2017年05月02日

掌セキ膿ホウ症

うちのお客さんと話していて、僕の持病の喘息に話が及んだ。
ステロイドを切ったこと・・・。

彼女は「掌セキ膿ホウ症」という病気であった。
かかりつけの医者でもなかなか治らずにいたらしい。

ビオチンが効くというので、医者に言ったら、笑われたらしい・・・。
「そんなもの?」と一笑に付されたらしい。

僕と同じで歯の金属を外すこともいいのだが・・・。
僕のビタミンDも同じだが、高容量での投与が日本ではありえない。
医者が処方する薬には、その100分の1くらいの量しかない。
ビオチンもビタミンだから、「アマゾンで注文すればいいよ。」と助言してあげた。

ビタミン投与だけで病気が治ることを受け入れない医者が多い。
これでは薬が売れないし、治ってしまっては患者が戻ってこない・・・。

何という寒々とした医療の現実だろう。
患者はいつも孤独で、医者はしてやったりという顔。

また愚痴をこぼしてしまった・・・。
反省。
posted by ままちゃん at 08:01| Comment(0) | 医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

漢方薬をサボると出る痰?

昨日は就寝後に、時間は覚えていないが、3時くらいか・・・?
急に目がさめた。
ラジオは既に切っていた。

喉の奥のほうで痰が絡む。
咳き込んでも出ない。
それが気道なのか食道なのかもわからない。

何回か咳き込んでも痰が出てくる気配はない。
イガラッポクもない。
ヤバイと思って、麻黄湯を水で飲む。

それまではうつ伏せ寝だったが、それからは枕を抱いて頭を上げてみる。
でも、喉の様子は同じだ・・・。
これでは後鼻漏が喉に落ちる・・・。

朝まではうつ伏せ寝だった。
そのせいかどうか、左肩が痛い。
二日前のポタリングのせいだろう。
いつも二日後に肩痛がくる・・・。

今朝はそれほどの痰はない。
鼻水とクシャミ・・・。

漢方薬を忘れていると、必ずやってくるこの症状。
痰が絡んで苦しいこともなく、発作にもならない。
これは本当に「痰」なのだろうか?
麻黄湯で改善するから、気道からの痰にちがいないのだろう。

まだまだ漢方は切れないな・・・。
ビタミンDとフィシュオイルの効果が出るのが待ち遠しい。
posted by ままちゃん at 07:42| Comment(0) | 喘息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月01日

ビタミンDと喘息

モイヤーさんのブログにある、喘息完治へのビタミンDの一日摂取量が5000IUとある。
彼はこの容量を週に3回くらいだと書いている。

Wikipesiaでは過剰症については10,000IUと書かれている。
とてつもなく高い容量だが・・・。

モイヤーさんの5000IUだって怖いくらいの量だ。
2000IUくらいなら僕にでも適用できるかもしれない。

医者で処方されるビタミンD3は0.5ugが限度。
これをIUに換算すると、20IUになる。

2000IUなら0.5ugのカプセルを100カプセルの量???
一度に100カプセルを飲む?
とても理解できない容量だが・・・。

そこで、アマゾンで検索。
アメリカ製の輸入品で1カプセルに2000IUのビタミンDがある。
早速、注文。

届いて飲んでみたが、そんなに大きなカプセルではない。
何故に、日本製のものがないのだろうか?

0.5ugなんて治りもしない容量の物を処方することで、患者がリピーターになる。
日本では0.25ugなんてものまで処方薬として存在するし・・・。
またまた疑ってしまう・・・。

この1カプセル2000IUのビタミンDを毎日1か2カプセル飲んでみた。
今日で二日目だが、調子は抜群にいい。
漢方を忘れるくらいで、就寝前に怖くなって漢方薬を飲むくらいだ。

フィッシュオイルも「待つ宵草オイル」も注文した。
待ち遠しいが、今のところはビタミンDがよく効いている。

昨日はシラカバ花粉が飛ぶ中をポタリングを何度もやった。
鼻水はそれほどでもない。
昨夜は鼻が詰まって寝苦しかったが、今朝はほとんで痰もない。

「サーファーに花粉症はない」という本を出版した医師。
ビタミンDの大量投与で花粉症が劇的に改善したという。
その容量については何も書かれていない。
隠し事の多い日本にはほとほと嫌になる。

僕は尿管結石の持病があるので、ビタミンDの大量投与はマズイかも?
だが、喘息で息が苦しいことに比べれば・・・。

posted by ままちゃん at 09:19| Comment(0) | 喘息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月30日

ステロイド吸入薬と「うつ」

僕がステロイド吸入薬を始めたのが2009年10月。
それから半年後に「うつ」と診断された。

アメリカの喘息ブログを覗いていたら、この吸入薬で精神を害する人が何人もいることがわかった。
イライラや情緒不安や不眠・・・。
僕の「うつ」がこの薬が原因だとは不明だが・・・。

ステロイドの吸入は飲み薬よりもはるかに安全だと医者は言う。
でも、身体がステロイドを吸収しているから、脳にも副作用が出ているのではないのか?

日本国内では、ステロイド吸入薬と「うつ」との関係はネットでも出てこない。
最近、僕が覗き始めたブログでは、この吸入薬のことを疑っている。

何故に日本とアメリカではこうまで違うのか・・・?

「自分の身は自分で守る」という徹底した考え方。
それがいい方に向いたら、こんな素晴らしいブログが誕生する。
悪い方に向いたら、銃社会だ・・・。

僕はステロイド吸入薬と高価な抗アレルギー剤を完全にやめて13ヶ月が過ぎた。
この事実を書いても書いても、それほどの反応(コメント)はない・・・。
「喘息を完治させる」という意識がアメリカ人に比べて低いのだろうか?
そのせいでは、アメリカの方がネットサーフィンが盛んなのだろう。
まだまだ、日本人は医者を信じている。

喘息薬と「うつ」の関係を疑う医者はいないのだろうか?
posted by ままちゃん at 22:19| Comment(0) | 喘息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月28日

喘息と花粉症

僕はステロイド吸入薬と抗アレルギー剤を止めてから13ヶ月になる。
その間、花粉症に悩まされている。
でも、それが喘息の悪化にはつながらない。

今年も、シラカバの花粉が飛びはじめている。
家の前の田圃には小麦が実をつけ初めている・・・。
つまり、小麦の花が、花粉が・・・。

この時期はシラカバと小麦の花粉でダブルパンチだ。

昨夜はそれほどの花粉症の症状はなかったが、夜中に咳き込んだ。
痰が出ないが喉の奥のほう・・・。
それが気管支なのか食道なのか・・・?

飛び起きて麻黄湯とムコダイン。
結局、朝まで眠れなかった。
2時間ほどでしてから、痰が出始めた。
ムコダインの効果か?

5時になって明るくなり始めた。
トイレで大。
昨晩は臭いオナラが出始めたので、午後10時頃に便を出したのに・・・。

昨日は朝食はなしで昼食はバナナ1本とサンマ缶詰1個。
夕食は卵かけご飯にオカズとナッツにチューハイ缶。

どうも、このアルコールが原因かもしれない・・・?
二晩連続のチューハイはいかがなものか?

今朝は朝から喉がイガラッポイ。
痰が絡んで喉がガラガラ・・・。

昨夜は眠れなくて、痰が怖くて朝までうつ伏せ寝。
だが、5時に目がさめてからは仰向け寝だった。
これが鼻水を喉に落としてしまったのだろうか?

どういうわけか、うつ伏せ寝が苦しくて仰向け寝になっていた。
それと、丸一日漢方薬を忘れていた。
ビタミンDの高用量投与のせいか息苦しさもなかった。

まだまだ漢方はやめられない・・・?

それと、今朝も、息苦しくてうつ伏せ寝ができないときにオナラが出ると楽になる。
これは何を意味するのだろう?

昨夜も麻黄湯を飲んだ後からゲップがコホコホ出始めた。
明らかに、噴門が開き始めた証拠だろう。
麻黄の気管支拡張作用で噴門が開いたことは明白。

モイヤーさんのブログでも逆流性食道炎と喘息の関係に触れている。

喘息の発作は夜中に起きることから、喘息は副交感神経が関与すると言われている。
しかし、僕自身の経験からは、横になることで食道が水平になることのほうが問題だ。

つまり、胃から喉に胃酸が逆流することで咽頭・喉頭部に炎症が起きる。
これが喘息を悪化させるのか、それとも、これが喘息の本当の原因なのか???

僕の喘息の形態が変化してきているのかどうかは自分でもはっきりとはわからない。
モイヤーさんも花粉症と喘息の関係を否定している。

posted by ままちゃん at 07:58| Comment(0) | 喘息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月27日

モイヤーさんの喘息完治三原則

アメリカ人喘息完治ブログ。
読めば読むほどに僕の喘息に似ていて、試行錯誤もピッタリ一致する。

その彼が行き着いた三原則。

1)ビタミンDの大量投与(正常量の30倍を超える量)
2)グルテンフリー・カゼインフリーでパレオダイエット
   小麦製品や乳製品を避ける。加工食品は食べない。
3)ナスやピーマンなどのナス科野菜を食べない。

これに加えて、マグネシウム剤やビタミンCなど・・・。

基本はパレオダイエットとビタミンD。
こんなにも簡単にできるのなら、何故に医者はチャレンジしないのか?
カネにならないからだろうか?
疑い出したらきりが無いが、何故?何故?何故?

僕も最近はこの方法を踏襲し始めた。
半年間は続けてみてからの結果を期待しよう。
posted by ままちゃん at 16:33| Comment(0) | 喘息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月25日

パレオダイエットで喘息完治

パレオダイエットとは旧石器時代の食事。
狩猟で食べ物を得ていた頃の食事。
「先住民食」というのに似ている。

砂糖・食塩・芋・穀物・乳製品などは避ける。
お肉やナッツはOK。
糖質制限に準ずるものかも・・・。
加工食品は論外。

アメリカのブログに綴られた喘息完治方法。
その中の食事がこのパレオダイエット。

この他にも、ビタミンDの高容量、オメガ3、マグネシウムのサプリメント。
これが全てで、喘息が劇的に改善する。

アメリカのこととて、漢方薬は出てこない。
体重が減ったとあるから、少食も一因かもしれないが・・・。

その後のアップでは、120人がコメントしている。
アメリカでも同じような苦しみを味わっている人達が大勢いる・・・。

「あなたは決して独りではない。一緒に闘いましょう。」と言う声が聞えるようだ・・・。

posted by ままちゃん at 17:03| Comment(0) | 喘息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アメリカはやっぱり凄い、日本はまだまだ閉鎖的

僕は喘息になってから、それを治そうと色々なことを試みてきた。
ネットサーフィンももう何年になるか・・・。

このブログで発信することが日課になった。
ときに、あり難いコメントをいただくこともある。
本当はコメントを待ち続けているのだけれども・・・。

毎日が「喘息」に関するネット検索が日課だ。
いや、毎日ではなく、毎分とでも言えるかもしれない・・・。

それほど探しても日本国内のブログに飽き飽きしていた。
自身の喘息体験をブログに綴る人はいても、ほとんどが現代医学から抜けきらない。
あれやこれやを試す人はいるばずだのに・・・。

今回、もしやと思って、アメリカのyahooにて検索してみた。
「喘息・治癒・自然」を英語で入れてみた。

なんと、あるではないか・・・。

そのうちの一つに目が止まった。
書かれていることの90%は僕がもうすでに試行していることだった。
その中には僕と同じく試行錯誤で、採用か断念かが結果として挙げられている。

日時を見ると2010年7月になっている。
78人もの人がコメントしている・・・。

日本人のブログの数はアメリカを抜いて世界一らしい。
でも、本気で自分の経験を人にオープンする人は皆無かもしれない。

勿論、このブログを読んでみても、それほどの新しい事実は見当たらない。
けれど、同じように苦しんで試行錯誤に明け暮れている人がいるということがあり難い。
孤独な闘いからフッと一息つける。

難病で苦しむ人にとって、同病の闘友が唯一の心を開いて縋ることのできる対象だ。
これ以外には暗闇に一条の光を感じるものはない。
posted by ままちゃん at 09:35| Comment(0) | 喘息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月24日

空腹時の酸素濃度

今朝は100%だった酸素濃度が昼前には97になって、昼食後は96%。
いかに空腹時の肺と気管支がいい状態かがわかる。

腹を凹ませたままでは仕事はできても、「痩せました?」という嫌な質問にあう。
昼食は帰宅して昨夜の残りのチャーハン。
ブドウとパインナップル。

僕の喘息が息苦しさだけになったことと、今日もオナラが100連発・・・。
体質が変わりつつあるのだろうか?
漢方のせいだろうか?

狭くなった気管支の慢性炎症は少しずつ改善していても、広がることはないのか?
炎症が治まってきても元には戻らない・・・?

一日1食が実現できればいいのだが・・・。
posted by ままちゃん at 14:33| Comment(0) | 喘息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

酸素濃度100%!

久しぶりに、というか、初めてというか・・・。
今朝の酸素濃度が「100%」を示した。

何故?
昨日の食生活を省みる。

朝は8時起床。
食べないで、教会へ行く。
ミサが終わって職場へ。
帰りに生協でバナナと牛乳を買う。
帰宅後、牛乳入りドリップコーヒー。
パインナップルとバナナを食べる。
お昼は独りでジョイフルホンダへ行く。
へちまの苗二つとスタミナドリンクを1箱買う。
買ったドリンク1本とバナナ1本を車中で食べる。
帰宅後もバナナとパインナップルを食べる。
夕食は黄色と赤のパプリカとピーマンと玉ねぎと鶏肉と卵でチャーハン。
炊き立てのご飯に生卵に塩昆布。
その後はシャワー。
ヤクルト2本とリンゴを少し食べる。
昆布茶に麻黄湯半分と六君子湯を入れて飲む。
就寝前にヤクルト1本。

夜中に鼻が詰まって何度も目がさめる。
左の鼻が詰まるので、右向きの横寝。
詰まった左から右に鼻つまりが移動。
かえって苦しくなり、右向きのうつ伏せ寝で5時頃に目がさめる。
1時間くらいウトウト・・・。

そろそろシラカバの花粉が飛び始めている・・・。

今朝は便がスムーズに出る。
昨日はご飯は1食に近いのに随分と多く便が出た。

通勤車中で水を100ccほど飲む。
職場でインスタントコーヒーにココナツオイルと牛乳。
またインスタントコーヒーにフラクトオリゴ糖と牛乳。
バナナを2本。

それから、酸素濃度の測定だった・・・。
100%が出たときは驚きというよりも、昨日の果物がよかったという確信。

一日1食で、朝と昼は果物だけ・・・。
これを続けたいが、痩せていく僕を見る妻の顔が痛ましい・・・。

それとも、花粉症が出始めると喘息が軽減する?
痰が出て息苦しくなる前に鼻から鼻水となって体外へ出るせいだろうか?

どうも、よくわからないままだ・・・。
posted by ままちゃん at 08:58| Comment(0) | 喘息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする