2020年02月01日

痩せと喘息

妻のFBの写真を閲覧していて感じたこと・・・。
2006年の秋にうつ状態から体重が6キロ落ちた。
その減り方は急激だった。

それまでは身長177センチで体重が72キロあった。
2か月くらいで6キロ減った。

鏡で自分の顔を見ると恐ろしいくらいだった。
頬がこけるとはこのことだろう・・・。

夜中の呼吸困難は2005年の秋に始まっている。
その後は徐々に体重が減っていたのかもしれない。

丁度、その1年後に頬がこけた。
その頃は夜中の呼吸困難はあっても翌朝にはケロッとしていた。

急激に痩せたあたりから喉のゼコゼコが始まったのだろう。
痩せると全身の筋肉が落ちる。
声帯そのものを動かすのは筋肉だ。

僕の体重は66キロくらいがベターだったような気がする。
72キロあったころは、夜中にイビキが酷くて呼吸が止まっていたと娘に言わたこともある。

咽喉・喉頭部に脂肪がついて声帯を圧迫する。
急激な痩せでその脂肪はなくなり、筋肉さえも減った。
それで、声帯に隙間ができて誤嚥するようになり、喘息が酷くなった。
これはあくまで僕の推測だが・・・。

痩せたあたりから喘息などの呼吸器の疾患に見舞われることになる。
太ることが罪のように言われるが僕は太りたい。
太ればこの声帯がちゃんと閉まって誤嚥がなくなるだろうか?

糖質制限では太れない。
野菜はいらないし、肉は大事で、ご飯も食べよう。
冠動脈狭窄は中性脂肪が低いうちは詰まらないと思う。
しかし、太れば中性脂肪も上がる・・・。

痩せることで僕はいいことはないような気がする。
posted by ままちゃん at 16:51| Comment(0) | 体質改善 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月16日

「バランスのいい食事」とは?」

三食バランスのいい食事をしましょう。
これが常識らしい。
この常識は本当に正しいのか?

野生動物は簡単には病気にならない。
癌なんてありえない。

例えば、日本カモシカ。
夏には食べ物が豊富にある。
冬になると葉っぱが枯れてなくなる。
最初は木の皮を食べる。
それもなくなって木が雪に覆われると、その雪を掘って木に根まで食べる。

毎日葉っぱだけ。
毎日木の皮だけ。
毎日木の根だけ。
なんとバランスの悪い偏った食べ物・・・。

それでも病気にはならない。
イノシシは雑食だが、里に下りてきて美味しいものを見つけると毎晩同じものを食べに来る。
食べ物がなくなると昆虫だけを食べることもある。
それでも病気で死ぬことはない。

一日に30種類のものを食べようというが、それは本当に健康的だろうか?
アメリカにはもう30年近く牛肉だけで生きている夫婦がいる。
果物でけで8年間も生きている若者が日本にいる。

肉とチーズと卵だけで健康に生きている医者が沖縄にいる。
「バランスのいい食事」とは何だ???

歯も磨かなくてもスーパー糖質制限食では虫歯ができない。
犬だってペレットフードで歯石がびっしり付く。
肉だけ食べてれば歯石なんて付かないだろうに・・・。

僕はもう35年前に胆嚢を切除した。
だから胆石の心配はない。
けれど先日、腹部エコー検査で胆管に石らしきものがある。
来週はCT検査になった。
これがまた胆石なら、「バランスのいい食事」が呪文のように医者の口から出てくるだろう。

が「収入を捨てて真実を語れ」と言いたい。
posted by ままちゃん at 15:36| Comment(0) | 体質改善 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月19日

運転免許更新で眼鏡が必須になった。

運転免許の更新で免許センターへ行った。
平日だったので比較的空いていた。
半日で終わったが、視覚検査でひっかかった。

作ってあった眼鏡をかけてOKだった。
新しい免許には「眼鏡等」と書かれている。
「等」はコンタクトレンズでもいいということなのだろうか?

眼鏡なしで運転すると交通違反になるということだろう。
面倒くさいことになった。

それだけ僕の視力が落ちている。
歳はとりたくないものだ・・・。

次回の更新は3年後。
そんときは高齢者講習が義務。
なんとまあ、歳をとったものだ・・・。

視力の低下は年齢とともにしかたがないと思う。
動脈硬化やゴースト血管を治すといいのだろうか?

運動とAGEを作らない食生活。
これしかないだろう。
posted by ままちゃん at 07:46| Comment(1) | 体質改善 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月02日

喘息に薬は必要か?

僕が喘息のような呼吸困難を経験するようになって14年になる。
最初は夜中に突然に咳き込んで息が吸えなくなった。
そんなことが1年に1度や2度起き始めた。

ほどなくして、喘息だと診断された。
ステロイド吸入は2009年から始めた。
途中2年間ほどは吸入薬も忘れていた。

2013年の9月の発作からは2年半しっかり薬を欠かさず続けた。
その結果は何度も書いているが、散々たるものだった。
地獄に等しい日々だった。

完全に断薬してからは、むしろ状態がよくなった。
サプリを始めてからは完治とはいかないまでもいい状態が続いている。
時折、苦しくなって西洋医薬に頼ることもあるが応急的に使うだけ。

サプリにも色々あって、試行錯誤の途中だが・・・。
料金的には医者に通院するのと変わらないか出費が増えたかもしれない。

世間で喘息に苦しむ患者さんたちが薬をやめることは勇気がいることだろう。
僕もそうだった。
何故やめたのか?

それは、薬をちゃんとやっていても状態は変わらず、むしろ悪化していったから・・・。
断薬することは危険ではあるが、薬に頼って生きていくことがどれだけ危険かも考えたほうがいい。

サプリや運動で体質改善することがいかに大事かが実感できる。
最近は「パラダイムシフト」という言葉がごく少数の医者たちの間で会話されている。
この人たちは書籍も出版している。
今のところは、僕の愛読書だ。

この人たちに共通することがある。
それは、自身の体験に基づいて書かれていること。
昔からの常識や受け売りではない。
一歩間違えば、非難どころか医学会から抹殺される。
間違えていないにもかかわらず、医学会から無視されているのが現状だ。
賛同する医者が徐々に増えているのだが・・・。

糖尿病も薬なしで治してみせる医者がいる。
腰痛も頭痛も同じ。
痛む歯だって、削らず埋めず、何もしないで治す医者がいる。

確かに、僕の喘息は完治していない。
現状維持が続いているだけだ。
でも、ひょっして治るかもしれないという希望はある。

病人に希望は一番大事だ。
薬よりも・・・。
posted by ままちゃん at 10:15| Comment(0) | 体質改善 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月19日

石鹸とシャンプーをやめた日

この二つをやめて何日かになる。
頭はシャンプーを使わない。
頭皮の汚れの85%は湯で洗うだけで落ちるという。
ならば、シャンプーはいらない。

顔はシャワーのたびに石鹸でゴシゴシやっていた。
その日はツルツルだが、翌日から顔に粉が吹いてくる。
石鹸で洗わないと粉も吹かないしスベスベだ。

ただ、石鹸をつけないで洗うと顔がヌルヌルだ。
手の感触が気持ち悪いが・・・。
それでも、翌日にはスベスベ。

頭もシャンプーを使っても使わなくても同じだ。
フケが出る僕はどっちでも同じ。
ならば、シャンプーはやめよう。
お湯で髪の毛を洗って、最後に少しのシャンプーを掌に乗せて洗う。

そんなことをし始めた。
粉を吹いていた足の向う脛もスベスベになった。

ただ、頭皮のニキビのようなオデキは減らない。
クルミのせいだろうか?
posted by ままちゃん at 16:06| Comment(0) | 体質改善 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月25日

床に寝るとは?

最近は布団をベッドから下ろしてフローリングに布団を敷いて寝ている。
僕の体の不調の一因がベッドにあるのではと疑った。

ベッドマットの中にあるスプリング。
スプリングとは金属をクルクル曲げたものだ。
これが不調の原因だとは考えられないが、そんな物まで疑うようになってしまった。

人間の身体が電気信号と磁場で動いていることは確かだ。
身体から出る電流がスプリングをクルクル回ると磁場が生じる。
その磁場が身体の電気の流れを攪拌する。

そこで、マットからの開放だ。
平らな床に布団を敷くとマットのようには身体が沈まない。

センベイ布団に仰向けで枕なしで寝る喘息患者さんがいる。
快調らしい。
もっとも、この人はシブミコートを吸っている。

ここまで疑い始めるときりがないが・・・。
三日坊主では結果が出ない。
はて、何日続くやら?
posted by ままちゃん at 08:01| Comment(0) | 体質改善 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月08日

頭部と顔のフケ

何故か顔と頭のフケが酷い。
顔のフケは唇の両側の下。
頭は後頭部に集中。

手や足や身体の皮膚はむしろツルツル。
首から上の皮膚が変だ。

秋は喘息が悪化する季節。
胸焼けと鼻詰まりからくるのなら、秋は関係ない。

やっぱり、気管支の炎症だ。
炎症をなくすには???

糖質が炎症起因物質だと思う。
だから、糖質制限。

砂糖もご飯もパンや麺類も・・・。
ストイックな食事制限が続かないし危険でもある。

プチ糖質制限はどこまで効果があるのだろう?
頭部を上げて眠ることで、何かがあるのだろうか
posted by ままちゃん at 08:05| Comment(0) | 体質改善 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月27日

コーヒー断ち

砂糖や牛乳やグルテンを1ヶ月くらいは断ったことがある。
でも、喘息の改善の兆しもなかった。

ただ一つやっていない「断ち」がある。
コーヒー断ちだ。

つまり、カフェイン断ち。
胃にピロリ菌がいない僕にとって、カフェインで胃酸の分泌を促す必要はない。
むしろ、胃酸が出過ぎる。

昔の日本人はよくお茶を飲んだ。
お茶のカフェインで胃が刺激されれば胃酸が出る。
ピロリ菌がいた昔の人は胃酸が調節されて少なかったのではないだろうか?
それで、お茶で刺激していた?

ピロリ菌がいない分、余分な胃酸を使いきることも一法。
蛋白質を積極的に食べることは理にかなっている。

喘息が酷くなかった頃、僕はコーヒーで眠れなかった。
午後になってカフェインを摂ると,その夜は眠れない。

それが、喘息が酷くなってからは、昼でも夜でもコーヒーを飲んでも眠れるようになった。
これは、副交感神経が活発だったせいだろうか?
コーヒーは気管支を広げるというので飲みに飲んだ。
今でも、日に5杯は飲む。

交感神経が勝っている妻は未だに午後からのカフェインは禁忌。
カフェインを飲まないでも眠れない眠れないというくらいの人だから・・・。

ピロリ菌がいなくいなった僕たちにとって、カフェインは必要かな?
嗜好品としてはあるだろう。

生姜紅茶に凝った時期があった。
生姜と紅茶で胃がやられてしまった。

とにかく、カフェイン断ちをしてみよう。
コーヒーのかわりに牛乳か水にしよう。
posted by ままちゃん at 08:34| Comment(0) | 体質改善 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月09日

甘いものを食べなくなった日々

思春期になって甘い物を食べなくなった。
いま思えばそうである。

高校を卒業する頃からだろうか?
浪人中と学生時代にはあまり甘い物に興味があったような記憶がない。

一人暮らしを始めた頃も甘いお菓子やチョコレートがいつもあったような記憶はない。
インスタント食品はつねに食べていたが・・・。

胃もたれや胃下垂のような不愉快な気分もその頃からなくなった。
タバコを吸い始めたので、甘い物で口を満足させる必要がなくなった?

そういえば、タバコを止めてから体重が増え始めた。
甘い物への誘惑がまた始まったようにも思える。

フィリピンで暮らしたときも、コーヒーに砂糖をたっぷり入れる現地の風習に馴染めなかった。
どちからかというと、塩辛いものを欲した。
フィリピンではお菓子といえば、甘いものばかりだった。
塩センベイはないし・・・。

タバコは19歳ころから吸い始めた。
同時に甘い物の誘惑から抜け出した。

インスタント食品は身体に悪いことは承知だが・・・。
砂糖の入っていない食品を食べよう。
そういえば、僕はカレーにの砂糖や蜂蜜を入れていた。

崎谷先生の「砂糖で糖尿病を治す」とか、藤原さんの「黒糖で病気が治る」はしばらくそっと置いておこう。

「甘い物は身体に悪い」という文言を提唱しよう。
posted by ままちゃん at 17:25| Comment(0) | 体質改善 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月08日

甘いものは胃に悪い

砂糖のような甘いものを食べると胃の動きがピタッと止まるらしい。
「糖反射」と言うらしい。

砂糖でなくとも甘いものなら極少量で胃は動きを止めるのだそうな。
僕は子供の頃から痩せていた。
甘いものが大好きだった。

砂糖を頬張ると幸福感でいっぱいだった。
食べたものが喉にまで上がってきて胃もたれが日常だった。
遠足でお菓子をたらふく食べては喉まで上がってくることがいつもだった。

僕の父も甘党で砂糖を頬張ることもあったと姉から聞いた。
父も痩せていた。

この糖反射は極少量でも起きるらしい。
ならば、飴玉でも同じ?

のど飴をよく舐める僕の胃がいつももたれているのもそのせいだろうか?
胃が動きを止めると胃下垂になる。

これは、どうも今日からは甘いものを控えることになりそうだ。
コーヒーに砂糖やハチミツを入れないと胃にきそうだが、甘くないほうが胃には優しいと言うことか?

今週は砂糖も黒糖も蜂蜜も甘いパンやお菓子もやめてみよう。
塩辛いものでは逆に胃の動きが始まるらしい・・・。

甘いもので胃が動きを止めることは今初めて知った。
甘いものが糖尿病や心筋梗塞につながることよりも、胃下垂や胃もたれの原因だったとは!

これで、僕の胃もたれや胃下垂が治れば、念願の喘息も完治に向かうかもしれない。
この1週間の結果が待ち遠しい。
posted by ままちゃん at 19:55| Comment(0) | 体質改善 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする