2017年11月10日

グルテン

グルテン不耐症というのがある。
小麦のグルテンにアレルギー反応を起こす。

アマゾンで買った本によれば、これは遅延型アレルギー。
IgAによるもので、IgEのような即時型ではない。
しかし、グルテンの恐ろしいところは、検査ではシロでも身体が反応する。

僕はIgE検査では小麦はシロだ・・・。
糖質制限ではもちろん小麦も制限する。

最近はご飯はよく食べる。
そのせいか、体重が1キロくらい増えた。

今週からは朝食にインスタント焼きソバやパンを食べている。
そのせいか、腰痛やら鼻炎が酷い。
腰痛はここ何年もこんな酷いことはなかった。

どうも、グルテンのせいだと思うが・・・。
べりチームという消化剤のせいで、ウンチの形も柔らかさも申し分ない。
消化吸収が良くなった分、栄養の吸収がうまくいっている・・・。

ここで、小麦製品を断ってみよう。
一昨日は、庭でレモングラスを切ったり、コストコでピザを食べたり・・・。
腰に良くないことや、小麦や・・・。

油断大敵。
posted by ままちゃん at 08:15| Comment(0) | アレルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月02日

MEC食とマグネシウム欠乏

MEC食に近い糖質制限をしている。
昨日はこむら返りが酷かった。
今日も足の指がこむら返り・・・。

気管支を広げるマグネシウムをネットで検索。
「MEC食でマグネシウム欠乏」の文字が・・・。
早速、そのブログを覗く。

あらあら、肉類や卵やチーズにはマグネシウムが無い・・・。
目が点になった瞬間だった。

気管支の平滑筋を弛緩させて気道を広げる奇跡のミネラル。
それが、MEC食では完全に欠乏していたなんて・・・。

海草には多く含まれるから、ワカメや昆布を食べていたのはよかった。
でも、海草がどこ程度消化吸収できているかは疑問。
野菜やナッツや大豆にもあるが、果たしてどの程度が消化・吸収できるのか?

胆汁が少ない僕では尚更だろう。
グルコン酸マグネシウムが一番吸収がいいという。
アマゾンで買ったのがあるが、馬鹿でかい1錠で200mg。
これを2錠はとても無理。

iHerbで勝ったグリシン酸マグネシウムは粉で美味しい。
ちょっと酸っぱいが、茶さじ1杯で400mg。
このほうが遥かに飲みやすい。

また、ビタミンDでマグネシウムの吸収が良くなるらしい。
酸っぱい粉は胃に来るので避けたいが、まーしかたがない。
何日か続けてみよう。
posted by ままちゃん at 16:09| Comment(9) | 糖質制限 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

砂糖と喘息

「砂糖をやめればアレルギーが治る」という本がある。
糖質制限では砂糖はご法度。

そもそも、人間が砂糖を食べなくても死なないだろう。
塩は必須で、食べなければ死ぬことは明白。

砂糖断ちをしてみようかな。
白砂糖は勿論、オリゴ糖も本当に身体にいいのだろうか?
腸内の善玉菌の餌になるというが・・・。
肉食動物は糖類を食べないが、腸内細菌はちゃんといる。

炊き立ての白米、フカフカのパン、甘いケーキ・・・。
どれもこれも、超美味しい。
言い換えれば、麻薬みたいなものだ・・・。

魚を食べるネコみたいなもの。
もともと、ネコは砂漠からきた動物。
砂漠には水もないから、魚はいないはず。

そのネコが何故に魚を食べるのか?
それも嬉々として食べる。
チキンか魚かというと、チキンには眼もくれずに魚に向かう。

魚にはチキンの2倍ほどのマグネシウムを含む。
このマグネシウムがネコの尿路結石の原因になる。
オスネコで室内飼では頻発する病気だ。
尿路が詰まれば、膀胱破裂か腎不全で死ぬ。

なんで、こんなにもネコが魚を好きなのかはわからない。
人が砂糖を欲するのと似ている。
古来、砂糖なんてものはなかった。

サトウキビを搾って作るから、機械がなかったら、砂糖は存在しなかった。
甘い物を食べなくても人間は生きていた。
その砂糖が原因で病気が増えるのなら、これは麻薬以外の何物でもない。

海から来た哺乳類の人間は塩なしでは生きられない。
砂糖なんぞは海にはない。

全ての動物は砂糖なしでも生きられるばずだ。
万物の霊長である人間は尚更だろう。

要するに、人間が発明したものにはろくな物はない。
全てが付け足しで要らないもの。
「あったらいいな」は「なくてもいい」に等しい。

よからぬ物に頼っている我が身が悔しい。
市販の弁当で砂糖抜きあり得ない。

自炊がやっぱ一番か???
posted by ままちゃん at 15:52| Comment(0) | アレルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月31日

不愉快な宣伝

僕のこのブログを開けるたびに不愉快な宣伝が入る。
無視すればいいが、音の暴力にはウンザリ・・・。
何度か嫌な思いをしてきたが、もう我慢がならない。
このブログを読んでくださっている読者の方々には申し訳ないのですが・・・。
近いうちに、このブログを閉鎖します。

新しくどこのブログに開設するかはまだ未定です。
もともとはgooブログだったのですが、記事をかってに消されることもありました。
それで、seesaaブログに開設したのですが・・・。
2013年に僕の喘息が悪化してからの開設でした。

今度は成人喘息について、まとまったブログにしたいと思います。
amebaブログもいいのですが、amebaブログは特定の読者以外が読めない記事もあります。
ブログとは万人に開かれたものであるのが原則だと考えます。
それで、amebaブログは今のところは考えていません。

Fc2やlivedoorはアダルトサイトに繋げるので敬遠しています。
無料のブログなので好き勝手にはできないのは当たり前かもしれませんが・・・。
写真をアップすることはないので、今までは無料のものでしたが・・・。

gooブログは最初から有料のものでしたが、写真を添付することもありません。
毎月の300円の引き落としは意味の無い出費でした。
そこで、無料のものに変えようとしたところ、これが意外と困難。

やっとことでブログを閉鎖した経緯があります。
posted by ままちゃん at 11:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

喉の炎症と喘息

好酸球性副鼻腔炎は喘息に発展する疾患で難病指定。
鼻炎から喘息になることは僕も実感している。

昨夜も枕を抱いてうつ伏せ寝。
頭は枕から落ちるようにしている。
後鼻漏が喉に落ちないでいるから、就寝中は鼻が詰まる。

昨夜は鼻詰まりで何度も起きた。
その分、冷え込む朝でも痰が出ない。
やたら鼻をかむのだが、痰よりはいい。

今朝も手鏡で喉を見る。
喉チンコの下の両側、つまり口峡部というらしいが、そこが赤い。
この赤みはいつでもある。
僕の喉のこの赤みは消えたことがない。

妻のを見せてもらったら、なんと全然赤みがない・・・。
何故に僕の喉は赤いのか?
その周辺は赤くないから、ここの炎症の部分だけが赤いことになる。

この炎症が治まれば、鼻炎も喘息も治まるような気がするが・・・。
ネットで検索しても、同じ結果ばかりで目新しいものはない。

身体からこの炎症を抑えるというか、無くすることが一番の先決問題だろう。
喘息がアレルギー性だとすると、アレルゲンは鼻から喉から気管支へと入る。
鼻粘膜と喉粘膜に炎症があっても不思議ではない。

鼻呼吸でアレルゲンが鼻毛や粘膜にくっついて喉まで達しないというのは本当か?
口呼吸は悪いというが、アレルゲンが鼻を通過しないで直接喉にいくのは悪いことか?

アレルゲンを口の中で唾液やら口粘膜にくっついて飲み込んでいる。
このアレルゲンは食道から胃から腸へと流れる。
腸粘膜の免疫細胞が察知して免疫反応が起きる。
これを繰り返しているうちに免疫寛容が起こる。

この説が正しいのならば、口呼吸は鼻呼吸よりも歓迎されるべきだ。
喘息患者はみんなが口呼吸ではない。
むしろ、僕みたいな鼻呼吸者のほうが多いような気もする。

僕が喘息になる前は年々も鼻炎だった。

とりあえずは、この喉の赤みである炎症をどうすれば無くせるかが課題だろう。
食べ物や飲み物で抑えてもまたぶり返すだろうから・・・。

見方を変えて、この喉の炎症が鼻炎からくるものではないとすれば・・・。
歯からくると考えるのはどうだろうか?

歯には常在菌がくっついている。
この中に悪さをするものがあるのだろうか?

鼻からか?歯からか?
それとも、喉そのものか?

気温が下がれば、湿度が下がれば、鼻水が出るのは当たり前。
そんなことで、咳や痰で悩まされるのは何故?

喘息の痰は気管支から上がってくるから、鼻や歯は関係ない・・・。
その考えも正しい。
ならば、何故、気道が慢性的に炎症を起こしているのだろう?
炎症を起こさない気道を作るにはどうすればいい???

気道は皮膚の延長だから、皮膚を鍛えれば気道も鍛えられる・・・。
これは消化器にもいえることだろう。
リーキーガットのこともある。

昔は小児喘息には乾布摩擦がいいといった。
皮膚を摩擦で刺激することが何故いいのだろう?
皮膚は粘膜の延長だから・・・。

喉の炎症を無くする方法やーい。

posted by ままちゃん at 09:38| Comment(0) | 副鼻腔炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自己流のパレオダイエット

糖質制限食でも糖尿病を意識したものではない。
どちらかというと、僕は太りたい。
糖分を制限して痩せるためではない。

何を食べるべきか・・・?
その基準は原型に近い食べ物であること。
原型がわかる程度の料理。

それで、肉はいいし、牛乳もいいし、卵はいい。
加工肉製品や乳製品はどうも疑わしい。

野菜も生で食べるのはいいが、胃に多大の負担。
果物はいい。
海草もいい。

穀物はどうか?
小麦製品は小麦を粉にすることから始まる。
それを加工する。
お米はかろうじてセーフか?
精米の工程で栄養がなくなるが、まあまあ原型がわかる。

そんな基準で決めている。

身体は食べたものでできている。
牛や豚や鶏の食べているものが大事だが・・・。
ホルモン・抗生物質に加えて、飼育環境が最悪だろう。
乳牛だって死ぬまで同じ場所で立ったり座ったりするだけで人工授精。
肉牛は糞の上で暮らす。
鶏だって狭いケージで一生を送る。
キレイ好きの豚はコンクリートケージの中で一生過ごす。

野菜はどうか?
ビニールハウスでF1の水耕栽培。
もうこれは野菜ではない。
果物だってやたら甘すぎる。

農薬や放射能は野菜や果物だけではない。
家畜が食べている牧草や飼料も危ない。

要するに、いま僕達が食べている食品はどれも100年前のものとは程遠い。
同じ野菜や穀物やお肉でも中身が違っている。

何を食べればいい???
少なくとも、パレオで自己満足に浸ろう。

posted by ままちゃん at 08:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月30日

食物繊維は本当に必要か?

野菜などの繊維質の多い食事で便秘が解消するという説。
MEC食の渡辺先生は食物繊維を摂らないでもいいという。

僕の経験からはどちらも正しい。
あえて食物繊維を摂ったからといって便通が良くなるとも思えない。

消化が万全ならば、むしろ便秘する。
未消化分が大腸に達すると便通がよくなる。

しかし、渡辺先生が指摘するように、人の胃腸では繊維分は消化されない
つまりは、未消化のまま腸に達する。

胃で消化されないで小腸に行く。
小腸は極めて長い腸管だ。
その中を繊維質が通る。
ただ、通るだけだ・・・。

果たして意味があるのだろうか?
大腸では繊維質は腸内細菌の餌になる。

では、肉食動物の腸内細菌の餌は何だろうか?
肉食動物だってちゃんとウンチはする。
野生の肉食獣が便秘するなんて聞いたことがない。

ウンチのほとんどは繊維分ではなくて腸内細菌の死骸がほとんどらしい。
僕の最近の経験では、食物繊維が少なくてもウンチの量には変わりがない。

むしろ、僕の場合は不消化の食物繊維は胃に多大の負担をかける。
小腸内でも未消化分が通過することに何の意味があるのだろう?

食物繊維には水溶性のものと非水溶性のものがある。
水溶性のものは小腸を通過する時にはスルッと通過するだろう。
非水溶性のものは小腸を傷つけるのではないだろうか?
それがリーキーガットの原因???

水溶性の食物繊維には海草や果物がある。
どっちも僕の好物だ。
果物の糖分がいけないというが、当面の僕の課題は太ることで痩せることではない。

炭水化物を減らす糖質制限をしながら、海草と果物を食べよう。

胆嚢がない僕にとって脂肪分の消化は完璧ではない。
消化剤をうまく使って、蛋白質をメインに脂質を少し減らそう。
posted by ままちゃん at 08:14| Comment(0) | 消化器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

喘息と寝相との関係

糖質制限でお肉と卵を食べている。
繊維質はことさら気にかけない。

消化剤を飲み始めてからはバナナウンチが出るようになった。
しかし、大腸の蠕動はいまひとつ。
消化不良の時のほうが出は良かった。

昨夜から腹痛がする。
就寝前に大をする。
その後から腹痛が・・・。

無理にするのは良くないのだろう。
臭いオナラが出始めたのでトイレへ行った。
なるほど、その後はオナラは出ない。

しかし、昨夜はズッと腹痛が続いた。
今朝も腹痛がある。
出は良くないが、立派なバナナウンチだ・・・。

咳が出る。
痰が切れない。

うつ伏せ寝で耳が痛くてたまらないので、昨夜は途中から枕を抱いて寝る。
下腹部を開けて胸の下に枕を抱く。
頭は枕の分だけ下にさがる。
そのせいか、今朝は鼻水が喉に落ちない。

職場に着いて30分ほどで水溶性の痰が切れ始めた。
身体を動かして暖まると痰の切れが良い。

就寝中はマスクを欠かさない。
ダストを吸うことはあまりないが・・・。

どうも寝相が喘息に大きく影響するのだろう。
立って眠ればいちばんいいが・・・。

寝相には苦労する。
posted by ままちゃん at 07:33| Comment(0) | 消化器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月28日

適度な消化不良が便通にはいい?

食後の消化剤で最近は便通に変化が現れた。
バナナうんちが出るようになった。

だが、便通は以前よりは良くない。
便器に座ってもすぐには便意を催さない。
時間をかけてから気張るとスルッと出る。

だが、以前は気張ることなく出ていたのに?
消化が良くなって、大腸での水分吸収も良くなったのだろう。
未消化のものが少なくなって、大腸内でのいここちがよくなった?

体重が1キロくらいは増えた。
これはウンチの重さか?

消化が良くなったせいか、逆食が起きなくなった。
傾斜ベッドの成果だろうか?

昨夜は下腹を触ってみると、何か硬いウンチが触れる。
凹んでいた下腹が平らに盛り上がり始めている。
これはいいことか?

この下腹が気になって、昨夜もトイレできばった。
出るには出るが少量。
でも、バナナのウンチで状態はいい。

消化剤を飲まなかったこの30年間の僕のウンチはこんなではなかった。
最近は漢方のせいか、臭いドロットしたウンチだった。
それが、臭わないバナナウンチになった。

いいことだが、急激な変化に戸惑う。
まあ。体重が増え始めたことがいいことだとしよう。
posted by ままちゃん at 07:36| Comment(0) | 消化器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月27日

誤嚥の原因は痩せにある

もう何年間も誤嚥に悩まされている。
上を向いているときでも、急に唾液を誤嚥する。

その原因を探っていた。
もう何年もと書いたが、気がついたのはここ2年か3年・・・。

丁度、僕が喘息を治そうとして始めたことが原因だったと、最近気がついた。
それは、朝食を抜くこと。
その結果、直ちに体重が減った。
腹腔内の脂肪が途端に無くなった。

体重も激減した。
お腹が凹んでしまった。
もともとそんなには太っていない。

少食で横隔膜が楽になる。
その結果、喘息が軽減する。
それはいいとしても・・・。

咽喉科の先生に「声帯が痩せている」と言われたのが先月。
そういえば、声がかすれていたので、診てもらったのだ。
声帯が痩せるとはどういうことか?

身体全体が痩せれば、声帯も痩せるだろう・・・。
声帯は気管の蓋だ。
痩せた声帯では蓋がきちんと閉じない。

声もおかしくなるが、それ以上に困ることがある。
そう、誤嚥だ。

ものを飲み込むときには気管が蓋で閉まる。
閉めても完全には閉まらないとしたら・・・。

そうだ、もっと太ろう。
痩せることは僕にとっては決していいことではない。
むしろ、悪い結果になる。

体重が72キロあった頃は、睡眠時無呼吸だった。
イビキも凄かった。
コレステロールが高くて、1年間は卵も肉もご法度だった。
おかげでコレステロールは少しは下がった。

でも、その後から身体に異変が起きだした。
喘息しかり、うつや過敏性腸症候群まで・・・。
体重も66キロにまで落ちた。
その後は朝食抜きで62キロになった。

痩せるということは肥満以上に良くないことだろう。
ご飯を食べてもいいし、お菓子でもなんでも食べては太る方法を模索しよう。

思えば、今の僕が励行している糖質制限は痩せるためのもの・・・。
炭水化物が太る原因ならば、グルテンだけは避けてもご飯は食べよう。

僕の考えでは、太ることは罪悪ではない。

posted by ままちゃん at 15:10| Comment(0) | 喘息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする