2018年07月05日

喘息の症状とは?

僕が夜中に呼吸がしづらくなったのは2005年の秋が最初だった。
その日は分煙が出来ていなかった自動車免許センターでしこたまタバコの煙を吸わされた結果だった。
夜中に咳き込んのが始まりだった。

その後も1年に1度か2度はあった。
2009年の秋の夜中に発作があって、総合病院でステロイド吸入を始めた。
2013年の秋までは、そのステロイド吸入をやったり止めたりだった。

つまり、ステロイド吸入を止めても、発作時以外は普通に生活していた。
時折、痰が出たり息苦しかったりしても、気管支拡張剤や去痰剤で乗り切った。

2013年の発作以来は忠実に一日2回のステロイド吸入と抗アレルギー剤を2年半続けた。
その間の出続ける痰と咳の恐怖は何度も書いた。

2016年の4月1日からはステロイド吸入も抗アレルギー剤も完全に止めた。
それから2年が経つが、未だに以前のような普通の生活はできるまでには到っていない。
常に、息苦しく、寝るときも仰向きでは眠れない。
昼間も息苦しくてたまらない。

2013年の秋までは発作時以外は自分が喘息であることも忘れるくらいだったのに・・・。
この2年間は漢方に始まりビタミンやらミネラルやら糖質制限やら・・・。
ある程度の効果はあったように思うが・・・。

最近は塩を積極的に摂るようになった。
そのせいかどうか、息苦しさが増したような懸念・・・。
好転反応と見るか悪化とみるか???

これがいいと思ったらすぐに飛びついてしまう性格だから、ビタミンDも忘れていた。
また一日1万単位を始めよう。
副腎疲労も改善していないようだからビタミンBも続けよう。

この息苦しさ疲れやすさは何故だろう???
これが喘息の症状だろうか???
posted by ままちゃん at 15:12| Comment(0) | 喘息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: