2018年08月24日

痩せない食事法

喘息を治そうと思って取り組んでいる食事法。
朝食抜きやら糖質制限やら菜食やら・・・。

どれもこれも、ダイエット、つまりは痩せるための食事法だ。
僕は肥満体でもないし、痩せたくもない。

体重は62キロで止まっている。
10年前は72キロだった。
これでも肥満ではなかった・・・。

その後に「うつ」になって66キロまで落ちて、そのまま戻らない。
最近はお肉も控えているので62キロまで減った。

ネットや巷に蔓延る健康法や食事はほとんどが肥満の解消で痩せるためのもの。
僕には逆効果で歓迎できないものばかりだ。

なるほど、痩せれば、下腹が凹んで横隔膜に余裕ができて呼吸が多少は楽になる。
それでもって、喘息が治るわけではない。

YOU TUBEを観ていて、ウーンと唸らせるものがあった。
77歳の老人のボディービルダー。
食事はというと、動物性タンパクは一切摂らない。

玄米と納豆とワカメ卵スープだけ・・・。
その玄米もパックに入ったものでレンジでチン・・・。
奥さんを亡くしているので一人暮らしだからだろう。

納豆だけでも痩せないのなら、菜食でもいけるような気もしてきた。

posted by ままちゃん at 09:22| Comment(0) | 食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月22日

納豆

大豆が陰性食物であるとは若杉さんの本で知った。
崎谷先生は大豆のPUFAを懸念する。

しかし、納豆は発酵食品だからいいだろうと思う。
若杉さんは、市販されている納豆は工場で短時間で作るもので、発酵食品としては失格らしい。

今日は休みだが、朝から鼻水が出る。
昨夜は熱帯夜でエアコンと扇風機。
そのせいだろうか?

それとも、2晩連続で食べた納豆???
それ以外は思い当たることがない。

今日は鼻水と耳が詰まる。
喉がゼコゼコするが、息苦しさはない。
ガーガーやっていたら、息苦しくなってきた。

プチ糖質制限だった僕が今はプチ菜食になった。

お肉を減らした分、たんぱく質を補う意味での納豆だった・・・。
若杉さんのいうたんぱく質過剰だろうか?

96歳で亡くなった僕の祖母は根っからのベジタリアンだった。
歳をとっても眼鏡をかけているのを見たことがなかった。

肉だけでなく、魚も食べなかった。
体質的に受け付けなかったのだろう。
医者が嫌いで、薬も注射も断った。

玄米を食べていたかどうかは覚えていない。
ご飯をザルに入れて天井から吊るしてあった。
腐らないようにとネズミ避けだろう。
冷蔵庫もなかったから・・・。

僕のために行商に来るおばちゃんから鰻や魚やお肉も買ってくれた。
本当に少食だった。
クチャクチャよく噛んで食べていた。
一汁一菜だった。

納豆を食べてるのを見たこともない。
当時は、関西では納豆といえば、甘納豆だった。
僕が初めて納豆を見たのが22歳の時だった。
それまでは見たことも食べたもことなかった。

22歳で大学に入って、下宿の朝ご飯に納豆が出た。
オカズは納豆だけだった。
毎朝、毎朝、納豆だった。

翌日からはマヨネーズを買ってきて混ぜて食べた。
慣れると食べられた。

納豆を食べないでも老眼にもならずに96歳まで生きた祖母。
僕はどうする?
posted by ままちゃん at 09:29| Comment(0) | 食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月21日

大阿じゃ梨

星野さんと言う大阿じゃ梨がおられる。
千日回峰を成し遂げ、9日間の苦行にも耐えられた大僧。

この方は子供の頃から喘息に悩まされ、中学はほとんど出席していないらしい。
中学卒業とともに比叡山に入る。

少年にとっては日々が苦行だったろう。
3年目にして喘息が治った。
小児喘息だから生活スタイルがガラッとかわって治ったのかもしれない。
だが、死ぬほどの修行に耐えるほどの身体になっていった・・・。

その基本は粗食・少食・勤行・歩きだけ。
これだけのことがいかに難業であるか・・・。

喘息を治すために、色々な手段・方法・療法がある。
玄米菜食・断食・パレオ・MEC・糖質制限・・・。

試行してみて、肉食はあまり良くない。
やはり、菜食と粗食がいいみたいだ。
「いいみたい」というのは僕が続けたことがないから。

今回は真剣に考えてみよう。
永平寺の雲水さんだって、脚気になるほどの粗食で生き抜く。
座禅・座禅・座禅・・・。

「無」である。

あれだけの食事で何故に行きぬけるんだろう?
要するに、僕達は食べた食事を消化吸収するのに相当なエネルギーを使っている。

少食でも食べたものを全部効率よく消化吸収すれば要らない物はなくなる。
腸内細菌だって食物繊維を有効に使ってビタミンを合成する。

最初は脚気にやられてもそのうちに治るのだという。
一汁一菜で、麦飯に沢庵にごま塩と味噌汁だけの一日。
麦飯やたくあんにどれだけの栄養があるのか?
栄養学と言う学問では理解できない。

千日回峰行や9日間の苦行や8日間の護摩修行だって、常人なら気が狂うか死ぬかだろう。
医学なんて入る隙間もない・・・。

これと同じことはできないが、粗食や菜食はできそうだ。
ご飯は茶碗に半分、オカズは2品、味噌と醤油を使おう。
塩もゴマも大事。

肉はどうだ?
殺生を嫌う仏教では動物食はご法度。
我が家で肉食を止めたら、妻は心配する。
プチ肉食にしよう。

スクワットに冷水浴に座禅を加えよう。
posted by ままちゃん at 08:28| Comment(0) | 食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月20日

肉食とは?

肉を食べて蛋白質を摂って身体を作る。
これは僕達が生きていくうえで肝心要な必須要素。

だが、世の中にはベジタリアンもいれば、もっと厳格なベジーもいる。
お肉を完全に断ってしまう決断は難しい。

でも、治らない難病に苦しみ、あらゆる療法を経験し、結果的に行き着いたのが菜食なら・・・。
菜食主義者達はみんな多かれ少なかれ治らない病気の経験を持つだろう。

僕もその一人だ。

今年のお盆はいつもとは違った。
初めて居間に飾ったのは、既に逝ってしまった僕達の愛犬と愛猫たち。
お骨にしてあるが、未だにお墓はない・・・。
近い将来にお墓を作って入れてあげようとは考えているが、手元から離れるのが辛い・・・。

猫が6匹と犬が2匹。

もしも、その中にブタやウシや鶏がいたら・・・。

僕は肉を食べることを否定しない。

フィリピンで暮らしていた頃は、市場で生きた鶏を買ってきては潰して食べる。
ブタだって、みんなが集うパーティーでは1匹を丸焼きにする。
勿論、焼く前にはまだ生きているのを殺生する・・・。

鶏だって、自分達で絞める。
市場へ行けば、その日に絞めた鶏や豚や牛が冷蔵しないで吊るされている。
新鮮だから美味しい。

豚も鶏も牛も頭から足の先まで全部を食べる。
日本のスーパーで買うような上げ底のトレイに入った肉ではない。
鶏肉も日本では1パックに20本くらいの足だけが売られている。
20本といえば、10羽だ。
10羽を一度に食べることはありえないのに・・・。
残る身体の部分は他に売られたり、ペットフードや肥料は廃棄したり・・・。

今年飾ったお骨の中に、もしも、犬猫以外の遺灰があったら・・・。
肉食は最低限度にしよう。
できれば、食べない決断も・・・。
posted by ままちゃん at 07:50| Comment(0) | 食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月06日

雨水は蒸留水?

雨が降ると草木は伸びる。
この雨水は天から降ってくる水。
ならば、ミネラルも何も含まない蒸留水だ。

ルバング島の小野田さんも、グアム島の横井さんも、雨水を飲んでいたらしい。
水を汲むという行為が現地人に見つかる危険性が高い。

ねぐらで雨水を溜めて煮沸すれば飲める。
蒸留水と聞けば、工業的に作成した自然界にないものみたいだけれど・・・。

実際にはおカネを出して買わなくても雨水を溜めておけばいいだけだ。
ただ、雨水には大気汚染物質がわんさと入っている。

草木にとって命綱の雨水。
菜園にやる水は塩素の入った水道水。
野菜もアリガタ迷惑だろうな。

蒸留水を飲み水として摂ることの不自然さ。
しかし、この方がより自然に近い・・・。
いかに僕達の生活スタイルが不自然なものかがわかる。
posted by ままちゃん at 17:09| Comment(0) | 食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月03日

伝統食

今朝は咳はないものの痰が喉にからむ。
ガーガーやっていると息が吸えなくなるので、諦める。

胸焼けでマグネシウムを止めたらてきめんだ・・・。
短鎖脂肪酸が大腸内で作られて、T制御細胞が身体中に蔓延る。
それが気管支粘膜にも到達する。

それほど簡単にはうまくいかないだろうけれど・・・。
ただ、腸内細菌は思ったより早く入れ替わるらしい。

肉食から野菜中心の食事に代えたら体重が4キロも落ちた。
これは予期せぬことだったが、腸内細菌を入れ替えるには避けられないことだろう。

ダイエットにはもってこいの食事だが、僕にとっては嫌な結果。

腸内細菌が身体の免疫を決定することは以前から言われていた。
でも、野菜がいいとか、ヨーグルトがいいとか、断食がいいとか・・・。

もう、ストイックな食事制限よりも、昔からの食事が一番身体にいいし、腸内細菌も喜ぶ。
日本食でもいいし、フィリピンの伝統食でもいい。

フィリピンの伝統食を食べていて感じることがある。
乳製品がいらないし、小麦製品もいらない。

昔、フィリピンに住んでいた頃に思ったことがある。
熱帯だから、乳も卵も腐りやすい。
麦は採れない。

今から思うと、カゼインフリーで、かつグルテンフリーだった・・・。
高度経済成長時代に日本で育った僕にとって牛乳と卵は必須の食べ物だった。
その二つが手に入らない国は僕にとって住める場所ではなかった。

しかし、フィリピンの人達はその二つの食べ物を長年食べないで生きてきた。
確かに、その当時でもフィリピンでは心臓発作で死ぬ人が多かった。
今では、その当時の5倍以上は死因に一つである。
これは肉食にあるのではなくて、ご飯(白米)の食べすぎにあると僕は感じている。
とにかく、ご飯をよく食べる国民だ。
お米だって以前は熱帯では収穫量がとても低かった。
貴重な食べ物だったはず・・・。

我が家の今の食事はフィリピンの伝統食だ。
その野菜のほとんどを我が家の家庭菜園で賄う。
新鮮で無農薬はこの上ない贅沢。

夏は野菜の生長が早い。
ニガウリとササゲマメが主体だ。
他にも、トマト・パプリカ・空心菜・ハヤト瓜・ヘチマ・ブラックベリーがもある。

お肉は豚肉が主体で、全ての惣菜に入れる。
フィリピン料理は魚でもチキンでも揚げ物が多い。
この揚げ物がくせもので、伝統食にはなかったと思われる。
ココナツ油で揚げるにはいいが、妻は植物油で揚げる・・・。

とにかく、伝統食でお腹の調子が良くなることは確かだ。
posted by ままちゃん at 15:02| Comment(0) | 食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月02日

卵と牛乳

高度経済成長時代の労働者の健康を支えたものに、卵と牛乳がある。
卵は未だに価格の優等生と言われるくらいの安さ。

子供の頃には各家庭の玄関には牛乳箱が置いてあった。
牛乳配達が早朝に牛乳瓶に一杯入った牛乳を置いていく。
空瓶を同時に回収する。

1瓶が200CCくらいだったか・・・。
お父さんは駅の弘済会(キオスク)で1瓶を飲み干す。

子供の頃、卵は近くの養鶏場へ買いに行く。
和歌山住んでいた小学生の頃、卵を買いに手に持った10円玉を草むらに落として困ったことがある。
それが見つかったかどうかは覚えていない。
おばさんが見つけてくれたか、なくても卵をくれたかも覚えていない。
あの当時はプラスティックの容器はまだなかったから、竹籠だったんだろう。

この卵と牛乳が小児のアレルギーの原因だと主張する人もいるが・・・。

卵も牛乳も動物から横取りしたものだから、人間本来の食べ物ではないとする意見もある。

僕が好んでアマゾンで買う書籍は健康や病気に関するものがほとんどで、卵や牛乳にかんするものも多数ある。

卵を食べれば元気になるとい積極的な本もある。
でも、牛乳を飲めば元気になるという本はない。
牛乳を飲むと病気になるという本まである。

「これを食べれば元気になる」として買って食べて病気になったら、訴えられる時代。
「これを食べなければ元気になる」では、食べないで他の物を食べるから、病気になっても因果関係が曖昧だ。

あるテレビ番組で「水分を多く摂れば脳疾患にならないで血液がサラサラになる。」というのがあった。
この話を真に受けて実行して脳卒中になって、その番組の司会者が訴えられて未だに続いているらしい。

そこへいくと、渡辺先生の「肉と卵とチーズだけでいい。」「野菜中心やめなさい。」は勇気のある本。

腸内細菌がとても大事で、玄米菜食やマクロバイオティっクや発酵食品も盛んだ。
だがしかし、醗酵は腐敗と同じことだから、腐ったものを野生の動物が食べることはないだろう・・・。
野菜だって一度に何種類も食べることはあり得ない。

野生動物の食生活は到って単純。
栄養のバランスからいうと落第点だ。

僕はつとめて加工食品は食べない。
本当は食べ物は全て生のまま食べるのがいいと思う。

その生のまま食べられるものが卵と牛乳だ。

草食動物の盲腸や反芻動物の第一胃は草食でしか生きられない動物に備わった消化器官。
人間にはそれがない・・・。

青汁だけで生きている森さんと言う人の腸内細菌は既に蛋白質を合成する機能を備えているのだろう。
ヨーグルトと玄米菜食にかえた女性の腸内細菌ではビフィズス菌がほとんど消えてしまったらしい。
専門かも首をかしげる結果だった・・・。

牛肉と水だけで何年も生きている人。
果物だけで何年も生きている人。

僕もこの辺で卵と牛乳だけにシフトしようかな。・・・?

食べ物にこれだけ多くに労力を費やして結果が出ていない動物も珍しい。

全ては喘息を完治させるため・・・。
posted by ままちゃん at 07:43| Comment(0) | 食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月30日

塩分と糖分

塩分、つまりは「塩」
これが僕たちの身体にはとても重要。
減塩なんて騒がれて久しいが、石原先生によれば、減塩が叫ばれても一向に高血圧は減らない。

それよりも、減塩で病気が増えているという。
糖尿病で糖分が嫌われるのは理解できる。

この糖分は砂糖だけではなく、炭水化物も含む。
糖質制限がそれだ。

砂糖や糖分がなくても人間は生きていける。
血糖値を下げるホルモンは一つしかないが、上げるホルモンは3つもある。
下がりすぎた血糖値は自身の身体から出るホルモンで調整する。

上がりすぎた血糖値は下げるためにインシュリンを使い尽くす。
最近は、この下がった血糖値をあげるホルモンを使いすぎて副腎疲労が起きることがわかってきた。

僕の食生活を振り返ってみよう。
朝はコーヒーに砂糖。
昼はホットモットのお弁当で、これも甘ったるい。
間食も甘いお菓子。甘くなくても塩辛いお菓子はない・・・。

夕食のオカズの塩はどう?
本当に自分から努めて塩を摂らないとヤバイことになっている。

塩だけで喘息が治るとは思えないが、長期的には良い方向へ行くと期待する。
昨日は「桃屋」の佃煮や塩昆布を買った。
ところが、添加物には塩だけでなく、ブドウ糖果糖・・・。

なんで甘くするのか???
梅干だって、蜂蜜入り???

スポーツ飲料もブドウ糖果糖入りだ・・・。
塩水でいいのに?

僕はもともと汗かきだ。
夏はスイカを半個食べることもあった。
冷たい果物が大好きで、冬でも食べたいくらいだ。

果物にはカリウムが多い。
身体にカリウムが多いと、ナトリウムが出て行く。
塩は塩化ナトリウムだ。

塩を摂っているつもりでも果物でナトリウムが身体から消えていたとは・・・。

人や動物が病気をした時にの血液検査で電解質を測る。
ナトリウムとカリウムは超大事なミネラル。
これが少ないと点滴で身体に入れる。

では、多いとどうするのだろう?
おそらくは、よほどの腎疾患や心疾患でないかぎりは、普通の病気では多いことはないだろう。

いつもの食事に塩分が足りないのではないかと勘ぐる。

意識的に塩を摂るようになってからは、睡眠の質が変わってきた。
寝つきが悪くなった。
早く目がさめる。
交感神経が賦活されているのだろうか?

まだまだ解らないことばかりだが、持続するしかない。
posted by ままちゃん at 08:45| Comment(0) | 食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月15日

地中海食と日本食

イタリアには長寿の人が多い。
日本も長寿国だ。
本当は健康寿命は平均寿命よりも10歳くらいは短いのだが・・・。

地中海食とはイタリアのオリーブオイル・チーズ・トマト・ワインのことだろう。
日本食とは漬物・煮野菜・玄米・魚のことか?

この二つの食事に共通することがある。
砂糖を使わないのだ・・・。

イタリアの家庭の料理を見ていると、塩は頻繁に使う。
砂糖はオヤツの時間に甘い物を食べるくらいだろう。

日本料理には砂糖を使うことがある。
でもそれは最近のことだろう。
沖縄のサトウキビや北海道の甜菜は昔からあっただろうが、貴重品だった。
昔から少食だったろうから、カロリー不足で間食に甘い物でお茶を飲む習慣はあったにちがいない。

パスタ・ピザ・パンのイタリア。
お米・うどん・蕎麦の日本。

両者に共通するもう一つのもの・・・。
それは魚介類。

喘息の気管支の慢性炎症にはオメガ3がいい。
これは魚油のこと。

もっと健康に良い食べ物はやっぱり、魚介類と海草と野菜と果物か?
炭水化物とお肉はどうも分が悪い。

肉には塩が必要。
オニギリにも塩。
塩のナトリウムが過ぎるとカリウムで追い出す。
カリウムは果物に多い。
カルシウムとマグネシウムも魚介類には豊富だ。

海に囲まれたイタリアと日本。
砂糖よりも塩が大事だとする考えは正しい。
posted by ままちゃん at 08:48| Comment(0) | 食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月17日

ニンニクは僕に合わない?

黒にんにくが喘息にいいというお客さんの勧めでアマゾンで買った。
なるほどきつい匂いもなく美味しい。
何ヶ月も忘れていた。

昨日も思い出して食べた。
夕方に1個食べた。

そのせいかどうか、夕食後から就寝時に胃もたれ。
タピゾールを飲んだ。
トリプトファンを2錠飲んで寝たのに、夜中3時過ぎまで寝むれなかった。

喉のゼコゼコは本当に不快だ。
痰も咳も出ないが、うつぶせ寝のせいか息苦しい。
結局、途中で眠剤を半分飲んで寝た。
それでも寝つきが悪い。

起床は10時を過ぎていた。
台風18号が九州に接近しているせいもある。
今日も明日も雨連休だ。

話は逸れたが、ニンニクの逸話を思い出した。
35年以上前のこと。
ある家のお父さんが急性胃炎で病院に運ばれた。
あくる日には奥さんも長男も運ばれた。

保健所は頭を抱えた。
伝染病?

だが、唯一長女だけはなんともなかった。
そこで、食べ物を調べたら、原因がわかった。

ニンニクは身体にいいからと、生ニンニクを食べ始めたという。
でも長女だけは「臭いから」と食べなかった。

生ニンニクは胃を極端に刺激する。
ひどい時には、胃にに穴が開くらしい。

僕の場合も、食事以外に摂るサプリやビタミンは大量だ。
昨日は、オメガ3を6カプセル。
マグネシウムを2錠。
亜鉛を2錠。
ビタミンDを5カプセル。
ビタミンEを2カプセル。
ビタミンCを1錠(半分を2回)。
ケルセチンを3カプセル。
トリプトファンを2錠。
ビフィズス菌を2カプセル。
漢方を2包。
それに、黒にんにく一つ・・・。

喘息にいいというサプリのてんこ盛りだ。
胃にいいはずがない。
胃を労わらないで、どうして病気が治るのか?

口から入るものは全てが胃を通る。
副腎疲労だって胃での消化が第一だろう。

焦らないでゆっくり。
どうしても焦ってしまう。
posted by ままちゃん at 12:07| Comment(0) | 食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする