2019年07月20日

うつ伏せ寝は本当にいいのか?

うつ伏せ寝をやめている。
逆食にはご法度の右下の横向き寝。
頭は高くしている。

そんな寝方をしているが、喉のゼコゼコが消えた・・・。
胃を圧迫することがいかに良くないかがわかった。

さすがに仰向け寝はできない。
逆食では胃と噴門の位置から、左下の横向き寝を推奨する記述がほとんど。

しかし、ネットの記載はそのほとんどがどこかの記述の受け売りだろう。
どこかで、右下の横向き寝が逆食にはいいとの記述もちらほら・・・。

長年の左下の横向き寝。
腰痛と逆食でそうなった。
もう10年以上になる。

食べ物だって、グルテンが悪いとは思わない。
野菜だって胃には良くない。
運動だけが推奨できる。

食後はお腹を反った体制で座る。
腰にきそうだが・・・。
前屈み姿勢は禁物だ。

とにかく、この6年間の試行錯誤の体質改善はもう一度原点に戻る。
と言うか、世間に蔓延っていないストイックな方法は一度疑ってみてもいい。

劇的に治る場合は別としても、僕の選んだ体質改善方法は奇抜すぎた。
パラダイムシフトは健康だった時を思い起こしてみることから始めよう。
posted by ままちゃん at 15:03| Comment(0) | 体質改善 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月15日

前屈みの姿勢で悪化する体調

今日は祝日で朝から飲まず食わずで庭仕事。
でも汗が出てきて水分を摂ることしばしば。

前屈みで草抜きや草刈。
食事は低FODMAPでも喉がゼコゼコする。

庭仕事は全てが前屈み姿勢。

僕の部屋に居間からソファーを移動させたて1ヶ月くらい。
ソファーに座ると椅子に座るのに比べて前屈みになる。

話は変わるが、永平寺の雲水さんの中には喘息などが治る人がいる。
雲水さんの一日は粗食と座禅の毎日だ。
座禅は背筋を伸ばした状態を長時間続ける。

僕は背筋を伸ばしてもすぐに元に戻る。
これが原因だろうか?

ストレートネックで猫背で前屈み姿勢でも、病気とは無縁の人がいる。
それは無視するとして、姿勢が僕の体調不良に関係するのなら、やっぱ姿勢は大事だ。
posted by ままちゃん at 21:39| Comment(0) | 体質改善 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月10日

便秘と喉のゼコゼコの関係

喉がゼコゼコするのが辛い。
この症状さえ消えれば、僕の喘息は完治だろう。

特に、食後のゼコゼコは消えたことがない。
このゼコゼコが食道からの逆流だとすると・・・。

僕の大便は一日1回で、起床後すぐにある。
でも、このゼコゼコが気になると、日中でもわざと大便をする。
以外にも、便は出る。
その後は喉のゼコゼコが改善する。

これは何を意味するのか?

大腸から便が出る。
小腸から内容物が大腸に移動する。
胃の内容物が小腸に移動する。

???

最近は滅多にないが、下痢をするとこの喉のゼコゼコが消えるように思う。
胃から食道に上がってくる不快感だとすれば、何が原因?
吐き気もなく、ただのゼコゼコだけ・・・。

便秘型のSIBOで逆流性食道炎があるらしい。
僕は便秘というほどではないが、最近の便の出の悪さは異常だ。

昨年の夏にはスボンがずり落ちるくらい痩せて下腹が凹んでいた。
そのころも喉のゼコゼコはあったような気がするが・・・。

便秘気味ではこの喉のゼコゼコが頻繁に起きる。
気張ると余計に下腹に腹圧がかかってゼコゼコが起きる。
それでも、気張って便を出すといいみたいだ。
posted by ままちゃん at 21:35| Comment(0) | 体質改善 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月09日

食事のパラダイムシフトと運動

糖質制限・MEC食・玄米菜食・・・。
色々な健康維持の食事はある。

糖質を抜くという最近流行のパラダイムシフト。
真島先生はその方法を否定する。

でも、そんなパラダイムシフト先生方に共通する疑問がある。
「食事をかえるだけで健康が取り戻せる」が共通。

もう一つの共通することが・・・。

つまり、運動については触れていない。
確かに、追加事項として運動もいいと書かれているが・・・。
食事よりも運動を前面に出す先生はいない。

医者が食事指導できないのも問題だが、薬より運動を薦める医者はいない。
それでは儲かる医療にはならないから・・・。

入る栄養よりも出る栄養が多いと太らないし健康にもいいはず。
痩せるかもしれないが・・・。

真島先生はオリーブオイルでもプラークの原因になるという。
105歳で亡くなられた日野原先生は毎朝オリーブオイルをスプーン1杯飲んでおられた。
お肉も好きだったという。
でも、一日1食では、代謝する栄養が上回るのでプラークどころか溜まることはなかったのだろう。

生活習慣病の主原因は摂取エネルギーが代謝エネルギーを上回ることにあるのではないだろうか?
ならば、食事よりも運動がもっと大事ではないのか?
posted by ままちゃん at 09:36| Comment(0) | 体質改善 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

痩せていた頃は健康だった?

僕は子供の頃から痩せていた。
太ったためしがない。
痩せていることに劣等感がつきまとっていた。

若いときも太れなかった。
33歳で胆嚢を切除した。
消化不良が定着した。

だが、45歳の時には体重が72キロになった。
生涯で一番の体重だった。

今から思うと、その直後に体調の変化を来たした。

夜中にオシッコに起きると踵が痛くて歩くのも容易じゃなかった。
この痛みは不思議と夜中だけだったから、気にも留めなかった。

突然後頭部を殴られたような痛みに襲われたことが2回ある。
その後はなくなったので忘れているし気にも留めない。

就寝中イビキが酷く、呼吸が止まっていると娘に言われたことがある。
一時はウエストが88センチにまでなった。
その直後に「胸焼け」「喘息」「うつ」に襲われ始めた。

真島先生によれば、全ての病気は動脈のプラークが原因だと言う。
痩せていた頃は、摂取エネルギーよりも代謝エネルギーが上回っていたのだろう。
それが反転しだした頃から身体の不調が始まったようにも思える。
僕自身は体重が増えて嬉しかったので、おかしいと気づきながらも何の対策も打たなかった。

子供の頃も、赤痢やら栄養失調やらになったが今流行の子供の生活習慣病なんてなかった。
太っていた弟が小児喘息だった。

太るということは代謝エネルギーより摂取エネルギーが上回ることだと思う。
必然的に体内に余分な栄養が蓄積する。
血管にも溜まるだろう。

見かけは健康優良に見えるが、突然死にまっしぐらかもしれない。
真島先生の本で考え方が180度変わってしまった。
MEC食なんて怖くなった。
posted by ままちゃん at 08:59| Comment(0) | 体質改善 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月06日

オメガ3は筋肉を溶かす

オメガ3で筋肉が溶けてしまうというショッキングな事実。
崎谷先生の「オメガ3の真実」という本に書いてある。

冠動脈の狭窄で肉食を見直してオメガ3をカプセルで摂るようになった。
その頃から膝に痛みが始まったような気がする。
階段をあがるときに両膝が痛む。

両膝の痛みなんて今まで経験したことがあまりない。
オメガ3で心臓病が軽減するというのも信憑性がないらしい。

肉食が過ぎたり炭水化物の食べ過ぎが動脈硬化に発展する。
オメガ3でそれが予防できたり改善したりすることはないようだ。

それより、この膝の痛みがオメガ3にあるのなら・・・。
今日からはオメガ3中止だ。

膝の痛みが無くなれば、オメガ3に原因があったことになる。
冠動脈の狭窄に対する対応策は頓挫した・・・。
posted by ままちゃん at 19:36| Comment(0) | 体質改善 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月05日

下腹の贅肉と脇腹の凹み

下腹の皮下脂肪がデップリ出てしまったと書いた。
でも、今日は食事を制限したせいか、脇腹の左右が凹んでいる。

昨年の秋にゴッソリ肉が落ちて脇腹が酷く凹んだ。
その頃は短鎖脂肪酸を盛んに摂っていた。
それで痩せてしまった。

でも、食事を少し制限するだけで脇腹が凹むとは?
小腸と大腸に食べた物があれば脇腹は凹まない。
食事制限で脇腹が凹むのは、腹腔内に余分な脂肪がないせいか?

皮下脂肪は腹腔内脂肪に比べて悪くはないと思うが・・・?
脂肪そのものは免疫には大事。
痩せているからといって長生きとは限らない。

運動と蛋白質で筋肉がついてくれば健康に近い。
食べ物や飲み物の食習慣よりも運動が健康を左右する。

冠動脈の狭窄で運動が怖くなった。
でも、SIBOからの脱却は少しはキツイ運動が必要だという。

下腹が出るのは運動が足りないし、食べ物が多すぎるからだろう。
改善の余地はある。
posted by ままちゃん at 16:51| Comment(0) | 体質改善 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

下腹の皮下脂肪

体重が68キロを越えて70キロ近くになった。
今日は軟便で68キロ。

下腹に肉が付いたのがハッキリわかる。
腹腔内脂肪もあるだろうけれど、手で摘めるくらいの皮下脂肪だ。
これが1キロ以上はあるように思う。

これを何とかせねば・・・。
ウエイトゲインというプロテインのせいだろうか?

プロテインは少なくして、ご飯のお代わりもやめよう。
肉を少なくした分はプロテインを増量したいところだが、皮下脂肪も良くない。

肉を少なく魚やオメガ3を主にし始めたら、何となく身体がダルイ。
両膝も痛い。階段をあがるときや立ち上がるときに痛む。
こんなことは初めてだ。

冠動脈の狭窄がなければ、ずっと肉食を続けていただろう。
それもゾッとするが、魚やオメガ3はどうも合わない。
肉の脂肪や炭水化物を減らすことでいいだろう。

お腹が出ていた頃は元気だったように思うが、突然に「うつ」みたいになった。
72キロあった体重が66キロまで急激に減った。
僕の理想の体重は66キロくらいだろうか?

下腹の脂肪が取れて筋肉がつけば66キロでも充分だろう。
posted by ままちゃん at 15:11| Comment(0) | 体質改善 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨夜の不調の原因は?

昨夜は11時就寝。
うつ伏せ寝やら左横向き寝。

オシッコに3回。
その度に何だか喉がゼコゼコ。

この不調の原因は何だ?

チョコレートが身体にいいので、85チョコを食べ始めた。
帰宅後もまだ陽があるので、庭いじりや散歩。
夕食後のオメガ3を忘れたので、1時間後に2カプセルを飲む。
食後に食べた辛いスナック菓子
誤嚥防止に食事に入れた唐辛子ペースト
9時前にはパイナップルを食べる。
夏だというのに涼しい風が部屋に入りだしても窓を閉めなかった。
就寝前の大便をしなかった。
シャワーを浴びる時に初めて垢すりタオルで身体をゴシゴシ擦った。

このどれが災いしたのだろうか?

今朝になっても身体がモヤモヤしている。
久しぶりの軟便だった。

一番の原因はオメガ3かもしれない。
モイヤーさんがオメガ3をやめた理由が胃炎だった。
オメガ3は、食後すぐに、食事とともに、摂るのがいいと考えるが・・・?

僕の冠動脈の狭窄にはオメガ3は必須。
アマニ油もいいが、せいぜい一日にスプーン1杯だ。
最近はお肉よりも魚を食べるから、オメガ3カプセルは減らそうか?

肉を減らした分、何だか身体がだるいような気がする。
食後すぐにプロテイン・卵油・BCAA・マグネシウム2錠・オメガ3をヨーグルトに混ぜて食べる。
コストコで買ったギリシャヨーグルトに混ぜている。
まさか、これが原因?

とにかく、突然の不調に気がめいっている。

posted by ままちゃん at 07:29| Comment(0) | 体質改善 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月28日

体重が70キロに迫る勢い

体重が69.5キロになった。
今朝は手首も指も太い。

浮腫んでいるのだろうか?
足の浮腫みはそれほどでもない。

薬指の指輪が抜けなくなるので今日は指輪を外している。
こんなことは僕の人生で初めてだ。

ベリチームという消化剤を始めて1年半が過ぎた。
夕食後のBCAAとプロテインが効いているのだろう。
特に、ウエイトゲインというプロテインのせいか?

最近は肉を止めているが、昨日は妻が焼いたバーベキューの豚肉を食べた。
同時にオメガ3を3カプセル。

ただ、体重が急に増えたせいか身体が重い。

この体重増を良しとするか悪しとするかは、自身では判断がつかない。
急激な体重増はあまり良くないと思う。

消化剤はともかくBCAAとプロテインは少なくしよう。
炭水化物も減らそう。
posted by ままちゃん at 08:30| Comment(0) | 体質改善 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする