2017年05月19日

獣医は余っている

最近、世間を騒がせている新設獣医学部の話。
経済特区を旗印に四国に獣医学部の新設があるという。

降って湧いたような話だが、もう来年には開校するまで工事が進んでいる。
アベ総理大臣の大親友が経営する岡山理科大(加計学園)が今治市に獣医学部を新設。

ゴルフや飲み会の度を外した写真・・・。
笑顔のうらにはカネがちらつく。

それに加えて、文科省の管理職から農水省も「総理の意向」だと念を押している。
無茶苦茶な話だろう。

京都産業大学も新設獣医学部に手を上げていた。
それが、関西には大阪府大に獣医学科があるからと、却下された。

それが、獣医関連の研究が皆無の岡山理科大に決まった。
最終的にはどこも手を上げず、この大学だけで決まった。

国有地もタダ同然で提供する。
どこかの日の丸幼稚園の経緯と瓜二つではないか。

人畜共通伝染病の研究に獣医が足りないのだそうな???
???

獣医は余っている。
ましてや、私立の大学の獣医学科を出て研究職に就く学生は皆無。
莫大な授業料のもとを取るためには研究なんてやってられない。
即、開業してカネを掴むのが手っ取り早い。

京大あたりに獣医学部をつくればいい。
東大にあって京大に無かったのも不思議といえば不思議。

東大の学生の中には獣医師国家試験にも興味が無く研究に没頭する獣医さんがいる。
そんな獣医師が必要だろう・・・。

私立のおぼっちゃま獣医を養成してもなんにもならない。
「経済特区」はおぼっちゃま総理の意向でなんとでもなるらしい。
まさに、独裁だ。
官僚が尻尾を振ってついていく・・・。

医学部をいくら作って医者を増やしても病気が減らない。
どころか、医者の数に比例して病気が増えている。

同じことが獣医でも起きているのに・・・。

タオルで有名な今治が中国のニセモノタオルに席巻されて、
今度はニセモノ大学で復讐しようというのか?
今治市民、いや、四国民が笑われている・・・。

裏で蠢いている何かが、日の丸幼稚園や豊洲やオリンピックにそっくりだ・・・。
posted by ままちゃん at 07:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: