2019年10月15日

糖質制限と脂質

プチ糖質制限をしている。
ご飯もパンも少量を食べる。

糖質の摂取を制限すると、エネルギー不足になりかねない。
糖分の代わりにケトン体があるらしい。
ケトン体は脂質からできる中性脂肪から作られる。

バターやらココナツオイルやら・・・。
コンビニでバターコーヒーなるものを2回買って飲んだ。
添加物を見て驚いた。

なんと、コーヒーとは似ても似つかないもの。
乳飲料と書いてある。

糖質制限でエネルギーが足りないと脂質が必要だ。
しかし、普通に肉を食べればいいだけだろう。
あえて、脂肪を外して食べる必要もない。
霜降り肉はいけないが、普通の肉を食べればいいだけだろう。

バターやらココナツオイルも要らない。
脂質を食べると、コレシストキニンというホルモンが出て、噴門を開けるらしい。
どうりで、脂肪を食べると胸焼けがくる。

胸焼けの原因は炭水化物や砂糖だけではなかった。
脂質を削る分、炭水化物を少量食べよう。
クルミもあえて食べる必要もないだろう。
posted by ままちゃん at 15:50| Comment(0) | 糖質制限 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月10日

糖質制限再々開

昨日は休み。
朝はコンビニの唐揚げとコーヒー。
昼はジョイフルホンダで焼き鳥を2串。
夜はポークソテー。

さすがに、今朝のウンチはいつもの5分の1くらいか・・・?
手首を握ると簡単に親指と人差し指がくっつく。

こんなにも簡単に痩せる。
でも、昨夜はほとんどゲップが出なかった。
部屋の掃除をして埃を吸ったせいか、夕方は花粉症のような鼻水・・・。

このまま糖質制限を続けるにしても痩せたくはない。
炭水化物で胃に負担をかけるよりも、糖分を少しコーヒーにでも入れよう。

今朝はゆで卵にコーヒー。
インスタントコーヒーに牛乳と蜂蜜を少し。

そういえば、何日も前から牛乳を水代わりに飲んでいる。
動脈硬化には牛乳はダメだとは真島先生。

牛乳の乳糖も気をつけなければいけない。
糖質としては少量でも歯には禁忌。

スーパー糖質制限を昼食にするか夕食に実行するかは思案中だ。
昼はいいとしても、夕食にそれをやると、また妻が心配する。

2年ほど前に断念したことがあった。
コレステロール値が380を超えたとき。
悪玉も高かった。
その時に、それ見たことかと妻の顔。

しかし、その時の中性脂肪値は100を切っていた。
コレステロールよりも中性脂肪のほうが血管疾患の指標になると思う。
江部先生の考えも同じだ。

痩せない糖質制限はないものか?
posted by ままちゃん at 07:47| Comment(0) | 糖質制限 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月08日

胸焼けの原因は糖質か脂質か?

昨日の夜の久々の胸焼け。
糖質を控えて脂質を取りすぎた結果だった。

糖質を制限するとエネルギー不足になる。
その分、脂質からのケトン体で補助する。

脂質も摂らないではエネルギー不足になる。
僕の胸焼けの原因が脂質の過食にあるとわかった。

糖質制限をしながらも脂質制限も必要。
つまりはストイックな制限はできない。

蛋白質を主体に脂質も糖質も制限する。

喘息がこれで完治するとはもう思わない。
しかし、藁にも縋るということもある。

でも、脂質と糖質を制限すると痩せることは明白だ。
posted by ままちゃん at 10:03| Comment(0) | 糖質制限 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

脂質の摂り方

昨日の朝食はフライドチキンとコーヒー。
昼食もフライドチキン。
夕食もフライドチキンと牛肉とマーボ豆腐とご飯。

夕食後に大便するもあまり出ず。
就寝前に胸焼けが酷い。

夕食後はいつものプロテイン・消化剤・マグネシウムをヨーグルトに溶いて食べる。
食後の氷水。

PPIを飲んで寝るも、胸焼けが改善されず、起きてもう1錠飲む。

炭水化物を避けても胸焼けが起きる?
唐揚げの植物油が原因か?
夕方に食べたリンゴが原因か?
冷たい水が原因か?

胆嚢がないせいで脂質の消化がうまくでないことで胃に負担がかかった?
そのせいか、今朝のウンチは軟便だ。

昨夜は左下の横向き寝で朝まで。
胸焼けでうつ伏せ寝はできなかった。
喉がスースーして気管支の炎症が気になる。

今朝は痰が絡む。
暖かいコーヒーが飲みたいが、昨日のコーヒーもいけなかったような気がする・・・。

脂質を避けると皮膚のツヤツヤがなくなる。
肉を食べている最近でも、顔のフケはいったい何故だろう?
オデコはツルツルでテカテカしているのに?
何かの好転反応だろうか?

江部先生が未だに老眼でもなく歯も全部あるというので、僕も糖質制限を再開したのに・・・。
脂質の摂り方を再考すべきだろう。
posted by ままちゃん at 07:52| Comment(0) | 糖質制限 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月07日

唇の両サイドの下のフケ

唇の右と左の下に乾燥した皮膚がポロポロ付く。
指で擦ると簡単に落ちる。
フケのようなもの。

オデコや鼻の両脇にできることはあった。
でも、こんな左右対称の部分にできることは?

うつ伏せ寝で枕や布団に付くからか?
よくわからない。

今日からの糖質制限でそれがなくなれば、糖質の過剰が疑われるのだが?
それでも、改善しない場合は高たんぱく質食からくるものだろうか?

後頭部のオデキとフケは止まらない。
最近はシャンプーないしでお湯だけで洗う。

結果が出るまでは2週間はかかる。
待ってみよう。
posted by ままちゃん at 09:40| Comment(0) | 糖質制限 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

やっぱり糖質制限を始めよう

江部康二先生は僕と同じくらいの年齢。
20年以上の糖質制限で体長という。

歯は1本も抜けずに虫歯もない。
老眼もない。
筋肉はあるからテニスができる。

ここまで実証できている体質改善に何故に皆が反論するのか?

僕がかなりストイックな糖質制限をしたことがある。
コレステロール値が380まで上がった。
妻はそれ見たことかと不安がった。

しかし、中性脂肪が75だった???
肥満や腹腔内脂肪や動脈硬化の原因が中性脂肪だとは誰もが気づいていること・・・。

江部先生のブログにも糖質制限で一時的にコレステロール値が上がる。
でも、中性脂肪が低ければ安心していい。
徐々にコレステロールは下がってくるという。

僕の歯は修理なしでそのまま残っているものは8本もない。
抜いてしまった歯はもう戻らない。
しかし、これ以上の歯の悪化は避けられる。

以前に、糖質制限をやっていたときのこと。
「よく磨けていますね。歯間も奇麗です。」と言われた。
ほとんど歯磨きができていなかったのに???

職場に炊飯器を買ってみたが、これも使わないで家に持って帰ろう。
朝食と昼食は糖質制限しよう。
夜は妻に遠慮して少しだけご飯だ。
posted by ままちゃん at 08:50| Comment(0) | 糖質制限 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月28日

塩は必須、砂糖はいらない

今朝はグラノーラに牛乳。
昼はインスタントラーメンとゆで卵ににイワシの缶詰。

その後は胃もたれが酷い。
何故だ?

グラノーラには砂糖が入っている。
イワシの缶詰にも砂糖が・・・。

やっぱり、砂糖は怖い。
プチ糖質制限でも砂糖が入っていては元も子もない。

昨日は昆布茶を買って家で湯で溶いて飲んだ。
不思議と甘い・・・?
パッケージの裏を見て驚いた。
なんと、昆布茶には砂糖が入っている???

いかに僕達の食事に砂糖が蔓延しているかがわかる。
高速のサービスエリアで食べる蕎麦やうどんの汁が甘いのなんのって・・・。

昔はよく駅の立ち食い蕎麦が僕の定番だった。
決して甘い物ではなかった。

そういえば、よく行くジョイフルホンダの蕎麦が甘くて一度食べたらもう嫌になった。
その蕎麦屋が閉店していた。

世間は減塩にうかれている。
塩がなくなれば人間は生きていけない。
砂糖がなくても人間は健康だ。
posted by ままちゃん at 16:33| Comment(0) | 糖質制限 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月17日

糖質の誘惑

糖質は麻薬であると言い切る医者もいる。
糖質制限で健康を取り戻した人。

砂糖だけではなく、炭水化物も糖質。
ご飯・麺類・パンは人類の主食だ。

その主食を食べないで健康になるとは?
医者がどんどん増えても病気がなくなるどころか増えている。

その原因が、この「主食」にあるとすれば、納得がいく。

砂糖を断ってみて、「あくち」が治った。
炭水化物で逆流性食道炎が起きることは経験済みだ。

最近は魚を食べた後何時間が経ってもゲップが魚臭い。
魚が人類の蛋白源だとは思えない。

昨日は朝はパン、昼はご飯、夜はうどん。
で、夕食後に胸焼け。

コレステロールに問題がなければ、何年も糖質制限を続けるつもりだ。
MEC食でもいい。

肉を多量に食べなくてもプロテインで足りる。
しかし、この糖質制限は僕にとっては、鬼門だ。

これを何ヶ月も続けて初めて結果が出る。
僕は怖くなってせいぜい1ヶ月くらいでやめる。

肉料理に野菜を沢山入れて、ご飯は少しを食べよう。
それなら、妻の心配もなかろう。
posted by ままちゃん at 14:53| Comment(0) | 糖質制限 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月09日

糖質制限よりも糖制限?

糖質とは炭水化物などの糖分を含んだ食品。
炭水化物は糖分と食物繊維でできている。

茶碗1杯のご飯が角砂糖17個分に等しい。
その事実を知ったからにはご飯のお代わりどころかご飯抜きにまで発展する。
ご飯をお代わりしていて、「僕はコーヒーはブラックで砂糖は入れません。」は本末転倒。

だが、糖反射という東大がやった実験では、極少量の砂糖が胃の動きを止めるらしい。
炭水化物は糖分が食物繊維とくっ付いていて、胃を素通りしても小腸での吸収がどうなんだろう?

砂糖や糖をそのまま食べることはご飯のドカ食いより糖分量は少ない。
しかし、胃の動きを止めることは胃の不調の最大の原因だ。
僕のこの胃もたれだか胃下垂だか胃酸過多だか逆流性食道炎も「糖」による悪さだろうか?

ひいては、アレルギー性鼻炎までもが糖反射の影響かもしれない。
直接的に鼻粘膜に作用しなくても間接的な影響もあるだろう?

後頭部のオデキもニキビのような化膿はないが、糖分を毛穴にいる細菌が利用するのだろう?
唇の両側の下から顎にかけてガサガサして粉をふく。
これも糖分のデトックスか?

昨夜はうつ伏せ寝の後、左横向き寝で1時間後に喉に痰。
その後はうつ伏せ寝で頭を枕から落として寝る。
そのあたりから、鼻をかむと塊が出る。
鼻炎で鼻粘膜から気管支粘膜までの炎症か?

極端な糖質制限よりも砂糖・黒糖・蜂蜜・砂糖の入った食品を食べないことにしよう。
posted by ままちゃん at 08:48| Comment(0) | 糖質制限 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月28日

食物繊維は本当に必要か?

野菜は身体にいいという。
渡辺先生は野菜は食べなくてもいいという。

人間が過去に肉食だったかどうかはどうでもいいが・・・。

ここで、食物繊維について考えてみたい。

人の消化器官では食物繊維は消化でできない。
胃でも小腸でも邪魔者だ。

胃酸では消化できない。
十二指腸から出る消化液でも消化できない。
そのまま6メーターもある小腸を素通りする。
小腸壁を壊すだろう。

大腸に到達して初めてその効果を発揮する。
腸内細菌の餌になって免疫機能にも貢献する。

しかし、大腸はもともと糞便の溜まり場。
糞便は時間とともに腐敗する。
腸内の温度で簡単に腐敗する。
腸内細菌はそれを防ぐ目的で餌として食べる。
腐敗ではなく発酵させることで身体に無害にする。
有益だというのはごく最近の研究でわかった。

しかし、しかし、大腸の腸内細菌のための胃や小腸を傷つけることはあってはならない。

糖質制限という体質改善法がある。
炭水化物をなるべく食べない方法。
炭水化物とは糖質と食物繊維。
その両者共に身体には不必要というか必須ではない。

胃が待っている栄養素はタンパク質。
脂肪も胃では余計な物。

炭水化物がエネルギーとして必要だといわれる。
でも、エネルギー換算率は脂肪の方が糖質よりも遥かに上だ。

長い野菜を食べて、そのままウンチに出ることもしばしば・・・。
シメジもウンチにそのまま出たのを見たこともある。
トマトを食べれば、翌朝はトイレに浮いている。

胃は消化の一番最初の関門。
強烈な酸度はそのために待機している。
そこへ消化できないものが大量に入ってくるとどうなる?

腸内細菌、腸内細菌と最近はやかましいが・・・。
身体を作るタンパク質を抜いては必須栄養素は語れない。

僕がこんなことをぶり返すには理由がある。
心臓の専門病院で冠動脈の狭窄を指摘されてステント手術を勧められた。
手術の日を決めるところまで進んで、「おかしい?」と感じてキャンセル。

その手術は高額で、「高額医療費」の請求を役場でしてくれと言われた。
100万円は下らない手術。
でも、高額医療費制度で本人負担は8万円くらい。
残りは健康保険で支給だという。
つまり、本人負担が少ない、患者はすぐにOKする手術らしい。
狭窄であって詰まっているわけではない。
術後は血液をサラサラにする薬を半永久的に飲み続ける。
つまり、冠動脈にステントという異物を入れたままにする。
異物だから、その部分に血液の塊ができる。
それを溶かすのだ。
詰まっていないうちからステント手術で公費をバカバカ使うのは如何なものか?

桐山さんという糖質制限では有名な方が心筋梗塞で亡くなったので、糖質制限に否定的な意見が出始めている。
しかし、長年の糖尿病で血管がボロボロになった人が脂肪分を多食すれば当たり前の結果だったのでは?

彼が書いた書籍には50人が糖質制限で糖尿病から生還している。
インタビューできていない生還者を入れれば、1000人単位でいるだろう。

とにかく、食物繊維が本当に必要なものかどうか???
posted by ままちゃん at 15:00| Comment(0) | 糖質制限 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする