2017年10月18日

胆嚢の必要性

昨日からベリチームという消化剤を飲んでいる。
不思議なくらいに調子がいい。
喉のゼコゼコが完全になくなった。

胆嚢がない僕が食後に胆汁が一気に出ない。
それで消化不良だったのかもしれない。

喘息の発作は咳が出て止まらない結果、息が吸えなくなる。
その時の咳はに苦い痰。
これは胃液だと思っていたが・・・。

どうも、その苦いものは胆汁ではないのだろうか?
胆汁が喉まで上がってくるとは信じがたいが・・・。

僕の愛犬はちょくちょく嘔吐する。
黄色い液体を吐く。
決まって空腹時。

犬は胃と食道が水平。
簡単に逆流することは明白。
黄色い液体は胆汁だろう。

何故に十二指腸から喉まで逆流するのか?
胃の幽門が開いて胃を通過して食道へ逆流する。
何らかの理由で胃に食物が入ったと勘違いすることで、胆汁が出る。
胆汁が出る頃には胃の幽門が開いて食物が十二指腸に流れる。
それが喉まで逆流する。

僕の場合はのべつ出ている胆汁が上がってくる。
気管支拡張剤で噴門も幽門も開く。
だから、胆汁が逆流するのは簡単だ。

発作のきっかけは胆汁の逆流。
喉のゼコゼコは蛋白質と脂質の消化不良のせい?
胃下垂も絡まって噴門やら幽門が開く。

まだ正確な原因はわからないが、胆嚢がないことをすっかり忘れていた。
リーキーガットだの副腎疲労だのアレルギーだのと遠回りしたのだろうか?

まだ、結論は出ない。
posted by ままちゃん at 19:09| Comment(0) | その他の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月17日

胃は永遠のテーマ

僕は子供の頃から胃腸が弱かった。
今でも、胃もたれや逆食がある。

最近は糖質制限食で胃もたれが酷い。
便の形状もドロリとしたこげ茶色の軟便がもう何年も続いている。
便器にこびりつかないことは皆無。

胆嚢を取ったのが32年前のこと。
それ以来、胆汁は出続けている。
でも、下痢はほとんどない・・・?

糖質制限で油の消化には胆汁が一度に必要。
僕の胆汁は一度には出ない。
胃もたれと軟便の原因はそこにあるようだ。

ならば、胆汁を捕捉するような消化酵素剤が有効だろう。
べりチームやエクセラーゼを飲んでいたこともある。
それをまた続けたいな・・・。

内科の医者は胃下垂や胃もたれは病気ではないようなことを言う。
せいぜい、消化剤を処方するだけだ。
でも、それが僕に必要なものかもしれない。

喘息だの何だのと、薬を止めても、サプリだビタミンだ蛋白質が大事だと・・・。
でも、究極のところ、胃は正常に機能していないのならば・・・。

胆嚢がないことで今までは何の不自由もなかったが、よくよく考えてにみると変だ。
必要のない胆嚢が何で現存するのか?

生まれつき胆嚢のない動物がいる。
馬がそうだ。
草食動物が全部というわけではない。

胆嚢のない僕が何の不思議も感じないで30年間生きてきたが・・・。
麻黄を含む漢方で胃腸が障害を受けたことはありえる。
それに加えて、胆嚢の問題が浮上した。

かといって、糖質制限は続けたい。
糖質制限食になって消化酵素剤は必要だ。

僕たちの身体は食べた物で出来ている。
食べ物が最初に入るのは胃だ。
腸内細菌が大事だとは誰もが知っている。
でも、その腸に入る前に通過するのは胃。
ただの通過ではない。
胃での消化がうまくいかないで腸まで到達すると・・・?

もう一度、よく考えてみよう。
posted by ままちゃん at 09:44| Comment(0) | 消化器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月16日

骨盤ベルト再開

昨日から骨盤ベルトをまた使い始めた。
アマゾンで1月に買ったもので、ちょっと使っただけだった。
今回は、どうも僕の胃下垂が喉のゼコゼコの原因ではないかと思い至った。

一日していることは難しい。
ズボンの下になるが、ウエストが痩せてしまったので外から見える。
なんとか、外から見えないようにしたいが・・・。

寝ているときには外す。
うつ伏せ寝で下腹には枕を置いて寝る。
なんとか呼吸は出来る。
腹式呼吸は出来ないが、僕の考えでは胃下垂では腹式呼吸は意味が無い。
胸の下には隙間があるから呼吸は出来る。

食事の後で胃が落ち込むのを防ぐためだ。
食事に関係なく胃は落ちる。
食後は胃が重たくなるからもっと落ちる。

これは人は二足歩行を始めてからの避けられない実態。
腰痛と同じく、人間の永遠のテーマかもしれない。

猫背で、前屈みの僕の姿勢が、骨盤ベルトで下腹部を意識するようになる。
下腹部が凹むと自然と姿勢が良くなる。

まあ、いつまで続くかはわからないが・・・。
posted by ままちゃん at 08:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月13日

声帯萎縮と誤嚥

先日、耳鼻咽喉科で喉を診てもらった時に、「声帯が痩せている」と言われた。
その時は、そうか声帯が痩せてしまったかと思うだけだった。

しかし、それは「声帯萎縮」という病気であることが今日になってわかった。
病気といっても、加齢とともに発現するらしいが・・・。

なぜ僕の声帯が痩せたのかはわからない。
声がかすれてきたので診てもらったのだが・・・。

喘息やら糖質制限やらで全身が痩せたことは事実。
そのせいで、喉の筋肉や脂肪が減った。
全身の脂肪が減ったことはわかる。

それと、何年か前から、喘息を意識し始めた頃から、誤嚥や咽せることが多くなった。
声帯が痩せて硬くなったら・・・。
声帯は気管への入り口だ。

その蓋が瞬時に開いたり閉まったりするのが遅れることで、誤嚥が生じる。
痩せることで息が楽になったが、弊害もあった。

以前は72キロあった体重が今では60キロ。
あまりにも減りすぎだ・・・。

声帯も筋肉で出来ているなら、たんぱく質と脂質を摂らなければいけない。
やっぱ、MEC食しかない。

野菜は必要だが、僕の胃には負担が大きい。
ご飯などの炭水化物はカロリーばかりで身体は作れない。

最近は椅子に座ってもお尻の骨が刺さるようで痛い。
炭水化物で糖分が脂肪になって太る。
だが、余分な糖分で太るよりも、脂質を摂る方が手っ取り早い。

糖分で中性脂肪が上がるよりも、良質な脂質で脂肪をつける方がいい。
お肉を食べよう。
脂身も一緒に。
posted by ままちゃん at 20:23| Comment(0) | その他の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月12日

年金だけでは生きていけない事実

僕の年金額は1ヵ月で3万8千円くらい。
介護保険や税金を引かれてしまうから・・・。

4万円に満たない金額でどうやって生きていけというのか?
65歳まで給付を待ってこの金額とは驚きを通り越して憤りをおぼえる。

介護保険だって、医療過誤に近い診療の結果だろう。
必要以上のレジ袋一杯の薬の処方。
寝たきりにさせる点滴やら栄養注射。

人間、自力で食べられなくなったら、自然に衰弱していく。
そして、ユックリ死んで逝くのが大自然に帰る最も自然な死に方だろう。

心臓のバイパス手術にはじまり、不必要な手術が多すぎる。
100万円を超える高額治療費はほんどが税金で賄われる。
納税者はたまったものではない。

僕の次男だって、一度も医者にかからないのに、健康保険料が高すぎて払えない。
しかたなく、僕が払っている。
同じ世帯だから、世帯主が払う結果になる・・・。

3万円あまりの年金で電気代・LPG・水道代・車の維持費とガソリン代で消える。
何も食べるなということか?
僕たち夫婦がいまだに仕事を辞められない理由がそこにある。
次男の保険金を支払ったら、手元に残る年金額は1万円。

「全て国民は健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。」
・・・憲法違反だろう。

今の与党にはわからないだろうね。
二世議員にはサッパリわからない国民の気持ち。
posted by ままちゃん at 08:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブリッジは本当に必要か?

右下の奥歯に3本ブリッジを入れた。
一番高価なオールセラミック。
でも、入れて半年くらいで一番内側の歯茎が腫れ出した。

おかしいと思って歯医者でレントゲン。
その歯のまわりが黒く映っている。
完全な歯周病で顎の骨が溶けている。

ガリガリ削って、産みを出して・・・。
あれから3週間、今でも噛むと腫れる。

今度は左の上の歯の治療。
これもブリッジを入れるという。

「ブリッジは止めてください。歯間に隙間がなくなると磨きにくいから。」
おかげで、右の下のブリッジは歯ブラシも歯間ブラシも入らなかった。

「被せるだけでいいんですか?将来、下の歯がないからいずれは落ちてきますよ。」
「いいんです。そのほうが磨きやすいので・・・。」
「そんなやり方は習ったことがないです。将来何がおきても責任はとれません。」
「大丈夫です。」

なるほど、左の歯は下が2本無いし、一番奥の親知らずが1本あるだけだ。
この親知らずの上の歯もない。
噛み合せはほんどないが、噛めないことはない。

歯医者は上も下もブリッジを入れたい様子。
下はインプラントを薦める。
1本40万円のインプラントは不可能だ。

ブリッジだって30万円したのだから。
上下のブリッジでいくらかかる???

それと、ブリッジを入れるためには両サイドの健康な歯を削って金属を入れることになる。
1本が無いために3本のセラミック歯で30万円はかかる。
僕の年金の1年分が飛んでしまう。

臨機応変できない歯医者は医者と同じで患者のことを考えていない。
前歯のブリッジと下のブリッジで半年かかったのだから・・・。
このまま。歯医者の進めるとおりに従っていたら、死ぬまで歯の治療が終わらない・・・。
仮歯だなんだかんだで、いつまでたっても満足に噛めない。

「飯の種」にされてはかなわない。
歯がなくても食事はできるし、息も吸える。
posted by ままちゃん at 08:33| Comment(0) | 歯科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月10日

妻の長期不在で思うこと

妻が長期にわたり家からいなくなることは今までにもあった。
帰省すれば10日間はいない。

今回は長期間の旅行で17日間。
これほどの長期は初めてだ。

最初は寂しくてしかたがなかった。
次男がいるとはいえ、寝室には僕ひとり。

妻が家にいても、一緒にご飯を食べることも少なくなった。
仕事ではいつも一緒だが、出かけること多くない。

だが、妻がこのまま帰ってこないならば、どうだろう?
連れ合いの死に直面して「うつ」になって自死する人もいる。
一人で家に残されて、全てが妻の想い出となると・・・。

後を追う気持ちはよーくわかる。
でも、いつかはそんな時が必ず来るのだが・・・。
どっちが先に逝くかは誰も知らない。

僕のように過去ばかり向いて生きている人間は思い出に弱い。
妻は今と明日しかない人間だ。
僕よりは強いような気がする。
そうであってほしい。

熟年離婚というのが流行らしい。
僕には考えられないが・・・。
でも、離婚とは仲たがいして分かれること。

「死に別れよりも生き別れ」という文言がある。
連れ合いが死ぬと、良い想い出ばかりがよぎって悲しくてたまらない。
でも、仲たがいをして別れると、相手の悪いところばかりが目に付くから悲しくない。

悲しくない別れがあるのなら、僕はそっちを選びたい。
結婚しない人が増えているが、「会うは別れの始まり」だとする諺もある。
posted by ままちゃん at 16:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

糖質制限と胸焼け

糖質制限をすると逆流性食道炎が改善されて胸焼けが解消する。
これは何故だろう?

僕はむしろ胸焼けが襲ってくる。
でも、それは厳密には「胸焼け」ではなくて、胃が焼けるように痛む。

ネットサーフィンで、糖質制限で胸焼けが酷いと言うブログを発見。
その方は、胸焼けと書いているが、酸っぱい物が上がってくることはないという。
これは胸焼けではなくて、僕と同じ胃の痛みだ。

そもそも、糖質を食べて胸焼けと逆食が酷くなるのは何故?
胃袋は入ってくる炭水化物を蛋白質をどのように察知するのだろう?

炭水化物は唾液で前消化されている。
蛋白質は胃酸で消化が始まる。

物理的に食べ物が胃に入ると、自動的に胃酸が出るのではないだろうか?
それが炭水化物でも蛋白質でも・・・。

炭水化物の場合は胃酸はいらないが、食べ物反射で胃酸がでるとしたら・・・。
要らない量の胃酸が溢れる。
逆に、蛋白質だけが入ってきたら、胃酸の量は足りない・・・。

糖質制限での胃の痛みはひょっとして胃酸が少ない、あるいは足りないのでは・・・?
そこへプロトンポンプ阻害剤を飲むと、ますます胃酸が出なくなる。
でも、飲むとこの胃の痛みが和らぐのは何故?

わからないことだだらけだが、僕には糖質制限を続ける理由がある。
呼吸ができない苦しみに比べたら、胸焼けだの胃の痛みだのは二の次だから。

posted by ままちゃん at 10:02| Comment(0) | 糖質制限 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

糖質制限再開

また糖質制限を始めた。
ここ何日かは朝晩が冷える。
睡眠中も長袖のジャージの上下。

それで、顔の皮膚が乾燥してポロポロ剥がれる。
昨年の今頃は糖質制限で肌はツルツルだった。

それに、頭皮のオデキが増えた。
フケも多い。
夏場はフケが出なかったのに、今年はフケが多い。

痩せすぎたので太ろうと思ってご飯やパンを食べ始めた。
それで、体調がいまひとつだ・・・。

完全な糖質制限は妻が心配するので、多少のご飯はいただく。

朝はゆで卵を二つにバターかココナツオイルの砂糖なしのコーヒー。
昼はホットモットか持参のお弁当。
いずれもご飯は少々。

夕食はお肉メインでご飯なしで野菜と果物。
昼間の間食もゆで卵に上記のコーヒー。

若くして大腸癌で亡くなった歌手がいる。
大の肉好きで肉ばっかり食べて野菜は食べなかったという。
僕の考えでは、肉と一緒にご飯をおかわりしていたと思う。
肉とご飯を交互に食べて野菜を食べなかったのだろう。
大腸癌の原因は肉ではなくて白米にあったと考える。

何故に肉がいいのだろう。
肉には脂溶性ビタミンが多い。
加工しなくてもそのまま焼いても煮ても食べられる。
パレオダイエットそのものだ。

勿論、米や小麦のかわりに野菜が必要。
でも、不消化の野菜を大量に摂るのは僕にとっては胃に負担がかかる。
腸内細菌に必要な繊維質はスムージーでもいいか・・・。

前回の血液検査で悪玉コレステロールが下がって、中性脂肪が上がってきた。
これはもう糖質の摂りすぎによるもの。
主治医はOKを出したが、ネットでの江部先生によると、違う意見だ。
悪玉コレステロールもこの食事を続けると低くなるし、中性脂肪が高いほうが心配だというが・・・。

プチでもなんでもいい、とにかく、糖質制限を始めることにしよう。
posted by ままちゃん at 08:40| Comment(0) | 糖質制限 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月08日

食べ物と体調

何日か前から朝におやつに食パンを食べている。
あまりに痩せたので、少しは体重を戻したかった。

それが、どうも良くない結果になってきている?
アレルギー検査では小麦は大丈夫だったが・・・。
IgEの値とアレルギー反応は一致しないこともあるらしい。

グルテン、つまり小麦製品を絶っていたが、ここへきて油断してしまった。
今日は休みで、朝から食パン2枚に卵。
それに牛乳と砂糖入りのコーヒー。
この種の朝食は最悪。

元気を出すために食べた。
この後、胃がもたれてしまった。
それでも、ミサの後でコンビニのおにぎりとコロッケを食べた。

なるべく空腹の時間を減らすようにしたい。

小麦製品はしばらくは避けよう。
喉がゼコゼコで胃もたれ・・・。
息苦しく感じるも痰は出ない。

もう、アレルギー検査の結果を信じていいものだろうか?
posted by ままちゃん at 15:16| Comment(0) | アレルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする