2019年03月22日

認知症?

連休で二日間の休暇。
朝になって仕事していて、ゾッとすることがあった。
今日は何日かがわからない。

なんとか、3月22日だとは気がついた。
でも、西暦何年か?平成何年かがわからない・・・。

カレンダーを見ても、2019年と書かれているだけで実感がない。
平成になると益々わからない。

平成31年で西暦2019年だとわかっても実感がない。
仕事を二日間休んで、こんな恐怖を味わう。

来年は2020年でオリンピックだと蘇ってくると安心する。
ただ、日頃はそんな西暦やら平成やらを感じて生活しているわけではない。

しかし、認知症は確実に僕の頭脳を襲っていることは間違いがない。
でも、今朝はそれでパニック寸前だった。

日頃から、西暦も平成も関係なく暮らしている。
今日が何日で何曜日なのかはなんとかわかるから、まだいいのだが・・・。

二日間の連休後の仕事で、こんな思いをするのは辛い。
たった二日の休みで西暦も平成も忘れている・
・・。
posted by ままちゃん at 15:43| Comment(0) | その他の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月19日

口内炎

今朝は職場でコーヒーに食パン。
バターを付けて食べた。
その後に唇に違和感が・・・。

唇の内側が白くなって熱い物がしみる。
唇の内側全体が白い。

こんな口内炎は初めてだ。
おりしも、堀ちえみさんが口内炎から舌癌になったというテレビで盛んに報じている・・・。

ビタミンC不足かもしれない。
ビタミン剤を飲もう。

最近始めたことといえば、レンコン粉を溶いて飲むくらいだ。
もう二日になる。

でも、なんで今朝突然なんだ?
posted by ままちゃん at 15:15| Comment(0) | その他の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月23日

鼠蹊部から外に伝わる振動

下腹部というより鼠蹊部から外に出ている陰茎か睾丸に振動を感じる。
もう何年も前から・・・。

脈の拍動の5回に1回くらいの周期で振動する。
陰茎も睾丸も鼠蹊部から出ている。

鼠蹊部の中か腹膜の中で下腹部につながっている。
そもあたりには腹部大動脈がある。

周期的に振動するものは動脈しかない。
僕の大動脈の異常はもう20年以上前に椎間板ヘルニアのレントゲン撮影で判明した。
異常といっても動脈の壁に白く映るものがあっただけだが・・・。
これは石灰化だと医者は言った。

何年か前にも整形外科のレントゲンで言われた。
僕の大動脈は石灰化で硬くなっている。
動脈硬化なのか?

動脈は弾力があって脈拍が伝わる。
お腹に手を当てる脈拍を感じる。

石灰化で硬くなった動脈から鼠蹊部を通じて脈拍を感じるのだろうか?
ならば、何故に脈拍5回に振動が1回なのだろう?

何かの病気の前兆なのかもしれない。
posted by ままちゃん at 14:52| Comment(0) | その他の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月17日

手の親指が痛い

右手の親指の第一関節が痛い。
この痛みはもう半年くらいになるだろうか?

腕を組んで戻す時に激痛が走る。
ペンで字を書くときにもキコキコ音がして痛む。

今日は整形外科でレントゲン。
いつもの医院ではなく、初めての整形外科医院。

指先の骨が外にずれて関節の隙間が無くなっている。
軟骨が減って骨と骨がくっ付いている。

テーピングで思い切り引っ張って治すしかないらしい。
湯船に浸かって暖かくして左手で真っ直ぐに引っ張ることを続けるといいというが・・・。

指は真っ直ぐなはずだが、僕の親指は20度くらい外側に曲がっている。
僕はシャワーだけで湯船に浸からないので、テーピングだけで治そう。

ただ、長い時間テーピングしていると、指先が痺れてくる。
無理に矯正すると神経が圧迫されるのだろうか?

最近は喘息が落ち着いている。
身体の他の部分に異常が出ると、喘息が落ち着く。

病気とはそんなものか・・・?
posted by ままちゃん at 15:19| Comment(0) | その他の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月24日

左足の薬指の痛み

昨夜は左足の薬指の痛みで起きた。
朝になっても痛みは続いていた。

昨夜は右向きうつ伏せ寝。
途中で左横向き寝で起きても痛かった。
右向きのうつ伏せ寝で朝まで。

就寝前に安定剤と導入剤。
くるぶしのない靴下を履いて寝る。

右向きのうつ伏せ寝では左足が真っ直ぐに伸びている。
足の甲が下になってどこかの神経を圧迫するのか?
ならば、痛みではなく麻痺するだろう。

触ると痛みよりも麻痺しているのがわかる。
痛みは薬指ではなくて中指で薬指は麻痺しているのだろうか?
どちらにせよ、朝も夜も寒いので靴下を取って触るのもできない。
寒さと暗闇では気が縮む。

今月に入ってからは3回目だ。
昨日はむしろ身体を動かしたほうだし・・・。
posted by ままちゃん at 08:20| Comment(0) | その他の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月05日

左足の薬指の痛み

今朝は痛みで歩けないほどだった。
昨夜は就寝時から今朝までうつ伏せ寝だった。

左向きのうつ伏せ寝から右向きになったり・・・。
朝、目がさめたときは左向きのうつ伏せ寝だった。
それでも、左足の薬指が痛い。

そういえば、夜中に痛くなって右下の半うつ伏せ寝になった。
逆食でしかたなく、右下の半うつ伏せ寝のまま朝まで・・・。

昨日も一日椅子に座っていたら、左足の薬指が痺れていた。
腰椎のヘルニアもあるし、左下で症状が出るのは、圧迫が原因だと考える。

これは、整形外科か神経内科か・・・?
自力で回復できるのなら、医者にも病院にも行きたくない。
また、苦痛を強いられる検査や薬・・・。

悪化しないうちにとは思うが・・・。

結核による脊椎カリエスという病気がある。
僕は14年前にツベルクリンで陽性になって、症状もないのに半年間は2種類の抗生物質を続けた。

ただ、脊椎カリエスだと、胸椎の骨というよりも椎間板が崩れる。
僕のは明らかに骨折だ。
椎間板のクッションの変形はないし、痛みも腰痛のヘルニアとは違う。

色々考えてしまうが、孤独な闘いだ。
これだけ医者が増えているのに、誰一人僕の寄り添ってくれる医者はいない。

今回は抗生物質に助けられたが、この痛みはどうだろう?
posted by ままちゃん at 09:17| Comment(0) | その他の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月29日

風邪のその後

昨夜は夕食後に4回の咳き込み。
出る痰は透明だったり黄色だったり。

少量だが、透明痰はドバッと出る。
咳き込んだときには顔が真っ赤になるくらい。
痰が出ると、頭がクラクラする・・・。

恐怖のうちに寝た。
左横向き寝左下半うつ伏せ寝。

ラジオを1時過ぎまで聴いて、2時になって眠剤で眠る。
朝まで3回のオシッコ。
でも、痰で咳き込むことは1回もなかった。

朝になって、便秘だ、フスコデが半錠だったが・・・。
ムコダインはしっかりと1錠を食後に3回飲んでいる。
ムコダインでも便秘するのだろうか?

今朝は頂いたチャーシューとバナナとゆで卵と砂糖と牛乳入りのコーヒー。
勿論、食前には「なちゅらだま」。
食事は蛋白質中心でご飯も食べる。
胃への負担を軽くするために脂質は最小限。
バターは止めた。

妻から移ったのは間違いないし、鼻水も出るから、風邪だろう。
妻も僕も発熱がないので、インフルエンザではない。
肺炎球菌の肺炎でもないだろう。

僕がこれほど痰で咳き込むことはあまりない。
喘息の発作につながると怖いので、風邪だけは気をつけている。

人混みには近寄らない。
だが、妻の気管支の奥で痰が絡むときのゲボゲボというのは毎年のことだ。

一年間に2度から3度はある。
春と秋に多い。
側で寝ているからよく聞える。

僕にとって、痰が絡むゲボゲボは恐怖以外の何物でもない。
妻はゲボゲボしても、ペッと痰を吐かない。
僕は喘息が怖いので、痰は必ず吐き出す。
何故に妻は痰を吐かないのだろうか?

それでも、毎年、知らぬうちに治っているから不思議。
だが、こんなことを毎年何回も繰る返しているうちに、慢性化することが怖い。
妻は仰向け寝だから、就寝中に唾液を誤嚥する。
夜中の妻の咳き込みは1ヶ月に数回ある。

今回の風邪で咳き込むと僕に悪いと感じたのか、妻は隣の寝室で寝た。
一昨夜からはまた僕の横で寝ているが・・・。

こんなことを繰り返しているうちに、いつかは息が吸えなくなって喘息に発展する。
早く、それに気がついてほしい。
でも、昨日はさすがに人に移すことを危惧して、一日庭いじりしていた妻。
風邪をひいても家出じっとしている人ではない。

僕は庭どころか、部屋から一歩も出なかった。
熱がないので、抗生物質は処方されなかった。
ムコダインとフスコデだけ。

妻は抗生物質を飲み始めた。
妻の処方は2種類の去痰剤と抗生物質やら5種類。
妻は嫌がって薬局へは行かなかった。
僕が以前に処方されて飲まなかった抗生物質をあげた。
posted by ままちゃん at 09:32| Comment(0) | その他の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月20日

今日から減塩生活

減塩はむしろ身体に悪いと思って、しっかりと塩分を多めに摂っていた。
今日は朝から手首が太くておかしい?

足首に靴下のゴムの痕が付く。
押してみると凹む。
浮腫みがきている。

腎臓でも悪くなったか?
努めて蛋白質を摂ってきたので腎臓に負担がかかった???

早速、いつもの内科へ。
昨年の暮れに下痢をして診てもらったときの血液検査の結果ある。
その時の腎臓は悪い値ではない。

ドクターが言うには、「塩分の摂りすぎでしょう。」
バッチリ思い当たる・・・。

体重が急に3キロも増えているのもおかしい。
夜中のオシッコの回数も減った。
水分を控えているからだろうか?

ドクターから食事について言われたことははじめてだった。
今日から減塩をしよう。
posted by ままちゃん at 14:41| Comment(0) | その他の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月25日

下痢

昨日は朝から軟便だったが、午前中に孫たちが帰ってからは下痢になった。
しばらくはバナナウンチで下痢なんて関係なかった。

その下痢は昨日だけでも6回は出た。
3回目からはもう水だけが出る。

腹痛もある。
下腹全体が痛い。
それに増して胃が焼けるように痛む。

孫からノロウイルス感染したかと危惧。
熱がないのでその可能性は低い。

朝はコーヒーと食パンにチーズと卵だった。
それっきりで就寝まで何も食べず。
クリスマスイブのミサは欠席だ・・・。

夜9時半には就寝。
直後に痰がからんで辛い。
フスコデとタピゾールを飲む。
アクエリアスがなかったので、スプライトを飲む。

1時頃にはなんとか痰の絡みはあるもののガーガーしないで落ち着いた。
喉に痰はへばりついているが、ゆっくり出てくれればいい。

朝までに4回のトイレ、全部が水みたいな「シャー」という便。
痛みは少し和らいできたが嘔吐しそうでムカムカする。
眠剤を3時頃飲んだが、7時前には目がさめた。

職場でポカリスエットをチンして飲む。
昨夜の痰のからみは下痢による水分不足からくるものだろう。

はて、今日も仕事だが、辛くても休めないから・・・。
posted by ままちゃん at 07:55| Comment(0) | その他の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月18日

胆嚢の必要性とベリチーム

昨日からベリチームという消化剤を飲んでいる。
不思議なくらいに調子がいい。
喉のゼコゼコが完全になくなった。

胆嚢がない僕が食後に胆汁が一気に出ない。
それで消化不良だったのかもしれない。

喘息の発作は咳が出て止まらない結果、息が吸えなくなる。
その時の咳はに苦い痰。
これは胃液だと思っていたが・・・。

どうも、その苦いものは胆汁ではないのだろうか?
胆汁が喉まで上がってくるとは信じがたいが・・・。

僕の愛犬はちょくちょく嘔吐する。
黄色い液体を吐く。
決まって空腹時。

犬は胃と食道が水平。
簡単に逆流することは明白。
黄色い液体は胆汁だろう。

何故に十二指腸から喉まで逆流するのか?
胃の幽門が開いて胃を通過して食道へ逆流する。
何らかの理由で胃に食物が入ったと勘違いすることで、胆汁が出る。
胆汁が出る頃には胃の幽門が開いて食物が十二指腸に流れる。
それが喉まで逆流する。

僕の場合はのべつ出ている胆汁が上がってくる。
気管支拡張剤で噴門も幽門も開く。
だから、胆汁が逆流するのは簡単だ。

発作のきっかけは胆汁の逆流。
喉のゼコゼコは蛋白質と脂質の消化不良のせい?
胃下垂も絡まって噴門やら幽門が開く。

まだ正確な原因はわからないが、胆嚢がないことをすっかり忘れていた。
リーキーガットだの副腎疲労だのアレルギーだのと遠回りしたのだろうか?

まだ、結論は出ない。
posted by ままちゃん at 19:09| Comment(0) | その他の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする