2017年07月08日

「透明な痰」の再考

僕が過去2年半の間、食後の透明な痰に悩まされたことを振り返ってみる。
この2年半は、ステロイド吸入薬を一日2回吸う。抗アレルギー剤を1回。これが基本だった。
時には、気管支拡張剤を胸に貼る。去痰剤を飲む。

ステロイド吸入と抗アレルギー剤をやめたら、1ヶ月くらいで透明な痰が出なくなった。
この痰は無色透明で泡粒が混ざることもあった。
食後30分くらいで、喉にコホッと溜まって、ドバッと出る。

明らかに、気管から出ている痰ではない。
逆食では、食道からこんな痰が出るのだというブログに行き着いた。
だが、そのブロガーによると、胸焼けが酷いときに、そのような痰が出るというが・・・。

僕の場合は、胸やけの有る無しに関わらず、食後に出た。
黄色い痰(後花漏?)が出るときは咳き込むこともあったが・・・。

この透明な痰は唾液が混ざっていると思う。
ならば、胃から上がってきたものではない。

食物が食道を通過して胃に落ちる。
透明痰が気道とは関係なく出てくるなら、口・咽頭・喉頭・食道に由来する???

喉がイガイガして咳き込んで発作。
この時の痰は明らかに胃酸が上がってきたものだろう。
でも、この透明痰は苦くないし大量だ。
飲み込むと後で苦しくなるというのは何故?

食道の中に溜まっていて、ゲップのように上がってくる?
その透明痰のpHを測っておくべきだったと後悔。
胃酸が混ざっていればpHは低いだろう。

気道とは別のところから出てくるこの透明な痰。
どうも、逆食と喘息は連動している証拠。
posted by ままちゃん at 15:00| Comment(0) | 喘息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: