2018年04月12日

病の先進国

昨日は僕の妻の友人を訪ねた。

一人目はブラジルの日系移民の奥さんでフィリピン国籍の人。
肉牛飼育の牧場で働いている。
見るからに大変な仕事だ。
女性にできる仕事だとは思えない。

日本人の若者は皆無の職場。
臭い・汚い・危険の3Kの職場。
でも、彼女は生き生きと働いている。

もう一人もフィリピン国籍の女性。
ご主人が日本人。
本人は朝7時から夜9時まで働いている。

その主人は今は無職で週に3回の透析。
息子は引きこもり状態。
同居のフィリピン国籍の親戚は「うつ」。

家に帰るのが地獄だろう。
家族が一番というフィリピンの人にとっては辛い日々・・・。

先進国の日本はこのままでは病人だらけで薬漬けだ。
「うつ」の女性が主人の面倒をみているから仕事はできない。

ふと、フィリピンのことを思い出した。
フィリピンは失業者が多い。
だけど、災い転じて福だろう。
家には誰かがいるから、病人の世話は誰かができる。
今の日本はどうだろう???

ほんとうにこれで幸せだろうか?
大いに疑問である。

それに、人手が足りないのが表面化しているのに、未だに国は外から労働者を入れない。
今の政権は「日本会議」という超右翼政権だから、「日本ファースト」。
外からの労働者を研修生という名目で時間600円で働かせる。

その結果、彼らは国への仕送りもままならず、ビザが切れると不法滞在。
何故ちゃんとビザを発給して日本人並みの給与で待遇しないのか?
もう日本人だけでは国が回らなくなっているというのに・・・。

国が病んでいる。
政権交代が望まれる。
posted by ままちゃん at 07:53| Comment(0) | 医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月16日

病気を治せない医学とは

医学が進んだと言われる。
本当にそうだろうか?

僕の喘息だって、癌だって、免疫疾患や難病・・・。
どれも治せないじゃないか。

治る病気は感染病のごく一部だけ。
それも、ペニシリンが発見されてから久しい。

薬を貰って帰っても、薬が切れる頃には再発。
また、リピーター。

医学の進歩は、病気の診断という分野では進歩した。
が、根本治療では一歩も進んではいない。

医学を志すときに医学部の偏差値がネックになる。
よほど勉強をしてかからないと受からない。
国家試験は人並み程度の勉強でも受かるが、入学試験は難しい。

だが、今の医学では生物学と化学の知識だけで目一杯だろう。
生き物の身体を知るには生物学や化学だけでは到底わからないままだろう。

物理学の理論が理解できなければ、医学の進歩は望めない。
人の身体が解剖学的に生理学的に理解できても、身体の本質まで知るには不可能。

人間の身体は電気信号とそれを生み出し伝えるエネルギーでできている。
電気の産生や流れが人間の身体を動かしている。
どれだけの医者が理解できているのだろうか?
おそらく、一人もいないだろう。

頭のいい学生は医学よりも物理学を専攻する。
医者の説明は少々の複雑さはあってもたいがいの人には理解できる。

でも、物理学の法則や理論は普通の人には理解できない。
チンプンカンプンとはこのことだろう。

つまり、未だに人の身体については誰もが誤解している。
人の身体は電気信号で動いている。

生物学や化学は丸暗記でもいい。
物理学はそうはいかない。
本当に頭のいい人にしか理解が難しい。

だから、電磁波や波動や気で治す医者をバカ呼ばわりする。
患者を診ないで検査結果と薬ばかりを処方する医者。

検査は検査技師に薬は薬剤師に任せよう。
医者は必死になって病気の原因を探ろう。

3分診療で薬を処方するより、処方薬なしの1時間診療にしよう。
物理を必修科目にしよう。
中学から始めよう。

物理が理解できれば、患者自身が医者以上に自分の体について知ることになる。
もう医者に騙されないだろう。
処方薬を拒否できる患者になろう。

薬を出さない処方しない医者を信用しよう。
診察料金をちゃんと払おう。
1回に1万円払っても、薬だけで何度も何度もリピートする診察よりもいいはずだ。

「医療革命の論理」というブログを書いておられる方からコメントを頂いたことがある。
まさに難解な理論を展開しておられるが、物理が理解できる方にはすんなり頭に入るんだろうな・・・。

病気を治せる医者は薬を処方しない。(薬の処方料で儲ける)
検査は一度きりの最低限。(検査で儲ける)
気になることは医者自らが患者に連絡する。(医者が患者に連絡することはありえない)

病気になる本当の原因は患者の生活にある。
食生活・運動・ストレス・・・。

医学部の教育を大幅に変えなければいけないだろう。
医者は物理学と体力だけあればいいのだから・・・。
posted by ままちゃん at 08:40| Comment(0) | 医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月16日

ウンチの回数

人の一日のウンチの回数はだいたい1回だろう。
僕も長い間そうだった。

赤ちゃんは一日に何度もウンチをする。
僕の愛犬は一日に2回の散歩でウンチをする。

雨が降ると足が濡れるのがいやなのか歩く距離が短いとウンチをしない。
でも、一日2回の食事では2回ウンチをする。

つまり、食事の回数に応じてウンチの回数も決まる。
僕達人間は一日に3回の食事。
ならば、3回のウンチでもいい・・・。

肉食動物のウンチには理由がある。
オシッコと同じようにマーキングという癖。
自分の臭いをウンチに付ける。

だから、一日2回の散歩なら2回のウンチ。
人はマーキングしないから、ウンチは1回でいいという理由にはならない。

マーキングの習性があろうとなかろうと、食事の回数でウンチの回数も決まる。
一日3食の僕は少なくとも2回のウンチでもいい。

過食気味の昨今、一日1回のウンチでは大腸にある時間が長すぎる。
そのせいで、大腸癌が増える。

僕の場合はウンチの回数が増えると太れないような気がする。
ウンチの重さ分だけ太ったようにみえるだけか・・・。

人には肛門腺がない。
だからマーキングをしない。
でも、一日に1回のウンチでいいはずはないだろう。

はたして・・・。
posted by ままちゃん at 16:18| Comment(0) | 医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月12日

統合医療という分野

薬を処方するだけの医療。
それで治るのなら、文句はないが・・・。

僕の喘息にしても、呼吸器内科で診ていただいているが、僕は満足したことがない。
成人喘息が治らないのなら、それでも他の療法を試すとかの進歩がないのには閉口する。

喘息の原因にしても、低血糖やら副腎疲労やらの完治の糸口はいつもアメリカからだ。
日本国内のブログでは見つからないような自由な意見がアメリカのブログにはある。
アメリカでは、医者本人がブログを開設している。

喘息は治らない。
吸入ステロイドを朝晩に吸う。
抗アレルギー剤を飲む。
去痰剤。
気管支拡張剤。

これらの薬剤に疑問を持って、僕は漢方に逃げた。
それでも、完治は程遠い。

Dr.Richard Firshein
Dr.James Wilson
Dr.Andrew Weil

この三人のアメリカ人のブログに行き着いた。
ここから僕の前に光がパッと閃いた。

Mr.J.D.Moyerさんのブログが最初だった。
ここから、もう日本人のブログをいくら探しても本当のことはわからないと結論。
もちろん、アマゾンで翻訳書を読むのほうが早い。

患者の立場に立って寄り添う医療に徹する医者ならば、統合医療はあたりまえだろう。
初めから治そうという意思があるのならば、薬の処方だけでは終わらないはずだが・・・。

薬を貰って完結する医療とは何ぞや???
それで治れば誰も文句はないが・・・。
posted by ままちゃん at 16:55| Comment(2) | 医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月02日

唾液と尿とウンチ

唾液にはプチアリンという消化酵素を含む。
でも、それ以外に卓越した効能がある。
口の中の傷が治りやすい。
これが唾液のもつ治癒効果。

ドッグフードやキャとフードを食べているイヌやネコは歯石が付きやすい。
それも上の歯に集中する。
これは重力の法則で唾液が下に集まるから・・・。

消化を助ける意味で、食後にガムを噛むのもいい。
動物は傷口を舐めて治す。
人間だって傷を舐めておけば早く治る。

僕が今やっている尿療法。
飲むのもいいし、尿を皮膚に擦り付けるのもいい。

ウンチだって、糞便移植で難病から生還した人が大勢いる。

ツバもオシッコもウンチも汚い物の代表だった。
医学が進歩するまでは、この三つは薬だったのに・・・。

今でも薬で治らない病気がほとんど。
一時的に抑えているだけで、苦しみを抱えた患者はリピーターでカモネギ。

その辺に、医学もやっと気づき始めた。
遅ればせながら、糞便移植が医学的に認められつつある。

日本では尿療法は今は下火だ。
30年ほど前にはテレビで取り上げられてブームになったらしい。
火付け役の中尾良一先生が亡くなられた後は「尿療法研究所」も閉鎖されたままだ。

オシッコを飲むという行為自体があまり歓迎されるものではない。
僕だって妻にも隠れてやっている。
尿は血液中の血清の成分と同じ。
決して汚いものではないのだが・・・。

唾とオシッコとウンチは究極のオーダーメイドの薬だ。
おカネもかからず、タダでできる。
恐らくは、この「タダ」がネックだろうか。
便移植だって、専門の医療機関でするから、世間に認められてきた。

尿療法だって、尿を注射する方法なら、もっと普及したかも?

「病気は医者が治す」という既成概念が邪魔をする。
「病気は自分の身体が治す」というのが本当なのに・・・。

今、自分がやっている飲尿療法を肯定するために書いてみた。
posted by ままちゃん at 09:46| Comment(0) | 医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月20日

日野原重明先生が亡くなられた

僕が直接存じ上げているわけではないが、尊敬する人物だった。
僕が喘息でも眠れるわけは、日野原先生が提唱する「うつ伏せ寝」のお陰だ。

若い頃に結核で肺が充分に機能しないまま、現役の医者を105歳まで勤められた。
うつ伏せ寝だと痰が出しやすいという意見をお持ちだった。

クリスチャン先生だったが、そんなことは一言も言わない先生だった。
最近はメディアに出なくなって、最後にテレビで拝見したときには車椅子だった。
ここ1年くらいは胸騒ぎがしていたが・・・。

小学校で「命の授業」をされていた。
「命とは何でしょうか?命は時間なんです。君たちに与えられた時間。それを自分のためだけに使うか、
それとも、他の人のために使うか?そこに命の意義があるのです。」
シッカリした意見をお持ちだった。

僕が高校を卒業した1970年。大阪万博があった年。
僕は春に弟と一緒に九州へ旅行した。
その丁度同じ頃に発生した「よど号ハイジャック事件」

日野原先生はそのジェット機に乗り合わせた。
犯人達は、乗客に「何か読みたい本はあるか?」と問う。
誰も答えないが、日野原先生だけが「カラマーゾフの兄弟」を所望した。

ケイタイもない時代。
飛行機の中での監禁状態で、よくも本を読む気になれたものだと感心する。

そんな先生が亡くなられた。
ご冥福をお祈りするだけだ・・・。
posted by ままちゃん at 15:16| Comment(0) | 医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月02日

掌セキ膿ホウ症

うちのお客さんと話していて、僕の持病の喘息に話が及んだ。
ステロイドを切ったこと・・・。

彼女は「掌セキ膿ホウ症」という病気であった。
かかりつけの医者でもなかなか治らずにいたらしい。

ビオチンが効くというので、医者に言ったら、笑われたらしい・・・。
「そんなもの?」と一笑に付されたらしい。

僕と同じで歯の金属を外すこともいいのだが・・・。
僕のビタミンDも同じだが、高容量での投与が日本ではありえない。
医者が処方する薬には、その100分の1くらいの量しかない。
ビオチンもビタミンだから、「アマゾンで注文すればいいよ。」と助言してあげた。

ビタミン投与だけで病気が治ることを受け入れない医者が多い。
これでは薬が売れないし、治ってしまっては患者が戻ってこない・・・。

何という寒々とした医療の現実だろう。
患者はいつも孤独で、医者はしてやったりという顔。

また愚痴をこぼしてしまった・・・。
反省。
posted by ままちゃん at 08:01| Comment(0) | 医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月31日

松本医院のHPは希望の光

松本医院のHPを開かない日は無い。
一日に5回は開くだろう。

まだか、まだかと新しい喘息の手記を待つ。
新しい手記がなければ、古い手記を読んで過ごす。

今日は久しぶりに喘息の手記がアップされた。
長い文章だが、一気に読んだ。

僕の喘息漢方治療はエキス剤だけのハンパ物だ。
それでも、今までのステロイドだの抗アレルギー剤だのに比べれば雲泥の差がある。

苦くは無いエキス漢方ではその効果に疑問もあるが、僕なりに効果を感じている。
漢方だけでアレルギー疾患から膠原病まで治す医者は松本先生だた一人。
その理論はしっかりしている。

ネットで「喘息」を検索してみると、「一生治らない」「ステロイドでコントロール」しかヒットしない。
「喘息・完治」で検索すると、「松本医院」だけがヒットする。

多くの喘息患者がこのHPにたどり着いているのだろう。
実際に松本医院を訪れる人の100倍はいるんじゃないだろうか。

遠方だったり、保険が利かなっかったり・・・。
それだけではなく、大半の人が「胡散臭い」と感じているかもしれない。
でも、一旦、患者さんの手記を読むともう忘れられなくなる。
最初は、無理やり書かされたんだろうと勘ぐるが・・・。

だが、読みいくうちに、段々と、「これは一体?」
理論を読めば読むほどに傾倒する。

そこには、嘘がない。
誇張もない。
ただ、松本先生を信じてきた患者さんたちが行き着いた「完治」という天国。

僕はこのHPを開くのが日課になった。
姿勢よく読めるように、マックブックまで買ってしまった。

posted by ままちゃん at 15:04| Comment(0) | 医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月30日

潰瘍性大腸炎

僕の知人で腸の病気で苦しんでいる人がいる。
潰瘍性大腸炎かクローン病だと思う。
気軽に聞けないような病気だから、確信のある改善策がなければ話にならない。

僕の喘息だって、友人や知人に話しても、「お大事に」と言われるだけ・・・。
一番身近にいる妻でさえ、薬で簡単にコントロールできると考えている。
発作時には病院で治してくれると思っている。
いつだったか、夜中に発作が来て、「何で薬を使わないの?」と怒る。

潰瘍性大腸炎の新しい治療法を世界で始めて東京医科歯科大学が始めるという。
患者の大腸の幹細胞を取り出して培養。
それをまた患者の大腸に粘膜に戻すという。
ネズミの動物実験では成功しているらしいが・・・。

この種の病気は政府が難病指定。
難病指定とは「死ぬまで治らない病気」のこと。
ならば、喘息はどうして難病に指定されないのか?
それは治療薬はそれほどの高価ではないからだろう。
それによって、リピーター患者が医院の収入を支えてくれる。

松本医院の患者さんの手記や体験談を読んでほしい。
これらの難病がことごとく完治しているではないか・・・。

松本先生の処方される漢方煎じ薬やヘルペスの薬が高いと言われる。
それは、漢方煎じ薬や入浴薬やヘルペスの薬が保険適用されていないから。
煎じ薬の調合は面倒で、ヘルペス薬も規定の処方量を超えると保険はきかない。

免疫を抑える薬を飲み続けても治らないのに、これしかないと脅す医者達。
現に、漢方だけで治っている現実がある。
「自分の身は自分で守る」しかないのか・・・?

歌舞伎役者の妻で若くして癌になった女性。
ブログで最近のことを書いている。
検査結果がどうも悪かったらしい。

手術だの抗癌剤だので身体中に癌が散らばってしまたのだろう。
現代医学の犠牲者ともいえる。
posted by ままちゃん at 10:09| Comment(0) | 医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月28日

炎症を無くする薬はない

炎症とは何らかの原因での組織の障害。
それは治癒起点でもある。
治ろうとする反応。

抗炎症作用とは、炎症を鎮めたり、炎症が起きないようにする作用の事。
西洋医薬には炎症を鎮める薬はなくて、抑え込む薬だけがある。
ステロイド薬、非ステロイド薬しかない。

炎症は抑えてはいけない。
何故なら、炎症は組織が治癒する過程だから・・・。

ならば、漢方薬はどうだろうか?
漢方薬の成分のである生薬には炎症を鎮める作用を持つものが多くある。
抑え込むのではなくて、鎮めるのだから、長期的に飲用すると、次第に炎症がなくなる・・・?

漢方薬は即効性がないとよく言われる。
僕の経験では、そんなことはない。
十分、即効性があると自覚している。

が、この抗炎症作用に関しては抑え込むのではなく、鎮めることなので、それほどの即効性が期待できない。
つまり、長期的に飲み続けることで効果が出てくるのではないだろうか?
漢方はすぐには効かないから、長いこと飲み続ける必要があると言われる所以。

僕は同じ漢方を長期的に飲用したことがない。
それも、容量を減じて飲んでいる。
これでは効き目はどうだろう?

ちゃんと一日3回食前に飲んでみようかと思い始めている。
喘息には麻黄がないと意味がないので、虚証の僕は1回に半分とかの量だった。
しかし、気管支の炎症を無くするには、これでいいのだろうか?

麻黄の気管支拡張作用はありがたいが、麻黄以外にも炎症を鎮める生薬はある。
麻黄プラス何かを考え直す時期にきている・・・。

今日から少し漢方の飲み方を変えてみようかと思う。
長期的に飲む分には、咳を抑えるとか、痰を切るとか、熱を冷ますとかは二の次。
とにかく、抗炎症作用に重点を置こう。

未だに、炎症を鎮める薬が発明されていないというが、
それは、全ての炎症の原因が違うからだろう。
炎症を起こす原因物質が様々である以上、原因を突き止めるのは困難を極めることになる。

患者一人一人に、その原因を探るためには、問診に時間と手間がかかりすぎる。
そのために、医者は簡単にステロイドを処方することになる。
本当に治そうとすれば、薬では治らないことを医者はよく知っているのに・・・。

ステロイド休薬8ヶ月にして、喘息再考とは・・・。
posted by ままちゃん at 13:49| Comment(0) | 医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする