2017年11月21日

オイルヒーター

アマゾンに注文したデロンギのオイルヒーターが届いた。
早速、僕の部屋で使ってみる。

やっぱり、即暖も温かさの維持も最低だ。
エアコンの温風には程遠い。

昨夜はエアコンをつけていると、短時間で湿度が34%から19%まで下がった。
オイルヒーターでは湿度が下がらないが室温が上がらない・・・。

就寝中にもオイルヒーターをつけていたら、温かいのには驚いた。
しかし、電気代はどうだろうか?
昨夜は1200Wで夜中から明け方までで7時間・・・。

孫が来たらオイルヒーターをつけてあげようと思うが、手で触るとやはり熱い・・・。
昨夜は秋にしては真冬なみの寒さで、一旦はエアコンの室外機が凍ってしまった。
こんなときにはやっぱり灯油ファンヒーター出番か???

燃焼産物が出ない暖房器具で電気代の安いものやーい。
posted by ままちゃん at 09:28| Comment(0) | 喘息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月18日

正常な喉とは?

今朝も喉が赤い。
痰が少し出る。

鏡で見ると、喉の赤みは昨日の日中よりも赤い。
咽頭部も喉チンコの両脇もひどく赤い。

この炎症が喉のゼコゼコやら咳やら痰が出る原因であることは明らかだろう。
何故に僕の喉はこんなにも赤いのだろう?

今朝は既に赤いということは、就寝中に喉の炎症が進んでいる?
マスクをして鼻呼吸で寝ていても・・・?

昨夜はうつ伏せ寝を止めて、横向き寝だった。
枕をして右と左の横向き寝で朝まで・・・。
それで、後鼻漏が落ちたのかもしれない。

ならば、喉の心配よりも、鼻炎を心配するのが先か?
鼻も厄介だ・・・。

昨日からは部屋に灯油ファンヒーターをつけ始めた。
居間ではすでにつけていたのだが・・・。

僕の部屋はエアコン暖房で始まる。
エアコンは外気が下がりすぎると室外機が凍り付いて機能しなくなる。
それと、室内の湿度が下がる。

20%くらいまで下がる。
それが、ファンヒーターだと40%くらいまで上がる。
エアコンと加湿器でもいいが、加湿器は面倒だ。

ファンヒーターも灯油を入れるのが面倒だが、加湿器の水のように毎日ではない。
エアコンなら室内の空気を汚さない。

灯油が燃焼すると、水が出るから加湿になる。
それはいいとしても、燃焼産物を吸うことになる。

今朝から喉の酷い炎症が出ているのが気にかかる。
ファンヒーターのせいではないか?
燃焼産物の中には二酸化炭素も一酸化炭素もある。
窒素酸化物は最悪だ・・・。

喉を痛めない暖房は何がいいのだろうか?
毎年の冬になると堂々巡り・・・。

とにかく、この喉の炎症を防ぐ方法は???
ネットサーフィンでは、マスクがいいとか、湿度を上げろとか・・・。

湿度だって、低気圧がきて湿度が上がると喘息が悪化。
湿度が下がっても同じこと・・・。
どうも、腑に落ちない。

パラダイムシフトはないものか?
posted by ままちゃん at 08:09| Comment(0) | 喘息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月14日

鼻炎がひどい

今朝も鼻詰まり。
寒さの到来で、温度差アレルギーか?
後鼻漏で咳も出る。

息苦しさはあまり感じない。
炎症が気管支から気管へ・・・。
気管から喉へ・・・。
喉から鼻へ・・・。

そんな都合の良いことはないだろうな。
最近はチーズをよく食べる。
コストコで買った無添加チーズ。

乳製品のアレルギーだろうか?
べりチームという消化剤とご飯とお肉と卵で体重が63キロになった。
嬉しいが腰痛が出始めた。
それと、この鼻炎。

磁気治療といってもピップエレキバンを始めてからは喘息の調子が良い。
先週は新しいベッドマットが届いた。
それはいいのだが、マットの横には空気穴がある。
その穴から空気とともに細かな埃が出ていると思うとゾッとする。

クシャミをすることが多くなった。
これは単なる鼻炎ではなくアレルギー性鼻炎だろうな・・・。

MEC食に近い食生活ではビタミンCが不足する。
ビタミンCはサプリでもいいが、なにせ酸っぱい。
胃にくる・・・。

果物で補うが、バラ科の果物には要注意。
先のアレルギー検査でも、リンゴだけに「1」が出た。
他は全部が「0」だったのに・・・。

鼻炎から脱却したい・・・。
posted by ままちゃん at 08:13| Comment(0) | 喘息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月13日

喉の赤み

口を開けて喉を鏡で見る。
喉チンコから左右に下へいくところが赤い。
いつ見ても赤い。

子供の頃は風邪を引いて喉が痛いと、お医者さんがルゴール液を喉に塗ってくれた。
その瞬間はオェっとなって涙が出る。
でも、喉の腫れが引くのだろうか、痛みが和らいだ・・・。

今朝も喉がイガラッポイ。
咳も出る。
痰の出はいつからか非常に少なくなった。

この喉の赤みは何故だろうか?
その奥の咽頭部の後鼻漏が落ちてくるところも赤い。
血管が見えるくらいに粘膜の表面が荒れている。

喉をガーガーすると、この赤みが増すのだろうか?
鼻呼吸なら喉チンコの周りを空気が通ることはないはずだが・・・。

この赤みと腫れが引けば、僕の喉の炎症はなくなるような気がする。
ひいては、気管支の炎症もなくなる・・・?

喉は空気だけではなく、食べた物が通る。
熱い物、冷たい物、固い物、辛い物・・・。

日本人の僕は熱い麺類を平気で食べる。
夏は冷たい物をゴクゴク飲む。
あまり噛まないで飲み込むこともある。
辛い物が好き。

妻は熱い物は食べられない。
夏でもそんなに氷を食べない。
よく噛んで食べるし、噛み切れないものは吐き出す。
辛い物は苦手。
妻に喘息はない。

僕の食生活にも喉を労わることが欠けていた。
ガーガーと喉を鳴らすのもほどほどにしよう。
その度に喉の粘膜が充血する。

とにかく、この喉の炎症を止めることが喘息の改善から完治につながる。
炎症は喉だけではない。

鼻粘膜から咽頭粘膜、喉頭粘膜、気管粘膜、気管支粘膜、肺へとつながっている。
これらの粘膜を保護するような粘液が出ている。
この粘液が僕には少ないのだろうか?

粘液のかわりに唾液で保護しようと、最近は努めてガムを噛むようにしている。

この慢性的な喉の炎症。
声帯萎縮。

この二つが痰と咳と呼吸困難の原因。
声帯萎縮は僕が痩せ始めた頃からだから、太ることに集中しよう。

喉の炎症だけが解決困難な問題。
何故、喉の炎症が起きるのか・・・?

この原因がわかれば、僕の喘息治癒に向けて大きく進展するだろう。

空気も食べ物も通過する喉・・・。
絶食で喘息が劇的に改善する理由は喉を食べ物が通過しないことによる。
それに加えて、腹腔内が空っぽになって、横隔膜に余裕ができる。
呼吸が楽になるのは容易にわかる。

ただ、絶食だけでは生きていけない。

喉の炎症の原因は何か???
posted by ままちゃん at 07:41| Comment(0) | 喘息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月27日

誤嚥の原因は痩せにある

もう何年間も誤嚥に悩まされている。
上を向いているときでも、急に唾液を誤嚥する。

その原因を探っていた。
もう何年もと書いたが、気がついたのはここ2年か3年・・・。

丁度、僕が喘息を治そうとして始めたことが原因だったと、最近気がついた。
それは、朝食を抜くこと。
その結果、直ちに体重が減った。
腹腔内の脂肪が途端に無くなった。

体重も激減した。
お腹が凹んでしまった。
もともとそんなには太っていない。

少食で横隔膜が楽になる。
その結果、喘息が軽減する。
それはいいとしても・・・。

咽喉科の先生に「声帯が痩せている」と言われたのが先月。
そういえば、声がかすれていたので、診てもらったのだ。
声帯が痩せるとはどういうことか?

身体全体が痩せれば、声帯も痩せるだろう・・・。
声帯は気管の蓋だ。
痩せた声帯では蓋がきちんと閉じない。

声もおかしくなるが、それ以上に困ることがある。
そう、誤嚥だ。

ものを飲み込むときには気管が蓋で閉まる。
閉めても完全には閉まらないとしたら・・・。

そうだ、もっと太ろう。
痩せることは僕にとっては決していいことではない。
むしろ、悪い結果になる。

体重が72キロあった頃は、睡眠時無呼吸だった。
イビキも凄かった。
コレステロールが高くて、1年間は卵も肉もご法度だった。
おかげでコレステロールは少しは下がった。

でも、その後から身体に異変が起きだした。
喘息しかり、うつや過敏性腸症候群まで・・・。
体重も66キロにまで落ちた。
その後は朝食抜きで62キロになった。

痩せるということは肥満以上に良くないことだろう。
ご飯を食べてもいいし、お菓子でもなんでも食べては太る方法を模索しよう。

思えば、今の僕が励行している糖質制限は痩せるためのもの・・・。
炭水化物が太る原因ならば、グルテンだけは避けてもご飯は食べよう。

僕の考えでは、太ることは罪悪ではない。

posted by ままちゃん at 15:10| Comment(0) | 喘息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月24日

朝の不調

喘息になってからというもの、朝の不具合が一日の始まりとして滅入ることがある。
今朝もそうだ。

起きぬけに喉がスースーする。
便は出るが、痰も出る。

出勤の車中で痰が出る。
久しぶりのこと・・・。

咳をして気管支の奥で痰がからむ。
無理して出すことを試みない。
発作に繋がるから・・・。

昨夜の反省点。
夕食は天ぷら、脂っこい物は避けたかったが妻が作ってくれたもの・・・。
夕食後はダンベル。
その後はヨーグルトにプロテインを入れる。
お茶でエビオスを飲む。

寝相はうつ伏せ寝を止めて横向き寝。
耳の痛くならないという、もらった枕。
頭を高くしているので、後鼻漏が落ちたかも?
いつもマスクをしているので、アレルゲンを吸った可能性は低い。

上半身が高くなるようにベッドに傾斜をつけている。
お陰で、胸焼けはほとんどなくなった。

上半身を高くすることはいいのだが、
頭を高くすると後鼻漏の問題が生じる。

以前は水平なベッドで枕なしで頭を肩よりも落として寝ていた。
これで後鼻漏の問題が解決していた。
だが、逆食による痰に悩まされた。

胆汁の逆流の疑惑が持ち上がってからは、ますます頭部を下げることはできなくなった。
昨夜は冷え込んだせいもある。
布団の中と外気との温度差。

この温度差で鼻水が出る。
それが後鼻漏となって喉に落ちる。
頭を下げなければ鼻は詰まっても喉には落ちない。

消化剤のお陰で消化が良くなってからは息苦しさも改善していた。
寒くなると衣服を重ね着する。
埃も飛ぶ・・・。

喘息の原因が呼吸器だけの問題ならば、僕の憶測は当たらない。

絶好調からの転落だから、落胆の度合いは大きい。

ただ、一つは、胆汁の逆流の対応策はないものだろうか?
同じように胆嚢を切除して、僕と同じような症状に苦しむ人はいないのだろうか?

もう死ぬまで上を向いて眠れないのだろうな・・・。
posted by ままちゃん at 07:55| Comment(0) | 喘息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月20日

絶好調

毎日の雨降りで気分は塞ぐが、体調はすこぶるいい。
低気圧でも気が滅入ることもない。

喉のゼコゼコがない・・・。
息苦しくもない。
痰も咳もない。

何が効いているのかはわからないが・・・。
ここにきて急に好転した。

最近になって追加したものは消化剤。
胆汁が足りないので、べりチームをいう消化剤。
これを食後すぐに、食中に飲む。
お陰で、朝食にゆで卵とソーセージを食べられる。

出続ける胆汁が逆流していたのなら、この胆汁をなんとかしなければならない・・・。
今のところは方法が無い。

蛋白と脂質の消化に合わせて飲んでいるこの薬がいいのだろうか?
オナラが出ても全然臭くないのは蛋白の消化と吸収がうまくいっているからか・・・。
少々便秘ぎみだが、ウンチの形は申し分ない。

このまま、今までどおりのことを続けていくのがベター。
三日や四日で結論は出ない。
落胆はいつものことで、後でギャフンとならないように楽観はしない。
posted by ままちゃん at 07:56| Comment(0) | 喘息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月03日

転地療法

喘息には転地療法と言うのが昔からある。

僕のアレルギーがイネ科の植物とカバノキ属だとわかった。
僕の家は赤城おろしが吹きすさぶ場所にある。
赤城山はシラカバばかりでスギはない。

我が家の前は広大な田圃。
稲と麦の二期作地帯。

それに北側は国道で南側は高速道路。

一度は転地してみたい。
それこそ、布団も変わり、道路はなくて、稲も麦もなく、シラカバの花粉もないところ・・・。

今のところは、実現不可能だ。

しかし、喘息ですと診断される中年が増えているのに、医者は不思議に思わないのだろうか?
非アトピー性なんていわないで、ちゃんとアレルギー検査をすべきだろう。
その結果、除去すべき、いや、除去しなければならないものを患者に突きつけるべきだ。

「あなたは喘息です、一生治りませんから、ステロイド吸入を続けなさい。」
これで、患者はリピーターになって医者が儲かる仕組み。
患者ももっとしっかり説明を聞いて、出来ることは何でもするくらいの積極性があってもいい。

アレルゲンを避けることで、成人喘息のほとんどが完治するのではないだろうか?
何十年も吸い続けてきたハウスダストを今更止めてもすぐには・・・。
でも、1000里の道も1歩からというじゃないか・・・。

僕も含めて誰でも転地療法には現実性はない。

あんな目に見えないような小さいものに脅えるなんて・・・。
でも、ウイルスはもっと小さい・・・。
目に見えないからこそ恐ろしい。
目に見えないから誰も気がつかないでいる。

なんで俺が喘息?
何で?何で???

みんなそういうふうに思っているうちに悪化する。

あー、やっぱ、転地したいな・・・。
posted by ままちゃん at 15:55| Comment(0) | 喘息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月02日

ステロイド断薬17ヶ月とホクナリンテープ

吸入ステロイドのパルミコートを止めてから17ヶ月が過ぎた。
まだ完治にはほど遠い。

漢方のかわりに気管支拡張剤のホクナリンテープを貼りはじめた。
今日で二日目だ。
半分に切って貼る。

痰も咳もなくなったが、息苦しさだけは残っている。
狭くなった僕の気管支。
もう元には戻らないのだろうか?

気管支拡張剤もいいが、同時に胃の噴門まで開いてしまう。
それで、胸焼けやら逆食やらで苦しい。

気管支の平滑筋細胞の寿命は半年以上。
その間、気管支を広げ続けるわけにはいかない。

マグネシウムならいいかもしれないが、アマゾンで買ったマグネシウム剤は大きい・・・。
これを一日2回2錠づつ飲むという。
僕は喘息だからそれ以上飲まなければ・・・。

とても飲める大きさではない。
潰して粉にしてみたが、味はまあまあだ。
加工澱粉が入っているせいか、水に溶けにくく、とろみが出る。

やっぱ、漢方しかないのだろうか?
今は胃下垂と胃もたれに効くという安中散を飲んでいる。
それと麻黄湯を半々にしてみようかな。
posted by ままちゃん at 17:26| Comment(0) | 喘息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

花粉症と風邪と喘息と・・・

喘息の人は風邪を引かないようにと言われる。
風邪で喘息が悪化するから。

花粉症もアレルギー性鼻炎だから、これも喘息の悪化になる。

だが、僕の経験からは、どうだろう?

クシャミ・鼻水・涙の花粉症。
花粉症から喉が痛いとか咳が出るということはない。
花粉は鼻粘膜にくっ付いて反応する。
眼に入れば涙が出る。

風邪はウイルスが喉や肺に入る。
熱が出て身体全体が反応する。

喘息の原因は花粉でもなければウイルスでも細菌でもない。
僕の考えでは、喘息の素因は「埃」だ。

ステロイドを使っていては、感染に無防備だ。
風邪が悪化するはずで、そこから咽頭・喉頭の炎症が酷くなって、喘息の悪化。

だから、僕は花粉も風邪ウイルスも怖くない。
ただ、埃が怖い。
posted by ままちゃん at 15:27| Comment(0) | 喘息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする