2017年11月02日

MEC食とマグネシウム欠乏

MEC食に近い糖質制限をしている。
昨日はこむら返りが酷かった。
今日も足の指がこむら返り・・・。

気管支を広げるマグネシウムをネットで検索。
「MEC食でマグネシウム欠乏」の文字が・・・。
早速、そのブログを覗く。

あらあら、肉類や卵やチーズにはマグネシウムが無い・・・。
目が点になった瞬間だった。

気管支の平滑筋を弛緩させて気道を広げる奇跡のミネラル。
それが、MEC食では完全に欠乏していたなんて・・・。

海草には多く含まれるから、ワカメや昆布を食べていたのはよかった。
でも、海草がどこ程度消化吸収できているかは疑問。
野菜やナッツや大豆にもあるが、果たしてどの程度が消化・吸収できるのか?

胆汁が少ない僕では尚更だろう。
グルコン酸マグネシウムが一番吸収がいいという。
アマゾンで買ったのがあるが、馬鹿でかい1錠で200mg。
これを2錠はとても無理。

iHerbで勝ったグリシン酸マグネシウムは粉で美味しい。
ちょっと酸っぱいが、茶さじ1杯で400mg。
このほうが遥かに飲みやすい。

また、ビタミンDでマグネシウムの吸収が良くなるらしい。
酸っぱい粉は胃に来るので避けたいが、まーしかたがない。
何日か続けてみよう。
posted by ままちゃん at 16:09| Comment(9) | 糖質制限 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月23日

胃の痛み

糖質制限を始めてから、一日に何度か胃が焼けるように痛むことがある。
食事後が多い。
胃潰瘍だろうか?

糖質制限で糖分が足りない分、脂質を補う。
だが、脂質は胃の噴門を開ける作用がある。
噴門も幽門も開くなら、胆汁の逆流もあるだろう。

牛乳にバターを入れる。
コーヒーにココナツオイルを入れる。
お肉も脂を気にしないで食べる。

ご飯や野菜が脂質を吸着していたのだろうか?
それとも、完全な糖質制限ではないことで起きることなのだろうか?

今朝は喉のゼコゼコがある。
気管だか食道だかがスースーする。
咳も出る。

この胃の痛みを解消するために、脂質を控えてみよう。
結果オーライならば、僕の指摘が当たったことになる。

先達のいない孤独な闘いだ・・・。
posted by ままちゃん at 07:59| Comment(0) | 糖質制限 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月10日

糖質制限と胸焼け

糖質制限をすると逆流性食道炎が改善されて胸焼けが解消する。
これは何故だろう?

僕はむしろ胸焼けが襲ってくる。
でも、それは厳密には「胸焼け」ではなくて、胃が焼けるように痛む。

ネットサーフィンで、糖質制限で胸焼けが酷いと言うブログを発見。
その方は、胸焼けと書いているが、酸っぱい物が上がってくることはないという。
これは胸焼けではなくて、僕と同じ胃の痛みだ。

そもそも、糖質を食べて胸焼けと逆食が酷くなるのは何故?
胃袋は入ってくる炭水化物を蛋白質をどのように察知するのだろう?

炭水化物は唾液で前消化されている。
蛋白質は胃酸で消化が始まる。

物理的に食べ物が胃に入ると、自動的に胃酸が出るのではないだろうか?
それが炭水化物でも蛋白質でも・・・。

炭水化物の場合は胃酸はいらないが、食べ物反射で胃酸がでるとしたら・・・。
要らない量の胃酸が溢れる。
逆に、蛋白質だけが入ってきたら、胃酸の量は足りない・・・。

糖質制限での胃の痛みはひょっとして胃酸が少ない、あるいは足りないのでは・・・?
そこへプロトンポンプ阻害剤を飲むと、ますます胃酸が出なくなる。
でも、飲むとこの胃の痛みが和らぐのは何故?

わからないことだだらけだが、僕には糖質制限を続ける理由がある。
呼吸ができない苦しみに比べたら、胸焼けだの胃の痛みだのは二の次だから。

posted by ままちゃん at 10:02| Comment(0) | 糖質制限 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

糖質制限再開

また糖質制限を始めた。
ここ何日かは朝晩が冷える。
睡眠中も長袖のジャージの上下。

それで、顔の皮膚が乾燥してポロポロ剥がれる。
昨年の今頃は糖質制限で肌はツルツルだった。

それに、頭皮のオデキが増えた。
フケも多い。
夏場はフケが出なかったのに、今年はフケが多い。

痩せすぎたので太ろうと思ってご飯やパンを食べ始めた。
それで、体調がいまひとつだ・・・。

完全な糖質制限は妻が心配するので、多少のご飯はいただく。

朝はゆで卵を二つにバターかココナツオイルの砂糖なしのコーヒー。
昼はホットモットか持参のお弁当。
いずれもご飯は少々。

夕食はお肉メインでご飯なしで野菜と果物。
昼間の間食もゆで卵に上記のコーヒー。

若くして大腸癌で亡くなった歌手がいる。
大の肉好きで肉ばっかり食べて野菜は食べなかったという。
僕の考えでは、肉と一緒にご飯をおかわりしていたと思う。
肉とご飯を交互に食べて野菜を食べなかったのだろう。
大腸癌の原因は肉ではなくて白米にあったと考える。

何故に肉がいいのだろう。
肉には脂溶性ビタミンが多い。
加工しなくてもそのまま焼いても煮ても食べられる。
パレオダイエットそのものだ。

勿論、米や小麦のかわりに野菜が必要。
でも、不消化の野菜を大量に摂るのは僕にとっては胃に負担がかかる。
腸内細菌に必要な繊維質はスムージーでもいいか・・・。

前回の血液検査で悪玉コレステロールが下がって、中性脂肪が上がってきた。
これはもう糖質の摂りすぎによるもの。
主治医はOKを出したが、ネットでの江部先生によると、違う意見だ。
悪玉コレステロールもこの食事を続けると低くなるし、中性脂肪が高いほうが心配だというが・・・。

プチでもなんでもいい、とにかく、糖質制限を始めることにしよう。
posted by ままちゃん at 08:40| Comment(0) | 糖質制限 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月20日

MEC食かどうか?

またまた昨年の僕のブログを読み返してみた。
糖質制限やMEC食をしていた9月から12月あたりまで・・・。

「息苦しい」という文言はたびたに書かれている。
でも、「痰」とか「咳」の文言はあまりない。
時折見つけるが、その前日にご飯やらラーメンやらを食べている。

これはいったい何を意味するのだろう?
完璧な糖質制限やMEC食で喘息の症状が緩和されるという意味?

狭くなってしまった僕の気管支を広げるのは難しい。
でも、気管支の炎症を阻止することはできそうだ。
その唯一の方法が糖質制限だとしたら・・・。

一つ考えられることがある。
糖質制限ではご飯を食べない。
そのぶん、ウンチが少ない。
つまり、腸と胃が横隔膜を圧迫しない。

食物繊維は腸内細菌には必須の栄養素。
でも、身体には栄養素ではない。
アレルギーがリーキーガットのせいだとする説。

アレルギー超悪化物質のロイコトリエンの材料になるアラキドン酸は肉類に豊富だ。
卵にも魚にも・・・。
炭水化物や野菜にはない・・・。

今は、糖質制限で痰と咳が軽減するという事実だけの注目したい。
昨年と違うのは、ビタミンDとオメガ3を摂取しはじめたこと。
オメガ3でコレステロールはそれほどは上がらないだろう。

昨年の12月の下旬には糖質制限を諦めている。
そのあとには、咳と痰に悩まされている。

これはもう、糖質制限以外に僕が選ぶ治療法はないだろう。

加えて、その時期はほとんど自転車に乗っていない。
寒くなるのと同時に窓を開けないからだろうか?
自転車も、窓も外気に触れることを意味する。
外気はあくまで外因であって、内因ではないし、トリガーにはなっても、素因ではない。
posted by ままちゃん at 16:16| Comment(0) | 糖質制限 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月18日

喘息と糖質制限

昨年の僕のブログを読み返してみる。
9月頃から糖質制限を初めている。

喘息外来でのコレステロール値の高値で糖質制限に緩みが出始めたのが12月。
その間、痰だ咳だという記述がないのに気がついた。
MEC食の頃は肌もツルツルだと書いている。

今年はどうか?
顔の肌がガサガサ。

最近はお米をたくさん食べている。
本当は低血糖にもゆるい糖質制限がいいのだが・・・。

食事の中でお肉などのタンパク質を10%くらいに抑えていた。
これを60%くらいにあげてみようかな・・・。

極力、糖質を避けよう。
僕の過去の履歴ではコレステロールをさげる食事を始めてからの不調がある。

コレステロールを下げはじめた頃から喘息も鬱も始まった。
posted by ままちゃん at 18:23| Comment(0) | 糖質制限 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月22日

臭いオナラの連発

ゆるい糖質制限を始めて半年くらいになる。
初めは野菜やらオリゴ糖を食べると臭いオナラが出始めた。
それで、MEC食を始めたら臭いオナラが止まった。
「野菜なんていらない」と感じていた。

ところが、最近、臭いオナラが連発しはじめた。
オナラの連発は以前からあったが・・・。

どうも便の出が悪いので、夕食か昼食にはご飯を一膳食べ始めた。
それと、コーヒーに入れていたココナツオイルをオリゴ糖に変えてみた。

オリゴ糖を近くのスーパーに買いに行った。
「フラクトオリゴ糖」を探しても見つからない。
何軒かスーパーを回って、間違えて「ラクトオリゴ糖」を買ってしまった。
昨日はそのオリゴ糖を入れて3杯くらい飲んだ。

昨夜、家にあった「フラクトオリゴ糖」を発見して、今朝は職場の持って来た。
賞味期限が3月で切れているが、そんなのは問題なし。
ネットで、フラクトオリゴ糖は糖分として吸収されずに善玉菌の餌になるという。

昨日は帰りにCOOPでキムチを買った。
キムチの普通のスーパーでは添加物バンバンのものしか置いていない。

COOPからちょっと足を伸ばせば、手作りのキムチが買えるが時間がなかった。
手作りのキムチは韓国人の人が作っている。

野菜を沢山食べるといっても、そんなには食べられない。
特に、夕食に野菜を食べると消化に良くない。
煮て食べるといいが、栄養が損なわれる。
そので、発酵した野菜が一番だ。

昨日は朝からゆで卵を2個食べた。
卵が腐ったようなオナラが出始めたのはそれが原因だろうか?
臭いオナラは蛋白質の食べすぎだとわれるが・・・。

臭いオナラと喘息の関係はどうなんだろう?
posted by ままちゃん at 07:49| Comment(0) | 糖質制限 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月11日

糖質制限と歯科医

最近は厳格な糖質制限はしていない。
むしろご飯を積極的に食べている。

昨日あたりから、便の出が悪い。
オナラが臭い。
胸焼けがくる。
昨晩は水分制限のためにご飯ではなくパンを食べた。

前にも書いたと思うが、炭水化物とは食物繊維と糖分でしかない。
食物繊維が腸内細菌の餌になることは充分理解しているつもりだが・・・。
昨夜は頂き物の「かき菜」を沢山食べた。

どうも、僕の胃袋は大量の食物繊維に耐えない。
食物繊維は僕たちの身体の消化管では消化されない。
そのまま胃から小腸から大腸へと送られて便となって出て行く。

喘息に糖質制限が有効かどうかは未知数。
だが、僕の場合は炭水化物や野菜で胃が動転する。
しかも、野菜を摂っても便秘ぎみだ・・・。

やっぱり、お肉と少量の野菜と卵とチーズが基本。
お肉を食べると、その消化に大量の水分が必要らしい。
長尾周格先生のブログにも書いてある。

水毒予防で水分を規制するのと肉食で水分が大事だとは・・・。

水毒も糖質制限も、僕の胃腸の具合と喘息の具合を見ながら改良の余地がありそうだ。
人の言う理論は、特に僕が魅かれるパラダイムシフトはここ10年くらいの歴史しかない。
あまり、全面的に採用するには危険だろう。

昨夜は胸焼けが酷くて、夜中に起きてタピゾールを飲む。
それで、今朝は胸焼けも痰もない。
朝までつ伏せ寝と横向き寝だった。
ただ、鼻が詰まっている。
糖質過剰は鼻炎にもよくないことは誰もが書いている。

改良の余地があるが、喘息の具合はそんなにも悪くない。

リーキーガットから来る潰瘍性大腸炎までも糖質制限で完治させた歯科医がいる。
長尾周格さんという歯科医。

僕と同じく新谷弘実さんの本で、肉食やらを一切止めた。
東條百合子さんの本で、玄米菜食を実践。
何年経っても治らない・・・。

そこで、糖質制限で完治した。
このことは何を意味するのだろうか?

長尾先生は歯科医でありながら、虫歯を無くすために、患者さんに糖質制限を勧める。
でも本気にしない人がほとんどだという。
皆が糖質制限すれば、歯医者は潰れるくらいのパラダイムシフトなんだけど・・・。

自分の歯科医院の収入を減らしてまでも正しい主張を言い続けるのには頭が下がる。
これは、ご自身が難病で苦しんだ経験をお持ちだからできる、患者の側に立った寄り添う医療の原点。
posted by ままちゃん at 10:03| Comment(0) | 糖質制限 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月05日

炭水化物と加齢臭

最近はご飯も食べるし、昨日は外食でラーメン。
更に便秘気味になったし、腸がゴロゴロで臭いオナラがまた出始めた。

ここにきて気になることがある。
糖質制限で不思議なくらいに止まっていた加齢臭がまた出始めた。
加齢臭の原因が糖質、ことに炭水化物にあると確認ができた。

加齢臭とは何だろう?
匂いの微粒子が身体、おそらく毛孔から出ているのだろう。

これは要らないものが体外に出ること・・・。
炭水化物の分解産物は身体に不要ということ・・・。

やっぱり、糖分と食物繊維は人間の身体にとって必須のものではなかったのか?
不要な産物が気道粘膜から出ることもあるだろうし・・・。

身体にとって不要なものが糞となって出て行くときに腸内に留まることは良くない。
そこで、悪臭を放つガスが発生する。

食物繊維が便秘解消に役立たないのなら、炭水化物は要らない。
ましてや、悪玉菌の餌になっている可能性も否定できない。

長所はというと、少しは便の量が増えたような気がするくらいだ。
その分、蛋白質のお肉を食べる量が減ったのが気にはなるが・・・。
posted by ままちゃん at 08:19| Comment(0) | 糖質制限 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月01日

糖質制限と喘息

最近また朝の痰が出始めた。
以前のような透明な痰。
量は少ないが喘息特有の透明な痰。

朝のコーヒーにも甜菜糖を入れ始めた。
昨日も昼食はホットモットのお弁当。
ご飯もしっかり食べた。

夕食はお肉だけではなく、卵かけご飯も食べた。
頂き物のシュウマイを2夜続けて食べた。
シュウマイの皮は小麦粉だ。つなぎにも糖質が使われているだろう。
加工食品は危ない理由がそこにある。

昼食だけではなく夕食にもご飯を食べている・・・。
半年近く続けた糖質制限。
痰は減ったものの、症状に変化が無く、また糖質を始めた。

ここにきて、やっぱり糖質は喘息の原因だと実感している。
ただ、僕は痩せたくはないので、本当のところは糖質を制限したくはないのが本音。

また、糖質を制限するかわりにお肉の量が増えてくる。
MEC食の卵とチーズはコレステロールの関係で少なくはしているが・・・。

本当のところは、少食で糖質制限がいいのだろう。
でも、小食では太れないし・・・。
posted by ままちゃん at 08:41| Comment(0) | 糖質制限 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする