埃。
着替え時に出る化繊埃。
部屋の掃除機で出る埃。

そんなものをどれだけ吸ってもなんともないような身体を作る。
免疫寛容が起きるような身体。

いつになったら、それが実現するのか?
posted by ままちゃん at 12:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: