2017年03月16日

マックブック

注文していた薄型の2016マックブックが手に入った。
注文してからちょうど1ヶ月。
長かった・・・。

500GBでも注文後いつ入るかは断言できないとのこと。
待ちを想定して、込み込みで15万円にしてもらった。

まだ来ないのかなと思ってケーズデンキに電話してみた。
ちょっと待たされたが、「今日、届いています。これからお電話するところでした。」
なんという偶然か。

ラップトップだけあって、膝に乗せて使うのにちょうどいい重さと大きさ。
ジャック穴が今までのものよりも小さい。
iPhone7のケーブルも使えない。
SDカードも入らない。

変換ツールもまだ充実していないらしい。
マック純正品は高いし、量販店を漁ってみようかな。

デスクトップの iMacは自宅にある。
でも、このマックブックがあれば、どこでもOKだ。
薄くて軽くて、妻にもらったPCカバンにもスカスカだ。

1回の充電で10時間以上使えるらしいが、どうも電池の減り具合が早そうだ?
昨夜の充電で100%だったのが、1時間ほどの使用、今朝も1時間。
2時間で75%まで減った。

これは車の燃費と同じで実際にはそれより短いのだろうな。
ラップトップPCは初めて使ったのだが、思ったよりも断然使いやすい。
posted by ままちゃん at 07:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月15日

ピロリ菌

ピロリ菌は胃癌やら胃潰瘍やらの原因になるらしい。
僕は以前にかかりつけの内科の先生に、「ピロリ菌は大丈夫でしたよ。」と言われたような記憶がある。
胃カメラの時か血液検査でかは覚えていないが・・・。

ここにきて、ピロリ菌が喘息と逆流性食道炎を予防するらしいというネットでの噂。
マウスの赤ちゃんにピロリ菌を与えたら喘息にかかりにくかったという医学論文があるらしい。
もっとも、大人のマウスにピロリ菌を与えても喘息は予防できなかったらしいが・・・。

最近ではピロリ菌がいると必ず除菌しましょうと医者は言う。
ピロリ菌だって、あの強酸性の胃液の中が生存に最適なんだし、必要があって胃の中にいるんだろう。
それを除菌することが果たして必要なのか?

ピロリ菌を除菌し始めたのと、大人の喘息が増え始めたのが、時期が合っているのではないか?
僕は喘息と逆流性食道炎(逆食)を両方持っている。
逆食と喘息との関係も巷では誰もが知っている。

このピロリ菌の除菌にはプロトンポンプ阻害剤と抗菌剤を1週間続ける。
僕はこのプロトンポンプ阻害剤を常習している。
たまには抗菌剤も飲む。

昨年の5月に咽頭炎で抗菌剤を1週間置いて2回も飲んだ。
1回で5日間だから・・・。
この時に僕のピロリ菌は全滅したかもしれない。

医学の進歩とともに余計なことまでやってくれるもんだ・・・。

ピロリ菌の除菌に関係するHPには、「ピロリ菌を除菌すれば喘息も改善する」とある。
不確かどころか間違った知識や情報を流して患者を騙す。
その延長線上には医療を取り巻く営利企業の思惑が・・・。
僕だけの勘ぐりだろうか?

それより、除菌されたピロリ菌をもう一度入れ直すことはできるんだろうか?
できることなら、入れなおしたいもんだ。
posted by ままちゃん at 16:58| Comment(0) | 喘息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ハプテン」とは?

松本先生の持論、人工的化学物質がハプテンで、それだけではアレルゲンにはならない。
ハプテンはアレルゲンになれるほどの高分子ではない。
ハプテンに蛋白質がくっついてアレルゲンになるという。

では、四日市喘息はどうなんだろう?
僕の喘息もアレルゲンはどうやら埃か排気ガスにありそうだ。

埃には動物由来のタンパクがくっついていそうだが・・・。
排気ガスがタンパクとくっつくことがあるのだろうか?

僕の気管支粘膜に排気ガスがくっつく。
それに気管支粘膜の細胞が反応する。
タンパクがくっつく暇があるだろうか?

どうもわからない・・・?

排気ガスや灯油燃焼産物がそれ自体ではアレルゲンにならない?
それが気管支粘膜にくっついて咳や痰が出ることはわかる。
そこに免疫がからむ余地はあるのだろうか?

ただ、異物を出そうとする反応。
その反応が長期的に続くと・・・。
気管支の慢性炎症が持続することになる。

これが喘息ならば、免疫とは無関係???
炎症とは組織の修復工程。
傷ついた気管支粘膜を治そうとする過程。

漢方で気管支を広げておいて、そのうちに免疫寛容を期待する。
この長期戦はアレルギーを前提としたもの。
喘息が本当にアレルギー疾患ならば、ハプテンがどこでタンパクとくっつくのか?

松本先生の理論を読めば読むほどにわからなくなる。

「タンパクがないところにはアレルギーはない。」
このこと信憑性は?

Wikipediaには「非アトピー型気管支喘息の原因はまだ解明されていない。」とある。
大人の気管支喘息の原因はアレルギーではないのだろうか?
ハプテンだけで起きるのなら、これはアレルギーではない???
posted by ままちゃん at 09:54| Comment(0) | 喘息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

痰の再来

昨日は喘息外来で総合病院。
一日中、なんだか息苦しくてゼコゼコしていた。

アリナミンを一日に10錠とビタミンCも大量に飲む。
それでも、今朝は気管支の奥で痰がからむ咳。
いやーな感じ・・・。

いつもの喘息の悪化特有の痰と咳の出方。
妻の風邪が移ったか?

妻の痰がこれほどまでに長びくのは昨年も同じだった。
僕の喘息の悪化や妻の痰咳の原因は何か?

妻は風邪かもしれないが、気管支の奥の痰だけが長びくのは何故?
夏場には僕のこのような痰のからみはないように思う。

ならば、原因は暖房器具か?
僕は、昨年は徹底的に灯油ファンヒーターを嫌って使わなかった。

職場の暖房もエアコンだけで過ごした。
思ったほど電気代が上がらなかった。
しかし、喘息は改善せずに、今年はファンヒーターを使い始めた。

今年は灯油代が値下がりしたせいもある。
妻も僕も痰と咳の原因が室内の埃だろうと思う。

灯油ファンヒーターから出る埃は目に見えない。
でも、ヒーターの後ろのフィルターに埃が詰まって停止することが何回もある。
ファンがあるかぎり、埃を吸って吐いている。

職場は窓が無く、一日中、締め切っている。
埃の逃げ道もなく、淀んだ空気の中で仕事する。

帰宅後も夕食はファンヒーターとエアコン。
就寝までは自室でファンヒーターの前に陣取る。
3時間はこの態勢。
埃を吸わないはずがない・・・。

このブログを書きながらも痰が出る。
茶色の嫌な色の痰。
喘息がこれ以上悪化しなければいいが・・・。
posted by ままちゃん at 08:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月14日

悪玉コレステロール

3ヶ月前の血液検査で悪玉コレステロール値と善玉コレステロール値の合計が380超だった。
今日の検査では290だった。

合計で100も減ったのに、医者は満足しない。
今度の検査でこの値なら薬を始めますという。
僕には脅しにしか聞えない。

前回の処方でのEPAカプセルをあまり飲まなかった。
でも、このカプセルはコレステロールだけではなく、喘息にもいいという。

ネットで検索してみたら、なるほど、ロイコトリエンの合成を阻害するという優れものだった。
今日からはちゃんと飲もう。

糖質制限を少し緩和して、卵とチーズを食べなくなっただけなのに・・・。
お肉は好きなだけ食べている。

これからは、お肉を少しはお魚に代えてみよう。
糖質制限は続けるが・・・。
posted by ままちゃん at 16:56| Comment(0) | コレステロール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

妻の咳

妻が咳をし始めてもう1ヶ月くらいか・・・。
気道の奥の方に湿った痰がからんで出にくいような咳。
抗生物質を飲んでも変わらない。

聴いていて怖いような咳と痰だ。
僕があのような咳と痰が出れば確実に喘息発作になる。

意を決して病院に行った。
飲んでいる薬は間違いなしで、処方は去痰剤とホクナリンテープ。
痰が切りにくいと訴えたからだろう。

やっぱり、病気は医者が治してくれるものではないと確信する。
だが、呼吸器疾患は苦しいので、どうしても医者に頼ることになる。

ブログを読み返してみると、昨年の4月に同じことを書いている。
その時は1ヶ月ほど前に妻は風邪をひいたと書かれている。
その後遺症だろうとも書いている。

毎年のことみたいだ。
以前は風邪など引いたことがなかった妻だが、歳には勝てない。

それとも、この妻の咳と痰、僕の喘息も職場や生活環境に関係があるのだろうか?
職場は動物関係で、商店街のど真ん中で道路に面している。
自宅も国道と高速道路の中間にある。
排気ガスからは逃れられない。
posted by ままちゃん at 07:39| Comment(0) | その他の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

息ができない

昨日は仕事が終わる頃に息が出来にくくなった。
帰宅後も息苦しさは変わらない。
胸の圧迫感もある。

夕食は牛カルビと鯖とポテトサラダとブロッコリーにマヨネーズ。
食後は一時楽になったが、また息苦しさが襲ってくる。
テレビを観ながらダンベル。

就寝時には息苦しさが頂点。
久しぶりにホクナリンテープを胸に貼る。
麻黄湯も飲む。
抗ヒスタミン剤を半錠。

枕を抱いてうつ伏せ寝と横向き寝。
ダンベルで左肩が痛いのと息苦しさの怖さであまりよく眠れなかった。
怖い夢も見た。
職場が大勢に占領されて、隣の薬局に助けを求めた・・・。

朝は通勤車中で黄色い痰。
息苦しさはないし、それ以上の痰も出ない。

以前なら、ここから痰が出続けて発作になる。
ステロイド吸入と抗アレルギー剤を止めてから僕の喘息の形態が以前とは違ってきている。
だが、喘息は治ってはいない・・・。

今日は喘息外来の日。
まさか、ステロイド吸入を止めて1年になりますとは言えない。
昨日からの胸の息苦しさも相談すればまた新しい薬を処方されるだけだろう。
コレステロール値の再検査のために行くようなもの。

薬を止めることでこんなに孤独な闘いになるとは思ってもみなかった。
昨夜は息苦しさでパニックになりそうだった。
誰かに相談しても症状に変わりはないし・・・。
posted by ままちゃん at 07:25| Comment(0) | 喘息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月13日

息苦しさ

今朝からまた息苦しさに襲われている。
咳も出る。

それで、昼食前に漢方を飲んだ。
飲んだというより、粉剤を口に入れて水で流し込む。
六君子湯を口に入れた途端に息苦しくなった・・・。
微細な粉が気道から吸い込まれて気管支へと入っていく。

埃を吸ったときような咽方。
漢方薬はお湯で溶いて飲むのがいいと言われる所以だろう。

慢性的に炎症をが起きている気管支に微細な粒子がくっ付けばどうなるかは想像がつく。
僕の息苦しさがいつも同じ原因ならば、埃が一番の原因。

やはり、埃を食べることを続けていけば腸内で免疫寛容が起きるのを期待したい。
posted by ままちゃん at 17:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

逆食と枕

僕は最近は枕を使わない。
うつ伏せ寝でも左横向き寝でも枕を使わない。

何故か?
枕を使うと手が痺れるのだ。
うえむき寝だといいのだが、腰痛持ちの僕にはご法度。

逆食にいいという「ラクーイ」とかいう15度傾斜の布団がある。
結構な値段がするが、体験談では逆食が軽減したとある。

僕の喘息も逆食からの影響が大きいような気がする。
ならば、やはり、頭を高くして眠るのがいい。

どうする?
布団の下に座布団やらタオルやらを入れて頭を高くしたことがある。
でも、あんまり体調は変わらなかった。
そのときは漢方を始める前で右向きの横向き寝で痰が悪化した。
頭を高くすると後鼻漏が就寝中に喉に落ちる。

昨夜は鼻テープを貼って寝た。
鼻の通りはいつもと変わらず、鼻炎はそれほどでもないようだ。
ならば、今夜から頭を高くしてみようかな・・・。

posted by ままちゃん at 10:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高速1000円はできる

長距離というほどでもないが片道100キロ超の距離。
孫に会いに埼玉を南下、神奈川まで行った。
行きはいつも通りの関越・圏央道で1時間半。

孫と遊んで皆で外食して、4時間ほどで帰路につく。
帰りは有料の高速道路を避けて一般道をナビに入れる。
更新されていない古いままのナビで、何度も道を間違えながら・・・。

結局、4時間弱で帰宅。
行きも帰りも渋滞はなく、2時間半くらいの違いか・・・。

休日ETC割引でも3020円。
2時間半で3020円か・・・。

昔のようには国道沿いにはドライブインはない。
トイレ休憩はコンビニでもいいが、椅子もなくあまり休憩という気分は味わえない。

まあとにかく、高速料金が高すぎる。
ハイブリッド車が増えてガソリンの税収入が減っているからか・・・。
何億という経費がかかる政府専用機での首相夫妻の外遊。
これを減らせば、高速1000円は可能だろう・・・。
前みたいに、どこまで行っても1000円に戻してほしいな。
posted by ままちゃん at 07:20| Comment(0) | 喘息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする