2019年06月18日

僕が「ポイントカード」を捨てた理由

過去にも書いたと思うが・・・。
世間に流布している「ポイントカード」。

僕はこれを破棄した。
ケーズ電気とヤマダ電機のカードは電化製品の購入歴から保証できるので破棄していない。
でも、電気製品はアマゾンで買うので、これも近い将来はいらなくなるだろう。

ポイントカードで消費者が得をすることはないと思う。
販売者側の利点が大きいからポイントカードを配布するのだろう。

ビッグデータというもの・・・。
物を買って、紙を渡されて、「ここに住所・氏名・生年月日・性別を書いてください。」と言われたら・・・。
物を買うたびにポイントカードを出すということは、この行為に等しい。

僕がいつ・どこで何を買ったかという個人情報が筒抜けになる。
別にこんなことが人に知れても問題はない。

だが、この情報を組織が利用する。
もっと極端に言えば、この情報が組織間で売買されている。

組織が有利になるようにできている。
ポイントカードという面倒くさいシステムをかれらが導入・維持する意味はそこにある。
僕の情報を彼らがこっそり利用している。
いや、「こっそり」ではなく、公に利用できるのが「ポイントカード」だ。

ポイントカードを作るときに「利用規約」というものがある。
誰もが読んでいないだろう。
「個人情報の秘密は厳守する」と書かれているが・・・。
世の中には「絶対」はあり得ない。
その情報を本人に内緒で売買しているのが事実だ。

財布からポイントカードが消えて、スッキリした。
現金を持たないでカードで支払うのも、ポイントカードと同じように個人情報の筒抜けだ。

僕がアマゾンで買うときにも、この個人情報が筒抜けになっている。
「情報社会」と言われて久しい。
情報で国が組織が個人を管理している。

カードと防犯カメラで犯罪はしにくくなる。
でも、健全な社会ではなくなるだろう・・・。

中国のような管理社会がそこまで来ている。
posted by ままちゃん at 08:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月11日

生きることの意味

知り合いの女性が入院している。
もう10年以上だ。

医療制度が変わってからは、同じ病院に3ヶ月以上いると病院の収入が減ることになった。
それで、3ヶ月ごとに入退院を繰り返す。
その女性は難病で人工呼吸器と胃婁だ。

何年か前まではメールをやり取りしていた。
何度も「死にたい」と返事がきた。

その間にお母さんが亡くなり、お父さんも病気になった。
妹さんが面会に行っている。

人工呼吸器と胃婁では自由に歩くことも食べることできない。
息をすることと食べることは生きるためには必須。
この二つが自力でできないとは・・・。

僕はもう面会に行かなくなって5年以上になるだろうか?
面会に行く度に苦しくてしかたがない。

自ら命を絶つ人が日本では一日に100人を超える。
「生きる」とは何だろう?

僕にとって大きな苦しみである喘息という病気も、神様からすれば眞に小さな病気。
これくらいで我慢しなければ・・・。
posted by ままちゃん at 14:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月02日

新元号決まる

新しい元号が「令和」に決まった。
皇室が関わらないで、官邸と識者で決定するらしい。

僕は昭和生まれで、子供達も皆が昭和生まれだ。
末っ子の長女は1988年生まれだから、昭和の最後生まれになる。

僕はほとんどのことを西暦で覚えている。
平成になってからはますます元号と西暦がゴチャゴチャになった。

役場の公文書や銀行でも元号が使われるから厄介だ。
全部を西暦にすれば問題はないと思われるが・・・。

西暦とはキリスト教的な元号だから、統一は難しいのだろうか?

元号は誰がどのように決めたかを30年間は秘密にするという。
この秘密がわからない?
黒塗りの公文書みたいで不愉快である。

開かれた皇室ではなかったのか???
そもそも、元号を皇室自身で決められないというのがおかしい?
既に政治利用されているか感がある。
posted by ままちゃん at 08:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月22日

イチローの学ぶこと

イチローが引退した。
28年間の選手生活。

表情も話し方も食べ物も生活時間も判で押したようなもんだったのではないかと思う。
食べ物の好き嫌いも激しいという。

なんでも食べるのがいいとか、好き嫌いはダメとか・・・。
僕もイチローを見習ってみよう。

お肉とご飯でいい。
野菜も果物もあれやこれやと食べなくてもいい。

糖分とタンパク質があればいい。
ビタミンもミネラルも必要以上にはいらない。

シンプルな食事と生活がいい。
あれも食べた方かいいとか、これも食べなくてはいけないとか・・・。

最低限度の必要な栄養素だけでいい。
イチローを見ていて、「つまらん人生だ。」と思っていた。
が、しかし、健康で、その上、夢を達成できるということはここ上もない幸せだと感じる。

物が、食べ物が有り余っている現代社会。
もっと、シンプルに生きよう。
posted by ままちゃん at 19:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月08日

ペシャワール会に入会する

中村医師の努力でアフガンに水路ができて農業が充実している。
ところが、地球温暖化で旱魃が激しく、その水路も干上がっているようだ。

中村医師は福岡の出身で、江戸時代には福岡では灌漑の技術があったらしい。
それが遺跡として残っている。
なにも現代式の灌漑を持ち込む必要はないし、現地で引き継がれていく技術が素晴らしい。

以前からペシャワール会には興味があった。
今回は入会をするために、郵便振込みで1万円を振り込んだ。

以前はユニセフに寄付していた。
しかし、ユニセフや国連で働く人たちの給料が高額で疑問を感じていた。
ペシャワール会なら、寄付金がそのまま使われるから安心だ。

僕が収集していた記念切手やら、父が残した記念硬貨も送ろうと考えている。
しかし、切手も硬貨も額面以上の価値はないらしい・・・。
それで躊躇しているが・・・。

税金の無駄使いや、寄付金の流用はそこらじゅうにある話だ。
中村医師こそ信頼できる寄付先だと思う。
posted by ままちゃん at 09:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月02日

信じる者は救われる

僕は疑い深い人間だ。
喘息になったときも、処方される薬を飲んだり飲まなかったり・・・。

一人の医者を疑って3人も変えた。
漢方に頼っても最後までは信じきることができなかった。

義歯が喘息の原因ではないかと疑った。
せっかく入れた金属の義歯を全部外してもらった。

セラミック歯を違う歯医者で入れてもらった。
結局、セラミックの義歯が歯周病になった。
それも抜いた。

また違う歯医者で金属の被せブリッジを入れてもらった。
それさえも、痛くて使えない。
また、歯医者を疑い始めた。

いつになったら、信じきることができるのだろう?
このままでは、前歯は完全に入れ歯になる。

完全に無傷の歯は9本しかない。
歯磨きを怠っていた自業自得だ・・・。

目が見えなくなったわけではない。
耳が聞えなくなったわけではない。
歩けなくなったわけではない。
癌ができたわけでもない。(おそらく・・・)

食べることも歩くことも自分でできる。

仰向けでスヤスヤ眠れない。
立ち続けていると背中が痛む。
食べ物をちゃんと噛めない。
痰と咳の恐怖に脅えている。

小心者。
両親が亡くなって、姉が実家の整理をしていたら、出てきた物がある。
僕の小学校6年生の時の通信簿。
先生からの一言の蘭に、「小心者」と書かれている・・・。

まだ治っていない僕の性格。
posted by ままちゃん at 16:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月20日

ポイントカードと縁を切った日

ポイントカードの個人情報を権力に勝手に渡していたという。
驚きだがあり得ることだろう。

ポイントを貯めることで得をする。
しかし、だ。

スーパーやホムセンターで買い物をするときに、
「お客さん、ここに住所・氏名・生年月日、買ったものの品名を書いてください。引き換えに五円おまけします。」
こんなことに同意する人がいるだろうか?

でも、ポイントカードを渡すことと、このことは同じことだ。
僕の詳細な個人情報がいとも簡単に他人の手に渡る。
それも、警察権力に・・・。

それを知ったら、もうポイントカードなるものは持たないことにしよう。
今日は、僕の持っている全てのポイントカードを切り刻んでゴミ箱に捨てた日。

ポイントカードのカラクリを知った以上は、賢くなろう。
僕は病気になって感じたことがある。

「自分の身体は自分でしか守れない」
「自分の安全は自分でしか守れない。」
posted by ままちゃん at 21:58| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月06日

友人のくクモ膜下出血

僕は最近はもう年賀状を書かなくなった。
そこで、知り合いに電話した。

携帯にかけたら、「現在、使われておりません」と・・・。
自宅にかけたら、奥さんがでた。
「主人は昨年の10月に倒れて、そのまま今も入院しています。」

クモ膜下出血で、今では気管切開しているという。
意識もない状態だという。

ショックだった。
僕よりも7歳くらい上だ。
大型犬を飼っていて、釣りにも行く健康体だったのに・・・。

その直前に電話した友人にも、会いたくないと言われてしまった。
彼は定年の頃に脳にできた腫瘍を摘出してからは、仕事ができる体ではなくなってしまった。

それ以来、家族と離れて一人暮らし。
耳も目も半分が不自由で、バスも車もダメで、一人で30分歩いて買い物に行くらしい。

僕だって、そんな状態なら、誰とも会いたくないだろう。

見栄を張って、尊厳を持っていて初めて「生きる」と言えるのだろう。
明日の希望もなく、老いていくのは辛いが、それが現実か・・・。
posted by ままちゃん at 19:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月02日

正月早々のガス欠

昨日の元旦は神奈川の長男の新居へ行った。
元旦早々に教会での朗読の順番が巡ってきた。
運がいいというか、こればっかりは順番だから・・・。

昨日は帰りに車のガソリンが残りマーク2本だった。
今朝は早朝に職場へ行く時には、残り1本だった。
夕方も行きは1本だったが、帰りには、「ピン」と鳴って「給油してください」とモニターに出た。

それからも5キロキロくらいは走っている。
自宅まではまだ3キロはある・・・。
満タンで40リッターとして、マーク1本が5リッター。
僕の車の燃費はリッター当たり14キロくらい・・・。
職場への往復が15キロくらい。

怖くなって、妻の電話。
イオンのガソリンスタンドは開いてるか?
でも、妻も知らない。

思いついたのが、お客さんの自動車修理屋さん。
ハイブリッド車はまだ余裕があるらしいが・・・。

電話している最中に、街の小さなガソリンスタンドの前を通過・・・。
行きは閉まっていたが・・・。
電気がついて誰かがガレージで仕事をやっている。

交渉して、満タンにしてもらった
よく見ると、うちのお客さんのお店だった。

ホッとした。
今年は元旦早々にいい事や悪いことが起きる。
でも、なんとか周りの人たちに助けられる。
そんな、一年になりそうだ。
posted by ままちゃん at 17:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月26日

シャッターの故障

シャッターが重くて上がらないし下がらない。
そのせいで、僕の背骨が折れてしまった。

大家に言っても修理に余りカネをかけたくないと言う。
月々の家賃はちゃんと払って18年なる。
遅れたことは一度もない。
銀行からの自動引き落としだ。

見積もりによっては修理をしないような口ぶりだ。
店子の僕が支払うようなことではないだろう。

僕のお客さんに大工仕事をやっている人がいる。
20年ほど前に脱サラで建築業を始めたらしい。

その人に見積もりをお願いした。
二日で見積もりを頂いた。
9万円ちょっとで、それほどの大金ではないが・・・。
大家さんが納得すればすぐにでも始めてくれるのだが。

僕達の職場は商店街のど真ん中だ。
でも、ほとんどがシャターが降りている、「シャッター街」だ。

シャッターが半分降りたままだから、お客さんは減ってしまった。
なんとか、この見積もりで納得してもらわないと、僕達の収入にも響いてくる。

このテナント店舗は大家さんの両親が2代目だった。
奥さんはもう10年以上前に亡くなった。
ご主人も3年ほど前に亡くなった。

つまりは、僕たちが支払っている毎月の家賃はどこに消えているのか?
よくわからないが、この店舗の名義はおじいちゃん名義のままらしい。
名義を変更するには、一族の全員の許可が要る。
うまく名義が変更されても、税金の督促がくるだけで、何もいいことがない。
だから、誰も手をつけないでいる・・・。

そんな店舗や家屋や土地が日本には九州に匹敵するくらいあるという。
家のローンだって、自分が所有することに意義があるわけで、所有権を放棄するなんて・・・。

考えられないことだが、今では当たり前になってきている。
どこかおかしいこの世界。
posted by ままちゃん at 16:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする