2017年09月26日

また不調

今朝はまた車内で痰が出た。
それほど多くはないが透明なやつ。

午前中は喉がゼコゼコで咳が出る。
痰はほとんど出ない。

思えば、昨日の朝食はコンビニのオニギリとコーヒー。
昼はモットモットの唐揚げ弁当。
夜はポークソテーに野菜にご飯。

日曜日にはソーメンも食べた。
今朝は昨日の残りのオニギリと唐揚げ。

やっぱ、この小麦粉製品が原因だろうな。
お米は食べないと痩せていくから・・・。

食事療法のほとんどが痩せていく。
痩せることが病気回復の第一歩。
でももともと痩せていた僕がそれ以上に痩せる必要があるのだろうか?

モイヤーさんのブログでも彼は食事を変えてから10キロも痩せている。
痩せたことで喘息が治ったのだろうか?
太るためには炭水化物は必須。

お肉を今以上に沢山食べようかな。
脂質も食べよう。
せっかく喘息の症状が安定してきていたのに、ここへきて逆戻りだ。

昨晩はまだ少しは暑かった。
そでれ、窓を全開で食後はテレビを観ていた。
部屋の窓も開けっ放しで、外から花粉も埃も入り放題。

酷く痰がでないだけありがたいが、まー完治しない病気だね。
posted by ままちゃん at 10:03| Comment(0) | 喘息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月25日

寝床を変えた日

昨夜から寝床を移動した。
いつものベッドに敷いてある敷き布団をベッドから床に移動。
こんなことで何になる?と思うが・・・。

いくら掃除しても僕の喘息は変わらない。
僕たちのベッドは買ってから21年になる。

ベッドそのものは木製。
スプリングのついたマットが問題か?
マットは30センチはある厚いものだ。

これを干したりしたことは過去に一度だけ。
ひょっとして、このマットにダニが棲んでいて夜な夜な僕たちの布団に上がってくる???

それならばと、試しに、マットから移動して布団を床に置いてみただけだが・・・。
妻がいない2週間ほどをこの状態で寝てみよう。
少しでも僕の喘息が改善すれば、治癒に近づくだろうから・・・。

喘息の根本的な原因はいろいろ言われている。
減感作療法の先生は、全ての喘息にはダニが関わっているという。

確かに、一日の3分の1は布団の中・・・。
食べ物を変えても、運動をしても、何をしても改善しない喘息・・・。
8時間近くを毎日・毎日ダニや死骸を吸っていたらどうだろうか?
それで、喘息にならないほうがおかしい。

喘息の薬を止めてからはのべつ出ていた痰が出なくなった。
でも、息苦しく感じることは度々あるし、少しの痰でも恐怖だ。
気道の慢性炎症の原因がダニだとしたら・・・。

食べ物や生活パターンを変えたことで少しは改善しても治癒には繋がらない。
この2週間は期待することにしよう。
妻がいない間は寂しさのどん底でも明日への期待に夢をつなごう。
posted by ままちゃん at 08:00| Comment(0) | 喘息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月21日

水を飲むことの賛否

昨夜は就寝前に睡眠剤を半分でも眠れない。
ホクナリンテープのせいで逆食が怖いので、夜中に剥がした。
それでも眠れず、また半分飲む。
水を何回か飲んだ。

咳が出ると水を飲んで喉を潤すと咳が止まるらしいから・・・。
喘息の咳にも当てはまるかどうかは怪しい・・・。

睡眠中はかなりの量の汗をかくらしい。
その間は血糖値も低いまま。

夜のオシッコのときに少しの水を飲むのはどうだろうか?
水毒が心配だったが、五木寛之さんは夜中に起きた時に水を飲むらしい。

しゃべり疲れて口が乾くので弁士には水が置いてある。
昔の映画やドラマの寝床のシーンでは、枕元に水の瓶とコップが置いてある。
喉が渇いたときに台所までいくのが遠かったり寒かったりするからだろうか?

ある医者のブログにはムコダイン飲むくらいなら水を飲めと書いてあった。

山奥で暮らす貧乏な生活者達は余分な栄養がない。
最低限度の食べ物と水だけで、慢性病とは無縁だ。

僕はほうじ茶がいいと思って飲んでいたが、ただの水のほうがいいのかもしれない。
食べ物だって、糖質制限の基本はパレオダイエット。
先住民食は到って簡単な食材を煮たり焼いたりするだけのもの。

僕の生活から引き算していくと慢性病の原因が見えてくる。
究極は不食だが、それは真似できない。

またアマゾンでサプリを注文してしまった。
posted by ままちゃん at 08:28| Comment(0) | 喘息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月18日

カープ優勝の日に絶不調

今日は敬老の日で休み。
台風一過で35度まで気温が上がった。
昨日は20度くらいの雨で寒いくらいだったのに・・・。

昼過ぎから息苦しかったが、カープが優勝を決めた頃には、痰がではじめた。
息苦しいだけならまだしも、痰が出始めると怖くてたまらない。
以前ほど多く出ることはないが、痰が絡んで咳き込むと厄介だ。

ムコダイン1錠とホクナリンテープを張る。
最近は息苦しいこともあったし、狭くなった気管支は元には戻らないのかと落胆。
でも、痰が絡むことはなかったのに・・・。

今日の強風でアレルゲンが飛んできた可能性もある。
ポタリングもよしとけばよかった・・・。

ビタミンとサプリメントでちゃんと防御できていると過信していた。
身体の中はそれでいいが、外の環境が手落ちだった。

気管支は狭いままで身体はちっとも改善していないことが判明。
体質改善もまだまだだ・・・。

ただ、食事についてはまだ決定していない。
糖質制限かパレオか菜食か???

あと5日で妻はアメリカに出発。
その後は妹らと一緒にヨーロッパの巡礼旅行で17日間は留守だ。
その間に僕の喘息が悪化すれば、万事休すだ。

やっぱり、秋のこのシーズンは喘息にとって危ない季節だ。
油断禁物。

今朝食べたカステラと甘いお菓子が原因?
砂糖・小麦粉・ミルクが原料ならいけないな・・・。
朝食と昼食はご飯・野菜・卵・お肉でバランスはいいはずだが・・・。

昨日から飲みはじめたケルセチンが原因だとすれば、一体???
posted by ままちゃん at 17:44| Comment(0) | 喘息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月13日

不調の朝

今朝は休日で7時半起床。
妻の運転免許の更新で付きそうつもりが、起きたらもう妻は家を出る用意。
結局、妻は一人で行った。

休みの日は1時間あまりの寝坊。
昨夜は左横向き寝で寝入った。
明け方になってうつぶせ寝。

起きた時はなんだか喉に違和感。
少し息苦しい。
おそらく、気管支に痰が少しある。

ガーガーやっても出るほどの痰の量ではない。
昨夜の残りのお粥と目玉焼きを食べる。
右手の指がむくんでいる。

9月も半ばになると朝夕が涼しい。
今日も曇ったような晴れたようなパットしない天気。
喘息にはよくない気候。

朝食後に、オメガ3とビタミンC・Dとラックビーを飲む。
昼も同じで、夜はビタミンEとマグネシウムが加わる。
ビタミンB複合剤は時折・・・。

睡眠導入剤は4分の1か半錠。
これでよく眠れるのだが、身体の免疫力も粘膜運動も落としてしまう。
睡眠剤というものは身体の代謝を落として交感神経を麻痺させる。

昨夜は8時間は眠った。
いつもはラジオを聴きながらで6時間くらいだ。

いずれにせよ、今日の体調は良くない。
昨日の病院の食堂で食べた味噌ラーメンが尾を引いているのか?

ラーメンの小麦粉が原因?
小麦粉を使った麺類は避けていた。
ピザもパンも食べなくなって久しい。
やっぱり、ご飯だけでもいいな。

遅延型アレルギーは疑わしい食材を何週間も避けてみないとわからないらしい。
それと、涼しくなってくると、鼻炎の再発で後鼻漏が痰の原因になる。

昨日も今日も喉にちょっと痰があるだけで落ち込んでしまう。
この気の弱さは死ぬまで続くんだろうな・・・。
posted by ままちゃん at 08:46| Comment(0) | 喘息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月07日

ニガウリ(ゴーヤ)に気管支拡張作用

ネットサーフィンで見つけた情報。
4年前にアメリカのマサチューセッツ大の研究で、ゴーヤの気管支拡張効果を確認したという。

ニガウリの苦味がその成分らしい。
気管支平滑筋にカルシウムが流入して収縮させる。
ニガウリの苦味成分がカルシウムの流入を防ぐという。

苦味と言えば、高槻の松本先生も漢方煎じ薬が効くのはその苦味のせいだという持論。
なんだか、同じような結論だが、一方は漢方で他方はニガウリ。

生薬と野菜だ・・・。
どっちも化学薬品ではないところが嬉しい。

これからは冬でもニガウリを食べるようにしたい。

「気管支拡張作用と食べ物」で検索しても何もヒットしない。
ニガウリがヒットしたのは今日が初めてだった。
posted by ままちゃん at 20:42| Comment(0) | 喘息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

喘息と息苦しさとの関係

今日は午前中の仕事をこなしている時、10時頃に息苦しさを感じ始めた。
12時になってお弁当を食べ始めた。
食べ始めは息苦しくて、全部食べられるだろうかと心配だった。
だが、食べ終わったら、息苦しさはなくなっていた???

何年か前、喘息と診断される前、声を出すと咳が出て、空腹時にも咳が出たことがあった。
満腹すると咳が消える。
それは、今から思うと、咳喘息だったのだろう。

今では、薬を止めてからは、痰も咳もほとんど出ない。
でも、時折、息苦しいと感じることが頻繁にある。

気管支が狭くなっている上に、何かのアレルゲンを吸って、それ以上に狭くなる。
食事で呼吸が楽になるというのは???

喘息患者は食事で呼吸が難しくなるのはわかるが・・・。
食べ物の匂いや味が気管支を広げるのだろうか?
確かに、今日は昼食後に息が楽になったが、1時間後にはまた息苦しさが戻ってきた。

昨日までは、食後に喉がゼコゼコすることもあるので、胃下垂を疑った。
食後に改善する息苦しさとは一体???

それと、最近、声嗄れがする。
喘息でも声が嗄れることがあるのだろうか?
喉頭部の炎症で声が嗄れる。

喘息は気管支の慢性炎症。
鼻道から咽頭・喉頭までの炎症なら喘息とは言わない。

one way one dideseaseといって、一つの疾患として診る傾向にはあるが・・・。
喘息の息苦しさが気管支の狭窄だけでは説明がつかない。
何故ならば、この「息苦しさ」は突然起きて突然消える。

一日中の息苦しさはない。
発作に到らず、息が戻るのは何故?

今朝は下っ腹に力が入らずに、空腹のせいではないかと、オカキを食べた。
そのせいだろうか?
生姜紅茶に黒糖も入れて飲んだ。
カフェインのせい?

昼間はそれほどでもないが、夜になって就寝時に横になるのが怖い。
横になって息が苦しいのは、やっぱ喘息なのだろうな。

なら、食事とともにカフェインの効果が切れるというのは?
posted by ままちゃん at 15:08| Comment(0) | 喘息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月06日

梨の水毒

梨の季節だ。
友達に梨を送るので、梨農家で注文する。
宅急便で送ってくれる。
いつも、何個かをタダでくれる。

この季節はお客さんからも沢山の梨をいただく。
妻はあまり食べないので僕が食べることになる。

梨は咳にもいいらしいが、食べすぎると「水毒」になる。

今日は休日だが、朝から梨。
おそらく、これからは毎日食べることになる。

一日に3個は食べる。
梨は足が速いから、それくらい食べないと腐ってしまう。

水毒だとわかっていながら食べてしまう。
貧乏性。
そのせいか、今日は息苦しい。
posted by ままちゃん at 16:49| Comment(0) | 喘息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ホメオパシーと微量漢方

ホメオパシーというものを知った。
イギリスの医者が考え出した方法。

「同種療法」と訳すこともある。
普通は毒になる物質を極微量にまで薄めて病気を治す薬にするというもの。

微量漢方というものがあることは本で知った。
漢方薬を30倍に薄めると治癒に関する磁気が高まるというもの。
それをまた30倍に薄める、つまり900倍・・・。
その方が効き目が倍増する・・・。
磁気と効き目が比例するかどうかはまだ未知だが・・・。

ホメオパシーに使うレメデーという物質(薬)も毒を天文学的な倍率まで薄める。
こんなものが果たして効くのかと疑いたくなる。
しかし、英国の王室では今でも当たり前に処方するらしい。

僕もアマゾンで買ってみた。
直径1ミリほどの丸い砂糖玉だ。
甘いがほとんど味がない。

症状別のレメデーの詳細を記載した本もアマゾンで買った。
4000円近い高価な分厚い本。
聞いたこともない物質が症状別に書かれている。

飲尿療法では中尾先生が、「管で胃に尿を入れても効果はない。」という。
尿は口から飲んで始めて効果が出る。
最初は1滴でもいい。
喉のBスポット辺りに反応受容体があるらしい。

喘息を漢方だけで治す高槻の松本先生。
「漢方煎じ薬は苦いから効く」という持論。
これは口の中に苦味を察知するセンサーがあるからだろう。

漢方薬を水で流し込むよりも、極微量を口に含んでしばらく味わう方がいいかもしれない。
アレルギーの減感作舌下療法だって、極微量を舌下に垂らすだけだ・・・。

心臓発作の特効薬の「ニトロ」だって舌下ですぐに吸収するから即効性がある。
口の中で吸収するのなら、微量の麻黄を口に含むだけで、胃腸に影響はない。

「微量漢方を口に含むだけ」という簡素な方法なら続くかも・・・。

posted by ままちゃん at 16:41| Comment(0) | 喘息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月03日

朝食抜きがやっぱりいいのか?

今日は日曜日で朝からおにぎりを二つも食べてしまった。
案の定、胃もたれがひどく、昼になっても満腹感。

それでも無理して昼食を食べ始めたら、途中で食べられなくなった。
途端に喉がゼコゼコ。
トイレで大。
そしたら、急に苦しさが半減した。

3年前から喘息を治そうとして朝食を抜き始めた。
今では定着しているが、ここ最近は体重が60キロまで落ちた。
二の腕も細くなってしまった。

これではいけないと思うが、身体は軽いし胸焼けもない。
ただ、あと5キロくらいは体重を増やしたい。

見るからに頬がこけて二の腕まで細くなった・・・。
ご飯を食べ始めたし、お味噌・醤油・塩を務めて食べるようにしている。

今のところ、牛乳も乳製品も避けて、コーヒーも紅茶も避けている。
もっぱら、ほうじ茶を飲む。

お昼ご飯は職場にお弁当を持っていく。
おかずは昨夜の残り。
昼食が待ち遠しいくらいに美味しい。

肉も魚も食事の3割に満たない。
野菜が中心だ。
それも、妻の家庭菜園で採れる野菜が美味しくて安全。

僕は喘息だが、副腎疲労もありそうだ。
ならば、朝食は少量でも必要だろうか?
posted by ままちゃん at 19:27| Comment(0) | 喘息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする