2018年09月28日

脂質制限

ブログのカテゴリーに「脂質制限」を追加した。
世に出回っている「糖質制限」では僕の喘息には変化はなかった。

胆嚢切除後症候群にSIBOがあるという江田先生の持論。
これは先生の長年の患者さんから学んだ実体験からくるものだから信憑性は高い。

糖質制限ではエネルギーを脂質から摂る。
僕はそれが期待できない。
糖質でカバーするしかない。

コーヒーに入れる砂糖も、角砂糖17個分の茶碗1杯のご飯も必要だ。
野菜と果物は種類によってはダメだが、食べられるものもある。

この「脂質制限」という言葉は世間に流布することはないだろう。
胆嚢を切除する人は少ないから・・・。

でも、アメリカでは年間に60万人が切除するという。
胆石の手術は最近では胆嚢を取らないで体外から胆石を砕いて取り出すこともある。
でも、僕の場合のポリープのように胆嚢を切り取ってしまうことも増えている。

この脂質制限が僕にとって、喘息や胃の問題の解決策になれば希望はある。
posted by ままちゃん at 08:30| Comment(0) | 脂質制限 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夜中のゲップと脂質制限

昨夜はゲップが出続けて困った。
就寝前に胸焼けでタピゾールを半錠。

うつ伏せ寝と左横向き寝。
ラジオを聴きながら寝る。

12時くらいになって、コホコホとゲップが始まった。
止まらない。2時間くらいは出続けていた。

大きなゲップと違って爽快感はない。
噴門から少しずつ出てくるのがわかる。

夕食後からは5時間は経っている。
胃の中にはもう食物はないはず・・・。

小腸からのガスが幽門から胃に逆流しているのだろう。
それが噴門から喉に出てくる。

胆嚢のない僕の十二指腸には常に胆汁が出続けている。
ゲップと一緒に胆汁が喉まで上がってくることは想像ができる。

幸いにも胆汁の苦味はなかった。
何故に、食後5時間も経ってからのゲップなのか???

胆嚢がないと、脂質を乳化できないので、脂質の消化が不完全なままだ。
消化されないで小腸を通る脂質がSIBOにどのように作用するのかはわからない。

とにかく、脂質を摂る量を減らそう。
「糖質制限」よりも「脂質制限」が僕には必要。

昨夜の夕食はチキンのモモ肉を油で炒めたものと卵2個の炒り卵。
それに、イカの煮物。
このイカの煮物は消化が悪い。

30分ほどしてご飯が炊けたので、茶碗1杯を海苔で食べる。
この時間差の二度食が災いした?

今日からは脂質を制限しよう。
posted by ままちゃん at 08:15| Comment(0) | 脂質制限 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする