2019年06月14日

誤嚥と逆食との関係

「なちゅらだま」の体験談の中にあった。
逆食で痰と咳とガラガラ声に悩まされている人がいる。

ゴーヤを食べる夏には逆食が軽減するという。
なるほど、「なちゅらだま」にはゴーヤの粉末も混ざっている。
早速、アマゾンでゴーヤ茶を注文。

昨夜は食べ過ぎたせいか、あまり眠れなかった。
今朝は鼻水と涙・・・。
職場に着いてインスタントコーヒーに砂糖とミルク。
トーストにマヨネーズ。

それを食べてコーヒーを飲んでいたら咽た。
誤嚥だ。

この誤嚥の原因が未だにわからない。
飲むのと同時に誤嚥する。

飲み込むときに胃から上がってくる?
喉の炎症で声帯がうまく閉じない。
いまだ声帯が痩せているのだろうか?

下腹の皮下脂肪が酷いのは炭水化物のせいだろう。
食べすぎも胃には良くない。

それと、飲みすぎはどうだろう?
昨夜は5回もオシッコに行った。

夕食後に豆乳を2杯も飲んだ。
夕食は汁蕎麦と味噌汁で水分は多量。

しかし、夜中のオシッコはなんで一度に出ないのだろう?
胃と小腸と大腸がある。
夜中にはもう胃内には水分はないはず・・・。

小腸内で水浸しになっている?
水分は大腸から吸収される。
なんで一度に吸収しない?

小腸内が水分で水浸しになっている?
高FODMAPのせいか?

ひょっとして、この水分が逆食の原因だろうか?
最近はPPI製剤を飲まなくても胸焼けは頻繁ではない。
胸焼けよりも就寝後の喉のゼコゼコに悩む。

ゴーヤは高FODMAPだから、小腸には良くない。
でも、逆食にはいい???

逆食の原因にSIBOがあるのだが・・・。
ゴーヤは胃では逆食を予防するが、小腸では逆効果だろうか?

さっぱりわからなくなってきた。

ただ、2014年の2月くらいから朝食を抜き始めた。
その後は胃が小さくなった気がする。
そのせいで、逆食が治らない?

とにかく、ゴーヤに期待することにしよう。
posted by ままちゃん at 08:25| Comment(0) | 逆流性食道炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月15日

食べ方を変える

パレット食道の方のブログに行き着いた。
そに中の記事にあった消化するのに要する時間。

野菜は1時間。
炭水化物は3時間。
タンパク質は5時間以上。

夕食にタンパク質は良くない。
プロテインは論外。
夕食に肉をたくさん食べてプロテインを摂るのはいけない。

昼食でタンパク質をしっかり摂る。
ただ、昼食は市販の弁当か外食になるから、純粋な肉ではない。
添加物バンバン・・・。

足りない分は昼食にプロテインで補う。
夕食は腹7分目で肉は避ける。

一日1食の昼食だけでもいいのかも?
だが、夕食抜きのようなストイックなことはやめよう。




posted by ままちゃん at 17:33| Comment(0) | 逆流性食道炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゲップとオナラは不快か?

昨日の昼食は幸楽苑の塩ラーメンだった。
満足できなくておかきやらポテトチップスを食べる。
夕食後の胃もたれは酷い。

今朝も酷い。
喉がヒリヒリで消化不良で気持ちが悪い。

ゲップもオナラも出ない。
ラーメンは高FODMAPだが・・・。

ゲップもオナラも不快だが、出ないのも苦しい。
確かに、ゲップが出ると爽快感がある。
オナラだって、出る瞬間は爽快だ。

よくわからない。
低FODMAPでもFODMAPがゼロではない。

若い頃、風邪をひくと必ず消化不良だった。
その時のような胃の不快感がある。

妻が帰省して帰ってきて酷い風邪をひいた。
潜伏期間を考えると、帰省先で感染したのだろう。
それが僕に感染したか?

この胃の嘔吐しそうな不快感は何が原因だろう?
posted by ままちゃん at 14:22| Comment(0) | 逆流性食道炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月08日

FODMAPとSIBOと喘息と・・・

昨夜は10時半には就寝。
夕食を終えたのが8時近かった。
つまり、食後3時間以内に就寝。

ラジオを聞きながらだったが、12時頃に目が覚めた。
喉がゼコゼコしてオナラが半端じゃない。
ゲップも出っぱなし。

夕食にピーマンとナスと人参の半生。
らっきょうも食べた。
食後5時間も経ってもゲップとオナラが止まらない。

胃の中にはもう何も残っていないはずだ。
このゲップは小腸から喉まで上がっていたもの。
オナラは小腸から大腸に送られたもの。

消化不良を起こすFODMAPで小腸内で異常に発生したガスが上から下から出ている。
ピーマンもナスも人参も低FODMAPだが消化不良では元も子もない。
ゲップは小腸から幽門をくぐり抜け、胃に入り噴門の隙間から食道へと上がって口から出る。

幽門から上がってくる時に胆汁も一緒に胃に入る。
そのせいか、胃の違和感と胸焼けでタピゾールを1錠飲んでその後に1錠追加する。

FODMAPに気をつけないといけないとは思いながらもついつい食べてしまう。
アリシンを含むネギ科の野菜。
パンなどの小麦製品。
牛乳もチーズも乳製品。
豆類はダメ。

ご飯とお肉と卵とジャガイモとバナナでいいのだが・・・。

今回は真剣にFODMAPに気をつけよう。
ダメなものが多いが、食べてもいいものも多い。

ナス・トマト・ブロッコリー・人参・ピーマン・ほうれん草・かぼちゃ・きゅうり・ジャガイモ・生姜・オクラ・レタス・たけのこ・大根・
もやし・チンゲン菜・白菜・カブ・キャベツ・パセリ・オリーブ
バナナ・いちご・ココナツ・ぶどう・メロン・キウイ・みかん・パイナップル
posted by ままちゃん at 18:06| Comment(0) | 逆流性食道炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月31日

逆流性食道炎と糖反射

逆流性食道炎に効くというので、「なちゅらだま」を飲んでいる。
小さな粒を6錠飲む。
噛んでも海苔の粉末を食べたようで気にはならない。

食前に飲むという。
食前3分前だとか10分前だとか・・・。

飲んでいてもそれほどの効き目は感じられない。
食前なので飲み忘れることが多い。

この「なちゅらだま」の原料はゴーヤにサツマイモの葉っぱなどの、沖縄の野菜だ。
野菜がなぜ逆流性食道炎の効果があるのだろうと疑問だった。

しかし、今日になって、わかった。
おそらく、なちゅらだまが胃の中で糖分にくっ付くのだろう。

糖質制限で逆流性食道炎が治るというのも理解できる。

糖分が胃の動きを止めるという事実を知った以上は、なちゅらだまに頼らなくてもいいと思った。
1ヶ月分で5000円はするので出費が大変だった。

食事とともに糖分、特に砂糖を摂らないことで、胃の動きを遮らない。
胃がちゃんと動いていれば、胃の消化も良くなる。
炭水化物の糖分もそうだけど、砂糖そのものは絶対にいけない。

食前食後に甘いソフトドリンクや砂糖入りのコーヒーは最悪だ。
料理にも砂糖は使わないことだ。
焼肉も、市販のタレはNG。

日本料理は結構な砂糖文化だ。

塩で胃が動くというのも面白い。
塩はやっぱり大事だ。

とにかく、食前も食後も食感も、砂糖を止めよう。
コーヒーにはミルクだ。
黒糖の新しいのを今日は買ったばかりだが、止めよう。

オメガ3と亜麻仁油を買ってすぐに、「オメガ3の真実」という本に出会った。
この二つは買ったままで冷蔵庫の肥やしになってしまいそうだ。
posted by ままちゃん at 22:10| Comment(0) | 逆流性食道炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月12日

耳鳴り・背痛・胃痛・クシャミ・ゼコゼコ・・・

最近、耳鳴りが酷い。
今日は立ちっぱなしで仕事。
背中の筋肉が凝る。

クシャミと鼻水。
胃が焼けるように痛い。
胸焼け一歩手前。

背中が痛いので背筋を伸ばすとお腹が凹む。
すると、お腹が痛くなる。
背中とお腹が痛いと、膵臓癌や膵炎を疑う。

明日は歯医者の日だが、終わってから内科へ行ってみようかな?
胃カメラを予約しよう。

胃か食道の疾患も疑う。

今日のニュースで野口五郎さんが食道癌で手術したらしい。
オリンピックメダル候補の選手が白血病だという。
アンパンマンの歌を歌っている歌手が脳出血で死んだらしい。
みんな、まだ若いのに・・・。

僕も胃カメラで胃癌か食道癌が発見さるかもしれない。
でも、この喉のゼコゼコの原因がわかればありがたい。
喘息以外の疾患が隠れているかもしれないから・・・。
posted by ままちゃん at 18:54| Comment(0) | 逆流性食道炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月19日

抗生物質と胸焼けと逆食

前歯の歯茎の腫れと痛みで抗生物質を3日間飲んだ。
てきめんに胸焼けと胃もたれがきた。

さすがに腫れはひいたが・・・。
抗生物質を飲むと胸焼けになることは誰もが経験すること。
しかし、抗生物質を処方する医者にはそんな懸念はない。
他人事だし、化膿してはもともこもないから。

昨夜は腹痛に悩まされた。
みぞおちの辺りが痛い。
この痛さは尿管結石ではないかと不安になったが、朝になって痛みはなくなった。

それより、咳と切れにくい痰が出る。
就寝中の逆食で喉が荒れて痰がからむ。

全ての病気は胃から来ると言っても過言ではないような気がする。
投薬も暴飲暴食も胃が最初にダメージを受ける。

胃に負担のかかる抗生物質は禁忌だ。
今朝は体温が35.8度しかない。
昨晩は久しぶりに湯船に湯を張って浸かった。

直後は体温が上がっていたはずが、翌朝には下がる?
それとも体温低下は抗生物質のせいかもしれない。

胃にやさしい食べ物や飲み物をネットサーフィンしても、これといった目新しい物はない。
ほとんどが炭水化物だ。
コーヒーは胃に良くないが、朝の1杯のコーヒーは欠かせない。
砂糖を入れようかミルクを入れようかと迷うくらいだ。

とにかく、抗生物質は最小限にしたい。

posted by ままちゃん at 08:48| Comment(0) | 逆流性食道炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月16日

脂っこいものと甘いもの

糖分と脂質は身体にいいものではない。
そんなことは百も承知だったが・・・。

昨夜は揚げ春雨と僕の誕生日のケーキをたくさん食べた。
その後のカッパえびせんと砂糖コーヒーも余分だった。
案の定、就寝後に苦くて酸っぱいものが喉に上がってきた。

すぐにタピゾールを飲む。
トイレで大。

今朝は久しぶりに咳と痰が出る。

前歯の歯茎の腫れで歯医者で診てもらった。
以前よりも腫れが酷い。
抗生物質を飲んでもこれですと嘘をついた。

今回はペニシリン系の抗生物質を処方。
そんなものは飲む気がしない。
今日から3日間は手持ちの抗生物質を飲んでみよう。

昼食後に飲んだ抗生物質のせいか、胃が荒れている。
喉を鏡で見ると真っ赤だ・・・。

妻と一緒にジョイフル本田。
ペッパーランチでハンバーグランチ。
なちゅらだまを飲んだのが食前5分前だったせいか、よくない。

この喉周りの赤い荒は胃酸の逆流によるものだろう。
三日間の抗生物質で胃が大丈夫か心配だ。

これからは脂っこいものと甘いものには気をつけよう。
posted by ままちゃん at 17:33| Comment(0) | 逆流性食道炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月18日

妻の帰省と僕の症状

今日から妻が長女と一緒に帰省する。
妻のいない10日間は僕にとっては長い。
でも、帰省の期間としては短いだろう。

一人で仕事するのは大変だ。

僕の病状もあまり芳しくない。
就寝時に痰が絡む。

昨夜も痰が絡んだ。
でも、薬に頼らずに、水を飲んで済んだ。

11時に就寝するもラジオを2時まで聴いた。
2時になって導入剤で眠る。

目が覚めたのは10時前だった。
夢を見たから熟睡は7時間くらいか・・・。

昨日はウンチが3回も出た。
オナラも半端じゃないくらい出る。

朝食に食パンとゆで卵とチキンラーメンを食べた。
そのせいか、胃もたれが酷い。
喉のゼコゼコは続く。

布団をあげて傾斜しているが、昨夜は枕をして寝た。
気管支拡張テープを24時間貼っていたからだろうか?
久しぶりに胸焼けが来た。

胃酸過多よりも噴門が開くことが災いする。
PPIを飲んで寝た。

今日からは妻がいないので、糖質制限食でいこう。
昼と夜は炭水化物を極力少なめに。

でも、昼は市販の弁当やレトルトのカレーになりそうだ。
面倒臭いから、そうなっても、なるべくお肉を食べよう。
posted by ままちゃん at 14:33| Comment(0) | 逆流性食道炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月13日

胃酸が多いか少ないか?

今日も朝から咳が出て痰が絡んだりする。
昼はホットモットのカツ丼。
食後に痰が絡んだり胃がもたれる。

3時頃になって胃が痛み出す。
痰も絡む。
タピゾールを半錠飲む。
しばらくすると、痰も咳もなくなった。

胃液が上がってきて、痰が絡むのだろうか?
胃酸過多か胃酸不足かで対処が大きく変わる。

僕はやっぱり胃酸が多い。
だから、PPIが効くのだろう。

太るために過食になっている。
半夏厚朴湯と荊芥連ぎょう湯で胃がやられたかもしれない。

六君子湯も飲んでいるがそう大量に漢方を飲むのもいかがなものだろう?
一緒に水も飲むわけで、水毒も懸念する。

食事とともに酸っぱいものを沢山食べて胃の痛みが出るのなら、胃酸過多だといわれる。
僕はどうもその気がある。

胃を治せば喘息も治るとは極論だが、そうありたと願う。
随分と回り道をしてきたようにも思う。
が、まだ道半ばだ。
posted by ままちゃん at 17:34| Comment(0) | 逆流性食道炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする