2017年09月06日

ホメオパシーと微量漢方

ホメオパシーというものを知った。
イギリスの医者が考え出した方法。

「同種療法」と訳すこともある。
普通は毒になる物質を極微量にまで薄めて病気を治す薬にするというもの。

微量漢方というものがあることは本で知った。
漢方薬を30倍に薄めると治癒に関する磁気が高まるというもの。
それをまた30倍に薄める、つまり900倍・・・。
その方が効き目が倍増する・・・。
磁気と効き目が比例するかどうかはまだ未知だが・・・。

ホメオパシーに使うレメデーという物質(薬)も毒を天文学的な倍率まで薄める。
こんなものが果たして効くのかと疑いたくなる。
しかし、英国の王室では今でも当たり前に処方するらしい。

僕もアマゾンで買ってみた。
直径1ミリほどの丸い砂糖玉だ。
甘いがほとんど味がない。

症状別のレメデーの詳細を記載した本もアマゾンで買った。
4000円近い高価な分厚い本。
聞いたこともない物質が症状別に書かれている。

飲尿療法では中尾先生が、「管で胃に尿を入れても効果はない。」という。
尿は口から飲んで始めて効果が出る。
最初は1滴でもいい。
喉のBスポット辺りに反応受容体があるらしい。

喘息を漢方だけで治す高槻の松本先生。
「漢方煎じ薬は苦いから効く」という持論。
これは口の中に苦味を察知するセンサーがあるからだろう。

漢方薬を水で流し込むよりも、極微量を口に含んでしばらく味わう方がいいかもしれない。
アレルギーの減感作舌下療法だって、極微量を舌下に垂らすだけだ・・・。

心臓発作の特効薬の「ニトロ」だって舌下ですぐに吸収するから即効性がある。
口の中で吸収するのなら、微量の麻黄を口に含むだけで、胃腸に影響はない。

「微量漢方を口に含むだけ」という簡素な方法なら続くかも・・・。

posted by ままちゃん at 16:41| Comment(0) | 喘息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

熟睡できない日々

ここ半年くらいは毎夜のうつぶせ寝。
苦しくなるので、顔が向く方に枕を抱いて寝る。
それでも苦しい時は左横向き寝。

昨夜もそんな寝相で苦心惨憺。
左横向き寝は左肩が痛くなるので途中で目がさめる。

そのせいで熟睡できない夜が続いている。
布団の下に座布団を何枚か入れているので、傾斜ベッドのようになっている。
そのせいか、最近は逆食の胸焼けがない。

真っ平らの布団・左横向き寝・枕無しなら左肩は痛まない。
枕無しで頭が肩よりも落ちているので後鼻漏もない。
だが逆食が怖い。
睡眠中の逆食は喘息発作につながるから・・・。

9月になって途端に涼しくなったせいか、鼻水が出る。

とにかく、熟睡できないので、眠ることが苦痛。
朝もスッキリしない。
朝食を抜いているせいか、午前中はそれほどの身体の重さを感じない。

今日も朝から雨で身体が辛い。

この歳になっても仕事があるのはいいことなのかもしれない。
今日のような雨模様の休日はすることがない。
一日、部屋で座ってテレビかネットか・・・。

「晴耕雨読」というようなエネルギーの無駄のない地球に優しい生活。
電気とプラスティックのゴミにまみれた生活はもうウンザリ。

読書をできるだけ続けよう。
読書と熟睡の関係はどうだろうか?

熟睡と喘息の関係も心配だが・・・。
posted by ままちゃん at 09:01| Comment(0) | うつぶせ寝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月04日

冷たすぎるもの、甘すぎるもの、柔らかすぎるもの

食べ物で「冷たい」「甘い」「柔らかい」は三悪だろう。
昔の食べ物にはこの、冷たい・甘い・柔らかいは皆無だった。

甘いものは盆と正月やお祭りの時のご馳走だった。
それが冷蔵庫の普及で、毎日冷たいものが口に入る。
甘くて柔らかいものも一日3回も口に入れば、身体もおかしくなる。

常温で甘くなく硬いものは口に入れても、噛まないとすぐには飲み込めない。
噛んでいるうちに甘みが出てくる。
唾液も出るし歯も丈夫になる。

僕たちの周りにはこの三悪食品で埋め尽くされている。
まともな食べ物を探すのが大変な時代。

昨日はテレビで「ビフォーアフター」という家のリフォーム番組を観ていた。
途中で切ってしまった。
何故か。

解体中に古い井戸が見つかった。
その井戸に馬鹿でかい筒状のプラスティックを入れる。
家の土台はビニールシートの上にコンクリート。
この筒に風を送って戻して冷房になるという。

こんな人工物を地中深く埋め込んでしまっては、後に解体するときにどうする?
今回の解体では木と土だけだった。
井戸でさえ、石組みだけだった・・・。

人間がやりたい放題に地球を取り返しのつかないほどに汚してしまった。
僕たちの身体も同じだろうか?
もう元には戻れなくなってしまったのか。
posted by ままちゃん at 11:17| Comment(0) | 食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

歯痛の原因

一頃よりも歯痛が治まってきた。
右下の親知らずを抜いてからは治まってきている。

その原因にふと思い当たることがある。
飲尿を始めてからは口の中の尿の臭いを消すのにガムを噛む。
そのガムの添加物が気になって、人工甘味料無添加のガムをアマゾンで買って噛んでいた。

人工甘味料なしでも砂糖が添加されている。
人工の物ではないから発癌性はないものの、虫歯になる可能性が大。
それで、前から虫歯だった親知らずが急激に痛くなったのだろう。

砂糖が天然のものであっても、歯には良くない。

今ではもとの市販のガムを噛む。
尿の臭いを消すためだが、人工甘味料が喉から胃へ入る。
これも看過できないのだが・・・。
posted by ままちゃん at 10:00| Comment(0) | 歯科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

体重減が止まらない

今朝の体重はとうとう60キロをきった。
59キロ台は、20年以上も前に58キロだった頃もあるが・・・。
その頃は海外生活で食事が合わずに仕事のストレスもあった。

でも、今はご飯も美味しいし・・・?
身体のどこかに癌でもできていて、いわゆる悪液質だろうか?
その場合は食べても食べても痩せていくらしい。

飲尿のせいなら、徐々に改善するはずだが・・・。
糖質制限を止めてからは筋肉が落ち始めている。
昨冬は糖質制限で肌がツルツルだったが、今年はもうカサカサだ。

肉だけはもう少し増やそうか?
食べる以上にエネルギーを使っているので体脂肪が失われていく。
最近は日本食主体で油を極力摂っていなかった。

どうも、僕には極端なベジタリアンは向かないのだろうな。

それにしても、59キロまで落ちた体重。
体調はそんなに悪くはないので、不思議・・・。

ウエスト85センチの仕事ズボンがずり落ちる。
昨日はユニクロで82センチのものを買ってきた。
今日はそれを履いて仕事だが、昔は88センチの時もあったのに・・・。
posted by ままちゃん at 07:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月03日

朝食抜きがやっぱりいいのか?

今日は日曜日で朝からおにぎりを二つも食べてしまった。
案の定、胃もたれがひどく、昼になっても満腹感。

それでも無理して昼食を食べ始めたら、途中で食べられなくなった。
途端に喉がゼコゼコ。
トイレで大。
そしたら、急に苦しさが半減した。

3年前から喘息を治そうとして朝食を抜き始めた。
今では定着しているが、ここ最近は体重が60キロまで落ちた。
二の腕も細くなってしまった。

これではいけないと思うが、身体は軽いし胸焼けもない。
ただ、あと5キロくらいは体重を増やしたい。

見るからに頬がこけて二の腕まで細くなった・・・。
ご飯を食べ始めたし、お味噌・醤油・塩を務めて食べるようにしている。

今のところ、牛乳も乳製品も避けて、コーヒーも紅茶も避けている。
もっぱら、ほうじ茶を飲む。

お昼ご飯は職場にお弁当を持っていく。
おかずは昨夜の残り。
昼食が待ち遠しいくらいに美味しい。

肉も魚も食事の3割に満たない。
野菜が中心だ。
それも、妻の家庭菜園で採れる野菜が美味しくて安全。

僕は喘息だが、副腎疲労もありそうだ。
ならば、朝食は少量でも必要だろうか?
posted by ままちゃん at 19:27| Comment(0) | 喘息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月02日

唾液と尿とウンチ

唾液にはプチアリンという消化酵素を含む。
でも、それ以外に卓越した効能がある。
口の中の傷が治りやすい。
これが唾液のもつ治癒効果。

ドッグフードやキャとフードを食べているイヌやネコは歯石が付きやすい。
それも上の歯に集中する。
これは重力の法則で唾液が下に集まるから・・・。

消化を助ける意味で、食後にガムを噛むのもいい。
動物は傷口を舐めて治す。
人間だって傷を舐めておけば早く治る。

僕が今やっている尿療法。
飲むのもいいし、尿を皮膚に擦り付けるのもいい。

ウンチだって、糞便移植で難病から生還した人が大勢いる。

ツバもオシッコもウンチも汚い物の代表だった。
医学が進歩するまでは、この三つは薬だったのに・・・。

今でも薬で治らない病気がほとんど。
一時的に抑えているだけで、苦しみを抱えた患者はリピーターでカモネギ。

その辺に、医学もやっと気づき始めた。
遅ればせながら、糞便移植が医学的に認められつつある。

日本では尿療法は今は下火だ。
30年ほど前にはテレビで取り上げられてブームになったらしい。
火付け役の中尾良一先生が亡くなられた後は「尿療法研究所」も閉鎖されたままだ。

オシッコを飲むという行為自体があまり歓迎されるものではない。
僕だって妻にも隠れてやっている。
尿は血液中の血清の成分と同じ。
決して汚いものではないのだが・・・。

唾とオシッコとウンチは究極のオーダーメイドの薬だ。
おカネもかからず、タダでできる。
恐らくは、この「タダ」がネックだろうか。
便移植だって、専門の医療機関でするから、世間に認められてきた。

尿療法だって、尿を注射する方法なら、もっと普及したかも?

「病気は医者が治す」という既成概念が邪魔をする。
「病気は自分の身体が治す」というのが本当なのに・・・。

今、自分がやっている飲尿療法を肯定するために書いてみた。
posted by ままちゃん at 09:46| Comment(0) | 医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月01日

夜中の痰と右横向き寝の密接な関係

昨夜は疲れていたのか、眠剤4分の1でも眠れた。
ずっと左横向き寝だったが、途中で右横向き寝になった。
左肩が痛くなったため・・・。

そのまま寝てしまったが、突然目がさめた。
妻がトイレに起きたせいか、目がさめた。
途端に気管の奥の方で湿った痰が絡む。

恐怖だった、左横向き寝で枕を外して眠るも怖くて眠れない。
起きだして、トイレへ、ムコダインを1錠と民剤を4分の1。
しばらくして、うつ伏せ寝に変えたら、突然、硬い痰がコホッと喉に絡んだ。
すぐに出す。黄色い痰。

その後はもう自然に出るのを待つしかない。
寝入った。

今朝は痰が絡むことはない。
出そうと思えば咳き込んで出すことできるが、発作になりそうで止めた。

1週間前にも右横向き寝で同じことが起きている。
右横向き寝で胃からの逆流で痰が喉に発生する?
常に詰まっている左鼻から後鼻漏が喉に落ちる?
一日の疲れで痰がうまく無意識のうちに出来こなかったのだろうか?

以前のようにベッドに傾斜をつけないで、枕なしの左横向き寝がベターなのか?
頭が肩よりも下に落ちて、後鼻漏が喉に落ちてこないのがベターなのか?

うつ伏せ寝で途端に痰が出たというのは、やっぱり後鼻漏の可能性が大。
その後の発作がばかったのは、僕が喘息発作について学習したから・・・。

2年半の飲尿で慢性の副鼻腔炎を治した人のブログがある。
尿療法は続けよう。

それと、先週の痰は日中に外食で美味くもないラーメンを食べた。
昨日も外食で美味くもない豚肉の生姜焼き定食を食べた。

関係は?
posted by ままちゃん at 08:32| Comment(0) | 喘息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月31日

孫の子守

長男のお嫁ちゃんが二泊三日の手術で入院する。
今日は妻と二人で高速を飛ばして2時間弱のドライブ。

都合6時間ほどの子守。
長男は午前中にお嫁ちゃんを病院へ送って行った。
それから帰宅して、アルバイトへ。

僕とお義母さんとで1歳の孫を連れて病院へ。
僕は孫を抱いてロビーで待つ。
その間に、お義母さんはお嫁ちゃんと一緒に先生から手術の説明と同意書にサイン。
40分くらいだが、もう限界だった。

妻は長男のマンションで3歳の孫の子守。
やっぱり、途中で飽きてきたのか、外へ出て公園まで行ったらしい。

6時すぎに長男が帰ってきた。
僕たちはすぐに帰路についた。
途中、高速のパーキングエリアで夕食。

僕は車に乗ったあたりから息苦しくなって漢方を飲んだ。
それが、食後は呼吸が楽になった。
食事のせいか漢方のせいかはわからない。

どうも、空腹時に息苦しさが襲ってくるのか???

とにかく、何事もなしに孫の子守が終わった。
あとは、お嫁ちゃんの手術が無事に済むことを祈るだけだ。

posted by ままちゃん at 21:12| Comment(0) | 喘息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月30日

寝苦しさと胃もたれと舌苔

昨夜は暑くて寝苦しかった。
胃もたれが激しく、夜中に胸焼けが始まってタピゾールを飲む。
それでも眠れなくて明け方に眠剤を4分の1錠。
寝しなに4分の1飲んでいる。

そのせいで、明け方にやっと眠りについて起きたのが10時だった。
寝不足か空腹かで身体がフラフラする。
舌を鏡で見ると、白っぽい舌苔ができて腫れぼったい。

なんとか下垂している胃を上げようと素人なりの努力。
それが災いしたのかもしれない。
それとも好転反応か?

今日は外で草抜きや草刈りをした。
鼻緒のあるサンダルを履いて過ごした。
鼻緒ををギュッと締め付けながら歩くことで胃下垂が改善されればいいのだが・・・。

明日は臨時に休みを取って長男の自宅で孫の世話だ。
お嫁ちゃんは2度の帝王切開で子宮が癒着してるらしい。
それで2泊三日の腹腔鏡手術。

赤子二人をお母さん一人では難しい。
妻だけが行ってもいいのだが、妻一人では高速は危ない。
電車で行けば1回の乗り換えでも行けるが、2時間はかかる。
JRから私鉄への乗り変えも新宿駅では大変だ・・・。
帰路は帰宅ラッシュだし・・・。

とにかく、明日は一日中、長男のマンションで埃に塗れて孫のお守り。
喘息が出ないことを祈るしかない。
明日までにこの胃もたれが治ってほしいものだ。
posted by ままちゃん at 17:14| Comment(0) | 胃下垂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする