2018年11月02日

風邪に期待すること

風邪だけは嫌だ。
でも、2年前の風邪では喘息は悪化しなかった。

その時は喉が腫れて声が出なかったりした。
喉の痛みは半端じゃなかった。

風邪が去った後はまた喘息の恐怖に逆戻りだった。
今回の風邪はその時のとは違う。

妻から移ったのは同じだ。
僕の症状は最初は痰と咳だけだった。
熱もなく、本当に風邪かと疑った。

今回は明らかに違う。
痰が絡んで咳が出始めた。
黄色い痰が咳き込んで出るのが3日間くらい続いた。

内科で見たもらったが、僕が伝える症状に抗生物質の処方はなかった。
その後、3日くらいで、あまりも痰の凄さに怖くなった。

処方のジスロマックを飲み始めた。
その頃から、鼻水とドロッとした鼻汁がで始めた。
その二日後に38度の発熱。

熱は二日で引いたが、咳と痰は減らない。
水溶性の鼻水も止まらない。

喉がヒリヒリする。
咳をすると、気管の下の方でゴロゴロと共鳴する。

痰が絡んでいるのがわかるがガーガーすると少しの痰が出ても息が吸えなくなる。
今まではこんな症状は初めてだ。

気管支の奥まで風邪の影響が出ている。
慢性炎症の粘膜に新しい炎症が起きた。
これが治る時に、ついでに、慢性的な炎症も治ってくれないかと思う。

それよりも、この風邪で喘息が悪化するのかもしれない・・・。
鼻水が出なくなって痰だけが残ると喘息の悪化につながる。
炎症が気管支だけではなく鼻粘膜にもあれば、風邪の症状だから・・・。

しかし、今回の痰が絡むゴボゴボという咳は怖い。
恐怖心を煽る症状だ。
posted by ままちゃん at 19:11| Comment(0) | 喘息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: