2018年03月21日

副腎疲労と喘息の関係

僕の喘息が気道の慢性炎症だけなのかどうなのか?

もともと白血球の数が少ない。
いつも、3000台で4000あることはない。
普通は7000くらいはあっていい。

低血圧も前からだ。
若い頃から、朝の寝起きは目が覚めてもすぐには起きられない。
しばらくは、ラジオを聴いてから起きる。

低血糖もそうだ。
高血糖はもちろん糖尿病で怖いが・・・。

低血圧も低血糖もむしろ健康にはいいはず。
だが、喘息に苦しむ僕にとっては、それらが原因ではないかと疑ってしまう。

白血球が少ないのも低血圧も低血糖も副腎の機能が悪いからではないかと思う。

以前は午後になってコーヒーなどのカフェイン飲料を飲むと夜は眠れなかった。
今では夕食後にコーヒーを飲んでも眠れる。
これはどう説明すればいい?

妻は今でも午後からはコーヒーもコーラも飲まない。
昨夜は眠れなくて悶々としたらしい。
僕も久々に痰が絡んでホクナリンテープとフスコデとムコダイン。

妻は眠剤を飲んでも眠れずにめまいがして吐いたと言う。
ゴミ箱に入れたレジ袋にゲーゲー・・・。

僕がコーヒーを飲んでも眠れるようになったことは何を意味する?
カフェインで交感神経が賦活されてもそれ以上に副交感神経の緊張が続いているからだろうか?

つまり、副腎の髄質から出るアドレナリンが足りていない。
皮質から出るコルチゾールも足りていない。
副腎の疲労は歴然だろう。

副腎の機能を賦活するには?
完全な糖質制限も良くないらしい。
カゼインとグルテンは避けるのがいいみたいだ。

グルテンは気をつけているが、乳製品を避けるのは難しい。
牛乳はともかくとしても、おやつのタンパク質としてチーズは欠かせない。

また、難題が持ち上がった。

【関連する記事】
posted by ままちゃん at 16:53| Comment(0) | 副腎疲労 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月20日

卵と乳製品

僕のアレルギー検査では卵にも乳製品にも出ていない。
それはIgEという抗体検査。
これは即時型アレルギーの検査だ。

アレルギーには遅延型もある。
IgGという抗体検査でわかる。
でも、医者に行ってわけを話してIgG検査を頼むのも気が引ける。

それなら、2週間程度これらの食品を食べないでみようか?
溝口先生のオーソモレキュラー療法では、MEC食にも言及する。
MEC食の卵と乳製品で腸の炎症が止まらないことがあるらしい。
ならば、やってみるのもいいだろう。

今日からは卵と乳製品を食べない生活をしてみよう。
御肉は鶏肉・豚肉・牛肉をローテーションでいこう。

炭水化物は少なめで・・・。
たった2週間でもうまくいけば1ヶ月でもいい。
一生涯、喘息で苦しむことを思えば、簡単なことだろう。

さあ、できるかな???
posted by ままちゃん at 08:40| Comment(0) | アレルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あと10日で断薬2年になる

2年も断薬ができたということは、僕にとって励みであり、実験も成功だろう。
でも、最近のこの気候の上下の激しさはこたえる。

今朝は鼻をかんでもかんでも出る。
痰は透明のが出る。
昨夜は寝入りはうつ伏せ寝で、途中からは横と上向き寝だった。

痰がからむが息苦しさはない。
後鼻漏が気になるが・・・。

上咽頭炎の鼻うがいは僕にはあまり効果がピンと来ない。
梅肉エキスで便秘ぎみだ。

この鼻炎を治す方法を見出せば、僕の喘息完治への第一歩だろうか?
2年間の断薬で、僕の喘息が一層悪化したとは考えにくい。
日々の苦しさが、薬でコントロールしていた頃に比べると、格段に良くなっている。

ただ、何故にスッキリと治らないのか???
痰が絡んで咳が止まらず発作という一連の喘息特有の悪化はなくなった。

上咽頭炎・糖質制限・うつ伏せ寝・逆食・・・・。
最近はこれらよりも、オーソモレキュラーに活路を見出そうとしている。

その中で、鉄分に興味がある。
僕の鉄は足りているのはそうでないのか?
努めてレバーを食べるようにしているが・・・。

昨日は1回だけ鉄剤を飲んでみたが、便が黒くなって便秘ぎみだ。
この鉄剤はもう期限がとっくに切れているだろう。
いつも処方されたかも覚えていないくらいだから・・・。

詰めが甘い・・・。
posted by ままちゃん at 07:44| Comment(0) | 喘息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月19日

自身の発病で目覚める医師

一生治らないといわれる喘息という病気。
それでも僕は治そうとして、医者通いをやめた。

収集する情報はネット検索とアマゾンの本。
その中で出会った事実がある・・・。

医者にかかっても治らない病気は喘息だけではないことがわかってきた・・・。

夏井睦先生は、ご自分のアトピーや花粉症が薬では治らないことを実感。
本間龍介先生は、ご自分の疲労が薬では治らないことを実感。
江部先生は、ご自分が糖尿病になってはじめて、糖質制限の有効性に気づく。
溝口徹先生は、ご夫人のめまいが薬では治らないことを実感。
藤川徳美先生は、ご自身の疲労が薬で治らないことを実感。

溝口先生はご夫人の病気を治そうとして、祈祷師に高価な石だか水だかを買わされたという。
そこまでして、病気を治そうとする、その意欲に敬服する。
また、そんな医者としては恥ずかしい過去をオープンにされる真摯な態度にも敬服。

それぞれの先生方は、それぞれに自らの医者としての無力を実感する。
探究心が、病気の原因を突き詰める。

医者としては診察して薬を処方すれば役目は終わる。
だが、自身や身内の病気は別だ・・・。

ここからが、本当の医者かどうかの分かれ目。
日々の診療に追われて忙しい毎日が過ぎていく。
だが、収入は想像以上に多い。

今度はベンツにしようか、それともBMWかレクサスか・・・。
学会に足しげく通い。
論文も書けば読まなければならないし・・・。

たった一人の自分の病気が治らないことに疑問が湧いてくる。
だが、それを無視して収入に励む医者がほとんどだろう。

彼らが自身の診断治療で完治させる。
結果を本にすると壮絶なバッシングに会う。

パラダイムシフトというらしい。
今までの医学の常識が通用しないほどの新しい常識。

ガリレオの地動説のように最初はバカよばわりされる。
それから、反論が世間を賑わす。
その後は、静かに万人が認めることになる・・・。

高齢者がレジ袋一杯の薬を処方される現実に疑問を抱く人は多いのに・・・。
posted by ままちゃん at 09:38| Comment(0) | 病院・医者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月16日

重曹

ベーキングパウダーとして食品に添加する重曹。
昔は膨らし粉と言っていた。

子供の頃に酸っぱい夏みかんにかけるとフワーと泡立ち食べた記憶がある。
弱アルカリ性で身体にもいいらしい。

ネットで検索すると、胃酸過多にもいいという。
早速、お湯に溶いて飲んでみた。

・・・。
あまり美味しい味ではない。
飲尿のときの尿の香りや味に似ている。

飲んですぐに、あまり気持ちのいいものではなかった。
が、すぐに、痰が切れ始めた・・・。

今度はコーヒーに入れて飲んでみた。
すると、どうだろう・・・。
今朝からずっと気になっていた気管支の奥のほうに詰まっているような痰・・・。
それがガーガーすれば、簡単に痰が切れる・・・?

ただ、時間が経つと、その効果は半減するようだ・・・。
重曹水は作ってすぐに飲むのがいい。

重曹は胃の中で胃酸と反応して炭酸ガスが発生する。
それがゲップになって喉から出る。
その時に痰を押し出す・・・?

気道にある痰が何故に口から出るのだろう?
炭酸水と同じ原理だが、炭酸水は胃には悪い。
ゲップが出るときはすがすがしいのだが、出る原理が違うらしい。

重曹とは炭酸水素ナトリウム。
これは点滴の補液にも入っている。
身体には必要なもの。

身体が吸収しても、むしろ身体がアルカリ性に傾くので健康にはいいはずだ。

就寝中に気道が苦しいときがある。
昨夜もそうだった。
うつ伏せ寝でも横向き寝でも苦しさは変わらない。

そんなときに、痰が突然切れ始めることがある。
昨夜はそれがなくて朝まで苦しかった。

どんな時に痰が切れやすいのだろううか?
今朝の重曹水が何かのヒントになりそうだ。

重曹の健康法を医者が薦めない理由はだた一つ。
そんな簡単なことで皆が健康になって病気がなくなれば医者が儲からない・・・。
こんな不謹慎なことを考えていては、また罰が当たるだろうか?

とにかく、今日からは重曹生活を始めよう。
posted by ままちゃん at 08:41| Comment(0) | 食品添加物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月13日

治ってるの?治ってないの?

今月が終われば、ステロイド吸入と抗アレルギー剤を断薬して2年になる。
この間、何度か危機はあった。

息が吸えなくなったことも何回かある・・・。
でも、メプチンには手が伸びなかった。

気管支拡張剤は何度か胸に貼った。
フスコデも飲んだ。

でも、喘息に苦しむことはほとんど無くなった。
痰が絡みそうになって恐怖を感じることはたびたびある。

今日もそうだった。
最近は便秘きみで、トイレで大をすると安らぐ。

後鼻漏を落とさないように、顎を引いて鼻呼吸で暮らす。
ビタミンDとオメガ3に加えて、鼻うがいもする・・・。

2年前の頃に比べれば雲泥の差だが、完治はまだだ・・・。
体重が6キロ戻っても、喉のゼコゼコは頻繁にある。

今日もお客さんと話をしていて、「医者に病気は治せない。」なんて豪語してしまった。
こんなときはいつも、しっぺ返しがくる。
その後には必ず痰が絡んで咳き込むことになる。

神様は僕の行き過ぎた結論を諌めている。
「驕るなかれ。」とでも言われているように・・・。

便秘と喘息は連動するようだから、なんとか便秘ぎみを解消したい。
お肉を食べることで蛋白質は充分足りている。
野菜が足りないのかもしれない。
胃にくるので野菜を控えている。

そういう意味では、もう少しバランスを考えよう。
2年目に入る直前に未だにこんなことで迷っているようじゃいけない。
posted by ままちゃん at 17:31| Comment(0) | 喘息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月10日

喘息の原因は気管支ではない

畠山さんの本を読んでいて気がついたことがいっぱいある。

湾内の牡蠣が赤潮で全滅したときに、その原因が森にあるとは誰が想像しただろうか?

森は林野庁、川は国土庁、海は水産庁、汚染は環境庁・・・。
気管支は呼吸器内科、鼻炎は耳鼻科、喉は咽喉科、食道は消化器内科・・・。

なんだかよく似ている。

喘息だけを見ていてはわからない。
喘息患者に共通するものは・・・?

科がまたがっているので、個々の医者にはわからない。
森と川と海は繋がっている。
鼻と喉と気管支は繋がっている。

畠山さんも、山に木を植え始めたときには、「あれはバカだ。」というのが大半の意見だった。
木村さんのリンゴも同じ・・・。

学者にはわからない本当の原因。
漁師や農家がなんとなく気がついていることがある。

喘息患者がなんとなく気がついていることがある・・・。
そのことを医者に言ってもとりあってくれない現実がある。

本を読んだり、インターネットで検索したり。
何年もかかって自分なりの結論を出す。

結果が出るまでは誰のも相談できない。
バカ呼ばわりされるのがオチだ。

孤独な闘い・・・。
posted by ままちゃん at 16:06| Comment(0) | 喘息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月08日

畠山重篤という人

畠山さんの本をアマゾンで買って読んでいる。
凄い人だ。

気仙沼で牡蠣の養殖をやっている。
湾が赤潮にやられて牡蠣が全滅したときに、森に木を植え始めた。

廃業する者も多かった。
まわりの人達は畠山さんのことをバカ呼ばわりした・・・。

詳細は本を読めば書いてあるので省略するが・・・。
山から川を伝って有機物が湾に流れ込む。
それが海を豊穣にさせて、いい牡蠣ができる。

有機物の中には窒素やリンがある。
だが、鉄分が一緒にないとプランクトンは増えない。
そこに到るまでの畠山さんの苦労が凄い。

上流のダム計画を廃止に追い込んだ。

ここで、バングラデシュのことを思い出した。
バングラデシュは毎年のように川が氾濫する。
そこで、日本のODAが川の灌漑を始めた。
すると、確かに水の確保は計画的にできるようになった。

だが、大きな問題が浮上する。
川の氾濫は山から肥沃な土壌をもたらしていた。
それが、灌漑でなくなった。

当然のことのように化学肥料を撒く。
すると害虫が湧く。
そこで、農薬が必要になる。
ますます農地が荒れだした。

この化学肥料と農薬が日本製ならば、ODAというものは結局は日本の企業のためなり・・・。

僕たちの病気の身体も原因は食事や環境にあるのだろう。
それを元に戻せば、全ての病気は治る。

僕も最近は喘息の改善を感じている。
食事から摂る栄養。
薬を止める。
喘息の本当の原因は縦割り医療ではわからないままだ・・・。

喘息の原因の本命は、呼吸器ではなく、鼻と姿勢にあるのだろう。
月に1万円も医療費をかけて、ステロイド吸入剤・抗アレルギー剤・去痰剤・気管支拡張剤。
それに漢方も入れるとなると、1万円では足りない・・・。

それらを全て止めて・・・。
症状が劇的に改善し、かからなくなった医療費を栄養に変える。
ちゃんと栄養のある食事をしていけば、必ず治るということを実践したい。

畠山さんは、「森は海の恋人」という運動をしている。
「栄養は身体の恋人」とでもしようかな・・・。

そこが、玄米菜食や少食では喘息は治らないという僕なりの結論。
故あって、僕は栄養を完全には取り込めない身体。
そこのところを、医者は誰も教えてくれないし、聞きもしない???

遠くのことが回りまわって原因になるのともある。
目先のことよりも足の下のことが原因になることもある。

目が見えない人が三人で象を触った。
一人は尾を触って、蛇のような生き物だと言った。
一人は耳を触って、鳥のような生き物だと言った。
一人は足を触って、丸太のような生き物だと言った。

生き物であることには違いないが、全てが間違いだ。

喘息も同じだろう。
呼吸器内科では、喘息だと診断。
耳鼻科では、鼻炎との診断。
消化器内科では、胃食道逆流症との診断。

鼻炎でも胃食道逆流でも死ぬことはない。
喘息は死ぬこともあるから、喘息の薬は止めないように指導される。
本当は気管支喘息ではないのに、永久にステロイドや抗アレルギー剤を使い続ける。

もう、こうなったら、信念しかないだろう・・・。
posted by ままちゃん at 15:55| Comment(0) | 読んだ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月06日

卵油で下痢?

アマゾンで注文した卵油を飲み始めた。
早速、今日は下痢気味だ。

指示のとおりに2粒飲んだ。
過去にニンニク卵黄を飲んだら下痢したことがあった。

やっぱり、胆嚢がない僕には下痢の原因になる・・・。
卵の黄身は胆嚢の検査をするときに食べるそうだから・・・。

卵を食べても下痢はなかった。
消化剤を飲んでいるから下痢はないが、卵油は1カプセルに何個の卵を使うのだろう?

とにかく、卵油は1カプセルだけにしておこう。
卵油で不整脈や心臓疾患が治るという。
僕の喘息にはどうか?

安いものではないだけに、飲まないのはもったいない。
posted by ままちゃん at 16:47| Comment(0) | サプリメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月05日

僕の鼻うがい

鼻うがいには二つの方法がある。
片方の鼻から大量の液を入れ続けてもう片方から出す方法。

僕のは片方ずつ3ccくらいの生理的食塩水をスポイトで入れるだけのもの。
入れたらすぐに喉に落ちるのがわかる。

でも、すぐに落ちる場合とそうでない場合もある。
すぐに落ちない時は鼻の奥で山の向こう側から5秒ほどの時間差で落ちる。

何故にこういう違いがあるのだろうか?
鼻の奥の炎症の程度によるのだろうか?

まだ始めたばかりで効果のほどは不明。
posted by ままちゃん at 11:26| Comment(2) | 喘息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする