2017年10月18日

胆嚢の必要性

昨日からベリチームという消化剤を飲んでいる。
不思議なくらいに調子がいい。
喉のゼコゼコが完全になくなった。

胆嚢がない僕が食後に胆汁が一気に出ない。
それで消化不良だったのかもしれない。

喘息の発作は咳が出て止まらない結果、息が吸えなくなる。
その時の咳はに苦い痰。
これは胃液だと思っていたが・・・。

どうも、その苦いものは胆汁ではないのだろうか?
胆汁が喉まで上がってくるとは信じがたいが・・・。

僕の愛犬はちょくちょく嘔吐する。
黄色い液体を吐く。
決まって空腹時。

犬は胃と食道が水平。
簡単に逆流することは明白。
黄色い液体は胆汁だろう。

何故に十二指腸から喉まで逆流するのか?
胃の幽門が開いて胃を通過して食道へ逆流する。
何らかの理由で胃に食物が入ったと勘違いすることで、胆汁が出る。
胆汁が出る頃には胃の幽門が開いて食物が十二指腸に流れる。
それが喉まで逆流する。

僕の場合はのべつ出ている胆汁が上がってくる。
気管支拡張剤で噴門も幽門も開く。
だから、胆汁が逆流するのは簡単だ。

発作のきっかけは胆汁の逆流。
喉のゼコゼコは蛋白質と脂質の消化不良のせい?
胃下垂も絡まって噴門やら幽門が開く。

まだ正確な原因はわからないが、胆嚢がないことをすっかり忘れていた。
リーキーガットだの副腎疲労だのアレルギーだのと遠回りしたのだろうか?

まだ、結論は出ない。
posted by ままちゃん at 19:09| Comment(0) | その他の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月13日

声帯萎縮と誤嚥

先日、耳鼻咽喉科で喉を診てもらった時に、「声帯が痩せている」と言われた。
その時は、そうか声帯が痩せてしまったかと思うだけだった。

しかし、それは「声帯萎縮」という病気であることが今日になってわかった。
病気といっても、加齢とともに発現するらしいが・・・。

なぜ僕の声帯が痩せたのかはわからない。
声がかすれてきたので診てもらったのだが・・・。

喘息やら糖質制限やらで全身が痩せたことは事実。
そのせいで、喉の筋肉や脂肪が減った。
全身の脂肪が減ったことはわかる。

それと、何年か前から、喘息を意識し始めた頃から、誤嚥や咽せることが多くなった。
声帯が痩せて硬くなったら・・・。
声帯は気管への入り口だ。

その蓋が瞬時に開いたり閉まったりするのが遅れることで、誤嚥が生じる。
痩せることで息が楽になったが、弊害もあった。

以前は72キロあった体重が今では60キロ。
あまりにも減りすぎだ・・・。

声帯も筋肉で出来ているなら、たんぱく質と脂質を摂らなければいけない。
やっぱ、MEC食しかない。

野菜は必要だが、僕の胃には負担が大きい。
ご飯などの炭水化物はカロリーばかりで身体は作れない。

最近は椅子に座ってもお尻の骨が刺さるようで痛い。
炭水化物で糖分が脂肪になって太る。
だが、余分な糖分で太るよりも、脂質を摂る方が手っ取り早い。

糖分で中性脂肪が上がるよりも、良質な脂質で脂肪をつける方がいい。
お肉を食べよう。
脂身も一緒に。
posted by ままちゃん at 20:23| Comment(0) | その他の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月17日

膝の痛みとうつ伏せ寝

最近、膝が痛い。
普通はなでもないのだが、階段を下りる時が痛い。
とくに左の膝が・・・。

うつ伏せ寝を始めてからだ。
最初の頃は「シムス」のかたちで片方の膝を曲げて寝ていた。
でも、最近はうつ伏せ寝が普通になって、膝を曲げなくとも普通の眠れるようになった。

やっぱり、足を伸ばしてうつ伏せ寝は膝が下になる。
その分、足の重量が膝にかかる。
7時間以上のその格好は膝にいいわけがない。

今夜からは片方の足を曲げて寝よう。
posted by ままちゃん at 15:20| Comment(0) | その他の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月11日

噛み締め呑気症

僕の臭くないオナラ100連発。
奥歯が噛み合っていると空気を呑むらしい。

オナラ100連発は半年前頃から酷くなった気もする。
その頃から歯の治療を始めた。
それ以降は、歯を気にしながら食べている。

食べたり飲んだりする時に空気を飲み込んでるらしい。
無意識のうちに奥歯が噛み合って空気を飲んでいるのだそうな。
それが胃から腸に達する。
胃からもゲップで出る。

僕の場合は、うつぶせ寝で一日に7時間は奥歯を噛んでいる。
週就寝時に空気を飲み込んでいるのだろうか?

ただの、過敏性腸症候群ではなさそうだ。
僕はそんなに日々のストレスは感じていないし・・・。

うつぶせ寝がオナラの原因ならば、深刻だ。
もう上を向いて寝ることはない。
横向きでもいいが、僕にとってはうつぶせ寝がベスト。

どうする???
posted by ままちゃん at 22:18| Comment(0) | その他の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月14日

妻の咳

妻が咳をし始めてもう1ヶ月くらいか・・・。
気道の奥の方に湿った痰がからんで出にくいような咳。
抗生物質を飲んでも変わらない。

聴いていて怖いような咳と痰だ。
僕があのような咳と痰が出れば確実に喘息発作になる。

意を決して病院に行った。
飲んでいる薬は間違いなしで、処方は去痰剤とホクナリンテープ。
痰が切りにくいと訴えたからだろう。

やっぱり、病気は医者が治してくれるものではないと確信する。
だが、呼吸器疾患は苦しいので、どうしても医者に頼ることになる。

ブログを読み返してみると、昨年の4月に同じことを書いている。
その時は1ヶ月ほど前に妻は風邪をひいたと書かれている。
その後遺症だろうとも書いている。

毎年のことみたいだ。
以前は風邪など引いたことがなかった妻だが、歳には勝てない。

それとも、この妻の咳と痰、僕の喘息も職場や生活環境に関係があるのだろうか?
職場は動物関係で、商店街のど真ん中で道路に面している。
自宅も国道と高速道路の中間にある。
排気ガスからは逃れられない。
posted by ままちゃん at 07:39| Comment(0) | その他の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月10日

「モートン病」

聞きなれない名前の病気。
僕の足の薬指の痺れをネット検索。

「モートン病」がヒット。
足の薬指と中指の痺れや痛み。

僕は爪先立ちでスクワットする。
そん時に足先の神経のあたりを酷使するのだという。

幅の狭いスニーカーも原因か?
自転車のベダルもつま先で漕ぐ。

猫背を矯正するのになるべく踵を地に着けて歩くようにしている。
しかし、職場でPCを使う時は決まって椅子に座って足のつま先を折れまげている。
これでは、足先の神経部分が曲がったままで長時間・・・。

椅子の上下動が故障しているので、一番下で座る。
それで、足先を折れ曲げて座ることになる。
そろそろ、買い替え時か・・・?

モートン病なんて初耳だが、色んな病気があるもんだ。
血管系の病気でなくてよかったのだが・・・。
posted by ままちゃん at 09:53| Comment(0) | その他の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

足の指の感覚麻痺

もうちょっと前から、左足の薬指がおかしい。
座った状態から立ち上がって歩く時に左足の薬指が痛いような感覚がないような・・・。

手で揉んでみても感覚がない。
他の指もあまり感覚がない・・・。

子供の頃はいつもシモヤケだった。
足の小指は真っ赤になって痒くてしかたがなかった。

今回もシモヤケだろうか?
それにしては痒みがない。
痺れているような・・・。

昨夜は靴下をはいて寝た。
靴下をはいて寝るようになってからはシモヤケからは開放された。
でも、最近は靴下を履いて寝るのは気持ちが悪い。

一日中、靴下を履いていることになるので、足が蒸れてしまう。
足の先が冷たいのなら、末端まで血液が行き渡っていないということ?

確かに、この冬はほとんど自転車に乗っていない。
自転車に乗らないということは、ダンベル・スクワット以外は運動不足。
室内でも飛んだり跳ねたり運動は出来るが、埃が怖い・・・。

最近は、テレビを観ながらPCをいじる。本を読むにも座っている。
座ることは良くない。
posted by ままちゃん at 08:50| Comment(0) | その他の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月30日

難病

僕の友達で難病に苦しんでいる女性がいる。
もう30歳を超えたのかもしれない・・・。

以前は両親と一緒に僕のお店に来ていた。
呼吸器の発達が悪く、その頃から酸素を引いて来ていた。

寝るときも酸素マスクが外れないようにヘッドギアーをつけて寝ているとのことだった。
さぞかし、辛い寝姿だろう・・・。

その後、自力では呼吸が出来なくなって入院した。
気管切開で人工呼吸器に繋がれてベッドから離れることができなくなった。

それでも、リハビリを頑張って、ベッドの側に立ってはスクワット。
退院することを願ってのことだった・・・。
でも、いつになったら退院できるのか?

政府の決めた3ヶ月が過ぎて、一時帰宅することになって、両親も心配が増えた。
そんなことを繰り返しながら、また入院が長引く。

何度か、面会に行ったが、声が出ない本人の顔を見るのが辛かった。
筆談で「もう死にたい」と書いた。
いつもは綺麗な字だったのに、その日の字は揺れていた・・・。

それ以前は何度もメールをくれた。
2年くらいメールをやりとりしただろうか、プッツリ来なくなって久しい。

お母さんが胆管癌で急死した。
癌を患っていても死は突然だったらしい。

神は本当に存在するのだろうか?
こんなむごいことを・・・。

世の中には「難病」という試練と闘っている人がいる。
中には、漢方や糖質改善で改善や治癒する人もいる。

だが、遺伝的・先天的な難病は難しい。

僕は喘息と闘っている。
僕の喘息なんか、難病に比べたら屁みたいなもの。
その僕だって、「喘息に苦しむ僕の気持ちは誰にもわからない。」と断言できる。

治癒方法のない難病に苦しむ人にとって、この世は地獄だろう。
早く楽になって天国にいきたいだろうに・・・。
それさえ、ままならない。

面会に行って励ますべきか慰めるべきか、どちらも何の助けにもならない・・・。
posted by ままちゃん at 07:38| Comment(0) | その他の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月25日

胃下垂は病気ではない?

胃下垂に悩む人は多い。
僕もそのひとり。

でも、胃下垂は病気ではないという。
そういえば、胃下垂という病名はないらしい。

何故だろう?
つまり、医者が処方する薬では治らない病気だから・・・。

整体や鍼灸で治るともいうが・・・。

僕は子供の頃から、どうも胃下垂の症状があった。
小学校の遠足では、いつも食べたものが喉まで来ていて気持ちわるいったらありゃしない。
遠足で甘いお菓子ばかりを食べたせいもあるが・・・。
中学の頃には車酔いが混ざってゲーゲー吐いた経験がある。

とにかく、子供の頃から痩せていて、それはもう太れないというコンプレックスの塊だった。
ズボンのベルトをヘソの上あたりで締め付けるのが癖だった。
そのせいで、胃下垂が定着してしまったのか?

若い頃の身長は177センチ。
今は175センチしかない。

35歳の頃には一時期58キロまで落ちたこともある。
外国暮らしがきつかったのだろう。

帰国して日本に定住してからは、体重の最高が72キロだった。
10年前に「うつ」らしきことになって、66キロになった。
そん時は鏡を見ると頬がこけていた。

3年前に喘息の改善のために朝食抜きを始めて1ヶ月で腹腔内脂肪がごそっとなくなって62キロになった。
そのせいか、胃が下腹部まで落ち込んでしまったみたい・・・。
72キロあった頃にはお腹がポッコリ出ていたのだが、今では凹んでしまった。

痩せるために胃下垂になりたいと願う女性がいるという。

糖質制限で、また痩せてしまった。
高齢で痩せると、見ていて痛々しい。
そんなヨボヨボジジイにはなりたくない。

今日から当面は背筋を伸ばして下腹を凹ませて、胃下垂を矯正することに専念しようかな。
posted by ままちゃん at 17:39| Comment(0) | その他の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月20日

噛めば噛むほど花粉症

MEC食では1口に30回噛むのだそうな。
よく噛む事で胃での消化を助けるから、胃もたれにもいい。

だが、ここで、やっかいなことが・・・。
噛めば噛むほどにヒスタミンが出るらしい。
それが満腹中枢を刺激して肥満防止・・・。

僕は太りたいし、花粉症も喘息も嫌だ。
それなら、あまり噛まないで飲み込んでしまえばいいのだが・・・。
消化不良では元も子もない。

僕は痩せるためにMEC食を選んだわけではない。
食習慣を大きく変えて喘息を治そうとしているんだが・・・。

思えば、最初は年に1回くらいで夜中に呼吸困難があった。
その頃はイビキが凄くて睡眠時無呼吸だった。
血中コレステロール値も高かった。

肉を止めて魚だけにしたら、1年でコレステロール値が220くらいまで落ちた。
しかし、その頃から、「うつ」だの「過敏性症候群」だの「喘息」だのに襲われ始めた。

「野菜が大事」「バランスのとれた食事」・・・。
それがいけなかったということに気がついた。

このヒスタミンは僕にとって厄介な物質。
あまり噛まないで唾液を出すような咀嚼方法を模索しなけらばならなくなった。

でも、肉や卵やチーズはご飯なんかと違って唾液のアミラーゼやプチアリンは必要ないだろう。

抗ヒスタミン剤は喘息にあまり効かないというが、僕には良く効いた薬だった。
パルミコートやシングレアに行く前に、抗ヒスタミン剤を適当に飲んでいれば良かったか?

抗ヒスタミン剤は喘息の痰を切りにくくするので、第一選択薬ではない。
むしろ、禁忌薬。

知れば知るほどに解らなくなってくる・・・。
posted by ままちゃん at 17:35| Comment(0) | その他の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする