2018年10月23日

ビタミンA過剰症

ビタミンAの過剰症として、脱毛や筋肉痛に加えて、骨粗しょう症がある。
僕の骨密度は大腿骨では正常値以上だった。
腰椎では80%しかない。

このアンバランスは何故?
ビタミンAの過剰で、それも1ヶ月程度で、骨密度が落ちるのだろうか?

サプリによる生体への影響は急激なものがありそうだ。

それなら、僕の胸椎骨折もあり得る。
ますます、ビタミンAの影響が考えられる。

ビタミンAを止めて既に1ヶ月になる。
体内に蓄積されたビタミンAが減るには相当な時間がかかりそうだ・・・。

この期に及んでも、まだビタミンAの疑いが消えないでいる。
posted by ままちゃん at 14:25| Comment(0) | ビタミン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月13日

ビタミンAの少ない食べ物

ビタミンAの過剰症を疑っている。
今は糖質制限食でMEC食に近い。

そこで、ビタミンAについて調べてみた。
レバーには多いので避けているが・・・。

しかし、バターやチーズや卵に多いことがわかった。
MEC食でせっせとチーズ・バター・卵を摂っていた・・・。

当分は魚や豆・納豆にご飯だ。
お肉はレバー以外なら大丈夫。

糖質制限はしばらくはお休みにしよう。

ビタミンAの半減期が長い上に、この食事はご法度だ。
脂溶性ビタミンは脂を避けることで摂取を控えられるから・・・。

この1ヶ月は糖質制限のせいか、ビタミンAの過剰のせいか、喘息が落ち着いている。

つくづく、僕は病から逃れられないのだと思う。
posted by ままちゃん at 20:35| Comment(0) | ビタミン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月11日

脱毛と背中の痛みと落屑

髪の毛は未だに抜ける。
今日も抜ける。

昨日は背中の痛みで頭も身体も洗っていない。

一昨日は妻に頭皮にココナツオイルを塗ってもらった。
そのままだ。

昨日は背中の痛みが頂点だった。
休日だったので、午前に職場へ行って、午後はジャージを買いにいった。

座っていても痛い。
一昨日は整形外科でレントゲン。
腰痛を疑った医者は骨盤とその上の腰骨を撮った。

骨には異常はないし、喘息なら痛み止めはどうしましょうか?と聞く。
以前に喘息で痛み止めは要らないと言ってあったので・・・。
ちゃんと覚えていてくれるいい医者だ。

結局、薬なしで様子見ということになった。
レントゲンを見ると、僕の腰椎はs字状に曲がっている。
この曲がった腰椎を支えるために背筋に無理がかかっているのかもしれないが、医者はそのことには触れない。
痛いのは腰ではなく背中で、もっと上を撮ってもらいたかったのに・・・。

昨夜は10時には寝た。
ラジオを聴きながらウトウト・・・。

左を下に横向き寝。
左手が痛くなってうつ伏せ寝にした。
オシッコに起きたら背中が痛くてギクッとなった。

今度は向きを変えてうつ伏せ寝。
夜中のオシッコに起きて、また背中が痛くてギクッとなる。

左下の横向き寝で朝まで寝た。
起きぬけはそれほどの痛みはない。
痛みはあるが右の背筋だけで、右の脇腹の痛みは和らいでいる。

職場のシャッターが上がらない。
片方は軽いのだが、もう片方のシャッターは以前から硬くて重い。
シャッターも上げられなくなった自分に愕然・・・。

皮膚の落屑と脱毛と筋肉痛はビタミンAの過剰だとネットの検索で知った。
脱毛と筋肉痛は今の症状に合致する。

「皮膚の落屑」とは意味がわからなかった。
それが、どうも、僕の頭皮の状態に似ている。

妻が僕の頭皮にココナツオイルを塗っているときに、「あなたの頭皮はカラカラに乾燥してる。」と言った。
シャンプーして頭皮が乾燥するのは、頭皮を守っている皮脂を取り去ってしまうからだろう。

脂漏性皮膚炎とは頭皮だけでなく、皮膚にもできるし、発赤するらしい。
僕の場合は発赤はない。
ただ、フケの塊のような白いカサブタだ・・・。
痒みもない・・・。

これが「落屑」というものなら、マラセチアという酵母菌ではない。
原因は頭皮の洗いすぎだったのかもしれない。

顔を石鹸で洗って擦ると、顔の皮膚から垢のようなものはドッサリとれる。
一日洗わないでいると、顔の皮膚に白いものが浮いてくる。
顔に出るフケのようだ。
これも落屑だろうか?

今までは冬だけで夏にはなかったのだが・・・。

「落屑」「脱毛」「筋肉痛」でビタミンA過剰と一致する。
脱毛に気がついて3週間になる。
ビタミンAの大量投与は3週間くらいだった。

脂溶性ビタミンが肝臓に蓄えられてから、体外に出るまでにどれくらいの期間が必要化はデータはない。
病気によって、ビタミンAは100,000単位まで投与することもあるらしい。

「頭痛」とか「倦怠感」はない。

ビタミンAの過剰症ならば、時を待つしかないし、特殊な病気ではない。
亜鉛とビオチンがそれほど効いているとは思えないが、信じるしかないだろう。

posted by ままちゃん at 09:06| Comment(0) | ビタミン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月03日

髪の毛とビオチン

ビオチンは水溶性のビタミン。
ビタミンでも、腸内細菌が合成するらしい。

それと、ビオチンが欠乏すると白髪や抜け毛がある。
アマゾンで買ったビオチンがあるが、飲んでいなかった。

僕の髪の毛が抜け始めたのが、短鎖脂肪酸を期待して腸内細菌を変え始めてからだ・・・。
腸内細菌は変わってしまった可能性がある。

また、ビオチンは卵黄に多いが、白身はビオチンを破壊するという。
卵かけご飯はビオチンがないに等しいのか?

今日の夕食後からは亜鉛にくわえて、ビオチンカプセルを飲もう。
水溶性ビタミンだから、過剰症はない。
一日2回飲もう。

今日も抜け毛が止まらない。
posted by ままちゃん at 18:42| Comment(0) | ビタミン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月28日

ビタミンAと食べ物

ビタミンAの大量摂取で髪の毛が抜け始めて止まらない。
10日前からは投与をやめている。

だが、もう頭の毛は随分と薄くなってしまった。
鏡を見るのが怖くなった。

卵を一日に3個は食べていた。
バターも食べていた。
今日からはチーズも解禁した。

卵・バター・チーズはビタミンAが豊富。
しまった。

食べ物で過剰症になることはあまりないだろうけど、今はご法度だ。

それに、抜けた髪の毛が細いのなんのって・・・。
僕の髪の毛はこんなに細かったのかと仰天するくらいだ。

これはビタミンAのせいだけじゃなくて、栄養失調かも?

とにかく、ネットで検索しても、肝臓に蓄積してしまったビタミンAについては対処法はない。
ということは、抜けた髪の毛はもう元には戻らないということか?

あー、なんてことをしたんだろう。

20000単位を一日に3回を3ヶ月続けるということが当たり前のように書かれているのは・・・?
英語の洋書なので、英語でコメントを書くのはちょっと躊躇う。

こうなってくると、ビタミンDの大量投与も危ないかもしれない。
posted by ままちゃん at 21:01| Comment(0) | ビタミン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月27日

ビタミンDの再開

上咽頭炎だとか、SIBOだとか、胆嚢切除後症候群だとかで、しばらく忘れていたビタミンD。
今日から再開。
試しに20000単位。

ビタミンDの大量投与は何人もが書いたり書籍にしたりしている。
ビタミンDはビタミンとは言ってもホルモンに近いと言う人までいる。

「サーファーに花粉症はいない」に書かれていること・・・。
ビタミンDの大量投与でビタミンAが枯渇するという。

僕はビタミンAと一緒にビタミンEを大量投与していた。
ビタミンDは頭になかった。

ビタミンDとオメガ3だけを1年近く飲んできた。
それほどの効果があったとは思えないので、知らぬまに止めていた。

今朝飲んで、やはり調子がいいみたいだ。
朝は息苦しくて空咳が出ていた。
それがなくなった。

麦門冬湯も半分だけ飲んだので、それも良かったのかもしれないが・・・。
ビタミンDは侮れない。
posted by ままちゃん at 16:35| Comment(0) | ビタミン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月26日

ビタミンA過剰症

ビタミンAを一日に40000単位以上を3週間続けていた。
僕のブログを読み返してわかった。

ビタミンAは肝臓に蓄えられる。
簡単には消費しない。
なんということだ・・・。

ビタミンA過剰症には抜け毛だけではなく、体重減少もあることがわかった。
恐ろしくなってきた。
素人療法とはこのことだ・・・。

僕の抜け毛と痩せの原因はこれではないか?
癌ではないことを望む。

喘息の療法が振り出しに戻った。
それ以外に怖さも増してきた。

僕がアマゾンで買った洋書には、喘息にはビタミンAを20000単位を一日3回とある。
3ヶ月投与でも問題はないと書いてある。

もう一度よく読んで見ると・・・。
「消化管のイースト菌の増殖を抑える」とあるが、ビタミンAの記述の部分だけは「喘息」の字がない???

ホッファー博士の本にも50000単位まではいいと書かれているらしい。
「らしい」というのは、ある医者がブログで披露しているだけだ・・・。

3週間投与で、やめてから1週間だから、そろそろ回復してほしい。
posted by ままちゃん at 22:00| Comment(0) | ビタミン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月20日

ビタミンAと抜け毛

赤ら顔でハゲ頭の男性に喘息は少ないかいない。
これは本当だろうか?

南極の越冬隊員の頭が禿げて帰ってきた人が多いらしい。
彼らは南極でオットセイを食べていた。
これは驚愕の事実だ。

オットセイの脂肪にはビタミンAが豊富。
これは、つまりビタミンA過剰症だ。

ビタミンAは皮膚や粘膜の細胞分裂を早める。
それで、粘膜が早く修復される。
気管支粘膜も同じ。
それゆえに、ハゲ頭の人には喘息が少ない。

そういえば、ハゲ頭のベジタリアンはあまり見ない・・・。
ビタミンやミネラルに過剰症はないと思っていた。
この怖い事実に直面して、サプリが怖くなった。

脂溶性ビタミンの怖さに驚いている。

喘息もそうだし、胃下垂もそうだ。
口から入るものには気をつけるようにしたい。

運動は何物にも勝る。
変な結論に達した。
posted by ままちゃん at 21:03| Comment(0) | ビタミン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月19日

脱毛とビタミン

ビタミンAを連日4万単位摂取していた。
今日になって髪の毛が一度に抜けるのに驚いた。

ネットで検索。
ビタミンAの過剰症に脱毛があった・・・。

「しまった」と思った。
ビタミンAは脂溶性だから、もう肝臓に蓄積しているはず。
遅かった・・・。

僕の髪の毛は細くて白い。
枕に付いても気がつかなかったのだろうか?

とにかく、過ぎたるは及ばざるが如し。

ビタミンEもやめよう。
過剰症がないのはビタミンDくらいだ。

もう、週に何回か飲む程度にしよう。
posted by ままちゃん at 11:34| Comment(0) | ビタミン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月01日

脂溶性ビタミンのメガドース投与

脂溶性ビタミンの過剰症はよく言われることではある。
身体に溜まるとか・・・。

だが、ビタミンAもビタミンEも三石巌先生によれば、メガ投与でいいらしい。
ビタミンDのメガ投与はアメリカでは当たり前になっている。

脂溶性とは脂質と一緒に消化吸収すること。
僕の場合は胆嚢がないから、一度に脂質が消化・吸収できない。
脂溶性ビタミンを食べ物から摂っても全部が吸収されるわけではない。

サプリで摂っても同じだろう。
ならば、メガ投与でいいはずだ。

ビタミンDなんかはアメリカではホルモンとして扱ってもいいくらいだ。
胆嚢がないことで、僕のこれらの疾患が重なっているのは、脂溶性ビタミンの不足ではないか?

ビタミンDだけではなく、ビタミンAもビタミンEも・・・。
ただし、これらのビタミンはソフトカプセルだったりするので、保存は厄介だ。
冷蔵庫に保管するのもいいが、購入した時にはすでに変質していやしないか?
特に、アメリカ製のは日本に着くまでにだいぶ時間が経っている。

アラキドン酸からの炎症反応を阻止するのは月見草オイルがいいらしい。
これは1年前くらいにアマゾンで買ったものがある。
ソフトカプセルだから、、まだ使えるだろうか?
今日からまた飲んでみよう。
posted by ままちゃん at 17:13| Comment(0) | ビタミン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする