2017年04月22日

食道平滑筋と気管支平滑筋

気管支拡張剤で胸焼けが起きることは僕が経験済みだ。
気管支も食道も平滑筋でできている。

薬で気管支の平滑筋が弛緩させれば、食道の平滑筋も弛緩する。
それで、胃から胃酸が食道を上がってくる。

食道平滑筋を弛緩させないで、気管支だけを拡張させることは難しい。
漢方薬の生薬の中で麻黄が気管支を拡張させる。
僕は今は漢方だけだが、それでも胃が焼けるように痛むことがある。
我慢できないときにはプロトンポンプ阻害薬に頼る。

平滑筋弛緩作用があれば、どうしても身体中の平滑筋が弛緩する。
内臓の筋肉は心臓以外は全てが平滑筋でできている。
それで、胃もたれや胸焼けや便秘や腸にガスが発生するのかもしれない。

息苦しくないときには麻黄を避けてもいいだろうか?
免疫寛容が起きるまでは気管支を広げておかないと心配。
高槻の松本先生の持論でも、喘息の漢方薬は気管支拡張作用だけで、抗炎症作用には触れていない。

とにかく、気管支を広げておいて、その間に免疫寛容を期待する。
松本先生の理論には痰や咳についても関心が無いみたい・・・。
痰や咳は喘息の症状で、症状を抑えることは無意味なのだろうか?

ステロイド吸入に依存しなかった頃は、息苦しいと感じることはままあった。
でも、今のように毎日感じることはなかった。

麻黄の気管支拡張作用で食道まで拡張してしまい、その悪循環かもしれない・・・。
どこかで、漢方さえも止めれば、喘息は治ってしまうようにも思える。

麻黄の気管支拡張作用は交感神経賦活作用からくる。
交感神経が活発になれば、骨格筋は収縮する。
副交感神経が活発になれば、平滑筋は収縮する。

気管支を広げる役目を麻黄にだけ頼っていることが何か不自然だろうか?
レンコンやフキが喘息や呼吸器疾患にはいいという。

レンコンもフキも筒状で中が空洞だ。
これが気管支を連想させるからだろうか?
馬鹿馬鹿しいとは言わない。
西洋医薬に比べれば遥かに伝統もあれば、理にかなっている。

気管支だけを広げる自然の食べ物はないものか???

posted by ままちゃん at 07:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: