2017年10月12日

ブリッジは本当に必要か?

右下の奥歯に3本ブリッジを入れた。
一番高価なオールセラミック。
でも、入れて半年くらいで一番内側の歯茎が腫れ出した。

おかしいと思って歯医者でレントゲン。
その歯のまわりが黒く映っている。
完全な歯周病で顎の骨が溶けている。

ガリガリ削って、産みを出して・・・。
あれから3週間、今でも噛むと腫れる。

今度は左の上の歯の治療。
これもブリッジを入れるという。

「ブリッジは止めてください。歯間に隙間がなくなると磨きにくいから。」
おかげで、右の下のブリッジは歯ブラシも歯間ブラシも入らなかった。

「被せるだけでいいんですか?将来、下の歯がないからいずれは落ちてきますよ。」
「いいんです。そのほうが磨きやすいので・・・。」
「そんなやり方は習ったことがないです。将来何がおきても責任はとれません。」
「大丈夫です。」

なるほど、左の歯は下が2本無いし、一番奥の親知らずが1本あるだけだ。
この親知らずの上の歯もない。
噛み合せはほんどないが、噛めないことはない。

歯医者は上も下もブリッジを入れたい様子。
下はインプラントを薦める。
1本40万円のインプラントは不可能だ。

ブリッジだって30万円したのだから。
上下のブリッジでいくらかかる???

それと、ブリッジを入れるためには両サイドの健康な歯を削って金属を入れることになる。
1本が無いために3本のセラミック歯で30万円はかかる。
僕の年金の1年分が飛んでしまう。

臨機応変できない歯医者は医者と同じで患者のことを考えていない。
前歯のブリッジと下のブリッジで半年かかったのだから・・・。
このまま。歯医者の進めるとおりに従っていたら、死ぬまで歯の治療が終わらない・・・。
仮歯だなんだかんだで、いつまでたっても満足に噛めない。

「飯の種」にされてはかなわない。
歯がなくても食事はできるし、息も吸える。
posted by ままちゃん at 08:33| Comment(0) | 歯科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月05日

セラミック歯のブリッジ

オールセラミックの歯のブリッジを入れてもらったのが半年くらい前のこと。
3週間ほど前からその歯の歯茎が腫れ始めた。

痛くて診てもらった。
ブリッジを入れる時にも、「内側の歯が薄くて中に入れてある金属で割れそう。」
で、ブリッジを入れた後にこの歯が心配と言いながらも、歯医者はブリッジを入れた。

歯を削って中に金合金を入れて上からセラミックの歯を被せる。
ブリッジだから、両側の歯に同じ事をする。

だが、それまでは歯がないので側の歯を磨くのも容易だった。
それが、ブリッジを入れてからは歯と歯の間に隙間がなくなって、歯を磨きにくくなった。
で、歯間の隙間から歯周病になった。

レントゲンを撮ってもらったら、なんと、歯の周りの骨が融けている。
完全な歯周病でこのまま炎症が止まらないと抜歯するという・・・。
そんなわけで、嫌な抗生物質を飲んだ。
それからというもの、オナラが臭いのなんのって・・・。

僕が喘息だと知りながらも鎮痛剤も処方するという杜撰さ・・・。
医者には患者の気持ちが伝わらないのか?
歯を見れば、「¥」に見えるのか?

よく考えたら、僕はブリッジを入れたのは今回が初めてだった。
歯医者が言うには、ブリッジでは両サイドの歯を削って金属を入れる。
インプラントならば、健康な歯を削ることもないし金属も入れない。
でもなあ、1本40万円となると、OKとはいかない。

ブリッジはもう止めようと思う。
が、左の下の歯は親知らずを残して2本がない。
親知らずは弱いので、ブリッジは危ないらしい。

右の歯が痛いのでしばらくは左の歯で噛んでいると言う。
歯医者は左では噛めないはずですが・・・。
たしかに、上の親知らずはないので噛めるはずはないのだが・・・。
それでも噛めるということは、残った親知らずが内側に寄ってきているのだろう。
これも、ホメオスタシスということか???

以前に診てもらっていた歯医者で作ってもらったブリッジがある。
これは正式なブリッジではなくて、取り外せるもの。
それで、しょっちゅう外れていた。

なるほど、よく外れるわけで、両サイドの歯を削っていない。
勿論、金属でできているし安かった。
本格的なブリッジではないが、それのほうが良いような気がしてきた。

今の歯医者は、腫れて痛いのに、「今度の予約は2週間後です。」とはどういうこと???
posted by ままちゃん at 08:42| Comment(0) | 歯科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月04日

歯痛の原因

一頃よりも歯痛が治まってきた。
右下の親知らずを抜いてからは治まってきている。

その原因にふと思い当たることがある。
飲尿を始めてからは口の中の尿の臭いを消すのにガムを噛む。
そのガムの添加物が気になって、人工甘味料無添加のガムをアマゾンで買って噛んでいた。

人工甘味料なしでも砂糖が添加されている。
人工の物ではないから発癌性はないものの、虫歯になる可能性が大。
それで、前から虫歯だった親知らずが急激に痛くなったのだろう。

砂糖が天然のものであっても、歯には良くない。

今ではもとの市販のガムを噛む。
尿の臭いを消すためだが、人工甘味料が喉から胃へ入る。
これも看過できないのだが・・・。
posted by ままちゃん at 10:00| Comment(0) | 歯科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月23日

抜歯

今日は右下の親知らずの抜歯をした。
先週のお盆明けから痛み出した親知らず。

痛み止めと抗生物質をもらって10日間。
痛みは相変わらずだが、抗生物質も痛み止めも飲んでいない。

抗生物質は飲む気がしないし、痛み止めは喘息には禁忌。
僕が喘息持ちだとは歯医者も知っているはずだが、無頓着甚だしい。

今日は抜歯後2時間くらいで昼食後から痛み出した。
でも、夕食後にも少しの痛みがあっても薬は飲まない。

夕食前に口のなかを鏡で見る。
下の歯茎が全体に赤い。
喉も真っ赤っか。
こんなに喉が赤いのは久しぶりだ。

飲尿は今日は避けたい。
本当はこんな時に飲尿がいいのだが・・・。

明日も明後日も抜歯後の消毒に来いと言われた。
今までに何度も抜歯しているが、消毒に通うなんて始めて・・・。

今朝からは飲尿をやめている。
明日からは再開したいが、消毒に行ってからにするか・・・?
posted by ままちゃん at 19:59| Comment(0) | 歯科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月16日

歯医者とは?

冷たいものが歯にしみたり、奥歯が痛かったり・・・。
お盆あけで、いつもの歯医者に診てもらった。

痛い奥歯は腫れているので、抗生物質と痛み止めの薬で8日間待てという。
仕方なく薬をいただいた。

僕が喘息持ちであることは承知だろうに・・・。
喘息患者に痛み止め薬は禁忌。
それも知らないのだろうか?

おかげで、1週間以上この痛みから逃れられない。
歯が沁みるのも、歯に磨き方に問題ありだという。
これの治療法はないらしい。

ガムにせいかもしれないと、ガムを噛むのをやめた。
それでも歯が沁みる。

オメガ3とビタミンDの摂りすぎだろうか?
よく噛んで食べることと、唾液を出すために食後の長時間のガム・・・。
これが災いしたか???

歯でも身体でも、医者には治せないことがよくわかった。
posted by ままちゃん at 15:29| Comment(0) | 歯科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月11日

冷たいもので歯がしみる

今朝は冷蔵庫にあったトウモロコシとスイカを食べた。
美味しいのだが、何故か強烈に歯にしみる。

原因は???

昨日の唐辛子?
今朝の歯磨き?
いつものガムの噛みすぎ?
奥歯の虫歯?


これほど歯がしみるなんてことは何年もなかったし、記憶にない。
ガムで歯を酷使したせいだろうか?

冷たいものだけじゃなく、常温のお茶でもしみる。
今日は涼しくて常温のお茶は体温以下。
でも冷たいというほどではないが・・・?

よく噛んで食べることと、食後の唾液のためにのガム。
これらは確かに歯を酷使している。
硬いものはなるべく食べないようにしているが・・・。

今朝はコーヒに黒糖と牛乳。
コーヒーも糖分も牛乳も身体にはよくないらしい。
三悪だろうか?

醤油ほうじ茶が一番いい。
昨日作ったほうじ茶に醤油を入れて飲んだが、歯にしみる・・・。
posted by ままちゃん at 12:48| Comment(0) | 歯科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月16日

セラミックは高い

下の奥歯の3本がないまま何年も過ごしてきた。
半年ほど前からブリッジを入れるように削ったり仮歯をはめたりで過ごした。
昨日は待望のセラミックのブリッジが完成。
今日からは右の奥歯でもちゃんと噛める。

3本のブリッジで28万円超。
それ以前になんだかんだで治療済み。
合計では30万円くらいか。

前歯と左の奥歯のブリッジが済めば完全だが、それまでカネが続くだろうか?
総計で100万円に届くかもしれない?

最近、僕の考えでは、「歯は万病の元」だと思う。
もう抜歯は御免だし、金属を被せるのも拒否したい。
糖質制限で、虫歯も歯垢もなくなる日が来るだろう。
posted by ままちゃん at 08:58| Comment(0) | 歯科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月15日

歯の治療は待って当たり前?

歯医者を変えてから、「どこの歯医者も待たせるのが仕事かいな?」と思わせるくらいにイライラ。
僕の休日に合わせて治療するので、どうしても週に1回となる。

次回の予約を入れて帰るのだが、予約日の予約時間前に入っても、いつも1時間くらい待たされる。
治療台は4台あるものの、歯科医は一人。
前回は、名前を呼ばれて治療台に座ってから歯科医が来るまで20分以上待ち・・・。

今日も11時半の予約で11時15分には到着。
12時過ぎても呼ばれない・・・。
業を煮やして、「仕事があるので、今日は帰ります。前の仮歯だけでも治してもらいたかったけど・・・。」
喧嘩する気は無いので、僕の仕事をネタにしたけど・・・。

明日の12時に強引に予約して退散。
明日の12時は仕事で抜けれられないことはわかっているのだが・・・。

腕は下手ではないだろうが・・・。
それにしても、待たせるのが当たり前なんて考えだから、歯科医院が潰れる時代になった。
歯医者一人で治療台が4台とは不思議を通り越して腹が立つ。

治療時間も12時から3時までは休診。
飯の時間が1時間としても、後の2時間は何をしているのか?
インプラントの時間にとってあるのだろうか?

もう通い始めて4ヶ月になるが、未だに仮歯のままだ・・・。

それと、患者に対する言葉遣いがおかしい。
敬語がない。語尾が友達みたいな言葉になる・・・。

待合室にも治療室にも、壁には介護士だの、スポーツ歯科医だの、と、賞状がいくつも掲げてある・・・。
自分のことをそんなに自慢したいんだろうか?
能ある鷹は自分の爪を見せびらかすことは絶対にない。

歯医者を変えようと思うが、仮歯のままでおさらばもできない・・・。

天皇陛下の心臓手術を行った心臓外科医のモットーが、
「うまい」「安い」「早い」だという。

なんだか、ラーメン屋の宣伝みたいだが、
うまいは「美味い」ではなく、「上手」
安いは「安価」ではなく、「易い」つまり治り易い
早いは「短い」時間で治す

肝に名医じてほしい。

posted by ままちゃん at 19:17| Comment(0) | 歯科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月19日

喘息患者の歯医者通い

喘息持ちにとって歯医者は鬼門。
歯の治療は拷問に近い。

昨日は奥歯のブリッジの仮歯を入れた。
前回に型をとった仮歯はすぐにはフィットしない。
何度も入れたり外したり・・・。

それはいいのだが、恐らくはプラスティックの仮歯を削ってははめることの繰り返し。
僕のすぐ後ろで削ってはプシューを風をかけて削りカスを飛ばす。
おそらく、目に見えない超微粒子が飛び散っている・・・。

15分くらい続いただろうか。
途端に咳き込むこと4回。

こんなことを繰り返すのなら、もう行きたくない。
そのせいかどうか、今日は朝から痰がからんで昼食後には咳が止まらない。

ただでさえ、口を大きく開けて治療するので苦しい。
無頓着というか無神経というか・・・。

昨日吸ったプラスティックだかセラミックだかの微粒子が今日になって気道から出てくる???
それとも、昨日は休日で一日中運転していたから、排気ガスかも?

今日はのど飴が放せない。

午後になって、フスコデを1錠。
清肺湯と葛根湯加川きゅう辛夷を飲む。
posted by ままちゃん at 15:59| Comment(0) | 歯科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月12日

歯の治療再開

上の前歯のプラスチックの仮歯が折れた。
もう本格的に前歯を入れなおさなければいけないことになってきた。

本当は先月から始めるはずだったが、仮歯がまだしっかりだったので・・・。
前回は歯の材質で料金が違うことを説明された。

ジルコニアという材質が一番強いという。
1本6万円する。
4本のブリッジで24万円・・・。

しかし、前歯が無くてはみっともない。
確かに、前歯は無くても食物を噛むのにはそんなに支障はない。
ニヤッと笑うと前歯が無い人がいるが、健康の問題はなさそうだ。

だが、これからの人生、何年生きるかわからないが・・・。
孫のために生きるにしても、前歯はあったほうがいい。

仕事中はマスクでなんとか誤魔化せるにしても、四六時中マスクはできない。
今日は午前中の仕事を終えてすぐに歯医者行こう。

風邪は昨日からの抗生物質でなんとか治りつつあるようだ。
posted by ままちゃん at 07:18| Comment(0) | 歯科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする