2017年07月12日

若杉友子さんの提唱する食事

若杉友子さんの提唱する、「玄米菜食」に反発して、糖質制限を始めた。
それから半年以上になる。
その間に、MEC食も経験した。

それでも、僕の喘息は改善しなかった。
確かに、体温は以前は35度台だったのが、今では36度を超えるようになった。

だが、喉のゼコゼコやら息苦しさは時折やってくる。
今日も朝から息苦しくて、休日なのに外で過ごすのが辛い。

今一度、若杉さんの本を読んでみた。
玄米はとても面倒なので、白米と野菜の煮付けと味噌汁ならなんとかできそうだ。

肉も卵も食べないと、また妻が心配するかもしれないが・・・。
昨年の秋ごろから、肉と卵と牛乳を買うのが僕の日課になっている。
妻が買ってくる肉はアメリカ産だったり、卵も牛乳もセール品ばかりだから・・・。

僕は肉は国産で、卵は近くの養鶏場で、牛乳は安物は買わない。
そこまでこだわっても、僕の喘息は好転しないままだ。

肉の消化に手間取って胃に負担を強いているのなら、肉はやめよう。
卵と牛乳はアレルギーの元らしい。
ただ、僕の喘息が非アトピー性ならば、アレルギー食品は関係ないかも?

極端な食事の変化は良くないと、若杉さんも書いている。
要は、続けることが大事なのだろう。
勢い余って失敗することもある。

まずは、ご飯とお味噌汁と野菜で始めよう。
100年前の食事に戻そう。
その時代には喘息も癌もなかっただろうから・・・。
posted by ままちゃん at 17:28| Comment(0) | アレルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: