2017年05月20日

ゲップとオナラ

昨夜は小さなゲップが無数に出た。
左を向いてのうつ伏せ寝でも「コホ、コホ」と続けて出る。
胃から上がってきていることは明白。

このゲップは飲み込んだ空気だけだろうか?
胃の中で産生された気体がゲップ。
腸の中で産生された気体がオナラ。

この二つが最近の僕の大きな悩みだ。
上からも下からも出続ける。

僕の消化管では何らかの気体が分解産物として作られている。
それは?
二酸化炭素なのか?

ならば、アルコールは分解されて水と二酸化炭素になる・・・。
僕の消化管でアルコール発酵している???
posted by ままちゃん at 08:06| Comment(0) | 消化器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

右目の奥の痛み

昨夜は11時にうつ伏せ寝で就寝。
12時から1時くらいに気がついた。
ラジオ深夜便のフィリピンからのレポート。

1時からの大阪落語も聴くはめに・・・。
そのころから右目の奥が痛み出した。
体位や頭の向きを変えても痛みは引かない。

結局、夜が白々と明け始めた。
なんとかウトウト・・・。

寝不足のまま起きた。
右目の奥から右の後頭部も連動して痛い。
右の鼻がスーと通ったような痛み・・・。

昨夜は寝ていても鼻水が出ていた。
花粉症から副鼻腔炎が再発して、何らかの原因で左の副鼻腔の一つが通じ始めたか?
昨夜のうつ伏せ寝は枕を抱いて寝たので首に負担がかかったかもしれない。

今朝も右目には痛みがある。
それにも増して右の後頭部が痛い。
本当に花粉なのか温度差なのか?
今朝もクシャミが止まらない。

長く詰まっていた副鼻腔が開放されて痛みが始まったとも考えられる。
左横向きで寝る僕にとっては、左の鼻の鼻詰まりは長年のこと。
右の鼻はさほど詰まることは無いので、簡単に詰まりが抜けたのだろうか?

ともあれ、眼科や脳外科には行く気は毛頭ない。

若い頃に、風邪を引いて鼻をかんだら鼻詰まりは一気に取れてスーッと鼻が痛くなったことを思い出した。
鼻粘膜は敏感だ。

副鼻腔の存在理由も、脳に直接温度が伝わらないような空洞だ。
昨夜はよっぽど起きだして麻黄湯を飲もうかと考えた。
小さなゲップは無数に出るので、これは気管支ではなく食道からの上流物で喉の異変だろう。
posted by ままちゃん at 07:53| Comment(0) | 副鼻腔炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

花粉症

5月になれば僕の花粉症が始まる。
今年もやってきた。
でも5月も半ばを過ぎても一向に治らない。

どころか、今年はびたみんDの大量投与でも改善しない。
朝から晩まで、酷いと夜中に鼻詰まり。

喘息には発展しないのいが唯一の救い。
免疫細胞が鼻の粘膜やら眼の粘膜で活躍してくれている。
そのせいか、アレルゲンが気管支まで到達しない。

斉藤糧三先生の本には、ビタミンDの大量投与で花粉症が劇的に改善するというが・・・?
まだまだ僕のビタミンDが足りないのだろうか?
それとも、日光浴のほうが効果的か?

斉藤先生の本に書かれている情報のほとんどがネット検索で簡単に最初に見つかる。
あまり深くまた広く文献を読んでいないのかもしれない。
それとも、ビタミンに関する文献はもう目新しいものはないのかもしれない。

ビタミンで喘息のような慢性疾患が治るのなら、原因はやっぱり食事だろう。
サプリメントはあくまで食事をサポートするもの・・・。

もう何ヶ月間も添加物を避けた食事を続けている。
徐々にではあるが効果が出てきているようにも思える。
続けよう・・・。

posted by ままちゃん at 07:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月19日

獣医は余っている

最近、世間を騒がせている新設獣医学部の話。
経済特区を旗印に四国に獣医学部の新設があるという。

降って湧いたような話だが、もう来年には開校するまで工事が進んでいる。
アベ総理大臣の大親友が経営する岡山理科大(加計学園)が今治市に獣医学部を新設。

ゴルフや飲み会の度を外した写真・・・。
笑顔のうらにはカネがちらつく。

それに加えて、文科省の管理職から農水省も「総理の意向」だと念を押している。
無茶苦茶な話だろう。

京都産業大学も新設獣医学部に手を上げていた。
それが、関西には大阪府大に獣医学科があるからと、却下された。

それが、獣医関連の研究が皆無の岡山理科大に決まった。
最終的にはどこも手を上げず、この大学だけで決まった。

国有地もタダ同然で提供する。
どこかの日の丸幼稚園の経緯と瓜二つではないか。

人畜共通伝染病の研究に獣医が足りないのだそうな???
???

獣医は余っている。
ましてや、私立の大学の獣医学科を出て研究職に就く学生は皆無。
莫大な授業料のもとを取るためには研究なんてやってられない。
即、開業してカネを掴むのが手っ取り早い。

京大あたりに獣医学部をつくればいい。
東大にあって京大に無かったのも不思議といえば不思議。

東大の学生の中には獣医師国家試験にも興味が無く研究に没頭する獣医さんがいる。
そんな獣医師が必要だろう・・・。

私立のおぼっちゃま獣医を養成してもなんにもならない。
「経済特区」はおぼっちゃま総理の意向でなんとでもなるらしい。
まさに、独裁だ。
官僚が尻尾を振ってついていく・・・。

医学部をいくら作って医者を増やしても病気が減らない。
どころか、医者の数に比例して病気が増えている。

同じことが獣医でも起きているのに・・・。

タオルで有名な今治が中国のニセモノタオルに席巻されて、
今度はニセモノ大学で復讐しようというのか?
今治市民、いや、四国民が笑われている・・・。

裏で蠢いている何かが、日の丸幼稚園や豊洲やオリンピックにそっくりだ・・・。
posted by ままちゃん at 07:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月13日

アメリカのビタミンD審議委員会

アメリカには「ビタミンD審議委員会」という団体がある。
そこでは、喘息の予防に成人で一日5000IUの摂取を推奨している。
この値はMoyerさんのブログで経験する値と同じだ。
斉藤量三先生の「サーファーに花粉症はいない」という本の中に出てくる値も同じ。

日量10000IU以内なら副作用はないという。
やっぱり、今日からは一日4000IUを摂ろう。
これを3ヶ月は続けて初めて結果が出る。

斉藤先生の本に拠れば、4000IU飲んでも、何時間かで効果が切れるという。
体内にビタミンDの蓄えがなければ、すぐに消費されてしまうらしい。
日光浴で10000IU以上は体内でできるとも言う。

それを考えると、日本で処方されるビタミンDの容量は限りなくゼロに近い。
日本は遅れているなあ・・・。
posted by ままちゃん at 18:04| Comment(0) | 喘息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

癌にならない方法はあるのか

14年間、医者と決別して生きた末期の癌患者さんが亡くなった。
フランス料理のシェフだった神尾さんは14年前に末期の前立腺癌と診断された。
ホルモン療法を選んで治療していたが、薬を断つと症状がぶり返す。

抗癌剤を薦める医師と決別する。
これ以上の治療を拒否するにあったって一筆書かされたという。

それ以来、治療を拒んで14年。
前立腺のPSAという癌マーカーみたいな数値も、いつ死んでもおかしくないほどの高値。
以前はヘビースモーカーで酒飲みで甘い物が大好き。
「癌になってもおかしくない」生活だったという。

「余命ゼロ」と診断された人が一切の治療を拒否して「14年」も生きたのである。
このことを今の医療界はどう説明するのだろうか?

著書に詳しく書かれてあるが、今の僕達が日々口にする食物がなんと汚染されていることか!
スーパーで買えるものは全てが偽者だろう。

病気の原因は食にありとはよく言ったものだ。

昨日はうちのお客さんが胃癌で胃を全摘したことを知った。
奥さんが話してくれた。
ヘビースモーカーで、夕食後も食卓でタバコを吸うらしい。
なんど止めてくれと言っても聞かないのだそうな。

2年ほど前に足を複雑骨折して手術後の回復が思わしくなかったという。
痛みは続いていて、今でも痛み止めを飲んでいるという。
痛み止めは胃を荒らすから、タバコに加えて、医者が処方する薬で癌が進行したのだろう。
胃がおかしいと言っては胃薬を飲んでいたらしい。
ある日、突然の吐血。

痛み止めを漢方薬にしてみてらと言ってあげた。
何年も西洋薬を飲み続ける危険性を知らないで癌になったとも言える。
原因はタバコだけではなかったかも?

勿論、なんでこの人が?という健康な人でも突然の癌告知がある。
食べ物は大事だと思う。
posted by ままちゃん at 12:04| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

低気圧と花粉症と喘息

僕は5月の上旬は花粉症が酷い。
スギ花粉とは3ヶ月ほど遅れる。

僕の住む埼玉県の北部は赤城おろしが吹く。
赤城山はスギではなく白樺が多い。
シラカバの花粉。

今年もそうだ。
昨夜は鼻が詰まって眠れなかった。

うつ伏せ寝の右向きで寝たが1時間ほどで目がさめた。
今度はうつ伏せ寝で左向き。
もっと鼻が詰まってくる。

僕の鼻は左が詰まりやすい。
それで、今度は左下の横向き寝。
だが、問題がある。
左肩が痛くて、またうつ伏せ寝になった。

寝入りの時から鼻水が喉に落ちて気管支がゼコゼコ・・・。
低気圧が接近しているからだろうか。

結局、夜中に起きだして小青竜湯を1包飲む。
飲んですぐに口の中から喉のあたりがスッキリ。

直後からコホコホと少しずつゲップが出始めた。
気管支とともに噴門が開き始めた。
漢方の即効性には驚かされる。
そういえば、最近はビタミンDのせいか漢方を飲むのを忘れていた・・・。

朝晩は涼しいが日中は暑い。
この温度差アレルギーか?
昨日はエアコンをつけるまでもなく車の窓を開けて運転した。

それとも、夕食後に飲んだブラックベリーとリンゴとパイナップルのスムージーか?
ブラックベリーもリンゴもバラ科の果物。
シラカバの花粉とバラ科の果物には共通するものがあるらしい。

ビタミンD3を毎日2000単位飲んでもこれだから・・・。
もともと僕のビタミンD値が低すぎるので、2000単位では足りない?

去年も花粉症が酷かったが、今年のそれは内容が違う。
今年の花粉症は何かの拍子で鼻水が出始める。

僕の喘息は逆流性食道炎も一因だろうから、うつ伏せ寝はどうなんだろう?
昨夜も最初は枕を抱いて胸を高く頭を落としてのうつ伏せ寝だったが・・・。

どれもこれもが怪しい。

どなたかのブログに「喘息の原因はカビではないか?」という記事があった。
そういえば、一昨日の晩に久しぶりにエビオスを飲んだ。
エビオスはビール酵母。
酵母菌もカビの一種。

ビタミンD3の大量投与を薦めているアメリカ人のブログ。
彼の喘息の始まりは浴室のカビだった。
花粉症との関連も否定している。

一昨日からキムチを食べ始めた。
韓国人が作る本物のキムチを買ってくる。
添加物がないのが嬉しいが、「アミノ酸」とある・・・。
これは味の素のことだろう。
本当のキムチは味の素を使わずに、昆布で味を出す。
やっぱり、販路に乗る食品はあまり信用できないのか?
疑い出したらきりが無い。

でも、不思議なことに、涙・鼻水・鼻詰まりはあっても、息苦しさはない。
ステロイド吸入をやっていた頃は、喉のゼコゼコから喉に痰がからんで発作だった。
ステロイドを厳格に続けていた2年間は不思議と花粉症が出なかった。
薬で抑え込んでいたためだろう。
ステロイドを完全に辞めて13ヶ月が過ぎた。

出来うる限りのことをやってきたが、低気圧にはかなわない。
ただでさえ狭くなっている気管支が気圧が下がって内側に引っ張られてますます狭くなる。

それとも、低気圧の降雨で湿度が上がることも要因だろうか?
冬場の室内の乾燥が喘息に悪いというが、今冬は加湿器を使わずとも過ごせた。

日本の高湿度の国では身体に余った水分が肺から出るのが痰だという説。
ならば、湿度の低い北国では喘息は少ないのか?
高湿度の南国では喘息は多いのか?

いずれも???

いまのところは、ビタミンD3を連日2000単位飲んでも花粉症が好転しない。
5000単位を週に3日から5日がいいらしい。
僕の毎日2000単位でも同じくらいの量のはずだが・・・。

それとも、集中して5000単位を週に何度か続けるほうがいいのか?
1カプセル2000単位だから、一度に5000単位はできない。
しばらくは4000単位を続けてみようか・・・。
posted by ままちゃん at 08:02| Comment(0) | 喘息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月11日

噛み締め呑気症

僕の臭くないオナラ100連発。
奥歯が噛み合っていると空気を呑むらしい。

オナラ100連発は半年前頃から酷くなった気もする。
その頃から歯の治療を始めた。
それ以降は、歯を気にしながら食べている。

食べたり飲んだりする時に空気を飲み込んでるらしい。
無意識のうちに奥歯が噛み合って空気を飲んでいるのだそうな。
それが胃から腸に達する。
胃からもゲップで出る。

僕の場合は、うつぶせ寝で一日に7時間は奥歯を噛んでいる。
週就寝時に空気を飲み込んでいるのだろうか?

ただの、過敏性腸症候群ではなさそうだ。
僕はそんなに日々のストレスは感じていないし・・・。

うつぶせ寝がオナラの原因ならば、深刻だ。
もう上を向いて寝ることはない。
横向きでもいいが、僕にとってはうつぶせ寝がベスト。

どうする???
posted by ままちゃん at 22:18| Comment(0) | その他の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月09日

喘息の近況報告

ビタミンDの大量投与を始めてからは息苦しいと感じることが無くなった。
花粉症は相変わらずで、僕の場合はビタミンDが効いていない。

今日も快調で、昼食後に痰と咳が出そうなったが、便通とともに症状が無くなった。
思うに、人は何故に一日に1回しか便通がないのだろう?

それは、一日三食が常識で、一日1回の便通も常識。
この二つの常識が今や崩れかけている。

僕の考えでは、一日2食で、便通も一日2回がいい。
最近では漢方も忘れるくらいに順調だ。

うつ伏せ寝が当たり前になっている。
そのせいか、オナラが半端じゃない。
一日に200発は超えるかも・・・。
臭いのもあれば臭わないのもある。

うつ伏せ寝で腸の位置が反転しているせいだろうか?
食べ物はとりたてて普通。
お肉も野菜もご飯も食べる。

とにかく、息苦しいことが無くなった。
そういえば、昨年も花粉症の時期は鼻水と涙で、息苦しかった記憶は無い。

このまま、花粉症が終焉した後も息苦しさが無いのならば、本物だ・・・。
posted by ままちゃん at 14:39| Comment(6) | 喘息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月06日

連休の嫌ーな思い出になった

5月3日、渋滞の中を長男家族がやってきた。
いつもは1時間半くらいで着くのが4時間・・・。
赤ちゃんと子連れで大変だった、もうコリごりだという。

孫に会うのは楽しみ。
夕食はイタリアンレストラン。
僕はその後に職場へ行く用事があったので、車2台で発車。

レストランの駐車場に入る直前の交差点。
交差点の角にレストランがある。
西からでも北側からでも入られる。

西から入ろうとしてまず交差点を右折。
その直後に、「ウー、ウー」というサイレン。
嫌−な思いがよぎった。

そのまま、駐車場に入ると、パトカーも後ろに続いて入って来た。
なんと、僕が右折した交差点は「右折禁止」だったらしい・・・。

いままでも何度か右折したことがあったが・・・。
とにかく、違反は違反。
いい訳は通じない。

減点2点と7000円の罰金。
1週間以内に銀行で払う。
1週間といってもGW中だから、銀行が開くのは来週の月・火・水の三日間しかない。
期日までに支払わないと出頭命令が出るらしい。

昨年の9月に一旦停止を停止したのにブレーキを踏んでいなかったということで違反切符。
その時は家の屋根の修理の人たちのお弁当を買いに行った時。
今回も僕はイタリアンの炭水化物バンバンは嫌だったが・・・。

ゴールド免許の取り消しのダメ押しだった。
なにか、車を運転するのがバカらしくなってきた。
これからは努めて自転車にしよう。
温かい時期だから職場へも自転車を活用しよう。
posted by ままちゃん at 07:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする