2017年09月13日

喘息に尿療法は有効か?

自分の尿を飲み始めたばかりだが・・・。
やはり自分の尿を飲む姿は人には見せられない。

隠れてする行為は何か罪悪感がある。
しかし、それも我慢しよう。

尿を飲んで喘息が完治したという話は聞いたことがない。
ネットにはそれらしきことも書いてあるが・・・。

免疫寛容という言葉に僕は大変興味がある。
これは減感作療法と一致する。

僕の喘息の原因が排気ガスやらの化学物質ならば、それが気道に入って起きるアレルギー反応。
その際には、気道粘膜上でアレルゲンと免疫細胞が反応する。
抗原抗体反応の一つだろう。

抗原(アレルゲン)が僕の免疫細胞と反応して抗体を作る。
抗体だけではなく、何かの反応副産物があるはずだ。
それが血中に入り、脳に「気管支を閉めろ」と命令する。

その副産物はやがては腎臓から排出される。
それがいつまでも体内にあれば、永久に僕の気管支は閉じたままだ・・・。

やがては、尿中に出てくる。
それを飲めば、腸まで達する。
腸粘膜上の免疫細胞がそれをキャッチする。

一日に何度もこれが繰り返されると、腸の免疫細胞もいずれは寛容を示すようになる。
これが僕の仮説だ。

痰に含まれる抗原(アレルゲン)をそのまま飲み込むことでも腸の免疫寛容が期待できる。
が、そんなことは何度もあるわけではない。

猫にも喘息があるが、喘息死はない。
猫は人のように痰を吐くことを知らない。
飲み込んでいるうちに寛容が成立する。

血中に出た抗原抗体反応の副産物は身体にとっていらないもの。
抗原(アレルゲン)は早く体外に出すのがいい。
だが、そこに抗体がくっついているのならば、再度利用しようじゃないか。

糞便移植のような突拍子もない方法で難病が完治する。
他人のウンチをもらうなんて、誰が想像できる?

オシッコを飲むのだって、誰が想像できる?

継続は力なり。
続けようと思う。
posted by ままちゃん at 15:38| Comment(0) | 僕の仮説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不調の朝

今朝は休日で7時半起床。
妻の運転免許の更新で付きそうつもりが、起きたらもう妻は家を出る用意。
結局、妻は一人で行った。

休みの日は1時間あまりの寝坊。
昨夜は左横向き寝で寝入った。
明け方になってうつぶせ寝。

起きた時はなんだか喉に違和感。
少し息苦しい。
おそらく、気管支に痰が少しある。

ガーガーやっても出るほどの痰の量ではない。
昨夜の残りのお粥と目玉焼きを食べる。
右手の指がむくんでいる。

9月も半ばになると朝夕が涼しい。
今日も曇ったような晴れたようなパットしない天気。
喘息にはよくない気候。

朝食後に、オメガ3とビタミンC・Dとラックビーを飲む。
昼も同じで、夜はビタミンEとマグネシウムが加わる。
ビタミンB複合剤は時折・・・。

睡眠導入剤は4分の1か半錠。
これでよく眠れるのだが、身体の免疫力も粘膜運動も落としてしまう。
睡眠剤というものは身体の代謝を落として交感神経を麻痺させる。

昨夜は8時間は眠った。
いつもはラジオを聴きながらで6時間くらいだ。

いずれにせよ、今日の体調は良くない。
昨日の病院の食堂で食べた味噌ラーメンが尾を引いているのか?

ラーメンの小麦粉が原因?
小麦粉を使った麺類は避けていた。
ピザもパンも食べなくなって久しい。
やっぱり、ご飯だけでもいいな。

遅延型アレルギーは疑わしい食材を何週間も避けてみないとわからないらしい。
それと、涼しくなってくると、鼻炎の再発で後鼻漏が痰の原因になる。

昨日も今日も喉にちょっと痰があるだけで落ち込んでしまう。
この気の弱さは死ぬまで続くんだろうな・・・。
posted by ままちゃん at 08:46| Comment(0) | 喘息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月12日

統合医療という分野

薬を処方するだけの医療。
それで治るのなら、文句はないが・・・。

僕の喘息にしても、呼吸器内科で診ていただいているが、僕は満足したことがない。
成人喘息が治らないのなら、それでも他の療法を試すとかの進歩がないのには閉口する。

喘息の原因にしても、低血糖やら副腎疲労やらの完治の糸口はいつもアメリカからだ。
日本国内のブログでは見つからないような自由な意見がアメリカのブログにはある。
アメリカでは、医者本人がブログを開設している。

喘息は治らない。
吸入ステロイドを朝晩に吸う。
抗アレルギー剤を飲む。
去痰剤。
気管支拡張剤。

これらの薬剤に疑問を持って、僕は漢方に逃げた。
それでも、完治は程遠い。

Dr.Richard Firshein
Dr.James Wilson
Dr.Andrew Weil

この三人のアメリカ人のブログに行き着いた。
ここから僕の前に光がパッと閃いた。

Mr.J.D.Moyerさんのブログが最初だった。
ここから、もう日本人のブログをいくら探しても本当のことはわからないと結論。
もちろん、アマゾンで翻訳書を読むのほうが早い。

患者の立場に立って寄り添う医療に徹する医者ならば、統合医療はあたりまえだろう。
初めから治そうという意思があるのならば、薬の処方だけでは終わらないはずだが・・・。

薬を貰って完結する医療とは何ぞや???
それで治れば誰も文句はないが・・・。
posted by ままちゃん at 16:55| Comment(2) | 医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

喘息外来での血液検査

血液検査で悪玉コレステロール値が下がって、中性脂肪が上がった。
赤血球もヘモグロビンも下がった。
ヘマトクリットという血液の中の血球%も下がった。

これは?いったい?
血液が薄くなれば血球%も下がるのはあたりまえ。

赤血球の数も一定の容積の中にどれだけあるかという%だ。
だから、水毒ではどれも下がってあたりまえだ。
ただ、いつもどおりにアルブミンが低い。

悪玉コレステロール値が下がったことで主治医は満足。
中性脂肪が上がったことには触れない・・・。

貧血ぎみだから、腸管内での出血なら問題だと言う。
何故に腸管からの出血を疑うのだろう。
ステロイドの長期使用で腸管出血があることは僕も知っている。

吸入ステロイドは肺からは吸収されないから安全などというのは医者が信じていない証拠だろう。
腸管出血を疑われては困る。
何故なら、僕はもう17ヶ月間もステロイド吸入を止めている。

今回もパルミコートを処方。
断ることができないでいる。
これを断れば、喘息が悪化したときに、真っ先に僕のせいにされる。
ただ、総合病院だから他の医者の手前もあって、喘息に薬を処方しないわけにはいかないだろう。

今日は朝はろくに食べていない。
仕事を終えて12時過ぎに総合病院へ着く。
受付をしてすぐに2階の食道で味噌ラーメンを食べる。

その直前に採血して、血糖値は101だった。
飴を舐めたりしていたから・・・。

どうも、本当に悪玉コレステロールを下げる必要があるのだろうか?
僕はコレステロールが少々高いときのほうが、血液検査の値は良かった。

病院を出たのが1時40分。
その頃には喉に痰がからんで咳が出る。
ラーメンが良くなかったか?
posted by ままちゃん at 14:40| Comment(0) | コレステロール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月08日

低血糖予防対策

僕の喘息完治計画に「低血糖改善対策」が入った。

副腎疲労で低血糖になってコルチゾールが枯渇して気管支の慢性炎症が治まらない。
ならば、低血糖を改善すれば喘息も改善されるはず・・・。

本当のところは、僕が本当に副腎疲労で低血糖かどうかは誰も知らない。
けど、僕の症状からして、ある程度の確信がある。

高血糖ならば糖尿病だから医者は治療する。
だが、低血糖というのは病名じゃない。
確かに、「低血糖症」という病気はあるにはあるが・・・。

胃下垂と同じく低血糖も医者には治せない症状だ。
つまりは僕自身が食事の時間や中身を吟味して続けるしかない。

昨夜は就寝前に砂糖入りの生姜湯粉をお湯で溶いて飲んだ。
今朝も甘い物を食べてから家を出た。

職場では梨をむいて食べた。
オカキをポリポリ。
コーヒーにたっぷりの黒糖を入れて飲む。

朝と朝食後と昼食後と夕食後に血糖値が下がらないように維持するようにする。
食事で血糖値が上がってインシュリンが出て急激に血糖値が下がる。
そのときに血糖を維持するように何かを食べる。

今日はオカキやらおせんべいやらチョコレートやのど飴を買って来た。
これを活用していこう。

いつでも血糖値を一定にすることは至難の業。
でも、それで喘息が治るのならやるしかない。

果たして、僕は低血糖でもなくて何の改善もないかもしれない。
でも、ここまできたら、あらゆることに挑戦するしかない。

そのせいか、今日は息苦しく感じることがない。
お菓子を食べ過ぎて喉がゼコゼコするが・・・。

食事では塩を摂ることを重視。
間食でも血糖値を下げないようなオヤツがいい。

10時と3時のオヤツタイム。
寝しなのオヤツ。

この習慣は昔からあったではないか。
進んだ現代医学でも予防すら出来ない病気を昔の人達は簡単に予防していたことになる。

胃下垂矯正も低血糖改善もカネにならないことは医療に必要がないのか?
とにかく、僕の喘息改善に「低血糖」というキーワードが加わった。
posted by ままちゃん at 17:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

糖尿病患者に喘息はない

糖尿病患者に喘息が少ないという事実。
これは本当らしい。

喘息の悪化は低血糖だという。
食後に息苦しくなるのは食べ物が胃に入って横隔膜の上下が邪魔されるからだろう。

糖尿病患者50人が糖質制限で劇的に改善したという本もある。
一人一人の病気と食生活が詳しく書かれている。
糖質制限と喘息の関係を知りたくて眼を皿のようにして読んだ。
だが、どこにも「喘息」の合併症として糖尿病はない・・・。

僕の場合は朝食抜きの午前中から昼食直前が最も息苦しい。
昼食後は落ち着く。

明け方に喘息発作は起きるのも低血糖状態だから・・・。
朝の起床時には最も低血糖だろう。

完全な糖尿病なら血糖値スパイクはない。
でも、糖尿病予備軍ではあり得る。

糖尿病になれば喘息が治るのだろうか?
ありうるらしい。

血糖値がいつも同じように多少高い方が喘息にはいいのだろうか?
いつも甘い飴を舐めてもいいが、歯には最悪だ。

そう言えば、朝食抜きを始めてから痩せ始めて低血糖が始まった。
仕事を終えて帰宅途中の車内で息苦しくなるのも低血糖のせい?
明日からは多少の甘い飲料も飲んでみよう。
posted by ままちゃん at 07:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月07日

ニガウリ(ゴーヤ)に気管支拡張作用

ネットサーフィンで見つけた情報。
4年前にアメリカのマサチューセッツ大の研究で、ゴーヤの気管支拡張効果を確認したという。

ニガウリの苦味がその成分らしい。
気管支平滑筋にカルシウムが流入して収縮させる。
ニガウリの苦味成分がカルシウムの流入を防ぐという。

苦味と言えば、高槻の松本先生も漢方煎じ薬が効くのはその苦味のせいだという持論。
なんだか、同じような結論だが、一方は漢方で他方はニガウリ。

生薬と野菜だ・・・。
どっちも化学薬品ではないところが嬉しい。

これからは冬でもニガウリを食べるようにしたい。

「気管支拡張作用と食べ物」で検索しても何もヒットしない。
ニガウリがヒットしたのは今日が初めてだった。
posted by ままちゃん at 20:42| Comment(0) | 喘息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

喘息と息苦しさとの関係

今日は午前中の仕事をこなしている時、10時頃に息苦しさを感じ始めた。
12時になってお弁当を食べ始めた。
食べ始めは息苦しくて、全部食べられるだろうかと心配だった。
だが、食べ終わったら、息苦しさはなくなっていた???

何年か前、喘息と診断される前、声を出すと咳が出て、空腹時にも咳が出たことがあった。
満腹すると咳が消える。
それは、今から思うと、咳喘息だったのだろう。

今では、薬を止めてからは、痰も咳もほとんど出ない。
でも、時折、息苦しいと感じることが頻繁にある。

気管支が狭くなっている上に、何かのアレルゲンを吸って、それ以上に狭くなる。
食事で呼吸が楽になるというのは???

喘息患者は食事で呼吸が難しくなるのはわかるが・・・。
食べ物の匂いや味が気管支を広げるのだろうか?
確かに、今日は昼食後に息が楽になったが、1時間後にはまた息苦しさが戻ってきた。

昨日までは、食後に喉がゼコゼコすることもあるので、胃下垂を疑った。
食後に改善する息苦しさとは一体???

それと、最近、声嗄れがする。
喘息でも声が嗄れることがあるのだろうか?
喉頭部の炎症で声が嗄れる。

喘息は気管支の慢性炎症。
鼻道から咽頭・喉頭までの炎症なら喘息とは言わない。

one way one dideseaseといって、一つの疾患として診る傾向にはあるが・・・。
喘息の息苦しさが気管支の狭窄だけでは説明がつかない。
何故ならば、この「息苦しさ」は突然起きて突然消える。

一日中の息苦しさはない。
発作に到らず、息が戻るのは何故?

今朝は下っ腹に力が入らずに、空腹のせいではないかと、オカキを食べた。
そのせいだろうか?
生姜紅茶に黒糖も入れて飲んだ。
カフェインのせい?

昼間はそれほどでもないが、夜になって就寝時に横になるのが怖い。
横になって息が苦しいのは、やっぱ喘息なのだろうな。

なら、食事とともにカフェインの効果が切れるというのは?
posted by ままちゃん at 15:08| Comment(0) | 喘息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨夜の睡眠

昨夜はうつ伏せ寝が苦しいので、左横向き寝で寝入った。
3回のオシッコで起きる。
夜中からは左の半仰向け寝。

呼吸は楽だったが、今朝は咳が出る。
痰は絡まないが、気道の炎症がわかる。

後鼻漏だろうか?
昨日も鼻水が出ていた。
昨夜は涼しいのを通り越して寒いくらいで、長袖のジャージに長ズボンで寝た。

やっぱり、うつ伏せ寝のほうがいいのかもしれないが・・・。
座布団を下に入れた傾斜ベッドにしてからは逆食がなくなった。
後鼻漏が問題だ。

それにしても、寝ることがこんなに苦しいなんて・・・。
熟睡できていないようでも、昼間にウトウトすることはない。

喘息も昨年に比べるとはるかに改善している。
体重が減ったことで幻滅しているのだが・・・。
posted by ままちゃん at 10:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月06日

梨の水毒

梨の季節だ。
友達に梨を送るので、梨農家で注文する。
宅急便で送ってくれる。
いつも、何個かをタダでくれる。

この季節はお客さんからも沢山の梨をいただく。
妻はあまり食べないので僕が食べることになる。

梨は咳にもいいらしいが、食べすぎると「水毒」になる。

今日は休日だが、朝から梨。
おそらく、これからは毎日食べることになる。

一日に3個は食べる。
梨は足が速いから、それくらい食べないと腐ってしまう。

水毒だとわかっていながら食べてしまう。
貧乏性。
そのせいか、今日は息苦しい。
posted by ままちゃん at 16:49| Comment(0) | 喘息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする