2017年10月26日

寝相再考

食事では旧石器時代の食べ物が見直されている。
その時代の人達はどんな寝相だったのだろうか?

今のようなベッドもなければ、温かい布団もなかっただろう。
木の枝や枯葉や動物の皮などを敷いて寝ていたのだろうか?
それ以外には思いつかないが・・・。

上を向いて枕をして布団をかけて寝ていたはずはない。
天敵はいなかったにしても、お腹を出して寝ることはなかっただろう。

お腹を上にして寝るとお腹が冷える。
敷くものにもよるが、背骨が痛いだろう。
その時の敷物によっては横向き寝が妥当だ。

動物の毛皮なんぞを抱いて寝ていたかもしれない。
抱き枕だ・・・。
ならば、うつ伏せ寝もありうる。

平らな寝床はなかっただろう・・・。
むしろ、平らな寝床のほうが不自然。
そんなものは自然界にはありえない。

僕は喘息になってからはうつ伏せ寝が向いていると思う。
昨夜もほとんどうつ伏せ寝だった。
が、問題ありだ・・・。

逆食を防止するために、僕のベッドは頭部を高く傾斜させてある。
その分、うつ伏せ寝だと、耳が痛い。
首も痛い・・・。

抱き枕をすると、首はさほど痛くない。
うつ伏せ寝では顔を左右のどっちかに向ける。
一晩に何度も左右を変える。
それでも、朝には首が痛い。

うつ伏せ寝はなんとなく熟睡できないようだ・・・。
どちらかの腕で首の痛みを抑えているような感じ。
そう、朝まで腕の筋肉を使っているような・・・。

それでも、昼間にアクビをすることはない。
睡眠不足を実感することもない。

そもそも、人間が仰向けに眠ることが正常だと考えるのは何故か?
西原式健康法では、枕なしで仰向け寝は一番いいという。

仰向け寝の問題点。
背骨や腎臓が圧迫される。
お腹が冷える。
誤嚥する。
そう、死に繋がる。

うつ伏せ寝の問題点。
首が痛い。
耳が痛い。
顎関節がずれる。
そう、死に繋がるほどではない。

どちらも問題ありだ・・・。
でも、長所もある。

ここで、両者を比較する前に、どちらが自然に近い寝相か???
イヌやネコをみていて思う。
仰向けでは寝ない。

動物の胸の形は人間とは違う。
人の胸は平らだが、動物はとがっている。
だから、横向き寝があっている。

人間の胸は平らでうつ伏せで寝るようにできている。
仰向けでは背骨が邪魔する。

動物のように横向き寝ではどうか?
肩が痛いし、枕がないと首が痛い。
平らな胸と背中は、横向きではバランスがとれない。
若干の「上」か「下」向きにならざるをえない。

つまり、横向き寝では、枕や何かの手助けがないと安定しない。
どう考えても、人はうつ伏せ寝が正しい。

抱き枕をようなもので、頭は若干下向きがいい。

旧石器時代には人はどんな寝相だったのだろう???
そこに解決の糸口がありそうだ・・・。
posted by ままちゃん at 07:44| Comment(0) | うつぶせ寝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月24日

アルギン酸ナトリウム

僕の胆汁は出続けている。
それが喉まで逆流する。
食後は食物と一緒に十二指腸へと落ちる。

空腹時は胆汁だけが出続けて脂質がないと意味が無い。
脂質を乳化して消化しやすくする。

この胆汁酸はアルギン酸ナトリウムを結合するらしい。
結合すればもう胆汁ではない。

アルギン酸ナトリウムは海草の粘り気にある。
ならば、昆布茶を寝る前に飲んでみよう。
就寝中に出続ける胆汁と結合させてみよう。
posted by ままちゃん at 16:47| Comment(0) | 逆流性食道炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

胆汁の逆流

僕は1985年に胆嚢を切除した。
腹部に鈍痛が続いて、超音波検査で、「胆嚢に何かがあります。」との診断。
その「何か」は切ってみないとわからないという。

当時、僕は東京の目黒に住んでいた。
妻子は海外に残しての単身赴任のような生活だった。

職場に近い中野総合病院で、開腹手術で胆嚢を全部取った。
当時はまだ内視鏡手術はなかった。
手術直後は食べ物で下痢をしていたが、今では忘れているくらいだった。

胆嚢は胆汁を溜める袋。
食べ物の脂質を乳化して消化しやすくするのが胆汁の役割。
胆嚢で濃縮した胆汁が一度にドバットと出る。

僕の場合は胆汁が24時間出続けている。
十二指腸から胃を経て食道にまで逆流するというから恐ろしい。

就寝中ももちろん出続けている。
これが逆流しないはずがない。

就寝中は小腸には食べ物はない。
小腸は空っぽ。
食べ物が少しでもあれば、胆汁はそれに吸収される。
空っぽの小腸には胆汁が入り込むスペースはほとんどない。

それで、胃の幽門部から毛細管現象で胃に逆流する。
胆汁はアルカリ性だから、それに対抗するように胃酸が出る。
胃酸過多・・・。

これで、僕の逆食が悪化する原因がわかる。
昼間は重力の法則で胆汁は腸へ落ちる。

夜間の咳き込みや痰のからみで喘息発作が起きる原因になる。
胆汁は苦いらしい。
思えば、発作時の痰はいつも苦い・・・。

出続ける胆汁を止めることはできないし・・・。
解決策はないものだろうか?
posted by ままちゃん at 08:32| Comment(0) | 逆流性食道炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

朝の不調

喘息になってからというもの、朝の不具合が一日の始まりとして滅入ることがある。
今朝もそうだ。

起きぬけに喉がスースーする。
便は出るが、痰も出る。

出勤の車中で痰が出る。
久しぶりのこと・・・。

咳をして気管支の奥で痰がからむ。
無理して出すことを試みない。
発作に繋がるから・・・。

昨夜の反省点。
夕食は天ぷら、脂っこい物は避けたかったが妻が作ってくれたもの・・・。
夕食後はダンベル。
その後はヨーグルトにプロテインを入れる。
お茶でエビオスを飲む。

寝相はうつ伏せ寝を止めて横向き寝。
耳の痛くならないという、もらった枕。
頭を高くしているので、後鼻漏が落ちたかも?
いつもマスクをしているので、アレルゲンを吸った可能性は低い。

上半身が高くなるようにベッドに傾斜をつけている。
お陰で、胸焼けはほとんどなくなった。

上半身を高くすることはいいのだが、
頭を高くすると後鼻漏の問題が生じる。

以前は水平なベッドで枕なしで頭を肩よりも落として寝ていた。
これで後鼻漏の問題が解決していた。
だが、逆食による痰に悩まされた。

胆汁の逆流の疑惑が持ち上がってからは、ますます頭部を下げることはできなくなった。
昨夜は冷え込んだせいもある。
布団の中と外気との温度差。

この温度差で鼻水が出る。
それが後鼻漏となって喉に落ちる。
頭を下げなければ鼻は詰まっても喉には落ちない。

消化剤のお陰で消化が良くなってからは息苦しさも改善していた。
寒くなると衣服を重ね着する。
埃も飛ぶ・・・。

喘息の原因が呼吸器だけの問題ならば、僕の憶測は当たらない。

絶好調からの転落だから、落胆の度合いは大きい。

ただ、一つは、胆汁の逆流の対応策はないものだろうか?
同じように胆嚢を切除して、僕と同じような症状に苦しむ人はいないのだろうか?

もう死ぬまで上を向いて眠れないのだろうな・・・。
posted by ままちゃん at 07:55| Comment(0) | 喘息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月23日

寝相が定まらない

うつ伏せ寝では顎に力が入って顎関節がずれる。
横向き寝は耳が圧迫されて痛い。
うえむきねは唾液と痰が詰まって発作につながる。

今はベッドに傾斜をつけて頭を高くして寝ている。
傾斜がないと逆食が怖いが、うつ伏せ寝でも横向き寝でも耳は痛くない。

枕をして頭だけを高くして眠ると、鼻水が喉に落ちる・・・。
僕の喘息が逆食からくることはもう明白。
胆汁の逆流もあれば尚更だ。

寝るのにこれほどの違和感があるというのはどういうことか?
身体を休めるための睡眠が僕にとっては苦痛。

よく眠った朝に限って喉がゼコゼコ。
睡眠不足のほうが体調はいい。

これは自律神経のアンバランスからくるのか?

「寝るのが怖い」日々が続く。
posted by ままちゃん at 11:00| Comment(0) | うつぶせ寝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

胃の痛み

糖質制限を始めてから、一日に何度か胃が焼けるように痛むことがある。
食事後が多い。
胃潰瘍だろうか?

糖質制限で糖分が足りない分、脂質を補う。
だが、脂質は胃の噴門を開ける作用がある。
噴門も幽門も開くなら、胆汁の逆流もあるだろう。

牛乳にバターを入れる。
コーヒーにココナツオイルを入れる。
お肉も脂を気にしないで食べる。

ご飯や野菜が脂質を吸着していたのだろうか?
それとも、完全な糖質制限ではないことで起きることなのだろうか?

今朝は喉のゼコゼコがある。
気管だか食道だかがスースーする。
咳も出る。

この胃の痛みを解消するために、脂質を控えてみよう。
結果オーライならば、僕の指摘が当たったことになる。

先達のいない孤独な闘いだ・・・。
posted by ままちゃん at 07:59| Comment(0) | 糖質制限 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

超大型台風

伊勢湾台風並みの大型台風がやってきた。
昨日から雨が凄い。

ただ、思ったよりも強風ではない。
今朝も普通どおりに出勤した。

気象庁は大袈裟に発表するようになった。
たしかに、田圃は溢れんばかりに水が溜まっている。

道には風で飛んできた物が散乱することもなかった。
風速もさることながら、台風が進む速度が速い。
時速60キロくらいで進むから、1日で通過してしまった。

とりあえず、被害が無かったことがよかった。
それよりも、台風がくる前の長雨のほうが気になる。
posted by ままちゃん at 07:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

衆議院選挙

伊勢湾台風並みの大型台風が来た。
930ヘクトパスカルという超大型。

昨日は日曜日で衆議院選挙の投票日。
結果は自公の圧勝で最悪の結果だった。

しかし、僕が投票した「立憲民主党」が大幅に議席を獲得して野党第一党になった。
「希望の党」を抜いた。

民進党がほとんど解体状態で、希望の党に移った議員が大勢いる。
憲法改正に反対で、原発にも反対する僕のような有権者には入れる党がなかった。

そこで、枝野さんが立ち上げた「立憲民主党」。
野党で将来性のある受け皿として、やっぱり、皆が行き場をなくしていた・・・。

憲法を改正して武器を売って、戦争に参加するという野望。
原発も必要という現政権。
ヒロシマ・ナガサキ・オキナワ・フクシマを忘れている・・・。

反戦と命という根底を支えるような政党が出来た。
カネ・カネ・カネという目先の利益ばかりを追求するような政権にはオサラバしたい。

事実、公共事業で潤った土建屋と原発誘致村からの見返り投票。
宗教がらみの組織票。
もうたくさん・・・。

この野党第一党をもっと大きくしたい。
法治国家の基礎になる憲法を守る政権が出来ることを切望する。

僕は期日前投票を役場で済ましていた。
妻は帰化後の始めての選挙だが、誰に投票していいかわからないという。
次男も長女も投票には行かなかった。

この3人に、「立憲民主党に入れて」と言えば、おそらくは入れてくれたと思うが・・・。
今回の選挙でも、自公が勝った原因は、「地盤・看板・カバン」だ。
本人の意思はなく、周りに諭されて入れた1票がほとんどだろう。
それだけは、子供達の将来によくないと考えた。

この国にはまだ1票の自由がない。
特に地方では未だに利権誘導。
僕の住む地域は田舎だと思う。
それは、選挙に関係なく、もう3年前から自民党のポスターがあちこちにある。
選挙はカネだとつくづく思う。
自公の内部留保は何兆円だろうか・・・?

posted by ままちゃん at 07:35| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月21日

口に出してはいけないこと

妻がフランスから持ち帰ったルルドの泉の水。
それを飲んだからかどうかはわからないが、今週から僕の喘息に変化が現れ始めた。

それで、友人で乳癌を患っている女性にもおすそ分けすることにした。
妻が買ってきたバルセロナとルルドのキーホルダーと一緒にあげた。

昨日、あげるときに「この聖水で僕の喘息も良くなってきたよ。」と言ってしまった。
その時は、気がつかなかったが、昨日の夜からなんとなく、また喉のゼコゼコが始まった。
心に秘めて言葉にしないほうがいいこともある。

口にしたそのときから効果が薄れ始める。
そんなことを今までに何度も経験してきた。

まあ、昨日はホットモットの甘いカツ丼を食べたし、
胃の痛みから牛乳をガブガブ飲んだし、
梨やリンゴを沢山食べたし・・・。

それが原因かはわからないが、べりチームいう消化剤のおかげで便通はいい。

神様は僕に一番小さいことをしてくださる。
それを過大評価して大きな口を叩くのはいけない。

あるがままの自分を受け入れること・・・。
posted by ままちゃん at 07:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月20日

絶好調

毎日の雨降りで気分は塞ぐが、体調はすこぶるいい。
低気圧でも気が滅入ることもない。

喉のゼコゼコがない・・・。
息苦しくもない。
痰も咳もない。

何が効いているのかはわからないが・・・。
ここにきて急に好転した。

最近になって追加したものは消化剤。
胆汁が足りないので、べりチームをいう消化剤。
これを食後すぐに、食中に飲む。
お陰で、朝食にゆで卵とソーセージを食べられる。

出続ける胆汁が逆流していたのなら、この胆汁をなんとかしなければならない・・・。
今のところは方法が無い。

蛋白と脂質の消化に合わせて飲んでいるこの薬がいいのだろうか?
オナラが出ても全然臭くないのは蛋白の消化と吸収がうまくいっているからか・・・。
少々便秘ぎみだが、ウンチの形は申し分ない。

このまま、今までどおりのことを続けていくのがベター。
三日や四日で結論は出ない。
落胆はいつものことで、後でギャフンとならないように楽観はしない。
posted by ままちゃん at 07:56| Comment(0) | 喘息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする